Categories
American Lifestyle 米国ライフスタイル Blogging about Blogging ブログ British Lifestyle 英国ライフスタイル Business and the Economy ビジネスと経済 China 中国情勢 Emergent Democracy 新興国の民主主義 Global Politics 国際政治 Global Voices 世界の声 Health and Medicine 健康と医療 Human Rights 人権 Japanese Culture 日本の文化 Japanese Politics 日本の政治 Manufacturing 製造業 People 人 Privacy プライバシー Reforming Japanese Democracy 日本の民主主義の改革 Traveling 旅行 US Policy and Politics 米国の制度と政治 Warblogging 戦争 Yuki's Diary 日記

第三次世界大戦の序章

令和二年は悪夢で始まったようです。正確に言うと年のはじめには、2ヶ月後にこうなってるなどと誰も予測し得なかったのです。言うまでもなく、いま世界全体が戦っているもの、つまりコロナウイルスの話です。

2月の時点では、特定の国の限られた地域だけの話、あるいはとどめ置かれた豪華客船の中の、気の毒な富裕層の旅行者に限られた話だったのですが、数週間すると、世界のほとんどの場所で関係する話になってしまいました。今や事態は日に日に変わっていきます。ここ数日で、世界中で何千人もの人がこの病気であらたに入院しています。そして中国、日本、イラン、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、アメリカ、その他で、一万人以上の患者が亡くなりました。

WHOはパンデミックを宣言しました。ロックダウンが多くの都市で、ある国では国全体で進行中です。不要不急の外出は禁止されたり、推奨されなくなったりしています。人々は死なないために、家にとどまって、他人と2メートル離れることを強いられています。

このロックダウンで世界経済に大きな打撃を与えています。ダウ平均株価は今月だけで何度もサーキットブレーカーが発動し、1000ポイント以上下落しました。ボーイングの株価はここ数週間で3分の1になりました。この経済危機は1929年の世界恐慌より悪くなっています。

この状況は日本にもあてはまっています。ここ東京では、陽性患者が毎日、前日より多く発生している中、ロックダウンの可能性もあると都知事が発言しました。今週末は不要不急の外出を控えるようによびかけています。

日本人は、緊急事態宣言やロックダウンの発令を恐れているようにみえますが、言いたくないですが私は、ロックダウンの命令はここ数週間以内、あるいは数日以内に発令されるとみています。他の文明国がすでにそうなっているからです。

ロックダウンが避けられないとすれば、どうすればいいのか。ほとんどの人が職場に行けなくなる、ということは、田畑、漁場、搾乳場、工場などに行けなくなるということなので、食糧生産や日用品生産が厳しく制限されるということになります。

ひとたび供給がやめば、パニック買いが起こりやすくなります。すべての家庭が必要なものを得るだけの資金や手段があるわけではないので、この買いあさりの行動は反社会的なものとして非難しなければなりません。パニック買いが起これば、流通機構に平常以上の負担がかかるので、国内の在庫品の流通が不公平になります。このようなパニック買いに加わることは、社会連帯意識の欠如、つまり自分勝手なことをしたのでは社会が成り立たないという意識が欠けていることを暴露するだけでなく、自分が有事の際の備え、貯えを怠っていたことを証明するにほかなりません。

われわれとしては、さしあたり必要な物資を、ロックダウンが発令されるまでに確保するほかありません。すでにロックダウンが実施中の国の人が何をしているのかを知ることが助けになるでしょう。

この経験は、次の重要な示唆と教訓を与えています。つまり、最も権利意識に敏感な自由主義諸国でさえ、さしせまった危機の前では、個人の権利や自由をいとも簡単に、そして迅速にコントロールすることができる、という事実です。それはとりもなおさず、ひとたび緊急事態が発生すれば、個人の権利などとるにたりない脆弱なものということです。

今わたしたちの目の前で起こっていることは、第三次世界大戦の予行演習のようにも思えます。第三次世界大戦は今後数十年のうちに起こるのではないかと思います。1923年の大震災、1929年の世界恐慌、そして12年後に起きた第二次世界大戦のときと状況が似ているからです。同じように、2011に東日本大震災が起こり、今回のコロナウイルスに起因する世界恐慌が8年後に起こりました。今や世界は分断されています。それぞれの国は孤立し、国境を閉ざしています。これらの国が衝突するまであと何年残されているでしょうか。

将来に向けて準備をすべき時だと思います。資産を分割し、別々の国に置いておきましょう。できるなら、複数の生活場所を確保し複数の国で仕事を持つのがよいでしょう。人生の選択肢をできるだけ多く持つことが、今後の不安定で不確定要素の多い将来においては救われるのではないかと思います。

Categories
American Lifestyle 米国ライフスタイル British Lifestyle 英国ライフスタイル Business and the Economy ビジネスと経済 China 中国情勢 Emergent Democracy 新興国の民主主義 Global Politics 国際政治 Global Voices 世界の声 Human Rights 人権 Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 People 人 Privacy プライバシー Reforming Japanese Democracy 日本の民主主義の改革 Traveling 旅行 US Policy and Politics 米国の制度と政治 Warblogging 戦争 Yuki's Diary 日記

Prelude to WWIII

The second year of the Reiwa period began with a nightmare. More precisely, at the beginning of the year, nobody could predict what would be going on just two months later. I am talking about what the entire world is fighting against—COVID-19.

The coronavirus outbreak has been an urgent global issue. It was just the case of people in a limited area of a particular country, or poor, rich travelers within a trapped gorgeous cruise ship in February. Only a few weeks later, however, it became the case relevant in most parts of the world. Now the situation is changing day by day. For days, thousands of people around the world have been newly hospitalized due to this disease. More than 10,000 patients have died from it in China, Japan, Iran, Italy, Spain, Germany, France, the United States, and more.

The World Health Organization declared a pandemic. Lockdown is underway in many cities and even nationwide in some countries. Going out for non-essential reasons is banned or discouraged. People are forced to stay home and keep six feet away from others so as not to be six feet under.

The lockdown has had a massive impact on the world economy. The Dow Jones Industrial Average fell by around 1,000 points this month with circuit breakers taking effect many times. The share price of Boeing has become less than a third for weeks. This financial crisis is even worse than those in the great depression in 1929.

That is true with Japan. Here in Tokyo, the governor stated that lockdown in Tokyo is likely because patients tested positive are increasing every day by more than the number of cases a day before. She requested Tokyoites for being home this weekend except for essential business.

People in Japan look afraid of a state of emergency being declared and lockdown being issued. I hate to say that, but I’m sure that these will be near. I think lockdown orders will be released in weeks or even in days because we see other civilized countries being already like this.

Lockdown being inevitable, how should we do? Most people will be forced to stay away from their workplaces, such as offices, farms, fishing grounds, milk plants, and factories. Then it is likely to run short of various things needed for daily life. As a result, the production of foods and groceries will be severely restricted.

Once supply cease, panic buying is likely to take place. This action must be blamed as antisocial behavior since not all households have enough money or means to get what they need. It will be difficult to supply daily necessities if panic buying occurs, because the distribution system will be burdened more than usual, and the distribution of domestic inventory will be unfair. Participating in such panic buying is nothing but not only exposing your low awareness of social solidarity, that is, lack of knowledge that society will not be established if we do our own things, but also proving that you have neglected to be prepared and save in case of an emergency.

We have no choice but to secure the needed supplies for the time being before lockdown takes effect. It would help us a lot to find out what people in countries where lockdown is already in place are doing.

This experience gives us the following important suggestions and lessons: the fact that even the most rights-sensitive liberal nations can easily and quickly control individual’s rights and freedom before the impending crisis. It means that, once an emergency happens, the rights of individuals are insignificant and vulnerable.

What is happening in front of us now seems like a dry run exercise for the third world war. I think it is likely to occur in the coming decades because it is a very similar situation where a big earthquake occurred in 1923, the world financial crisis in 1929, and WWII 12 years later. Likewise, the big earthquake and tsunami happened in 2011, and the economic crisis derived from the coronavirus epidemic eight years later. Now the world is divided. Each country is isolated and closing its borders. How many years is left for us to see those countries to collide?

The time is right to be prepared for in the future. Divide your assets into some pieces and save them in different countries. If possible, have multiple places to live and jobs in two or more countries. Having as many life options as possible will save you in this volatile future with many uncertainties.

Categories
Business and the Economy ビジネスと経済 Global Politics 国際政治 Global Voices 世界の声 Marketing マーケティング Yuki's Diary 日記

グローバル化の終わり

私が就職したのは、90年代終わりごろの「失われた10年」と言われた不況の時代の日本で、会社からよく「グローバルマインドを持て」と言われたものでした。

2000年までには、「グローバル」や「グローバル化」という言葉が、次なる新たなミレニアムを生き抜くためのキーワード(ときにはバズワード)として、ドットコムバブルとともにやってきました。当時は、TOEICのスコアを上げさせられたり、MECEだのSWOT分析だのロジカルシンキングの手法をマスターさせられたり、とにかく日本的な古いワークスタイルを廃して、グローバルな(といってもほとんどアメリカのですが)考え方に慣れるようにハッパをかけられたものです。

ところが2006年にライブドアショックがあり、IT長者たちが凋落していくのを目のあたりにすると、人は、アメリカ式のやり方ではうまくいかないと気づき、また日本を見直し始め、日本の良いものを再評価するようになりました。会社でも「日本品質」とか言い始めて、グローバルサービスよりもドメスティックなほうに目を向け始めたころでした。

2010年代になると、今までの内向き志向がまたぞろグローバルに向かい始め、日本企業がまた海外進出するようになりました。今度はアメリカだけじゃなく、インドや中国、ロシア、ブラジル、東南アジアやアフリカなどの第三世界に出て行って、会社のサービスもそういう企業のニーズや要望に沿うようなグローバルサービスが増えていきました。

また2010年代は移動の時代でもあり、LCCの台頭によって低価格で海外に行けるようになりました。外国と行き来する人を見ることはどこでも日常的になりました。

こうして見ると、グローバルとローカル、人々の志向は5~6年ごとに行ったり来たりしているように見えます。その伝でいくと、そういうグローバルな世界というのはもうそろそろ終わりそうに思います。今週、英国の国民投票でEU離脱を決めたのは、その最も象徴的なものではないでしょうか。ほかにもフランスやイタリア、スペインなど、移民の流入やそれに伴うヨーロッパ内のテロに悩まされている国で同様の動きがあると聞きます。

同様に、アメリカでも、ドナルド・トランプ氏が、国境に壁を造り、メキシコ人やイスラム教徒をシャットアウトしろと言って、保守的で比較的貧困層のアメリカ民衆から熱狂的な支持を受けています。対抗馬のヒラリー・クリントン氏でさえ、TPPには反対するなど、保護主義的な主張をしています。日本でも、旗を持った過激な愛国主義者たちが通りに繰り出し、隣国人は出て行けと言ってヘイトスピーチをするようになりました。

思うに、今は時代のターニング・ポイントで、これから「グローバルな世界」はなくなっていくでしょう。民衆は自分の国のことだけを考えるようになり、そこここで紛争や、場合によっては武力衝突が起こるかもしれません。これから5~6年、少なくともトランプ氏かヒラリー氏の大統領の任期の間はそうなると思います。できることは、そういう世界を傍観しながら、将来状況がどう変わっても対処できるように、選択肢をできるだけ多く持っておくことではないでしょうか。

Categories
Business and the Economy ビジネスと経済 Global Voices 世界の声 Japanese Culture 日本の文化 Marketing マーケティング

The end of globalisation

When I started my career in the late 1990s, my employer encouraged us to have a global mind to cope with Japan’s recession so-called “the lost decade”. By 2000, the words “global” and “globalisation” were used as the keywords — and sometimes buzzwords — for surviving the upcoming new millennium, followed by the dot-com bubble. My coworkers and I were pressured to raise TOEIC scores, to learn SWOT analysis, MECE, and other terms of logical thinking, to abandon obsolete Japanese work style and get accustomed to global — in many cases American — way of thinking. 

In 2006, those ideas were changed. Seeing the Livedoor scandals and accompanying downfall of dot-com millionaires, Japanese people found out that the American way did not work. Instead, they began taking a second look at their own country and reviewing the good things of it. The company I worked for focused on the products for domestic customers rather than overseas ones, with “the Japan quality” as its corporate philosophy.

Starting 2010s, people’s inward-oriented views were changing into global again. Japanese enterprises were going out overseas, not only to the United States at that time but to the Third World such as India, China, Russia, Brazil and Southeast Asian and African countries. I had more and more opportunities to get involved in the services offered to such customers going to those countries in order to meet their needs and demands.

The first half of 2010s was the years of transportation. Low cost carriers helped people fly abroad at low air fares. Everywhere you can see people travelling to and from all over the world on a regular basis.

Yet you see that people’s favour of the global-oriented mind or the local-oriented one swings from side to side every five or six years. That being the case, such a globalised world will come to an end shortly. The event that happened this week in the United Kingdom showed that the most symbolically. The referendum determined the UK to leave the European Union it had joined in 1973. Other European countries like France, Italy and Spain begin the preparation of such referendum whether they should leave or remain the EU by some people tired of enormous numbers of immigrants from the Middle East and accompanying terrorist attacks occurring inside Europe. 

Likewise, in the United States, Donald Trump, saying that a wall should be built on the border to shut out Mexicans and Muslims, has the enthusiastic support by the conservative and relatively poor American population. Even Hillary Clinton, one of the rival candidates of Trump, says that she is against the US to join the Trans-Pacific Partnership. In Japan, some nationalistic extremists carrying patriotic flags with them are making a hate speech on the street, saying that the people from neighbouring countries should get out of Japan and go back to their own country.

I think that now is the turning point of the era and there will be no more “globalised World” from now on. People of each country will pay attention only inside their own country. A dispute or, in some cases, an armed clash may begin between some countries. Such an era will last five or six years, at least Trump or Clinton’s presidential term. What we can do right now might be to look on such the World and to have as many options as possible to be able to cope with the future fluctuation of circumstances.

Categories
Aviation 航空 British Lifestyle 英国ライフスタイル Eating and Cooking 食・料理 Global Voices 世界の声 Traveling 旅行 Yuki's Diary 日記

ロンドン散歩

ハワース散策からの続きです)

3日目の朝、雨の降る中、B&Bをチェックアウトしました。

平日なので蒸気機関車はやっておらず、B&Bの奥さんがロードン・ロードにある最寄りのバス停まで連れて行ってくれ、そこでキースリー行きのバスを待つようにと言ってくれました。

バスを待っていると、年配のご婦人が話しかけてきて、どこまで行くのかと尋ねられたので、「ロンドンまでです」と答えると、もう1人のご婦人が話に加わり、バスがくるまでの間、3人でお話してました。

Categories
British Lifestyle 英国ライフスタイル Eating and Cooking 食・料理 Global Voices 世界の声 Traveling 旅行 Yuki's Diary 日記

A walk in London

(Continued from A stroll in Haworth)

On the third day I checked out of the Heathfield B&B in the rainy morning. Since it was a weekday, Keighley Worth & Valley Railway was out of service. The mistress took me to the nearest bus stop on Rawdon Road and told me to wait there for the bus for Keighley.

While waiting for the bus, an old lady talked to me. She asked me where I was going. I answered that I was going to London. Another lady joined us, and they and I talked a bit until the bus was coming.

In the bus I sit on the upper front seat and the ladies stayed downstairs. Arriving at Keighley bus terminus, I got out of the bus. The train station was a bit distant from the terminus, so I didn’t know how to get there.

Then the lady who had talked to me first at the Rawdon Road bus stop found me standing there, and told me to follow her to the train station as she was just going for shopping near there. How kind of her! With her help I could get to the Keighley train station.

Waiting room of Keighley station Lunch

Categories
Eating and Cooking 食・料理 Global Voices 世界の声 Manufacturing 製造業 Music 音楽 Traveling 旅行 Yuki's Diary 日記

大泉ブラジリアンタウン

群馬県大泉町。
大規模な工場が誘致され、そこに日系ブラジル人を中心に出稼ぎ労働者を受け入れたため、人口4万1千人のうち6千人弱が外国人という町で、そこには、大規模なブラジル人街ができています。

The Brazilian Plaza Street in Brazilian town Sign in Portuguese Portuguese on the pole Portuguese on the pole
通りや看板の、いたるところにポルトガル語が。

レストランやフードコートでは、ブラジル料理を出し、スーパーには、ブラジル人用の日用品が売られています。

ほかにも、八百屋さん、薬局、ファッションストア、コンピュータショップ、電器店、タトゥーショップ、旅行代理店、コミュニティーセンターから、教会に至るまで、そこで暮らすブラジル人たちがそこで用が足せるように、ポルトガル語ベースになっています。

さらに、フリーペーパーや雑誌なども、コミュニティーセンターなどに行けば、手に入るようになっていて、飛行機に乗らなくても、パスポートのいらない海外旅行をした気分になれます。

Pamphlets for Brazilians Food at the Brazilian Plaza

注目すべきなのは、これらの店でも、ブラジル人が働いているということ。工場だけでなく、工場で働くブラジル人にサービスをする職にもまた、ブラジル人が就けるようになっていて、ここでは、すべてがブラジル人で回っているようです。

今後、好むと好まざるにかかわらず、日本は近い将来、海外から移民を受け入れることが避けられなくなるでしょう。この町は、多文化が混じり合った一つの例であり、移民とどう共存していくかのヒントを、私たちに教えてくれているのかもしれません。

Supermarket for Brazilians Grocery store

Categories
Eating and Cooking 食・料理 Global Voices 世界の声 Manufacturing 製造業 Music 音楽 Traveling 旅行 Yuki's Diary 日記

Brazilian town in Japan

I visited Oizumi, Gumma Prefecture. Large factories and plants were invited to set up in this town, and mainly Japanese Brazilians were attracted there as factory workers. According to statistics, almost 6,000 people out of this town’s population of about 41,000 are from abroad.

The Brazilian Plaza Street in Brazilian town Sign in Portuguese

Categories
British Lifestyle 英国ライフスタイル Eating and Cooking 食・料理 Global Voices 世界の声 Traveling 旅行 Yuki's Diary 日記

パジュ英語村

Market Street

イギリスに行きたいとずっと思っていて、9月にイギリスに行こうと思い立って航空券まで買ってホテルまで予約してたのですが、ここ2年近く続く激務のせいで時間がとれず結局キャンセルを余儀なくされる始末。ブリティッシュヒルズで我慢しようにも、何度も行ってると飽きが来てしまう。ある日、韓国に似たようなイギリスを模した通りがあると聞き、今月、韓国語が全くわからないのに韓国まで行ってきました。

JW893 to Seoul Gate 88

京畿英語村というところで、ソウル中心部からバスで50分の京畿道坡州(パジュ)市にあります。

Entrance of the English Village Immigration at the entrance of the English Village

入口は入国審査を模していて、外国に入国する気分にさせてくれます。入国審査の手前にあるチケットブースで300ウォンはらうと、入場券のほかにパスポートの形をした冊子がもらえます。この冊子を入国審査のカウンターに差し出すと、審査官が2、3質問したあと、スタンプを押してくれます。

Main gate of the English Village

入国審査を終えると、ヨーロッパのお城のような入口が見えます。その門をくぐると、ロマンチックな通りに出ます。両脇のショップの店員さんは皆英語が話せます。

Stores on Market Street Streetcars

この英語村はいろんなアトラクションがある英語テーマパークで、ロードバイクレンタル、ミュージカルがあったり、別にプログラムに参加するとモックアップのクリニック、旅行代理店、銀行、郵便局、警察なんかがあり、そこで英語で何て言うかを習うことができるようです。全体的に子供向けなので、大人の人は、Double Deckerというイングリッシュパブでビールやフィッシュアンドチップスを楽しめます。このお店をやってるジャッキーさんという気さくな韓国人女性と少しお話しちゃいました。

Double Decker pub Fish and chips

英語村は敷地約28ヘクタールにおよび、グローバルな韓国人をつくるために京畿道が設立した公立施設とのこと。韓国にはこんな公立の英語教育施設が何ヶ所かあるそうで、国家プロジェクトとして英語人材をつくり世界で活躍できる人材を育てているように感じました。

興味深いのは、この英語村は北朝鮮の国境から3キロも離れていない場所で、ちょっと高い場所に上がるとイムジン河の向こうに北朝鮮のさびれた集落を目にすることができます。

軍事的に緊張した場所でグローバル人材を育てている。世界とは何か、国とは何か、違う国の人とやっていくこととは何か、そんなことを考えさせられる場所でした。

The Imjin River and North Korea
Creating global Koreans

Categories
British Lifestyle 英国ライフスタイル Eating and Cooking 食・料理 Global Voices 世界の声 Traveling 旅行 Yuki's Diary 日記

Paju English Village

Market Street

Visiting England is one of the things I want to do in the future. I planned a trip there in the middle of September. I purchased air tickets to and from London, and booked hotels there. To my sorrow, however, I was forced to cancel all of the reservations because of hectic work I had for almost two years. The British Hills is one of its alternatives, but I get tired of it as I visited there many times. One day I heard that there was such a place in South Korea mocking English streets. That’s why I visited South Korea this month, though I didn’t understand Korean at all.