Category: American Lifestyle 米国ライフスタイル

  • セントラル・パシフィック・バンクの改悪

    郵便受けにセントラル・パシフィック・バンクから手紙が来ていたので見てみると、なんと非居住者(NRA:Non-Resident Alien)向けのポリシーが変わるとのこと。なんでも、この4月1日から、NRAの口座に合計1万ドル以上の預金がない場合、毎月20ドルがサービスチャージとして差し引かれるようになるとのことです。

  • Central Pacific Bank’s aggravation

    In the mailbox beneath my apartment room, I found a letter from Central Pacific Bank, a Hawaiian bank I’ve kept my account for almost 15 years, saying that it had changed the policy for customers with Non-Resident Alien (NRA). According to the new policy effective April 1 this year, the bank will deduct $20 of monthly service charge from accounts of NRA customers if they don’t keep at least $10,000 in total in their accounts.

  • Revolutでレボリューション

    私は日本で給料をもらって暮らしていますが、リスクヘッジと多様な運用をするためにアメリカと香港に銀行の口座を持っており、資産分散しています。 日本で得た円をどうやってこれらの銀行に送金するかが考慮事項なのですが、日本の銀行で海外送金をするとコストがものすごくかかるので、オンラインの海外送金サービスをいくつか試してみましたが、どれも1回2000円ぐらいの手数料はどうしてもかかってしまいます。まとまったお金を送金するのならいいのですが、数万円程度のお金を送るのにこれではもったいない気がします。 この問題はペイパルのアカウントを2つ持てば解決できます。別々のメールアドレス2つを使ってペイパルのアカウントを2つ申し込み、片方のアカウントに日本の銀行のデビットカードを登録し、もう片方にアメリカの銀行口座をひもづけます。そして日本の銀行のデビットカードを登録したアカウントにログインして、そのデビットカード払いで、アメリカの銀行口座があるほうのアカウント宛に送金(支払い)をします。そのあとログアウトしてもう一つのアカウントにログインすると、送金した分のお金が(手数料を惹かれた形で)入金されているので、それを米ドルに両替して、登録したアメリカの銀行口座に引き出すということをすれば、少額の送金なら手数料が安くてすみます。ただし日本在住者は香港の銀行はひもづけられないようなので、このやり方では香港の銀行に送金することはできません。

  • Revolution with Revolut

    I live in Japan. I have bank accounts in Japan to get a monthly income and make regular payments. Besides, I have bank accounts in the United States and Hong Kong to put some of my money into different banks in different places with different currencies to minimize the risk. I manage my assets in these countries because there are more options for investment than in Japan. A consideration is how to transfer the money you get in Japan to a foreign bank account. Wire transfer at a banking institute in Japan costs very much. I tried some online international money transfer services. All of these services require no less […]

  • 第三次世界大戦の序章

    令和二年は悪夢で始まったようです。正確に言うと年のはじめには、2ヶ月後にこうなってるなどと誰も予測し得なかったのです。言うまでもなく、いま世界全体が戦っているもの、つまりコロナウイルスの話です。

  • Prelude to WWIII

    The second year of the Reiwa period began with a nightmare. More precisely, at the beginning of the year, nobody could predict what would be going on just two months later. I am talking about what the entire world is fighting against—COVID-19. The coronavirus outbreak has been an urgent global issue. It was just the case of people in a limited area of a particular country, or poor, rich travelers within a trapped gorgeous cruise ship in February. Only a few weeks later, however, it became the case relevant in most parts of the world. Now the situation is changing day by day. For days, thousands of people around the […]

  • Visiting United States military bases in Japan

    Visiting US military bases is fun for me. The US Army, US Navy, US Air Force and US Marine Corps use 75 facilities within Japan and Okinawa, 51 of which are dedicated and the rest 24 shared with Japan Self Defense Force. Though those facilities are usually closed to civilians, they are open to residents around them once or twice a year, and you can get inside the military places during these festivals. Visiting those facilities is one of the few occasions to get in touch with the United States. You can eat American-made hamburgers, hot dogs, steaks, turkey legs, and other American foods. You can pay foods, sodas, beer, […]

  • アメリカの席次

    noteに移行しました。

  • 英語で数と式

    noteに移行しました。

  • 英語で文章を書く

    noteに移行しました。

1 2 3 9
Next Page