阿久悠さん死去

阿久悠さん死去 歌謡曲黄金期の作詞家
(共同通信) 2007年8月1日(水)16:41
 70-80年代の歌謡曲黄金期を代表する作詞家、阿久悠(本名深田公之)さんが1日午前5時29分、尿管がんのため死去した。70歳。兵庫県出身。67年、作詞家デビュー。山本リンダの「どうにもとまらない」、森昌子の「せんせい」、都はるみの「北の宿から」、沢田研二の「勝手にしやがれ」などアイドルポップスから演歌までジャンルを超えたヒットメーカーだった。小説も執筆。99年に紫綬褒章受賞。
gooニュース

阪神間では有名すぎるぐらいの方でしたが、ご冥福をお祈りします。

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る