銀行

All posts tagged 銀行

私は日本で給料をもらって暮らしていますが、リスクヘッジと多様な運用をするためにアメリカと香港に銀行の口座を持っており、資産分散しています。

日本で得た円をどうやってこれらの銀行に送金するかが考慮事項なのですが、日本の銀行で海外送金をするとコストがものすごくかかるので、オンラインの海外送金サービスをいくつか試してみましたが、どれも1回2000円ぐらいの手数料はどうしてもかかってしまいます。まとまったお金を送金するのならいいのですが、数万円程度のお金を送るのにこれではもったいない気がします。

この問題はペイパルのアカウントを2つ持てば解決できます。別々のメールアドレス2つを使ってペイパルのアカウントを2つ申し込み、片方のアカウントに日本の銀行のデビットカードを登録し、もう片方にアメリカの銀行口座をひもづけます。そして日本の銀行のデビットカードを登録したアカウントにログインして、そのデビットカード払いで、アメリカの銀行口座があるほうのアカウント宛に送金(支払い)をします。そのあとログアウトしてもう一つのアカウントにログインすると、送金した分のお金が(手数料を惹かれた形で)入金されているので、それを米ドルに両替して、登録したアメリカの銀行口座に引き出すということをすれば、少額の送金なら手数料が安くてすみます。ただし日本在住者は香港の銀行はひもづけられないようなので、このやり方では香港の銀行に送金することはできません。

Continue Reading
Gate 14

今日から6日日曜日まで香港に行ってきます。香港は6年ぶりです。

やりたいこと:旺角でiPad2と、もしできればiPhone4Sをゲットすること。HSBCの口座の住所変更とパスポート番号の変更の届けを出してくること。あとは、赤柱とか香港仔とか南丫島あたりを観光ですかね。

Continue Reading

新生銀行から封書が届いてました。開けてみると長文の手紙が。

お客さま各位
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
また平素より格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。
新生銀行はお客さまのニーズにあう最良の金融商品・サービスを提供することを常に目指しております。2001年6月にスタートして以来、新生総合口座パワーフレックスは、ご提供しております好金利商品や優れた資産運用サービスによりご好評をいただいており、おかげさまで今日までに220万人以上のお客様に開設をしていただいております。(中略)「パワーフレックス」の各種サービスは、いずれも個人のお客様のお取引ニーズにお応えする形で設計され提供されており、そこでは典型的なお取引頻度については一定限度の想定を行っております。
「パワーフレックス」の魅力あるサービスの一つとして、大変ご好評をいただいております提携金融機関のATM引出手数料無料サービスにつきましても、当行としては少なからぬ費用負担を要するものではありますが、お客さまのニーズにお応えするものとして、今後も引き続き可能な限り、制限を設けることなくすべてのお客さまにご提供していくことを希望しております。しかしながら、本サービスの継続においては、既に申し上げましたとおり一定限度のお取引頻度の想定を前提としております。
このお手紙は、2008年9月および2008年10月に提携金融機関(※1)のATMを利用して預金の引き出しをされた回数が、各月ともに1ヵ月あたり10回以上であったお客さまを対象にお送りしています。当行は、すべてのお客さまによりよいサービスを継続して提供させていただくために、お客さまのATMサービスのご利用状態につきましても継続的に調査を行い、当行がお応えすべきお客さまのニーズの範囲・内容(※2)と、サービスに対して当行が負担すべきコストとのバランス調整を適切に行うべく努力を続けております。お客さまにおかれましては、大変恐縮ではございますが、当行が提携金融機関のATM引出手数料無料サービスをはじめとした最良のサービスを、すべてのお客さまにご提供し続けることができますよう、提携金融機関ATMでのお引き出しの回数を現状よりもお控えいただきたくお願い申し上げます。お客さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。(後略)
※1 セブン銀行・全都市銀行・ゆうちょ銀行など
※2 例えば、現在のところ当行のほとんどのお客さまの1ヵ月あたりのATM引出回数が4回未満です(当行ATMおよび提携金融機関ATMでのお引き出し合計)。

ふーん。
じゃ、給料が入ってきたら全額一気に引き出したら文句ないわけだ。

くどくどと言い訳がましい文言が並び、最後まで読まないと何が言いたいのかわからん手紙だったんだけど、何回も他所のATMで金引き出すと文句言われるとか、他の客のATM引出回数が月4回未満だったなんて、初耳なんですけど。

ATM引出手数料無料のサービスで他所のATMを使うとその銀行が手数料を負担することになるから、あんまり何回も引き出されると銀行が損するからやめてほしいっていうのは、気持ちはわからないでもないけど、だったら最初から「提携金融機関ATMでのお引き出しは月10回以内でお願いします」とでも言えばいいのに。

それを、何も言わずに、後になってからさも迷惑かけられたかのように言われても、「そんなもん知るか!」って感じだよね。

他所のATMで引き出されるのが嫌だったら、もっと自行ATM増やせ。つーか、清澄白河駅の新生銀行ATMで新生銀行キャッシュカードで引き出そうとすると「お取り扱いできません」って出るの何とかしろ。

他の客に迷惑かかってると言わんばかりの書き方も厭らしい。もういっそのこと無料なんてやめたらいいのに。想定4回なんだったら、月5回以上は手数料取るとかすればいいんだよ。

あーあ、新生銀行との取引、考え直そうかな。。。

私の給与振込み口座にしているイーバンク銀行が、大幅にサービスを改悪。

  • ATMの手数料無料の回数制限(私の場合、入金・出金合わせて月2回まで)
  • 給与振込みに伴う他行振込手数料無料回数 5回→3回
  • 出金、振込限度額の初期設定の引き下げ

それも今しがたメールが来るまで積極的な周知がなく、なんと2chでこのことを知る始末。それも施行が12月からと、非常に急かつ唐突。
まあ日本の銀行は決済用と割り切ってるから多くは期待してないですが、そろそろイーバンクも見切りつけたほうがいいかも、と思った次第でした。でも代わりになれそうな銀行もあんまりないんだよね・・・。

ebankmoneycard.jpg
帰国したら、不在票が入ってました。
郵便局に取りに行くと、来ていました。イーバンクマネーカードです。
イーバンク銀行がこのたび出したVISAデビットカードです。
いままでスルガ銀行がデビットカードを出していましたが、イーバンク銀行も出したことによって、これからはイーバンク銀行に一本化できそうです。
これで、もう私にとって日本の金融機関は

  • イーバンク銀行
  • 新生銀行
  • 郵便局

だけでよくなりました。その他に持っている三菱東京UFJ銀行、労働金庫、スルガ銀行は、もう必要なくなったので近いうちに口座をクローズします。アメリカの金融機関も、この間ハワイでセントラル・パシフィックバンクの口座を作ったので、それの使い勝手が良ければUBOCも解約します。

さて今回の旅行の最大の目的の一つである、ハワイの銀行に口座開設をするため、ホノルル国際空港から一路バスに乗ってワイキキ・ウルニウ通りにあるセントラル・パシフィックバンクへとやって来ました。

Central Pacific Bank, Waikiki branch

ハワイの銀行はだいたいどこも米国非居住者の口座開設を受け付けていて、日本の銀行に比べて金利がはるかに高いのと、米国の銀行という信頼感で日本人にも人気が高いようです。他にもバンクオブハワイ、ファーストハワイアンバンクなどありますが、いかにも「ハワイ」感まるだしのところよりも、セントラル・パシフィックバンクを選びました。なんだかプロ野球の名前みたいですが(笑)。

入ると、受付のお姉さん(日本人か日系人?の人)に、入口のデスクにあるウェイティングリストに名前を書いて待つように言われました。ウェイティングリストを見ると、日本人の名前がずらり。先に来て待っている人もけっこういました。

しばらくして呼ばれ、専用のデスクに通されて、特に難しいことは何もなく、パスポートの確認と、専用の申し込みフォーム(日本語)とW8-BEN(これも定型的なところはすべて銀行側で記入されている)に記入すると、あっさりと口座開設OK。

あんまり大量に入金すると残りの日ハワイで遊べなくなってしまうので、CDに$500、Savingsに$200、Checkingに$300だけ入金することにしました。どうせあとで日本から追加できるので。資金はUnion Bank of Californiaにある預金をチェックで入金。入金した資金はしばらくホールドされるらしく、口座に実際に入金されるのに10営業日ぐらいかかるとのことでした。

スタッフはほぼすべて日本人か日系人で、日本語オンリーで処理が進みました。

もしもの時に処理に困らないように、共同名義の口座にするか受取人を指定するようにすすめられましたが、あいにくまだ独り者ゆえ……そのうち結婚したら考えることにします(汗)。

Waikiki Beach

銀行の目の前には夢のワイキキビーチが広がる

Continue Reading