Categories
American Lifestyle 米国ライフスタイル British Lifestyle 英国ライフスタイル Business and the Economy ビジネスと経済 Cryptocurrency 仮想通貨 Japanese Culture 日本の文化 Japanese Policy 日本の制度 Venture Capital ベンチャーキャピタル Wireless and Mobile 携帯・モバイル

Revolutでレボリューション

私は日本で給料をもらって暮らしていますが、リスクヘッジと多様な運用をするためにアメリカと香港に銀行の口座を持っており、資産分散しています。

日本で得た円をどうやってこれらの銀行に送金するかが考慮事項なのですが、日本の銀行で海外送金をするとコストがものすごくかかるので、オンラインの海外送金サービスをいくつか試してみましたが、どれも1回2000円ぐらいの手数料はどうしてもかかってしまいます。まとまったお金を送金するのならいいのですが、数万円程度のお金を送るのにこれではもったいない気がします。

この問題はペイパルのアカウントを2つ持てば解決できます。別々のメールアドレス2つを使ってペイパルのアカウントを2つ申し込み、片方のアカウントに日本の銀行のデビットカードを登録し、もう片方にアメリカの銀行口座をひもづけます。そして日本の銀行のデビットカードを登録したアカウントにログインして、そのデビットカード払いで、アメリカの銀行口座があるほうのアカウント宛に送金(支払い)をします。そのあとログアウトしてもう一つのアカウントにログインすると、送金した分のお金が(手数料を惹かれた形で)入金されているので、それを米ドルに両替して、登録したアメリカの銀行口座に引き出すということをすれば、少額の送金なら手数料が安くてすみます。ただし日本在住者は香港の銀行はひもづけられないようなので、このやり方では香港の銀行に送金することはできません。

Categories
American Lifestyle 米国ライフスタイル British Lifestyle 英国ライフスタイル Business and the Economy ビジネスと経済 Cryptocurrency 仮想通貨 Japanese Policy 日本の制度 Venture Capital ベンチャーキャピタル Wireless and Mobile 携帯・モバイル

Revolution with Revolut

I live in Japan. I have bank accounts in Japan to get a monthly income and make regular payments. Besides, I have bank accounts in the United States and Hong Kong to put some of my money into different banks in different places with different currencies to minimize the risk. I manage my assets in these countries because there are more options for investment than in Japan.

A consideration is how to transfer the money you get in Japan to a foreign bank account. Wire transfer at a banking institute in Japan costs very much. I tried some online international money transfer services. All of these services require no less than 2,000 JPY of fee per transaction, so sending tens of thousand Yen with these services is costly.

Having two Paypal accounts can resolve this problem. I got two Paypal accounts with my different email addresses and linked one of the Paypal accounts to a debit card of the bank account in Japan and the other to the bank account in the US. When money was credited to the Japan bank account, I logged in to the Paypal account linked to the debit card and sent money with the debit card to the Paypal account linked to the US bank account. Then I logged out and logged in to the other Paypal account, and I withdrew money credited to the account to the US bank account linked to the Paypal account. The fee is cheaper as long as you send a small amount of money. However, you cannot send money from Japan to Hong Kong because if you live in Japan, your Paypal account does not allow you to link to any bank accounts in Hong Kong.

Categories
Business and the Economy ビジネスと経済 Computer Science コンピュータサイエンス Eating and Cooking 食・料理 Health and Medicine 健康と医療 Japanese Culture 日本の文化 Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 Manufacturing 製造業 Marketing マーケティング Traveling 旅行

アフターコロナでどう変わる?

コロナが世界中に広まっていますね。ジョンズ・ホプキンス大学によると4月29日時点で3百10万人以上が感染して、20万人以上が亡くなっているそうです。ここ東京も例外ではありません。

そのせいで、世界中の人々が行動変容を迫られ、何ヶ月も外出禁止になったり、医療関係者、消防士、警察官、スーパーの店員、清掃作業員、配達人、公共交通機関に従事する人などのエッセンシャルワーカーは感染の恐怖に直面しながら外で働いているわけです。

かくいう私も、東京で約2ヶ月近くのステイホーム生活を送っています。日本の感染者数や死者数はアメリカなどに比べると低いですが、それでも毎日何百人もの新規感染者が確認され、何十人もの患者が亡くなっているわけで、感染爆発をひきおこすのを避けるため、アメリカや他の国と同様、不要不急の外出自粛と適切なソーシャル・ディスタンシングを維持することが求められています。最近では在宅勤務をしたり、テレビを見たり、電子書籍を読んだり、食事はドアまでデリバリーしてもらったり、それで食事したり、寝たりで一日過ごしている状況です。

このような不便がいつ終わるか誰にもわかりません。通常に戻るのに18ヶ月かかるという人もいれば、もうアウトブレイク前のようには戻らないという人もいます。東京はニューヨークの3週間遅れといわれていますから、このデファクト・ロックダウンを都が解除するのは早くてもニューヨークの3週間後なのかもしれません。ちなみにビジネスを再開している国はまだどこもありません。

私は食べ物を買いに行くかコインランドリーで洗濯する以外には一日ずっと家にいますので、この先世界がどう変わっていくかを考える時間が十分あって、少し考えてみました。

Categories
Business and the Economy ビジネスと経済 Computer Science コンピュータサイエンス Eating and Cooking 食・料理 Health and Medicine 健康と医療 Japanese Culture 日本の文化 Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 Manufacturing 製造業 Marketing マーケティング Traveling 旅行

Changes of the world from COVID-19

COVID-19 is dreadfully spreading throughout the world, hospitalizing more than 3,100,000 people and taking the lives of more than 200,000 patients as of April 29, according to Johns Hopkins University. It is no exceptions here in Tokyo.

The virus is forcing all people in the world to change their lifestyles. Many have been grounded for months. Essential workers, such as doctors, healthcare workers, firefighters, law enforcement officers, supermarket clerks, garbage collectors, delivery servicepersons, and staff involved in public transportation, work outside facing the fear of infection.

I’ve been staying at my house in Tokyo for almost two months. Although the confirmed cases and the death toll in Japan are lower than those in the United States, there are hundreds of cases tested positive and dozens of casualties every day. People are requested to refrain from non-essential journeys and maintain proper social distancing like the US and other countries to avoid causing overshooting of patients. These days I work from home, watch TV, surf the internet, read e-books, have meals delivered at the door, eat them, and sleep in the bed.

Nobody knows when this inconvenience ends. Some say that it will take 18 months for everything to get back to normal. Others say that it will never return to what it was before the outbreak. Since public health specialists say that the situation in Tokyo is three weeks behind that in New York City, the Metropolitan Government will probably lift the de facto lockdown no sooner than three weeks after NYC. As of today, no countries reopened business yet.

I’m at home all day long, unless I buy foods at the grocery store or wash my laundry at the laundromat. I have much more time to think about what the world will become in forthcoming years. Here’s what I think the world will change:

Categories
American Lifestyle 米国ライフスタイル British Lifestyle 英国ライフスタイル Business and the Economy ビジネスと経済 China 中国情勢 Emergent Democracy 新興国の民主主義 Global Politics 国際政治 Global Voices 世界の声 Human Rights 人権 Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 People 人 Privacy プライバシー Reforming Japanese Democracy 日本の民主主義の改革 Traveling 旅行 US Policy and Politics 米国の制度と政治 Warblogging 戦争 Yuki's Diary 日記

Prelude to WWIII

The second year of the Reiwa period began with a nightmare. More precisely, at the beginning of the year, nobody could predict what would be going on just two months later. I am talking about what the entire world is fighting against—COVID-19.

The coronavirus outbreak has been an urgent global issue. It was just the case of people in a limited area of a particular country, or poor, rich travelers within a trapped gorgeous cruise ship in February. Only a few weeks later, however, it became the case relevant in most parts of the world. Now the situation is changing day by day. For days, thousands of people around the world have been newly hospitalized due to this disease. More than 10,000 patients have died from it in China, Japan, Iran, Italy, Spain, Germany, France, the United States, and more.

The World Health Organization declared a pandemic. Lockdown is underway in many cities and even nationwide in some countries. Going out for non-essential reasons is banned or discouraged. People are forced to stay home and keep six feet away from others so as not to be six feet under.

The lockdown has had a massive impact on the world economy. The Dow Jones Industrial Average fell by around 1,000 points this month with circuit breakers taking effect many times. The share price of Boeing has become less than a third for weeks. This financial crisis is even worse than those in the great depression in 1929.

That is true with Japan. Here in Tokyo, the governor stated that lockdown in Tokyo is likely because patients tested positive are increasing every day by more than the number of cases a day before. She requested Tokyoites for being home this weekend except for essential business.

People in Japan look afraid of a state of emergency being declared and lockdown being issued. I hate to say that, but I’m sure that these will be near. I think lockdown orders will be released in weeks or even in days because we see other civilized countries being already like this.

Lockdown being inevitable, how should we do? Most people will be forced to stay away from their workplaces, such as offices, farms, fishing grounds, milk plants, and factories. Then it is likely to run short of various things needed for daily life. As a result, the production of foods and groceries will be severely restricted.

Once supply cease, panic buying is likely to take place. This action must be blamed as antisocial behavior since not all households have enough money or means to get what they need. It will be difficult to supply daily necessities if panic buying occurs, because the distribution system will be burdened more than usual, and the distribution of domestic inventory will be unfair. Participating in such panic buying is nothing but not only exposing your low awareness of social solidarity, that is, lack of knowledge that society will not be established if we do our own things, but also proving that you have neglected to be prepared and save in case of an emergency.

We have no choice but to secure the needed supplies for the time being before lockdown takes effect. It would help us a lot to find out what people in countries where lockdown is already in place are doing.

This experience gives us the following important suggestions and lessons: the fact that even the most rights-sensitive liberal nations can easily and quickly control individual’s rights and freedom before the impending crisis. It means that, once an emergency happens, the rights of individuals are insignificant and vulnerable.

What is happening in front of us now seems like a dry run exercise for the third world war. I think it is likely to occur in the coming decades because it is a very similar situation where a big earthquake occurred in 1923, the world financial crisis in 1929, and WWII 12 years later. Likewise, the big earthquake and tsunami happened in 2011, and the economic crisis derived from the coronavirus epidemic eight years later. Now the world is divided. Each country is isolated and closing its borders. How many years is left for us to see those countries to collide?

The time is right to be prepared for in the future. Divide your assets into some pieces and save them in different countries. If possible, have multiple places to live and jobs in two or more countries. Having as many life options as possible will save you in this volatile future with many uncertainties.

Categories
Japanese Policy 日本の制度 Wireless and Mobile 携帯・モバイル

国内キャリア間でSMS相互乗り入れへ

ちょっと古いですが読売新聞の記事(実は実家にいたときにこの記事を新聞で読んだのよ)。

「番号持ち運び」不便解消…新携帯にメール転送、導入へ
同じ携帯会社の契約者間で電話番号をアドレス代わりに使う「ショートメッセージサービス(SMS)」も、他の携帯会社の契約者とやり取りできるようにする。
 システム改修などの負担が生じるが、契約者の純増数が増えているソフトバンクモバイル、イー・モバイルが積極的で、最大手のNTTドコモも協力する方向という。

ようやく他国で当たり前のことが日本でもできるようになるようですが、そうなったらもう携帯2台持ちする必要なくなるわけですね。ソフトバンクのNOKIA N82が1台あればこれでドコモ仲間にもSMS送れるようになるわけです。あ、でもメールチェック用にBlackberryも残したいなあ。。。やっぱり2台持ちのままかな(笑)。

Categories
Gadgets ガジェット Hardware ハードウェア Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 Network Technology ネットワーク技術 Yuki's Diary 日記

定額給付金

16032009092.jpg今日、郵便受けに届いてました。

人口多いのに、江東区、仕事早いな(笑)。

独り暮らしなので給付額は12000円だけど、ないよりはマシ。

さっそく給付申請することにします。

ま、ギガビットルータでも買って、うちのLAN環境を見直しますか。

#こないだうちのラップトップがHDDが起動しなくなって使えなくなったし、デスクトップPCのほうも動作が怪しいので、そのうちPCまわりの環境も整え直さないとな……。

で、江東区内の10%プレミアム付のクーポンが同封されていて、区内の取扱店で買い物をすると11000円の商品券が10000円で買えるというもの。

どうせなら区内でギガビットルータ買えば得できますね、ってそんな取扱店あるんだろか……。

Categories
Japanese Policy 日本の制度

面識ない女性拉致して殺害する社会

金目的に路上で女性拉致、殺害して山林に遺棄…男3人逮捕
(読売新聞 – 08月26日 00:52)
 名古屋市千種区で24日夜、帰宅途中だった同区に住む派遣契約社員磯谷(いそがい)利恵さん(31)が拉致され、岐阜県瑞浪市の山林で遺体で見つかる事件があり、愛知県警は26日、住所不定、無職川岸健治(40)、愛知県豊明市栄町、朝日新聞セールススタッフ神田司(36)、名古屋市東区泉、無職堀慶末(よしとも)(32)の3容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。
 3人は、犯罪を行う仲間を募集する携帯電話のサイトを通じて知り合い、「金を奪う目的で、通りがかりの女性を狙った。顔を見られたので殺した」と供述し、県警は強盗殺人・死体遺棄事件として特別捜査本部を設置、強盗殺人容疑でも追及する。
 3人は、25日午前4時ごろ、岐阜県瑞浪市稲津町の道路脇の山林に磯谷さんの遺体を遺棄した疑い。 

ただ歩いていたというだけで、強盗に拉致され、命を奪われる。日本もそんな国になっちゃったようです。
というか、日本も他の国も危険という意味では同じということです。私も海外にいろいろ行きましたが、日本だから安全とか、外国だから怖いとか、そういうことはなかったですね。どこも同じように感じました。かえって、海外のほうが、ホールドアップ強盗に遭ってもおとなしく金を渡せば解放してくれたりしますが、日本だと「顔を見られた」で殺されるんですからね……。
どこにいても、常に殺されるかもしれないという覚悟で対策する。夜、出歩かない。出歩くときは人通りの多い場所を歩く。一人歩きは極力しない。どうしても寂しい夜道を一人で帰る必要があるならタクシーを使う。それでも、殺されるときは殺されるんですから、最後は運なんでしょうかね。
ちなみに、犯人の一人が「川岸容疑者」って……orz

Categories
Japanese Policy 日本の制度 NTT Wireless and Mobile 携帯・モバイル Yuki's Diary 日記

これからの、モバイルライフ

NTTグループの会社で働いているという関係もあって、周りの人々は当然ながらドコモ使いが多いわけです。

僕自身もできればドコモを使いたいと思っているのですが、NOKIAの携帯で国内・海外シームレスに通話・SMS/MMSを使いたいということがあり、それが比較的自由にできるボーダフォン(現ソフトバンク)を(仕方なく)今まで使ってきたわけです。

ところが、ソフトバンクとドコモはSMSの相互乗り入れをしていないので、このままだとドコモ仲間にSMSを送ることはできません。iモードメールを送れば済む話といえばそうなのですが、電話番号しか聞いていない人も多いですし、携帯電話を使っている以上、できればメッセージングは国際標準の基本機能であるSMSで済ませたいわけなのです。

ということで、やはりドコモの回線は、持たざるを得ないのかな~と最近思うようになりました。ボーダフォンの時代ならともかく、今のソフトバンクというキャリアには別に思い入れも魅力もありませんし、ドコモが使えるなら、それにこしたことはないのかな~と。

折しも、ドコモからモトローラの携帯(M702iS/iG)が出て、アメリカのカッコイイ携帯が使えるようになったこともあって、ここいらで今のソフトバンクの回線をMNPでドコモに変えて、新規扱いでM702iGあたりをゲットすることにしようと思ってます。

ただ、そうすると今まで送れていたソフトバンク仲間とのSMSが送れなくなってしまうので、新たにサブとしてソフトバンク回線を契約します。そのとき、705NKを新規扱いで購入し、デジカメの代わりとして使うのです。回線などはホワイトプランにして、余計なサービスは一切つけず、着信&SMS送受信専用として使います。電話番号は変わってしまいますが、ソフトバンク仲間はドコモ仲間に比べれば圧倒的に少なくせいぜい数人程度なので、それぞれに新しい電話番号を通知すればすむことですし。

こうして、

メイン:ドコモ(M702iG or iS) 通話用&ドコモ仲間とのSMS送受信用
サブ:ソフトバンク(705NK)  ソフトバンク仲間とのSMS送受信用&写真撮影用

という感じで両刀使いにすれば、たいていの友人とはメッセージングできるようになります。

先日買ったE61は、当然これまで通り使えます。単体で無線LAN端末として使ってもいいですし、FOMAカードあるいはソフトバンクのSIMカードを挿して携帯電話として使ってもいいわけですから。ソフトバンクSIMカードはE61に挿しておき、705NKはデジカメ専用として使う、という使い方もできますね(当然、Bluetoothを使えばE61・705NK・M702間のデータ送受信は自由自在にできるはずですから)。その逆に、705NKをソフトバンク専用機とし、E61はPDA&無線LAN専用端末としても使えますし、あるいはE61にFOMAカードを挿してドコモ仲間とSMSをやりとりできるようにし、M702はbluetoothヘッドセット代わり、という使い方も可能です(ちょっともったいない使い方のような気もしますが)。

対auはというと……もう知らん。どうでもいい。あそこはW-CDMAじゃないし、SMSろくに使わせる気ないんだから。

Categories
Japanese Policy 日本の制度 Wireless and Mobile 携帯・モバイル

携帯後進国ニッポン

今週のNewsweek Japanの特集は「日本はケータイ後進国?(A Lack of Mobility)」。
まさに僕が考えていることをそのまま代弁してくれてます。
着うたフルだGPSだおさいふケータイだとはしゃいでいますが、国外に一歩出ると全く使えません。
国際標準のSMSすら満足に使えない始末。
日本はキャリアが端末の仕様まで事細かに(それぞれ独自に)決めてメーカーに作らせるという非常に特殊な国ですから、メーカーはキャリア毎にそれぞれ別々に作り分けなければいけません。香港やシンガポールの人たちがNokiaの最新機種を楽しんでいても、日本で使おうと思えば、それを日本語化した上に、さらにキャリアの要求する仕様通りに開発を入れなければならず、出てくる頃には型落ち同然になってやっとリリースされる、という状態です。
海外で最新のスマートフォンを買ってきたとしても、日本のキャリアのコンテンツサービスはおろか、MMSすら使えないようにわざわざ制限がかけられていますから、せっかくのスマートフォンが、日本で使えるのはせいぜい通話とSMS程度という無残なことになってしまいます。
おまけに、日本で出してる端末にはほぼ例外なくSIMロックがかかっていますから、海外で現地のキャリアのプリペイドSIMに差し替えて使う、というごく当たり前のことすらできません。
逆に海外の利用者が日本に来て現地(日本)のキャリアを利用しようと思っても、まず日本にはプリペイドSIMというものがなく、プリペイド携帯電話を買ってくるか、キャリアが貸し出している携帯電話をレンタルしなければなりません。そもそもプリペイド携帯自体がキワモノ扱いされている昨今ですから、プリペイドサービス自体衰退していっている状況です。
#海外ではプリペイド携帯が主流ですが、プリペイド携帯による犯罪ってそんなにあるんだろうか?
最近MNPが始まりましたが、電話番号ベースでメッセージングが出来るSMSが普及しておらず、Eメールアドレスと同じ仕様のメールサービスを使ってるもんですから、せっかく電話番号が引き継げてもメールアドレスまでは引き継げない上に、端末がキャリアごとに違うもんですから、余分なお金を出して端末を新しく買い換えなければなりません。当然、昔の端末にインストールされていたアプリや着うたも引き継げませんから、買いなおし、ということになってしまいます。
そんな哀れな状況にもかかわらず、純国内専用サービスといってもいいauの契約数がMNP開始後に激増しているそうですから、ほとんどの日本人にとっては海外でのシームレスな利用なんて概念すら頭にないのかもしれません。
でも携帯電話は文字通り「携帯」するものですから、当然世界中どこででも共通に使えるものであるべきなのです。
日本の独自の「お家事情」によって利用者の利便性が制限されるなんて、まっぴらです。
まずは、キャリアは端末の仕様にまで口出しせずに、ネットワークサービスとコンテンツサービスだけに専念していればいいのです。
おさいふサービスとか、GPS位置情報とか、そういうのはメーカーが主導で考えること。
海外ではそれが常識です。