2019年のキーワード

今年自分の身に起こったことを振り返った結果、今年のキーワードは北海道メルカリグランドチェロキーということにしたいと思います。

北海道には今年だけで公用私用あわせて3回行きました。2月にはシステム試験で札幌に行ったあと、その1週間後には私用で函館に行きました。9月にはまたシステム試験で、そして来月にももう一回札幌に行きます(これは「今年」ではないですが)。NHKでは十勝を舞台にした朝ドラやってましたし、今年はとにかく北海道に接する機会が多かったです。

メルカリのアプリで身の回りのものを売ったり買ったりしました。もう使わなくなったブリーフケースとか、いっぱい買って持て余したハンドサニタイザー1瓶とか、あとはiPhoneの充電器なんてのも売れたりしました。買ったほうは、アンティークの本棚とか、イギリスの石鹸とか、6ペンスコインとかを手軽に、比較的安い値段で手に入れることができてとても便利でした。

今まで乗っていたジープ・コンパスを売って、同じジープのグランドチェロキーを4月に買いました。走行距離は買ったときは21000マイルぐらいでしたが、今までの8ヶ月間で6000マイル走っちゃいました。日常の足から長距離ドライブまで、十分使える大きさとコンディションとパワーをもった素晴らしいSUVだと思います。

ちなみにこれまでのキーワードは
2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
2015年のキーワード:アメリカ(メイン州)エストニア、職場異動
2016年のキーワード:国内移動地図作りジープ
2017年のキーワード:近江友里恵NHK帯状疱疹英語の試験
2018年のキーワード:キャッシュレス日本語復帰
でした。

歳を重ねるにつれ、現状に満足し変化を恐れるようになってくるので、だんだん新しい物事との出会いは難しくなってきます。とはいえ、未来に合わせていくためには、時代の変化とともに自分自身が変わっていくのは絶対に必要不可欠だと思います。なによりそれは楽しいことのはずですから。

The words of the year 2019

Looking back on what I experienced in the year 2019, the words of this year are: Hokkaido, Mercari, and Grand Cherokee.

I’ve traveled to Hokkaido three times this year alone for both business and private. In February, I visited Sapporo to conduct a system test, and I went to Hakodate one week later to see a friend of mine. In September, I was in Sapporo again for the system test. I’m revisiting Sapporo next month, too (It won’t be “this year,” though!). In spring and summer, NHK broadcast a morning TV drama set in Tokachi area, which became very popular. I had more opportunities to get in touch with Hokkaido.

I started e-commerce this year through the Mercari marketplace app. It allows users to buy and sell items quickly and easily from their smartphones. I sold a briefcase I wouldn’t use any longer, one of the bottles of hand sanitizer I bought too much to use up all, and even a socket of an iPhone charger. I purchased an antique bookshelf, English soaps, and a sixpence coin for comparatively lower prices with several taps on the screen.

I sold my 2013 Jeep Compass Sport and bought a 2014 Jeep Grand Cherokee Laredo in April. The new Jeep’s odometer reading was about 21,000 miles when I found it at the Jeep car dealer, and I have driven more than 6,000 miles for about eight months since I bought it. It is a big, comfortable, good-conditioned, and powerful SUV, excellent for both short-howl and long-howl drive.  

The words of the year 2001 were getting a flat within the Tokyo metropolitan areaa position change at the office, and Soarer. The word of the year 2002 was America. The words of the year 2003 were the airplane and the musical. The words of the year 2004 were the blogAsian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone. The words of the year 2005 were dartsthe GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again. The words of the year 2006 were the US stock and the mutual fund. The words of the year 2007 were changing my car and visiting Hawaii. The words of the year 2008 were England and Fukagawa. The words of the year 2009 were office position changeMacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket. The words of the year 2010 were Taiwan, Singapore and MalaysiaiPhone and the credit card. The words of the year 2011 were the carthe British culture and China. The words of the year 2012 were Ojithe mahjongthe flight attendant and Facebook. The words of the year 2013 were AyurvedaKoreahigh school alumni and Tsuyoshi Takashiro. The words of the year 2014 were England and Android. The words of the year 2015 were Maine, United States; Estonia and transfer of workplace. The words of the year 2016 were traveling to places in Japanmapping and Jeep. The words of the year 2017 were Yurie OmiNHKshingles, and English exams. The words of the year 2018 were cashlessJapanese language and comeback.

It is becoming more and more difficult to bump into new things over time, because the older one becomes, the more satisfied with what he is and the more reluctant to change. That being said, changing with the changing times is absolutely essential to keep pace with the future, and it would be fun.

もうひとつの朝ドラ:近江友里恵さんトークライブ

8月31日に青山一丁目のNHK文化センターで近江友里恵さんの講演会があったので行ってきました。こちらのエントリにも書いたように、私は近江友里恵アナウンサーのファンで、一昨年には名古屋での講演会に出かけていったことがあります。今回は東京で行きやすいので、受講募集があったときに速攻で申し込みました。

Continue reading “もうひとつの朝ドラ:近江友里恵さんトークライブ”

Another Asadora: a talk show by Yurie Omi

On August 31, I went to NHK Culture Center at Aoyama-itchome in Tokyo to attend a lecture presentation of Ms. Yurie Omi. As I wrote in this entry, I have been a fan of the NHK Announcer, and once met her at her talk show in Nagoya two years ago. This time it was held in Tokyo and it was much easier to have access to the venue, so I applied to this lecture presentation as soon as NHK Culture Center began selling the tickets.

Continue reading “Another Asadora: a talk show by Yurie Omi”

2018年のキーワード

今ごろになってこんな記事を書いているのは、昨年末はWordPressのトラブルのせいで新規記事投稿ができなくなっていたせいです。新規記事投稿のボタンを押すと500 Internal Server Errorが出てしまっていたんですが、どうやらプラグインが悪さをしていたらしいことがわかり、いくつかプラグインを停止すると表示できるようになりました。ここのサイトに感謝です。

で、2018年も例によってキーワードをまとめたいと思います。

2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
2015年のキーワード:アメリカ(メイン州)エストニア、職場異動
2016年のキーワード:国内移動地図作りジープ
2017年のキーワード:近江友里恵NHK帯状疱疹英語の試験
でした。

2018年のキーワードは、キャッシュレス日本語復帰にします。

昨年はキャッシュレスが本格化した時代でした。自分のiPhone8のウォレットにApple Payを入れ、クレジットカードやSuicaをそこに入れてコンビニや鉄道やその他のお店を利用しました。Apple Pay以外にも、LINEが提供するLINE Payはローソンや大手の薬局で利用できますし、Origami PayはKFCやLoftなどで使えます。今では自販機でジュースを買うのも、スーパーで買い物するのも、スタバやマクドナルドも電車の利用も、現金を使う機会が極端に減りました。iPhone8があればこれらのことがみなできてしまうようになったからです。

2018年は英語よりも日本語のほうに目を向けた年でした。日本語検定(日本語能力試験ではありません!)というのを受けてみて、7月に2級、12月に1級を取得しました。まあ1級とったからって仕事で有利になるかといえば謎ですが。

復帰といえば、11月に職場が異動になり、それまでの子会社出向から本社に戻ることになりました。仕事はきつくなりましたが。

今年も3ヶ月近くたち、はやいろんなことが私の身に起こっています。今年もどうなることやら。

The words of the year 2018

I’m writing such an entry right now because I couldn’t post any entries in the end of 2018. When I tried to open the “add a new post” page, I had a 500 Internal Server Error and couldn’t open the page. Now I fixed it. It was because some of the plugins I installed in this blog system conflicted, so I deactivated the troublesome plugins and now I can post new entries. Thank you this article.

I’m looking back what happened in the year 2018 as I usually do it in the end of every year, and picking out some short words representing the last year. The words of the year 2001 were getting a flat within the Tokyo metropolitan areaa position change at the office, and Soarer. The word of the year 2002 was America. The words of the year 2003 were the airplane and the musical. The words of the year 2004 were the blogAsian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone. The words of the year 2005 were dartsthe GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again. The words of the year 2006 were the US stock and the mutual fund. The words of the year 2007 were changing my car and visiting Hawaii. The words of the year 2008 were England and Fukagawa. The words of the year 2009 were office position changeMacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket. The words of the year 2010 were Taiwan, Singapore and MalaysiaiPhone and the credit card. The words of the year 2011 were the carthe British culture and China. The words of the year 2012 were Ojithe mahjongthe flight attendant and Facebook. The words of the year 2013 were AyurvedaKoreahigh school alumniand Tsuyoshi Takashiro. The words of the year 2014 were England and Android. The words of the year 2015 were Maine, United States; Estonia and transfer of workplace. The words of the year 2016 were traveling to places in Japanmapping and Jeep. The words of the year 2017 were Yurie OmiNHKshingles, and English exams.

Now I’m picking out as the words of the year 2018: cashless, Japanese language and comeback.

I’ve been in touch a lot with the cashless society since last year. I set up Apple Pay in the Wallet of my iPhone8, and stored my American Express Gold Card and Suica, a rechargeable contactless electric money card used as a fare card on train lines, convenience stores and other shops in Japan. Other than Apple Pay, I have used Line Pay, which allows payment using your Line account, mainly for the payments at Lawson and major drugstores. I use Origami Pay for dining at KFC and shopping at Loft department store. Today I rarely use cash for buying a can of soft drink at the vending machine, buying groceries at the supermarket, buying coffee at Starbucks, dining at McDonald’s, and passing through the wicket to take trains. All I need is my iPhone8 to do these things.

I paid attention more to brushing up skills of Japanese language than to mastering English this year. I took the first grade of Nihongokentei test (This is not the JLPT N1 test!) and passed it. I don’t know how it helps in my work or life, though. As for comeback, I was appointed to a new position of the company I work and my workplace was relocated in November.

Almost three months being passed since the beginning of the year 2019, I have already experienced a lot of things in this single year. I’m so excited.

2017年のキーワード

今年も恒例の「キーワード」のまとめの時期がやってきました。

2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
2015年のキーワード:アメリカ(メイン州)エストニア、職場異動
2016年のキーワード:国内移動地図作りジープ
でした。

そして今年のキーワードは

近江友里恵NHK帯状疱疹英語の試験

にしたいと思います。

近江友里恵さんは、この前のエントリにも書いたとおり、今年はこの人に始まりこの人に終わったといっても過言ではないほどで、年始のブラタモリを見て知って以来、ずっと近江さんのファンになってしまいました。毎朝ニュースを見て、名古屋の講演会にも行き、そして質疑のパートでじかにお話もできました。

近江アナウンサーつながりで、NHKのこともより深く知ることができました。これまでいわゆる“女子アナ”の類にはほとんど興味はなく、ましてやNHKのアナウンサーなど、知っててもせいぜい有働由美子さんや桑子真帆さん程度で、あとはほとんど知らなかったんですが、近江アナウンサーのほかにも和久田麻由子アナウンサーや中村慶子アナウンサー、小郷知子アナウンサー、田中泉アナウンサー、寺門亜衣子アナウンサーや鈴木奈穂子アナウンサー、橋本奈穂子アナウンサー、保里小百合アナウンサー、林田理沙アナウンサー、赤木野々花アナウンサーなど、いろんなアナウンサーがいて、ニュース番組でニュースを読んだり、番組の司会をしたり、ナレーションをしたりなどいろんなことをしていることを知りました。男性アナウンサーも、トップクラスの“たけたん”こと武田真一アナウンサーをはじめ、“眉”こと高瀬耕造アナウンサー、“麿”こと登坂淳一アナウンサー、そのほか阿部渉アナウンサー、 望月啓太アナウンサー、井上裕貴アナウンサー、野村正育アナウンサーなどが番組に出ていることを知りました。またNHKのアナウンサーは、入局後まず地方局に送られて修行を積み、そこからその地方の拠点局へ異動したのち優秀な人が東京の放送局にやってくるというシステムになっていること、またアナウンサー職のほかにも記者、ディレクター、放送技術などの職種があり、入局時に希望や配属などで決まること、記者やディレクター志望でもアナウンサー職で採用されたり、その逆があったりすること、などなどのNHKの営みについても触れることができました。

今年の夏は帯状疱疹に悩まされました。帯状疱疹という言葉はよく耳にするし、周りでかかったことのある人の話は聞くんですが、いざ自分がなってみるとこんなに辛いものとは思いませんでした。私の場合は右の顔から耳にかけて発疹ができたんですが、みるみるうちにグロメンと化してしまい、ふためとみられないほど醜く変形してしまいました。治療開始が早かったのでグロメンは一週間もすれば元に戻ってきましたが、そのあと顔の右半分の耐え難い痛みが何ヶ月も続きました。痛いところは冷やしてはだめで、暖めなければならないんですが、なにせ真夏のときのこと、カイロも温かい缶コーヒーも売っていなかったので、暖めるものを探すのに苦労しました。

英語の試験は、英語そのものの試験(TOEIC)と、英語で受ける試験(CCNA Collaboration)と両方受けました。今年はCCNAのほうは落ちちゃいましたが、TOEICのほうは目標の点をクリアしたのでまあよしとしましょう。来年はIELTSあたり受けてみたいものです。

来年も前途多難ですが、また新しい出会いに期待したいものです。それでは良いお年を。

The words of the year 2017

The last day of each year is a good chance to look back on what happened in the year. Each time I wrap up what I did experience for the first time and what impressed me most in the year, I sum them up as a few keywords, and then I post some “words of the year” in this blog.

The words of the year 2001 were getting a flat within the Tokyo metropolitan areaa position change at the office, and Soarer. The word of the year 2002 was America. The words of the year 2003 were the airplane and the musical. The words of the year 2004 were the blogAsian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone. The words of the year 2005 were dartsthe GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again. The words of the year 2006 were the US stock and the mutual fund. The words of the year 2007 were changing my car and visiting Hawaii. The words of the year 2008 were England and Fukagawa. The words of the year 2009 were office position changeMacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket. The words of the year 2010 were Taiwan, Singapore and MalaysiaiPhone and the credit card. The words of the year 2011 were the carthe British culture and China. The words of the year 2012 were Ojithe mahjongthe flight attendant and Facebook. The words of the year 2013 were AyurvedaKoreahigh school alumni and Tsuyoshi Takashiro. The words of the year 2014 were England and Android. The words of the year 2015 were Maine, United States; Estonia and transfer of workplace. The words of the year 2016 were traveling to places in Japanmapping and Jeep.

Considering what I saw this year, I have decided that the words of the year 2017 are: Yurie Omi, NHK, shingles, and English exams.

Yurie Omi is, as I wrote in this entry, an NHK broadcaster, and an idol of me. For me, this year began with her and ended with her. I got to know her for the first time on New Year’s Buratamori, I watched the TV shows where she appeared, I went to Nagoya to see her presentation, and there I talked to her face-to-face.

At the same time, I got to know a wide variety of broadcasters of NHK. I didn’t know NHK broadcasters’ names so far, since I wasn’t interested at all in anything about so-called joshi-ana, or female announcers. All I knew among NHK announcers were Yumiko Udo and Maho Kuwako. This year I got to know Mayuko Wakuda, Keiko Nakamura, Tomoko Kogo, Izumi Tanaka, Aiko Terakado, Naoko Suzuki, Naoko Hashimoto, Sayuri Hori, Risa Hayashida, Nonoka Akaki and more, who hosted or made narrations in various types of NHK programs, from news shows to variety ones. I got to know male broadcasters as well, from a top-notch player like Shin’ichi Taketa to Kozo Takase, Jun’ichi Tosaka, Keita Mochizuki, Yuki Inoue and Masaiku Nomura. I got to know NHK’s human resource development system where rookies start their careers at one of NHK’s local broadcasting stations spreading nationwide and return to the Broadcasting Center in Tokyo after several years’ experiences. Plus, I got to know that, besides broadcasters, NHK has various kinds of options for employees such as correspondents, directors, broadcasting technicians, and more. One of the positions is assigned to the employees upon recruitment, and even if they wish to be a broadcaster when they are hired, they may be appointed as a director, and vice versa.

The third keyword is based on the fact that I was suffered from shingles this summer. I knew some of my friends and acquaintances suffered from shingles, but before I was really suffered from it I didn’t think it would be such a painful disease. Rashes appeared from the right side of my face to the top of my right ear, and my face quickly turned into a grotesque look. Early cure contributed to the distorted face returning to normal in a week or two, but an unbearable pain on the right side of my face followed and lasted for months. The hardest thing was that, though doctor said that I should warm up the suffered part, not cool down, no stores were selling warm canned coffee, warm pads or anything that could warm something up since it was mid-summer.

The last, this year I took English exams, both exams of English itself like TOEIC, and exams written in English such as CCNA Collaboration. This time I failed CCNA Collaboration, but in TOEIC I marked more than my target score. I want to take IELTS or something like that next year.

Probably the next year will be harder, but I’m looking forward to the forthcoming serendipities. Have a happy New Year!