「てるてる家族」終了

NHKの朝の連続テレビ小説「てるてる家族」が今日で終了。朝ドラ初のミュージカル風ドラマということで、どんな内容になるかと思ったが、大森寿美男さんのしっかりした脚本や出演者の名演技に助けられ、半年間、飽きることなく楽しませてもらった。朝ドラを最初から最後まで欠かさずに見たというのは、おそらくこれが初めてではないだろうか。
最近の数年間の朝ドラは、特に大阪放送局制作のドラマは、総じて脚本や演出がつまらなかったり、最初は良くても後半になってから失速したりプロットが暴走したりするパターンが多かったが、今回の作品ではそれがなく、最後の最後まで丁寧な作りで感心した。
関係者の皆さん、半年間お疲れ様。来月からの「天花」は、どのような出来になるだろうか。

*** Extended ***

【2004/3/31追記】
月曜日から「天花」が始まったが……だめだ、ギブアップ。なんだあの寒すぎなドラマは……。
【2004/4/3追記】
とりあえず1週間は我慢して見てみたのだが……こちらに新しいエントリーを建てた。

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る

One Reply to “「てるてる家族」終了”

  1. 前のダイアリー03/10/11

    今月からNHKの朝ドラが「てるてる家族」に変わったけど、けっこう面白くて、毎日家を出る前に見るようになった。なんせ前作の「こころ」が(ry だけに、脚本のしっかりした今回のドラ��…

Comments are closed.