恋愛未経験

会社帰りに池袋の改札口あたりを歩いていると,壁際とか柱の陰にたいていカップルがいて,すっかり二人の世界を作り上げている。特に夜の9時10時あたりになるとそれはもうあっちもこっちもカップルだらけで,抱き合うわキスするわ,横目で通り過ぎる分には「このやろう」と思ったりもするのだが,内心ホントは羨ましかったりもする(^◇^;)。
僕は当年とって26歳で,いいかげんオヤヂと呼ばれてもおかしくない年齢になっているわけだけど,恥ずかしい話ながら,

今の今まで女性とちゃんとおつきあいしたことがない

のだ。つまり,女の子とデートを重ね,告白してOKをもらい,それ以上の進展をする,という経験がまったくないのである。
もう時効だろうから書いてもいいと思うので書くけど,僕のHPを見たという,ドイツに住んでいたルーマニア人の女性からメールをもらったことがあり,それを機にメール交換をし,お互いそれが恋愛感情まで高まっていったことがあった。でも,それはあくまでもバーチャルな世界でのこと,そのあと実際に会うと,彼女は僕を見て

こんなはずじゃなかった

と思ったらしい。数日後,彼女のほうから別れを告げる手紙がきた。
美人で恋愛百戦練磨な彼女にとって,経験不足で不器用な僕の行動が子供っぽく映ったという。まあ実際,僕のほうが彼女より3歳年下だったんだからしょうがないといえばしょうがないが。
それ以外にも,女性と会う機会は何度かあった。でも,デートの経験もろくにない私は,会ってもちゃんとリードすることができず,1度会うとそれっきりになってしまい,お互いぎごちなくなって,それ以上進展しなかった。
一体何故だろう,と考えてみるのだが,池袋のカップルどもの男のほうをよく観察してみると,別にみんながみんなカッコイイ男というわけではなく,むしろ

なんでこんな奴が彼氏になれるの

という男のほうが多かったりする。僕だってそんなにイイ男だなんて逆立ちしても思ってないけど,少なくとも容姿的に奴らに負けているとはどうしても思えない。
男は顔じゃない中味だ,とよく言われる。中学生ならともかく,イイ年をした女性が顔形や格好だけのオトコにフラフラするほど馬鹿じゃないだろうし。ってことは,彼女のできない僕は

中味に問題あり(爆)

ってことになってしまうわけだが・・・うーん,別に性格も普通だし,特に問題なんてないと思うんだけど・・・でもやっぱり問題あるんだろうなぁ・・・ゆっくり原因切り分けをすることにしよう。

おちおち街も歩けやしねえ・・・

この前,池袋でバカが包丁振り回して暴れて人殺した事件があったけど,殺されたほうにとっちゃ訳もなくやられたわけで,どうにも寝覚めが悪くっていけねえ。 まあ池袋はもとからガラが悪い所だと知ってはいたが,東池袋なんて僕にとってはしょっちゅう徘徊しているところだから,そんなところで変な奴に辻斬りに遭っちゃあ,たまったもんじゃない。 しかも白昼堂々だし,どーせーっちゅーねん,全く。
で,そんな奴はうーんと重く罰してやればいいんだけど,どうせ精神鑑定やって心身耗弱とか何とか理由つけて刑が軽くなっちゃうんだろうなー;

ふざけんじゃないよ・・・

マトモな精神した奴が人殺しなんかするか。 マトモじゃないから包丁で暴れたり関係ない人に襲いかかったりするんじゃねえか。 なんかおかしくない?と思うんだよねーこの制度。
もっと納得いかないのが,

なんでヤク中が暴れて犯罪やっても許されるんだよ

ヤク中なんて,自分からなったことじゃねーか。 そりゃあ,確かにラリってちゃあ正常な判断はできないかもしれんけど,ヤクを打つ行為ってのは自分の意思で,少なくとも一番最初に打つときには正常な判断ができる状態だったんだから,それで犯罪やったからって心身耗弱ってのは,どう考えてもおかしいね。 もし,そんな議論が通るんだったら,僕も今からシャブでも買ってきて打って,気に入らない連中を一人残らずまとめてブッ殺してやるよ。 四半世紀も生きてると,デスリストに載ってる奴なんていっぱいいるんだから・・・ で,めでたく無罪放免だ。
やっぱり狂ってる。 犯罪者も,周りの連中も,日本社会全体もね・・・

インターネット考

今のご時世,インターネットもだいぶ一般に普及してきたみたいで,単なる学術ネットの域を超えて,今となってはそれなしでは生活できないぐらい重要な生活インフラの1つにまで成長してきたようだね。 ネットを使っている人も年々増えてきて,大学関係者とか企業の研究所の技術屋さんだけでなく,一般のサラリーマンやOL,さらには「じょしこーせー」にいたるまで,それはそれは誰でも使うようになった。 ネットがらみの流行語なんかもできたりして・・・ 利用者が増えるのはそれはそれで非常に結構なことなんだけど,

量の増加は質の低下

につながるとはよくいったもので,利用者が増えてくるとともにインターネットは年々腐ってきているような気がするね。
特に気になるのが,ろくにユーザ教育も受けないでネットにほいほいアクセスしてくる,いわゆる「ネット初心者」だね。 僕らがネットを始めた時代なら(といってもほんの4~5年前だが),スキルの高い大学の先生とか,一癖も二癖もある「常連」とよばれる人たちに,ときには喧嘩したり厳しく叱られたりしながらネットの使い方についてしっかり教育してもらい,ネットで怪我をしないような技術を身につけてから使っていたものだが,最近ではパソコンさえ買えば自分で特に設定しなくても誰でもネットにアクセスできる上に,最近雨後のタケノコみたいにポロポロ増えてきた商用プロバイダは自分のプロバイダを使ってくれさえすればいいもんだから,ろくにユーザを啓蒙しない。 んだもんで,コンピュータリテラシーはおろか,

一般常識さえおぼつかない

ようなネットサーファーが増えてきたってわけだ。 「ネチケット」なんて言葉もろくに知らないでめちゃくちゃする輩も多いし。 FAQや過去ログもろくに読まずに同じ質問を繰り返すわ,改行もしないでメールを送り付けてくるわ,ナンパしか考えないネットオタクやら,掲示板にエッチ画像を張り付けて荒らすバカ,ひどいのになるとマイナーなブラウザやゲーム機のインターネット機能を使ってアクセスしてきて,チャットができないからとWebマスターを責める奴。 呆れ果てて物が言えないね。 おまえら馬鹿か,と言いたい。 ゲーム機で,パソコンと同じ機能を期待するほうが無理なんだよ。 チャットができないのなら,チャットができる環境を用意すればいいだけのことだ。 自分の環境が適してないのに,Webマスターに文句言うのは,筋違いもはなはだしいね。 そんな奴等は,一昔前なら容赦無く叩きのめしていたもんだが,今それやると逆ギレして何するかわからんしね。 あー,怖い怖い。
あとから来た連中が,勝手にルール作るもんだから,世も末だな,こりゃ。

上京して1年 — 見たもの,気付いたこと

僕が初めて東京に出てきたのが,1998年の8月1日のことで,今日でちょうど丸1年になる。
賄い付きの寮で食事の心配はいらないとはいえ,僕にとってはこれが初めての一人住まいで,1年間,衣食住にわたって生活面でとても新鮮な体験をさせてもらった。

地方の人間にとって,東京という街は,憧れ半分,やっかみ半分で,良くも悪くも話題にのぼるのだけど,特に関西の人間は,東京のことをあまり良く言わない。
やれ東京の人は冷たいとか,カッコつけとか,東京は住みにくいとか,東京の話題になるときまって悪口大会になるものだが,そうやって悪口を言う人間は,たいてい,東京に住んだこともなければ,東京のこともあまりよく知らないことが多い。

実際に生活してみると,確かに当たっているところも多いのだが,色眼鏡をかけた偏見だったりすることも多いのだ。

てことで,僕が1年間東京(埼玉)で生活して見聞した東京の実際の姿を,今まで住んでいた関西と比較しながら,箇条書きにしてまとめてみた。

  • 東京は,日本の中で一番low contextな,社会的制約の緩い場所で,どんなエキセントリックな格好をしていても,誰も何も言わない街である。
  • 東京の人は,どこにでもすぐしゃがみこむ。
  • 東京の人は,勤め先が親元から通える範囲にあっても,ある一定の年齢がくると,男女問わず親元から離れて一人暮らしを始める人が多い。
  • 東京の流行は,3ヶ月~半年遅れで関西に入ってくるようだ。
  • 東京の地形は,大阪と違ってアップダウンが激しく,丘や坂が多い。
  • 東京はわりと緑が多いし,公園も多い。
    山手線の内側でさえも,山あり森ありで,変化に富んでいる。
    都内には(本土に限っても)原生林も,2000メートル級の山もある。
  • 関西の人は派手・・・そんなの嘘! 原宿や渋谷を歩いている若者のほうが,よっぽど派手で,エキセントリックな格好をしていますよ。
  • 東京の人はムービングウォークの上を歩かない・・・そんなの嘘! 大阪と同じように,みんな歩いてますよ。
    ただ,大阪との最大の違いは,「ムービングウォークの上を歩かない人がいる」ということだね。
    歩かない人は,左側に寄ってるし。
    大阪だと,まず突き飛ばされるけどね。
  • 東京は,全体的に公共交通機関の利用料金が安い。
    ただし,安いということはQoSもそれなりで,信号故障や車両故障はしょっちゅう起こるし,またひとたびトラブルが起こるとすぐ全線不通になる。
  • 東京の電車は,ラッシュで混んでくると,乗れないことがある。また,降りられなくなることがある。
  • 東京の雑踏の特徴は,人の歩く速さや方向がてんでばらばら。
    なので,まっすぐ歩けないし,人のフローを横切るのも難しい。
    また,急に速度を速めたり,急に立ち止まったり,急に方向転換する人がいて,ぼーっと歩いているとぶつかりそうになる。
  • 東京のタクシーは,オレンジや緑や黄色の派手なペイントがしてある。
    しかも,オートマ車が多い。
    ただし,郊外に出ると,地方と同じ黒塗りのタクシーになる。
  • 東京の車は,夜,信号待ちで止まっているとき,ヘッドライトを消さないことが多い。
  • 東京の車には,FMラジオ局のステッカーなどは貼らないようだ。
    (関西では,たいがいの車にFM802とかKiss-FMのステッカーが貼ってあって,たまたまラジオ局の車の前を通りかかったりすると,景品がもらえたりする)
  • 東京には,米軍基地があり,外人も多い。
    しかも,黒人や,マイノリティも多い。(関西にはほとんど白人か在日韓国人しかいない)
  • 東京の店は「支那」「朝鮮」などの差別用語を平気で掲げている。
    (例:「支那そば」「豚肉の朝鮮焼」)
    まあ,知事自身が公言してるぐらいだから(爆)・・・
    関西だと,そんな店はまず間違いなく焼き打ちにあうだろうけど。
  • 東京で,何のことわりもなく「肉」というと,豚肉のことをさす。
    東京で牛肉を食べるのは至難の業である(単に私が金ないだけだが)
  • 東京のゴミ袋は,炭酸カルシウム配合の半透明のゴミ袋と決められている。
    そのゴミ袋は,家からゴミステーションまで運ぶまでに破れない程度の強度しかないので,ひとたび出されたゴミは,ものの5分もしないうちにカラスの餌食になって原形をとどめなくなる。
  • 東京のカップルは,人目かまわずキスする。
  • 東京の駅のコンコースにはどういうわけか柱が多く,そこの陰にたいていカップルがはりついていて,いちゃついている。
  • 東京の交番には,必ず警察官が1人はいる。
    長い警棒を持って,交番の前に立っていることもある。

続・インターネット社会

僕は最近,とある古代漫画関係のWebサイトによくお邪魔しているのだけど,そのサイトを見に来る人は,男女比がおそらく5:95はあろうかというぐらい圧倒的に女性が多く,ネットの常識からいうと特異ともいえる環境だ。もちろん管理人も女性で,かといって女性限定のサイトでもないので,普段は無数の野郎どもに紅二,三点という環境に日常的に慣れた僕にとっては,とても新鮮に感じ,毎日のようにチャットや掲示板に入り浸たっている。雰囲気もとても和やかで,とても嬉しい。
ところが,そのサイトで最近,ちょっとした問題が起こった。そのサイトによく来ていた1人の男が,そこの女性たちをナンパしようとしたり,チャットで彼女らにセクハラまがいの質問や発言をしたりしたというのだ。幸い,その男は彼女たちから総スカンを食らい,すぐにそのサイトから姿を消したが,しばらくの間,女性たちは報復を恐れて不安な日々を過ごしていた。まあ,セクハラまがいの言動をする奴なんて,思いきり罵倒してやればいいのだけれど,ネット初心者が多い彼女たちは,どう対応していいのかわからなかったようだ。
まあ,セクハラっつってもやる人によってセクハラになったりならなかったりするわけだし,文章の表現が悪くて誤解を与えるってこともあるわけだけど,男女間の関係が未成熟な日本社会,何が相手を傷つけるかわからないので,僕も気をつけなきゃ,と痛感したね。

インターネット社会

インターネットもだいぶ一般に普及してきたみたいで,今や単なる学術ネットの域を超えて,それなしでは社会生活が成り立たなくなるぐらい重要な生活インフラの1つにまで成長してきたようだね。それはそれで非常に喜ばしいことなんだけど,それとともにインターネットは年々腐ってきているような気がするね。
 特に気になるのが,ろくにユーザ教育も受けないでネットにアクセスしてくる,いわゆる「ネット初心者」だ。僕らの時代なら(といってもほんの4~5年前だが),大学の先生や,いわゆるネット常連とよばれる人たちに(ときには厳しく叱られながら)ネットの使い方についてしっかり教育してもらい,怪我をしないような技術を身につけてから使っていたものだが,最近ではパソコンさえ買えば自分で特に設定しなくてもネットにアクセスできる上に,儲け先行型の商用プロバイダは自分のプロバイダを使ってくれさえすればいいもんだから,ろくにユーザを啓蒙しない。
 その結果,コンピュータリテラシーはおろか,一般常識さえおぼつかないようなネットサーファーが増えてきた。一度他人が聞いて解決済みの質問をFAQや過去ログも読まずに同じ質問を繰り返すなどは序の口で,改行しないでメールを送り付けてくる奴,ナンパしか考えないネットオタク,掲示板にエッチ画像を張り付けて荒らすバカ,ひどいのになるとマイナーなブラウザやゲーム機のインターネット機能を使ってアクセスしてきて,チャットができないからとWebマスターを責める奴。呆れ果てて物が言えないね。おまえら馬鹿か,と言いたい。ゲーム機で,パソコンと同じ機能を期待するほうが無理なんだよ。チャットができないのなら,チャットができる環境を用意すればいいだけのことだ。自分の環境が適してないのに,Webマスターに文句言うのは,筋違いもはなはだしいね。
 クルマだって,ちゃんと教習所に通って免許を取ってから運転するのと同じように,ネットだって,RFCを読めとまでは言わないけど,せめてユーザ権限としての使い方ぐらい勉強してから使え,と言いたいね。ろくに勉強もしないネットビギナーに,ネチケットも何も考えずに,あたりまえのように使われると,迷惑このうえない。
 あと,もう一つ気になる点。それは,ハンドルネームを使ってインターネットでモノを言う人間が増えてきたことだ。ネットの世界に限らず,公の場で意見を言うときは,素性と名前をちゃんと名乗ってから言うのが礼儀であり,常識だ。意見箱への投書だって,匿名でやると怪文書扱いになるしね。
 インターネットでも,たいていのMLとかfjニュースグループとかに投稿するときには,所属(会社名・学校名)と本名をシグネチャに明記することになっている。喧嘩したり,罵り合ったりするときでさえも,お互いに素性がわかった状態でやっていた。それが,いつのまにかパソ通の影響でみんなハンドルネームを使うようになってしまった。
 パソ通なら,いくら普段ハンドルを使って話をしようが,パソ通業者が全会員の個人情報を把握しているので,万一会員間でトラブっても,最悪,パソ業者が対応してくれるけど,インターネットでハンドルネームを使われると,その人の素性を調べるすべがないので,それをいいことに変なことをする輩が出てくる。匿名の人間が好き勝手してひっかき回すと収拾がつかなくなってしまう。
 別に住所や電話番号までネットで公開しろというつもりはないけど,自分の名前さえ満足に出せないような風通しの悪い今のインターネット環境は,病んでいるとしか言いようがないね。

アメリカに未来はあるの?

今日はJuly 4thで,アメリカの独立記念日ってことで,アメリカの話をしよう。
 アメリカの空前絶後の成長も一段落してきて,加熱ぎみの株価もだんだん雲行きが怪しくなってきている気配がしているようだ。それとともに,アメリカの将来を危ぶむような声もそろそろ出はじめているみたいに思える。
 しかし,私が思うに,アメリカ英語が国際標準である限り,アメリカは絶対に大丈夫だ。 今の世の中,標準を取った者が勝ちだ。 Mac対Wintelの競争の例をあげるまでもなく,中味の出来はともかく,標準さえ取ってしまえばシェアを握ることができ,競争に勝つことができる。ましてや,言葉というのは人間が生活するうえでの根幹をなすものだけに,国際標準の言葉を母国語として使うことのできるアメリカ人の世界的優位性は,疑いようがない。アメリカ標準のことをしばしば「グローバル・スタンダード」と表現する由縁は,ここだ。
 加えて,アメリカには世界最高の技術力と知的財産がある。教育水準の高い,優秀な人材が世界中からアメリカに押し寄せ,高いモチベーションと自由な発想で素晴しい製品を創造し,またそれを正当に評価する風土がある。珍奇なものに拒絶反応を示すどこかの国では認められなかったものが,アメリカで花開いた例は,枚挙にいとまがない。
 翻って,わがニッポンはどうかというと,出る杭を打つ画一的教育で全員に同じ内容の教育を受けさせ,給食では同じものを同じ量だけ同じ時間で食べさせる。そうすると,当然,同じだけO-157を摂取することになるわけなんだけど,発病して命を落とす子もいれば全然ケロッとしている子もいる。つまり,人間にはそれぞれ個体差があるってことを示すいい例なんだけど,日本の教育ではそれを認めないわけだ。そのうち中学生ともなると,実用性のかけらもない受験パズル英語漬けにされ,英語嫌いを増やし,英語の話せない日本人が増えていくわけだ。
 そうやって,国際競争力のない既製品を大量生産してきたニッポンが,いつのまにか「ジャパン・アズ・ナンバーワン」などと驕り高ぶり,「外国から学ぶことなど何もない」などとあぐらをかきはじめた。実際は,土地を転がして見かけ上の地価が増えていただけなのに,金持ちになったように錯覚してきたわけだけど,何のことはない,化けの皮がはがれてしまえば元のもくあみだ。
 今の日本の不況は,先進国から学ぶことをやめてすっかり慢心した日本の,当然の報いといえるね。

国際社会での日本

この前の朝のことだったけど,埼京線の池袋は相変わらずのラッシュで,通勤のサラリーマンやOLが電車にパンパンに詰め込まれて電車のドアが閉まらないほどになっていた。駅員さんが閉まり切らないドアに駆け寄って乗客を押し込んだりしていたわけだけど,その日,明らかに観光半分で日本に来たとみられる中年の外人15人ぐらいの一団が,その光景を見て人目構わず大声でゲラゲラ笑ったり,写真を撮ったりしていた。奴等は白人のおっさんばっかりで,英語のアクセントからは明らかにアメリカ人だった。奴等にとって,初めて見る通勤ラッシュのサラリーマンたちは,さながらコメディ俳優か,牧童に追い立てられて小屋の中に入っていく羊の群れにでも見えたんじゃないかな。
街を歩いてても,外人(特にアメリカ人)は日本の占領者だと言わんばかりに我が物顔でのし歩き,日本人を下に見ている。神戸にいた頃は,外国人も日本人も対等だと思っていて,そのように接してきたんだけど,東京ではその姿勢は通用しないようだね。彼らは日本人社会に溶け込もうとはしないし,その必要性もないと思っている。ましてや,日本語を話そうなどとは夢にも考えようとしない。日本人と接するといえば,道を聞く時と,英会話学校で教える時と,女の子をナンパする時ぐらいのものだ。もちろんそのときも,英語しか使わない。高校のときに,アメリカから交換留学生の女の子が来たんだけど,彼女は日本のホストファミリーに開口一番,「英語は国際標準語だから,あなたたちもみな英語を使うのが当然です。私に話しかける時は英語を使いなさい」と言ったそうだ。
日本人にとっては,全く舐められた話だけど,外人は体も大きいし,喋り方も立ち居振る舞いも明るいし,おまけに自己主張も強い。喧嘩して到底叶う相手ではない。また,顔形も彫りが深くて美形だし,背も高いし筋肉質だしナニも大きい(^^;)し,我々がどう逆立ちしても手に入れられないものを持っている。
「グローバル・スタンダード」と言われ続けて長いけど,日本や日本人のやることなすこと,こうまでみんな外国とあべこべになっているっていうのもちょっと珍しいんじゃないか。日本の昨今の経済的・技術的な凋落ぶりを見るにつけ,日本は完膚なきまでにやられてしまったなあという印象が強いし,日本の硬直化した社会システムそのものが変わらない限り,これじゃ外人にいいようにされてもしょうがないなあと思うね。