イギリスの席次

どこの国でも、公式行事などでは席次(precedence)というのが決まっています。

イギリス(イングランド・ウェールズ)での席次は次のとおりです。

席次

1位〜20位

  1. 女王(The Queen)
  2. エディンバラ公(The Duke of Edinburgh)
  3. プリンス・オブ・ウェールズ(The Prince of Wales)
  4. 君主の次男以下の息子
  5. 君主の孫(親の年齢の順)
  6. 君主の従兄弟(親の年齢の順)
  7. カンタベリー大司教(Archbishop of Canterbury)
  8. 大法官(Lord High Chancellor)
  9. ヨーク大司教(Archbishop of York)
  10. 首相(The Prime Minister)
  11. 大蔵卿(Lord High Treasurer)(いれば)
  12. 枢密院議長(Lord President of the Council)
  13. 下院議長(Speaker of the House of Commons)
  14. 貴族院議長(Lord Speaker)
  15. 最高裁判所長官(President of the Supreme Court)
  16. 主席裁判官(Lord Chief Justice of England and Wales)
  17. 王璽尚書(Lord Privy Seal)
  18. 大使(Ambassador)および高等弁務官(High Commissioner)
  19. 式部長官(Lord Great Chamberlain)
  20. 大司馬(Lord High Constable)(いれば)
Continue reading “イギリスの席次”

イギリスの貴族

日立の中西CEOが大英帝国勲章を受章したというニュースがありました。この勲章を受けた人はいわゆる騎士(ナイト)と呼ばれるのですが、そもそもナイトとか貴族とかってなんだろうということで、イギリスの貴族といわれる人たちの定義や、貴族の呼び方のルールなどについてまとめてみました。

(2019/3/17改訂)

貴族とは

イギリスで貴族(peerage)と定義されるのは、以下の人たちです。

1.有爵者(peer)

爵位をもつ男性のことです。爵位とは、公爵(duke)、侯爵(marquess)、伯爵(earl)、子爵(viscount)、男爵(baron)の五等爵のことです。

※スコットランドには男爵(baron)がなく、かわりにLord of Parliament、略してLordという爵位があります。

2.有爵者の妻・未亡人、女性有爵者(peeress)

公爵夫人・公爵未亡人(duchess)、侯爵夫人・侯爵未亡人(marchioness)、伯爵夫人・伯爵未亡人・女伯爵(countess)、子爵夫人・子爵未亡人(viscountess)、男爵夫人・男爵未亡人・女男爵(baroness)がそれにあたります。

※スコットランドではbaronessに相当するものとしてLady of Parliamentがあります。

3.儀礼領主(courtesy lord)

公爵、侯爵、伯爵の長男・法定相続人(heir apparent)や、法定相続人の長男のことです。

ここで法定相続人(heir apparent)とは、通常、有爵者の長男がなります。長男が死亡したときは、生存中の息子のうち最年長の人が法定相続人になります。法定相続人が死亡したときは、そのまた法定相続人が爵位をひきつぎます。

法定相続人になるべき人がまだ生まれていないときは、生まれるまでのあいだ、有爵者の親族のうち、次の爵位継承順位をもつ人が推定相続人(heir presumptive)になります。

伯爵、男爵の爵位は、女性にもひきつげますので、息子が生まれておらず、娘だけがいるときは、その娘は女推定相続人(heiress presumptive)となります。

女伯爵や女男爵の夫は、妻の爵位をひきつぐことはできません。

儀礼領主になれるのは、繰り返しになりますがそのうち、公爵、侯爵、伯爵の長男・法定相続人、その長男です。子爵、男爵の長男・法定相続人やその長男は、儀礼領主にはなれません。

4.3の妻・未亡人

5.3以外の、儀礼敬称(courtesy style)がつく息子

儀礼敬称(courtesy style)とは、LordやThe Honourable(The Hon)などの敬称のことです。つまり

  • 公爵、侯爵の二男以下(Lord John Brown)
  • 伯爵の二男以下
  • 子爵、男爵の息子すべて(The Hon John Brown)

があてはまります。

6.儀礼領主の息子

分類5のシステムにつづく儀礼敬称をもつ者のことです。

7.5や6の妻

8.有爵者の娘

9.儀礼領主の娘

Continue reading “イギリスの貴族”

UK版Windowsで日本語IMEを正しく使う

言うまでもなく、日本と米国とではPCのキーボードのキー配列が異なっています。しかし同じ英語圏であっても、米国と英国でもキーボードの配列は若干異なります。Shift+「2」はUKキーボードでは日本語キーボードと同じ「"」になります。「@」を表示させるにはShift+「'」(アポストロフィ)を打つ必要があります。そしてその「'」(アポストロフィ)は上から3段目、Enterの左隣の左隣にあります(ちなみにEnterの左隣は「#」です)。英国内でPCを買うと、必然的にこのUK配列のキーボードがついてくることになります。

Continue reading “UK版Windowsで日本語IMEを正しく使う”

My second visit to England

I visited the UK again in September as my first visit there in February was very nice. This time I went to Folkestone, Kent, where it was taken place by the musical Half A Sixpence I watched at Kokugakuin Tochigi High School, via Brighton, Tunbridge Wells, Hastings, Rye and New Romney.

I flew Aeroflot to Moscow, where I changed the plane to London. At Heathrow Airport, I had usual strict inspection at the immigration counter. Being asked why I was going to Folkestone, I answered the plain truth that I had been impressed by Half A Sixpence I had watched several weeks before and it had encouraged me to visit there. I told the cab driver who took me to the hotel from the airport the same thing, and he said, “Oh really. Enjoy your trip to Folkestone.”


Continue reading “My second visit to England”

Half A Sixpence再演

三枝美江子先生がダンス指導されている國學院栃木高校の文化祭のミュージカル部公演「Half A Six Pence」を観に行ってきました。初めてここの文化祭公演を観たのがちょうど10年前、そのときも「Half A Six Pence」でした。

ここの舞台のイギリス・フォークストンに行ってみたい気分です。

Half a Sixpence again

I visited Kokugakuin Tochigi High School where a friend of mine taught dancing and choreography to the student of the Musical Club as an instructor. There was a cultural festival of this school, and the Musical Club members performed Half A Sixpence. It was the second time to see this show since I saw it ten years before at just the same place.

That motivated me to visit Folkestone, England where it took place in.

ロンドン散歩

ハワース散策からの続きです)

3日目の朝、雨の降る中、B&Bをチェックアウトしました。

平日なので蒸気機関車はやっておらず、B&Bの奥さんがロードン・ロードにある最寄りのバス停まで連れて行ってくれ、そこでキースリー行きのバスを待つようにと言ってくれました。

バスを待っていると、年配のご婦人が話しかけてきて、どこまで行くのかと尋ねられたので、「ロンドンまでです」と答えると、もう1人のご婦人が話に加わり、バスがくるまでの間、3人でお話してました。
Continue reading “ロンドン散歩”

A walk in London

(Continued from A stroll in Haworth)

On the third day I checked out of the Heathfield B&B in the rainy morning. Since it was a weekday, Keighley Worth & Valley Railway was out of service. The mistress took me to the nearest bus stop on Rawdon Road and told me to wait there for the bus for Keighley.

While waiting for the bus, an old lady talked to me. She asked me where I was going. I answered that I was going to London. Another lady joined us, and they and I talked a bit until the bus was coming.

In the bus I sit on the upper front seat and the ladies stayed downstairs. Arriving at Keighley bus terminus, I got out of the bus. The train station was a bit distant from the terminus, so I didn’t know how to get there.

Then the lady who had talked to me first at the Rawdon Road bus stop found me standing there, and told me to follow her to the train station as she was just going for shopping near there. How kind of her! With her help I could get to the Keighley train station.

Waiting room of Keighley station Lunch
Continue reading “A walk in London”