Categories
American Lifestyle 米国ライフスタイル Blogging about Blogging ブログ British Lifestyle 英国ライフスタイル Business and the Economy ビジネスと経済 China 中国情勢 Emergent Democracy 新興国の民主主義 Global Politics 国際政治 Global Voices 世界の声 Health and Medicine 健康と医療 Human Rights 人権 Japanese Culture 日本の文化 Japanese Politics 日本の政治 Manufacturing 製造業 People 人 Privacy プライバシー Reforming Japanese Democracy 日本の民主主義の改革 Traveling 旅行 US Policy and Politics 米国の制度と政治 Warblogging 戦争 Yuki's Diary 日記

第三次世界大戦の序章

令和二年は悪夢で始まったようです。正確に言うと年のはじめには、2ヶ月後にこうなってるなどと誰も予測し得なかったのです。言うまでもなく、いま世界全体が戦っているもの、つまりコロナウイルスの話です。

2月の時点では、特定の国の限られた地域だけの話、あるいはとどめ置かれた豪華客船の中の、気の毒な富裕層の旅行者に限られた話だったのですが、数週間すると、世界のほとんどの場所で関係する話になってしまいました。今や事態は日に日に変わっていきます。ここ数日で、世界中で何千人もの人がこの病気であらたに入院しています。そして中国、日本、イラン、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、アメリカ、その他で、一万人以上の患者が亡くなりました。

WHOはパンデミックを宣言しました。ロックダウンが多くの都市で、ある国では国全体で進行中です。不要不急の外出は禁止されたり、推奨されなくなったりしています。人々は死なないために、家にとどまって、他人と2メートル離れることを強いられています。

このロックダウンで世界経済に大きな打撃を与えています。ダウ平均株価は今月だけで何度もサーキットブレーカーが発動し、1000ポイント以上下落しました。ボーイングの株価はここ数週間で3分の1になりました。この経済危機は1929年の世界恐慌より悪くなっています。

この状況は日本にもあてはまっています。ここ東京では、陽性患者が毎日、前日より多く発生している中、ロックダウンの可能性もあると都知事が発言しました。今週末は不要不急の外出を控えるようによびかけています。

日本人は、緊急事態宣言やロックダウンの発令を恐れているようにみえますが、言いたくないですが私は、ロックダウンの命令はここ数週間以内、あるいは数日以内に発令されるとみています。他の文明国がすでにそうなっているからです。

ロックダウンが避けられないとすれば、どうすればいいのか。ほとんどの人が職場に行けなくなる、ということは、田畑、漁場、搾乳場、工場などに行けなくなるということなので、食糧生産や日用品生産が厳しく制限されるということになります。

ひとたび供給がやめば、パニック買いが起こりやすくなります。すべての家庭が必要なものを得るだけの資金や手段があるわけではないので、この買いあさりの行動は反社会的なものとして非難しなければなりません。パニック買いが起これば、流通機構に平常以上の負担がかかるので、国内の在庫品の流通が不公平になります。このようなパニック買いに加わることは、社会連帯意識の欠如、つまり自分勝手なことをしたのでは社会が成り立たないという意識が欠けていることを暴露するだけでなく、自分が有事の際の備え、貯えを怠っていたことを証明するにほかなりません。

われわれとしては、さしあたり必要な物資を、ロックダウンが発令されるまでに確保するほかありません。すでにロックダウンが実施中の国の人が何をしているのかを知ることが助けになるでしょう。

この経験は、次の重要な示唆と教訓を与えています。つまり、最も権利意識に敏感な自由主義諸国でさえ、さしせまった危機の前では、個人の権利や自由をいとも簡単に、そして迅速にコントロールすることができる、という事実です。それはとりもなおさず、ひとたび緊急事態が発生すれば、個人の権利などとるにたりない脆弱なものということです。

今わたしたちの目の前で起こっていることは、第三次世界大戦の予行演習のようにも思えます。第三次世界大戦は今後数十年のうちに起こるのではないかと思います。1923年の大震災、1929年の世界恐慌、そして12年後に起きた第二次世界大戦のときと状況が似ているからです。同じように、2011に東日本大震災が起こり、今回のコロナウイルスに起因する世界恐慌が8年後に起こりました。今や世界は分断されています。それぞれの国は孤立し、国境を閉ざしています。これらの国が衝突するまであと何年残されているでしょうか。

将来に向けて準備をすべき時だと思います。資産を分割し、別々の国に置いておきましょう。できるなら、複数の生活場所を確保し複数の国で仕事を持つのがよいでしょう。人生の選択肢をできるだけ多く持つことが、今後の不安定で不確定要素の多い将来においては救われるのではないかと思います。

Categories
American Lifestyle 米国ライフスタイル British Lifestyle 英国ライフスタイル Business and the Economy ビジネスと経済 China 中国情勢 Emergent Democracy 新興国の民主主義 Global Politics 国際政治 Global Voices 世界の声 Human Rights 人権 Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 People 人 Privacy プライバシー Reforming Japanese Democracy 日本の民主主義の改革 Traveling 旅行 US Policy and Politics 米国の制度と政治 Warblogging 戦争 Yuki's Diary 日記

Prelude to WWIII

The second year of the Reiwa period began with a nightmare. More precisely, at the beginning of the year, nobody could predict what would be going on just two months later. I am talking about what the entire world is fighting against—COVID-19.

The coronavirus outbreak has been an urgent global issue. It was just the case of people in a limited area of a particular country, or poor, rich travelers within a trapped gorgeous cruise ship in February. Only a few weeks later, however, it became the case relevant in most parts of the world. Now the situation is changing day by day. For days, thousands of people around the world have been newly hospitalized due to this disease. More than 10,000 patients have died from it in China, Japan, Iran, Italy, Spain, Germany, France, the United States, and more.

The World Health Organization declared a pandemic. Lockdown is underway in many cities and even nationwide in some countries. Going out for non-essential reasons is banned or discouraged. People are forced to stay home and keep six feet away from others so as not to be six feet under.

The lockdown has had a massive impact on the world economy. The Dow Jones Industrial Average fell by around 1,000 points this month with circuit breakers taking effect many times. The share price of Boeing has become less than a third for weeks. This financial crisis is even worse than those in the great depression in 1929.

That is true with Japan. Here in Tokyo, the governor stated that lockdown in Tokyo is likely because patients tested positive are increasing every day by more than the number of cases a day before. She requested Tokyoites for being home this weekend except for essential business.

People in Japan look afraid of a state of emergency being declared and lockdown being issued. I hate to say that, but I’m sure that these will be near. I think lockdown orders will be released in weeks or even in days because we see other civilized countries being already like this.

Lockdown being inevitable, how should we do? Most people will be forced to stay away from their workplaces, such as offices, farms, fishing grounds, milk plants, and factories. Then it is likely to run short of various things needed for daily life. As a result, the production of foods and groceries will be severely restricted.

Once supply cease, panic buying is likely to take place. This action must be blamed as antisocial behavior since not all households have enough money or means to get what they need. It will be difficult to supply daily necessities if panic buying occurs, because the distribution system will be burdened more than usual, and the distribution of domestic inventory will be unfair. Participating in such panic buying is nothing but not only exposing your low awareness of social solidarity, that is, lack of knowledge that society will not be established if we do our own things, but also proving that you have neglected to be prepared and save in case of an emergency.

We have no choice but to secure the needed supplies for the time being before lockdown takes effect. It would help us a lot to find out what people in countries where lockdown is already in place are doing.

This experience gives us the following important suggestions and lessons: the fact that even the most rights-sensitive liberal nations can easily and quickly control individual’s rights and freedom before the impending crisis. It means that, once an emergency happens, the rights of individuals are insignificant and vulnerable.

What is happening in front of us now seems like a dry run exercise for the third world war. I think it is likely to occur in the coming decades because it is a very similar situation where a big earthquake occurred in 1923, the world financial crisis in 1929, and WWII 12 years later. Likewise, the big earthquake and tsunami happened in 2011, and the economic crisis derived from the coronavirus epidemic eight years later. Now the world is divided. Each country is isolated and closing its borders. How many years is left for us to see those countries to collide?

The time is right to be prepared for in the future. Divide your assets into some pieces and save them in different countries. If possible, have multiple places to live and jobs in two or more countries. Having as many life options as possible will save you in this volatile future with many uncertainties.

Categories
Yuki's Diary 日記

2019年のキーワード

今年自分の身に起こったことを振り返った結果、今年のキーワードは北海道メルカリグランドチェロキーということにしたいと思います。

北海道には今年だけで公用私用あわせて3回行きました。2月にはシステム試験で札幌に行ったあと、その1週間後には私用で函館に行きました。9月にはまたシステム試験で、そして来月にももう一回札幌に行きます(これは「今年」ではないですが)。NHKでは十勝を舞台にした朝ドラやってましたし、今年はとにかく北海道に接する機会が多かったです。

メルカリのアプリで身の回りのものを売ったり買ったりしました。もう使わなくなったブリーフケースとか、いっぱい買って持て余したハンドサニタイザー1瓶とか、あとはiPhoneの充電器なんてのも売れたりしました。買ったほうは、アンティークの本棚とか、イギリスの石鹸とか、6ペンスコインとかを手軽に、比較的安い値段で手に入れることができてとても便利でした。

今まで乗っていたジープ・コンパスを売って、同じジープのグランドチェロキーを4月に買いました。走行距離は買ったときは21000マイルぐらいでしたが、今までの8ヶ月間で6000マイル走っちゃいました。日常の足から長距離ドライブまで、十分使える大きさとコンディションとパワーをもった素晴らしいSUVだと思います。

ちなみにこれまでのキーワードは
2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
2015年のキーワード:アメリカ(メイン州)エストニア、職場異動
2016年のキーワード:国内移動地図作りジープ
2017年のキーワード:近江友里恵NHK帯状疱疹英語の試験
2018年のキーワード:キャッシュレス日本語復帰
でした。

歳を重ねるにつれ、現状に満足し変化を恐れるようになってくるので、だんだん新しい物事との出会いは難しくなってきます。とはいえ、未来に合わせていくためには、時代の変化とともに自分自身が変わっていくのは絶対に必要不可欠だと思います。なによりそれは楽しいことのはずですから。

Categories
Yuki's Diary 日記

The words of the year 2019

Looking back on what I experienced in the year 2019, the words of this year are: Hokkaido, Mercari, and Grand Cherokee.

I’ve traveled to Hokkaido three times this year alone for both business and private. In February, I visited Sapporo to conduct a system test, and I went to Hakodate one week later to see a friend of mine. In September, I was in Sapporo again for the system test. I’m revisiting Sapporo next month, too (It won’t be “this year,” though!). In spring and summer, NHK broadcast a morning TV drama set in Tokachi area, which became very popular. I had more opportunities to get in touch with Hokkaido.

I started e-commerce this year through the Mercari marketplace app. It allows users to buy and sell items quickly and easily from their smartphones. I sold a briefcase I wouldn’t use any longer, one of the bottles of hand sanitizer I bought too much to use up all, and even a socket of an iPhone charger. I purchased an antique bookshelf, English soaps, and a sixpence coin for comparatively lower prices with several taps on the screen.

I sold my 2013 Jeep Compass Sport and bought a 2014 Jeep Grand Cherokee Laredo in April. The new Jeep’s odometer reading was about 21,000 miles when I found it at the Jeep car dealer, and I have driven more than 6,000 miles for about eight months since I bought it. It is a big, comfortable, good-conditioned, and powerful SUV, excellent for both short-howl and long-howl drive.  

The words of the year 2001 were getting a flat within the Tokyo metropolitan areaa position change at the office, and Soarer. The word of the year 2002 was America. The words of the year 2003 were the airplane and the musical. The words of the year 2004 were the blogAsian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone. The words of the year 2005 were dartsthe GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again. The words of the year 2006 were the US stock and the mutual fund. The words of the year 2007 were changing my car and visiting Hawaii. The words of the year 2008 were England and Fukagawa. The words of the year 2009 were office position changeMacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket. The words of the year 2010 were Taiwan, Singapore and MalaysiaiPhone and the credit card. The words of the year 2011 were the carthe British culture and China. The words of the year 2012 were Ojithe mahjongthe flight attendant and Facebook. The words of the year 2013 were AyurvedaKoreahigh school alumni and Tsuyoshi Takashiro. The words of the year 2014 were England and Android. The words of the year 2015 were Maine, United States; Estonia and transfer of workplace. The words of the year 2016 were traveling to places in Japanmapping and Jeep. The words of the year 2017 were Yurie OmiNHKshingles, and English exams. The words of the year 2018 were cashlessJapanese language and comeback.

It is becoming more and more difficult to bump into new things over time, because the older one becomes, the more satisfied with what he is and the more reluctant to change. That being said, changing with the changing times is absolutely essential to keep pace with the future, and it would be fun.

Categories
Gender ジェンダー Information and Media 情報とメディア Media and Journalism メディアとジャーナリズム People 人 Yuki's Diary 日記

もうひとつの朝ドラ:近江友里恵さんトークライブ

8月31日に青山一丁目のNHK文化センターで近江友里恵さんの講演会があったので行ってきました。こちらのエントリにも書いたように、私は近江友里恵アナウンサーのファンで、一昨年には名古屋での講演会に出かけていったことがあります。今回は東京で行きやすいので、受講募集があったときに速攻で申し込みました。

Categories
Gender ジェンダー Information and Media 情報とメディア Media and Journalism メディアとジャーナリズム People 人 Video 動画 Yuki's Diary 日記

Another Asadora: a talk show by Yurie Omi

On August 31, I went to NHK Culture Center at Aoyama-itchome in Tokyo to attend a lecture presentation of Ms. Yurie Omi. As I wrote in this entry, I have been a fan of the NHK Announcer, and once met her at her talk show in Nagoya two years ago. This time it was held in Tokyo and it was much easier to have access to the venue, so I applied to this lecture presentation as soon as NHK Culture Center began selling the tickets.

Categories
Yuki's Diary 日記

2018年のキーワード

今ごろになってこんな記事を書いているのは、昨年末はWordPressのトラブルのせいで新規記事投稿ができなくなっていたせいです。新規記事投稿のボタンを押すと500 Internal Server Errorが出てしまっていたんですが、どうやらプラグインが悪さをしていたらしいことがわかり、いくつかプラグインを停止すると表示できるようになりました。ここのサイトに感謝です。

で、2018年も例によってキーワードをまとめたいと思います。

2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
2015年のキーワード:アメリカ(メイン州)エストニア、職場異動
2016年のキーワード:国内移動地図作りジープ
2017年のキーワード:近江友里恵NHK帯状疱疹英語の試験
でした。

2018年のキーワードは、キャッシュレス日本語復帰にします。

昨年はキャッシュレスが本格化した時代でした。自分のiPhone8のウォレットにApple Payを入れ、クレジットカードやSuicaをそこに入れてコンビニや鉄道やその他のお店を利用しました。Apple Pay以外にも、LINEが提供するLINE Payはローソンや大手の薬局で利用できますし、Origami PayはKFCやLoftなどで使えます。今では自販機でジュースを買うのも、スーパーで買い物するのも、スタバやマクドナルドも電車の利用も、現金を使う機会が極端に減りました。iPhone8があればこれらのことがみなできてしまうようになったからです。

2018年は英語よりも日本語のほうに目を向けた年でした。日本語検定(日本語能力試験ではありません!)というのを受けてみて、7月に2級、12月に1級を取得しました。まあ1級とったからって仕事で有利になるかといえば謎ですが。

復帰といえば、11月に職場が異動になり、それまでの子会社出向から本社に戻ることになりました。仕事はきつくなりましたが。

今年も3ヶ月近くたち、はやいろんなことが私の身に起こっています。今年もどうなることやら。

Categories
Yuki's Diary 日記

The words of the year 2018

I’m writing such an entry right now because I couldn’t post any entries in the end of 2018. When I tried to open the “add a new post” page, I had a 500 Internal Server Error and couldn’t open the page. Now I fixed it. It was because some of the plugins I installed in this blog system conflicted, so I deactivated the troublesome plugins and now I can post new entries. Thank you this article.

I’m looking back what happened in the year 2018 as I usually do it in the end of every year, and picking out some short words representing the last year. The words of the year 2001 were getting a flat within the Tokyo metropolitan areaa position change at the office, and Soarer. The word of the year 2002 was America. The words of the year 2003 were the airplane and the musical. The words of the year 2004 were the blogAsian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone. The words of the year 2005 were dartsthe GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again. The words of the year 2006 were the US stock and the mutual fund. The words of the year 2007 were changing my car and visiting Hawaii. The words of the year 2008 were England and Fukagawa. The words of the year 2009 were office position changeMacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket. The words of the year 2010 were Taiwan, Singapore and MalaysiaiPhone and the credit card. The words of the year 2011 were the carthe British culture and China. The words of the year 2012 were Ojithe mahjongthe flight attendant and Facebook. The words of the year 2013 were AyurvedaKoreahigh school alumniand Tsuyoshi Takashiro. The words of the year 2014 were England and Android. The words of the year 2015 were Maine, United States; Estonia and transfer of workplace. The words of the year 2016 were traveling to places in Japanmapping and Jeep. The words of the year 2017 were Yurie OmiNHKshingles, and English exams.

Now I’m picking out as the words of the year 2018: cashless, Japanese language and comeback.

I’ve been in touch a lot with the cashless society since last year. I set up Apple Pay in the Wallet of my iPhone8, and stored my American Express Gold Card and Suica, a rechargeable contactless electric money card used as a fare card on train lines, convenience stores and other shops in Japan. Other than Apple Pay, I have used Line Pay, which allows payment using your Line account, mainly for the payments at Lawson and major drugstores. I use Origami Pay for dining at KFC and shopping at Loft department store. Today I rarely use cash for buying a can of soft drink at the vending machine, buying groceries at the supermarket, buying coffee at Starbucks, dining at McDonald’s, and passing through the wicket to take trains. All I need is my iPhone8 to do these things.

I paid attention more to brushing up skills of Japanese language than to mastering English this year. I took the first grade of Nihongokentei test (This is not the JLPT N1 test!) and passed it. I don’t know how it helps in my work or life, though. As for comeback, I was appointed to a new position of the company I work and my workplace was relocated in November.

Almost three months being passed since the beginning of the year 2019, I have already experienced a lot of things in this single year. I’m so excited.

Categories
Yuki's Diary 日記

謹賀新年2018

すめろぎの御國に榮あれかしと祈る朝(あした)は晴れわたりけり

本年もよろしくお願いいたします。

Categories
Yuki's Diary 日記

Celebration 2018

Praying that
This Imperial nation will be prosperous
In the clear morning sky.

Happy New Year 2018