笑福亭里光師匠のこと

落語家の笑福亭里光師匠は中学時代の同級生です。同じクラスのときはけっこう仲良くしていて、同じ部活に入って、同じ日にその部活を一緒に辞めに行った間柄でした。中学時代から落語をやるのが趣味で、学校のイベントなどで高座を設けてもらって一席やったりすることがあって、それがただの趣味の域を超えてけっこう上手かったんですね。

高校以後は別々の進路に進んで、それ以来ほとんど会うこともなかったわけですが、2012年のある日、旅行先のホテルのTVでなんとなく「笑点」を見ていると、たまたま真打披露口上をやってたんです。そのときふと彼のことを思い出し、

(――そういえば落語が趣味やったあいつ、今頃どうしてんのかな。まだ落語続けてんのかな…。ひょっとしたらある日突然こういう場にひょこっと出てきたりして)

とか考えていると、なんと

その日の披露口上の席に彼が出てきたんです!

腰抜かしました。

そのあとネットでいろいろ調べてみたところ、1998年に笑福亭鶴光一門に入門。上方落語ではあるものの、おもに東京を基点に活動する噺家さんで、2002年7月に二ツ目に昇進、そして2012年5月に真打に昇進とのこと。中学時代からあだ名は「師匠」といわれてましたが、真打に上がることで名実ともに「師匠」になったわけです。

ツイッターのアカウントを持っていたようなのでダイレクトメッセージを送ってみたところ、向こうも私のことを覚えていてくれたみたいで、すぐ返信をくれ、それから再び交流がはじまりました。しばらくして、一緒に飲みにいくことになり、25年以上ぶりに会った彼は、中学時代とほとんど変わってなかったです。

それ以来、里光師匠の落語会があるとちょくちょく顔を出したり、二人で飲みに行ったりするようになりました。落語のことはあんまりよくわからないので彼の技倆がどんなものか評価のしようがないのですが、まあそんなことを気にせず近況報告しあえる関係というのがいいもんです。実は昨日の晩も一緒に飲みに行ってました。ちょっと飲みすぎて二日酔いきついですが…。

「同窓会に出ると、周りの同期が一流企業や保険会社で年収1000万やら1500万もらう中で、生活していくのがやっとの自分が情けなくなる」とこぼしていた里光師匠でしたが、自分の好きなことで、自分の力で一本立ちすることのほうがよっぽど素晴らしいと思います。売れれば「有名人」ですしね。有名人と友達になっておけば、それをきっかけにセレブの世界をのぞけたり、いろんな人とつながれたり、もしかしたら人生が変わるようなことがあるかもしれないので、こういうつながりはぜひ大事にしておきたいと思っています。

Shofukutei Riko

Shofukutei Riko (笑福亭里光) is a professional rakugo artist who speaks Kansai-dialect rakugo stories. Rakugo is, as written in Wikipedia, a form of Japanese verbal entertainment where the lone storyteller sits on stage and depicts a long and complicated comical (or sometimes sentimental) story using only a paper fan and a small cloth as props.

He was one of my classmates when we were junior high school students. Besides, he was one of my best friends. In junior high I talked him a lot, played with him a lot, belonged the same club as he did, and resigned from the club together with him on the same day. He sometimes played rakugo on stage in school events. His performance was rising above the level of amateur, so he was called shisho, a title which is used to a professional rakugo storytellers.

After we graduated from junior high, we went to different high school. We didn’t see each other for ages.

One day in 2012 I was staying in a hotel room watching an entertainment program on TV, where several rakugo artists who had just promoted to the shin’uchi rank were on stage and they were giving speeches in turn to show their thankful feelings for the promotion. The program reminded me of the wanted-to-be-a-rakugo-storyteller classmate. I wondered if he still kept up his hobby. Watching TV, I thought he might appear on such an entertainment program someday. To my surprise, he really did it in the very program that day.

According to the information online, after graduating from university he became one of the disciples of Shofukutei Tsuruko (笑福亭鶴光), one of well-known rakugo artists, to start his rakugo career in 1998. He promoted to the futatsume rank in July 2002 and became a shin’uchi in May 2012.

I tried to contact to him. Since he had a Twitter account, I sent a direct message to him. He replied to me soon. We talked a bit on Twitter for a while. Several months later we met face-to-face for the first time in more than 25 years. He had not changed at all since we saw in the junior high.

Now I sometimes go to his stage to listen to his story, and see him offstage. Last night I saw him in Shinjuku and went for a drink with him at an izakaya in the westgate area of Shinjuku. He was fine. We talked a lot. I drank too much and I have hangover this morning, though.

I think that being friends with public figures might help me have a chance to see the celebrity world, and maybe it would even change my life.

Going driverless

I used to watch Knight Rider on TV when I was a junior high school student. Knight Rider is an American TV series where a hero, Michael Knight, together with a talking self-driven car, KITT, beats the evil and sometimes has romantic experiences with a heroine of each episode. I thought that such a car was just a pipe dream at that time, but the dream will probably come true in a decade or two.

The development of autonomous cars, or driverless cars, is widespread. Google started testing of the developing autonomous cars on public roads as Nevada state law allowed to do it and issued license plates to them in 2011. Following Google, Audi obtained the road testing license as well from the state government of Nevada in 2013. In the same year, the United Kingdom also permitted road testing of automated cars. In China, Baidu is also planning the similar testing.

Automated driving is categorized into five levels. Level 1 (hands on) means that driver and system shares control over the vehicle, such as adaptive cruise control where the driver controls steering and the system controls speed, and parking assistance where steering is automated and speed is manual. Level 2 means hands off, where the system takes full control of the vehicle, including accelerating, braking and steering, but driver must still keep an eye on the vehicle’s movement in case of unprecedented failures. At level 3 (eyes off), driver can text or watch a movie while the system is driving. At level 4 (mind off), driver may go to sleep or leave the driver’s seat while driving. In a level 5 (steering wheel optional) autonomous car, no human interaction is required for driving.

Some car manufacturers are releasing level 2 or 3 cars to the market. Tesla Motors, one of the leading car manufacturers, released level 2 cars with Tesla Autopilot capability in 2015. Those cars can act automatically on limited-access highways, requiring the full attention of the driver. Mercedes will add automated driving features such as an active brake assist, a steering pilot, a parking pilot, a cross-traffic assist system and braking assist on production cars by 2017. No car manufacturers today succeed in making level 4 or 5 cars.

There are some hurdles to achieve the development of level 4 or higher. Possible software bugs may lead to sudden malfunction and put driver and passengers at risk of a traffic accident. Crackers may hack the system and do some destructive actions. Laws and regulations should be properly arranged by politicians knowing well about autonomous driving system to cope with possible problems it may cause.

In spite of these hurdles, the progress is ongoing step by step. The development of artificial intelligence, or AI, also helps the automated driving system evolve. AI is being wiser and wiser over time. AI being installed in the system will dramatically quicken their pace of evolution. I think some car manufacturers will achieve the development of level 4 cars or higher in a few years. We know the rapid growth of the internet and smartphones. We know that the world was changed to what nobody had even imagined 15 years before. That will be true to automated cars.

In the world where cars are fully automated, traditional cars will be removed from the roads, because such cars that cannot follow the new order of the traffic will be nothing but obstructions. Driving such cars manually will be totally banned. Driving (or letting car drive) will be just a means of moving, not fun.

What should such people who love maneuvers of a traditional, manual-driven car do? Such cars will be parked at dedicated paddocks to play them within a restricted area such as circuits or off-road trails, just as today’s motorsport drivers do. Driving a car will be just one of hobbies like hiking, hunting, yacht sailing, golfing or fishing. The day when you can handle your car anywhere by yourself will be over.

Autonomous cars will change the world a great deal. You will think the change might be strange or uncomfortable, but you will have to adapt to it, since nobody haven’t stopped any changes of the times ever before.

英語で参考文献を書く

本でも論文でもブログでも、なにかを書くときに、他人のアイデアや言葉を使うときは、その出典を文献管理(documentation)しなければなりません。それをしないで、他人の考えを盗んで自分のもののようにみせかけることは、盗作(plagiarism)とよばれ、ばれると非常に重い社会的制裁を受けてしまう重大な反則事項です。

ここでは英語で文章を書いたときの参考文献の参照のしかたを紹介します。

(2019/3/16本記事書き直し)

Continue reading “英語で参考文献を書く”

英語で題名を表記する

英語を書くときに、題名をどう表記するか、意識していますか? ちゃんとルールがあるんです。今回は題名を表記するときのルールについてみていきます。

(2019/3/16改訂)

イタリックにするもの

次のようなものの題名は、イタリックにします。手書きの場合は、アンダーライン(下線)を引きます。

  • 本(例:A Tale of Two Cities「二都物語」)
  • パンフレット
  • コレクション
  • 定期刊行物(例:The PostNewsweek
  • 新聞(例:The New York TimesThe Yomiuri ShimbunThe Wall Street Journal
  • 長編詩(例:Odyssey「オデュッセイア」)
  • 演劇(例:La Traviata「椿姫」)
  • 映画(例:Bonnie and Clyde「俺たちに明日はない」、Seven Samurai「七人の侍」)
  • ミュージカル作品(例:Mamma MiaHalf A Sixpence
  • 絵画や彫刻の作品(例:The Jewish Bride「ユダヤの花嫁」、The Thinker「考える人」)
  • テレビ番組(例:Miami Vice「マイアミ・バイス」、Bura Tamori「ブラタモリ」)

題名が冠詞(a、an、the)ではじまるようなとき、それをつけると文の構文に合わなくなるような場合には、その冠詞を取ることができます。たとえば

Dickens’ A Tale of Two Cities was his favorite novel.
ディケンズの「二都物語」は彼の好きな小説だ。

とすると、Dickens’ A Taleとなってしまい、文法的におかしくなってしまいますね。

そんなときには、Dickens’の次のAを取り除いて

Dickens’ Tale of Two Cities was his favorite novel.

のようにあらわします。

定期刊行物の題名が、冠詞ではじまる題名で、それが文中にくる場合には、その冠詞はイタリックにしたり下線を引いたりはしません(ただしその冠詞が文頭にくる場合は除きます)。たとえば

The headlines of the Post are legendary.
「The Post」のヘッドラインは伝説になるほど有名だ。

の「the Post」の前の「the」はイタリックになりません。

引用符でくくるもの

次のようなものは、ダブルクォーテーション(引用符)でくくります。

  • (新聞や雑誌の)記事名
  • エッセイの題名
  • 歌の題名
  • 本の各章の題名
  • 短編小説の題名
  • 短い詩の題名
  • ミュージカルの一場の題名
  • テレビ番組のそれぞれの一話の題名

例:

I saw a movie made from the short story “Ballad of the Sad Cafe”.
私は短編小説「Ballad of the Sad Cafe」をもとにした映画を見た。

I love “the Trouble with Tribbles” episode of Star Trek.
私は「スタートレック」の「the Trouble with Tribbles」の回が好きだ。

まとめ

  • 本、パンフレット、コレクション、定期刊行物、新聞、長編詩、演劇、映画、ミュージカル作品、絵画や彫刻の作品、TV番組の題名は、イタリックにする
  • 新聞・雑誌記事、エッセイ、歌、本の各章、短編小説、短い詩、ミュージカルの一場、TV番組の一話の題名は、引用符でくくる

いかがでしたか? 題名の表記のルールを知って、正しく英文を書くようにしましょう。

参考文献:The Princeton Language Institute. 21st Century Guide To Improving Your Writing. New York: Dell Publishing, 1995.

近江友里恵さんのこと

NHKのアナウンサーの近江友里恵さんのファンです。といっても今年のお正月に実家に帰省していたときにたまたま「ブラタモリ」をTVで見て初めて知ったんですが。「ブラタモリ」自体、桑子真帆アナウンサーがアシスタントをしていた時代に一度見たきりで、それまでほとんど見たことなかったのですが、このときは、昼に「伊勢」「横浜」の回の再放送をやっていて、さらに夜には「鶴瓶の家族に乾杯」とのコラボレーションスペシャルで成田山に行っていた回の放送があって、そこに出ていたアシスタントの近江アナウンサーがなんかいい味を出していて、注目するようになりました。

グーグル先生やウィキペディアによると、近江友里恵さんは2012年にNHKに入局して、朝のニュース番組「おはよう日本」の「まちかど情報室」のコーナーなどに出ているアナウンサーとのこと。私は、朝は十数年来、テレビ東京の「モーニングサテライト」を見ていたので、「まちかど情報室」はたまにしか見ることがなかったのですが、そこで衣装をうしろ前に着て出演する(※)というちょっとドジっ娘ぶりも披露してしまうキャラのようです。「ブラタモリ」でも、ときどき温度計を読み間違えたり、ハブ取り棒でつかまえたハブを入れた箱を素手で閉めようとしてしまうというポンコツっぷりを見せてくれる天然キャラとして人気を博している模様。「私、優柔不断なんで、すぐ迷っちゃう」と公言し、「優柔不断が治りますように」と成田山にお祈りするゆとりキャラで、なんか「守ってあげたい」感を強く感じさせるオーラがただよっているように感じたわけです。なんか、職場の後輩とかにいたらいろいろ教えてあげたくなるような。キラキラしたいわゆる“女子アナ”らしからぬ、おっとりとした雰囲気で、着ているものもけっして派手ではなく流行を追い過ぎず、むしろ中学生のようなちょっとあか抜けない感じさえして、それでいて育ちのよさを感じさせる、すれていないしゃべり方。ひとことでいうと“可愛すぎる”ということでしょうか。

スポーツはあまり得意ではなく、動物もどちらかというと苦手で、けっしてアドリブをきかせて要領よく立ちまわるタイプではないものの、地頭はよく真面目に、堅実に何ごともきっちり取り組む感じ。それでいてちょっと天然というキャラは、なんだか私自身をみているようで、それで親近感をおぼえたのかもしれません。

近江さんはその後、4月からは隔週で「おはよう日本」のキャスターを担当することになり、朝5時から出るようになったので、近江さんの出る週は朝5時起きで「おはよう日本」を見て(出ない週はこれまでどおり「モーサテ」を見てますが)、土曜の夜7時半からは「ブラタモリ」を見るという生活になったんですが、このたびNHK文化センターの企画で、9月30日に名古屋で近江さんのトークライブがあるということを聞きおよび、さっそく申し込んで名古屋まで聴きに行ってきました。

※2016年6月20日の「まちかど情報室」で、衣装の「Backリボンギンガムブラウス」をうしろ前に着て出演してしまい、視聴者から指摘を受けて、NHKの広報とニュースとアナウンス室の偉い人たちが会議の結果、「本人が間違って着てしまいました。これからは正しい方向に着るようにします」という公式文書を出すにいたった事件。

Continue reading “近江友里恵さんのこと”