One comment on “アッシュベイビー

  1. 高樹のぶ子「光抱く友よ」自作再訪, そして今年の芥川賞…

    兵庫県の生野に取材の用があって、姫路から播但線に乗った。数両編成のデイゼル車は、各駅に停まりながら山合いに入り込んで行く。新幹線と飛行機で日本の大動脈を行き来している私…

Comments are closed.