深川

All posts tagged 深川

家の近所の木場公園では、毎週のように何かしらイベントが行われています。

Mikoshi parade

2週間前には、「大江戸神輿祭り」があって、おみこしたちがいーっぱいでした。

Performance by Women's Guard of Honor Brass and Percussion Corps of ALSOK
Talk show with Mikako Kotani and Koto Ward Governor

そして、先週末は「江東区民まつり」。模擬店がいっぱい立ち並び、日本中、いや世界からの特産品がいっぱい売られてました。

上の写真は、綜合警備保障(ALSOK)の女子儀仗隊によるオープニングセレモニー。「儀仗隊」というと大そうな感じですが、別に馬に乗ったり銃を抱えたりするわけではなくただのマーチングバンドです。でも目の保養には最適(笑)。

2016年のオリンピックを東京に招致するというサブテーマもあり、ソウル五輪シンクロ選手の小谷実可子さんを招いて江東区長と対談をしたり(下の写真)、なかなか気合十分。もしオリンピックが東京に決まったら、江東区内で16競技(23区では最多)が行われるとのこと。まあ2016年まで江東区に住めるかどうかは微妙ですが。。。

The Kiba-no-kakunori show The Kiba-no-kakunori show The Kiba-no-kakunori show The Kiba-no-kakunori show The Kiba-no-kakunori show The Kiba-no-kakunori show

こちらは、木場名物「木場の角乗り」。大きな角材を水に浮かべ、その上に乗って角材を足でくるくる回したり、逆立ちしたり、熟練すると角材の上に梯子をかけて、その上にのぼって遠見をしたりできるようになるそうです。木場公園に特別の練習場があり、毎週日曜日の午前中に有志で練習しているようです。

Fukagawa strong man show Fukagawa strong man show

こちらは「深川の力持」。枡を持ち上げたり酒樽を持ち上げたり、果てはお腹の上に米俵を乗せて、その上に臼を置いて餅をついたり、さらには

Fukagawa strong man show

こんなふうに臼の上に舟を載せてその上に酒樽乗せて米俵かついで人が乗っかっちゃったりと、ほとんど悪ノリみたいな感じに見えなくもないですが、れっきとした伝統芸能。まあ良い子は真似をしないようにしましょう、というところですが。

新居もいろいろと家具が入ってきて、少しずつ整ってきました。

先日は南船橋のIKEAに初めて立ち寄って本棚とテーブルランプを買ってきました。ついでに幕張のCOSTCOにも寄っていろいろと小物を買い揃えてきました。どちらかというとIKEAよりもCOSTCOのほうが品物は好きですね、個人的には。

今日は、「ひかりテレビ」のチューナーが郵送されてきたのでセットアップしました。今まで新居では地上波のテレビしか見れなかったのですが、これでまたCNNが見れます。その上、旧居に引いていたJCOMのケーブルTVでは見れなかったBBC Newsも見れるようになり、非常に幸せです。

あとは明日に洗濯機とライティングデスクが届けば、お部屋作りは晴れて一段落です。

テレビの環境が整ったのでしばしFOXのドラマなど見ると、夕食にちょうど良い時間になったので、近所に出かけて夕食をいただいてきたのですが、帰りには、もときた道が消防車や警察の車でふさがれて、野次馬たちも群がって、たいへんなことになっていました。

どうやら工場のような建物が火事になっているようで、焦げ臭いにおいがあたりに広がり、息もつまりそうな状態。

食事に出かけるのがあと数十分遅かったら、巻き込まれてたかも。

家に帰ってNHKをつけると「陽炎の辻2~居眠り磐音 江戸双紙~」をやっていて、ちょうど深川の街が火事になっているシーン。うーん、黒頭巾の仕業か?

昨日、無事に不動産屋さんから鍵を受け取り、郵便受けの開け方の説明を受け、申込金の1万円も返してもらい、新居の中に入ることができました。

郵便受けの中には、さっそく私あての郵便物がありました。それに混じって、前の住人宛と思われる(宛先住所の部屋番号が一緒だったので)ニッセンのカタログもありました。どうやら前の住人は韓国人か中国人だったようです。けっこういろんな国籍の人が一緒に住んでるのかも。

今日はガスの開栓とBフレッツの移転工事の立会い。新居ではマンションタイプになるので、部屋まで光ケーブルを引き込むのではなく、VDSLになっており、部屋からは普通のモジュラージャックからメタルの電話線を通し、スプリッタで分けたあと片一方に電話機、もう片方にDSLを取り付け、DSLからLANケーブルでLAN機器に接続するという形でした。

マンションのエントランスを出て歩道に出たとき、広末涼子似のちょっと可愛い若い女の子が目の前にばったり現れました。その子は歩道からマンションに入ろうとしていたようですが、私に気付くとすぐに方向を変え、歩道をそのまま歩き続け、私がマンションを出てしばらくしてから立ち止まり、ためらいながらマンションに入っていきました。あの子も同じ住人ということで、ちょっと出会いを期待? でも、そんなに警戒せんでもいいのに……とも思うんですが、まあ潮見のマンションで同じ住人に殺されちゃった女の子もいるし、しょうがないですね。

明日はいよいよ全荷物のお引越し。練馬の夜は今夜で最後になります。

今日で、実家を離れて1人暮らしを始めてちょうど10年になりました。
もう、すっかり東京の生活も板についてきました。
最初は埼玉の独身寮暮らしでしたが徐々に都心に近くしていって生活レベルも徐々に上がってきました。
そして今日、さらに生活レベルを上げるべく、会社からかなり近い江東区の新しいお部屋の鍵を受け取ってきます。

今日、7年ちょっと住んだ思い出深い練馬区を転出しました。

転入のときにも行った区役所20階展望レストランで、今日も昼食をとり、窓から見える新宿副都心の高層ビル群を眺めながら名残をおしみました。

そして、転出証明書をもらったその足で東陽町の江東区役所へ行き、ちょっとフライングですが転入手続きをしてきました。

これで今日から晴れて江東区民となりました。

窓口で証明書の自動交付機カードを作りませんかとすすめられました。このカードを使って機械で住民票や印鑑証明を取れるとのことで、窓口で取るよりも安くすみ、また時間外にも取れるというメリットがあります。練馬区にも同じようなのがあったんですがついぞ作らずにけっこう不便な思いをしてきたので、今回はせっかくなので作ることにしました。

住民基本台帳カードも同時に作れるようでしたが、公的な身分証明として使えるようにするためには顔写真入りにする必要があり、区役所内に証明写真を撮れるところもあったのですが、あいにく今日は写真を撮れるような格好をしてきてなかったので、またの機会にすることにしました。

江東区役所のロビーには、クリーニングの出し方やトラブルについて解説したパネルがあり、こういう説明は他ではあまり見ないのでちょっと気になってたんですが、↓のアホのように、けっこうクリーニングがらみのトラブルってあるみたいですね。

クリーニング代恐喝で母子逮捕=3年で187万円-愛知県警

(時事通信社 – 07月24日 21:01)

 「仕上がりが悪い」などとクリーニング会社を脅し、約3年間で187万円に上るクリーニング代を支払わなかったとして、愛知県警瑞穂署などは24日、恐喝容疑で名古屋市瑞穂区松栄町、無職伊藤銀次郎(22)と母親の直美(48)両容疑者を逮捕した。銀次郎容疑者は容疑を認めているが、直美容疑者は否認しているという。
 調べでは、銀次郎容疑者らは2005年4月、名古屋市瑞穂区のクリーニング会社直営店に出したカッターシャツの仕上がりが悪いなどと因縁を付け、同社の男性社員(55)ら2人を自宅に呼び付けた上、「クリーニング代を一生ただにしろ」と脅迫。今年2月までの2年9カ月間に297回分のクリーニング代約187万円をただにさせた疑い。 

交付されたカードを使って、さっそくロビーにあった機械で住民票と印鑑証明書をゲット。その足で隣の木場にある深川警察署へ行き、免許証の記載事項変更。これでまた今後は免許証の表裏を見せなければならなくなりました。免許証も最近のは本籍(国籍)が出なくなったので、国籍と住所を同時に証明する手段としては、住民基本台帳カードしかなくなってしまったようです(住民基本台帳カードは日本人しか作れないので)。このカードはいろいろと物議をかもしていますが、まあこんなカードがあろうがなかろうが個人情報なんてどうせダダ漏れだし、カードを作っておくことのメリットのほうが多くなってきたようなので、そろそろ作ってもいいかなーなんて思ってます。

※表題の意味
「メーテル」は、練馬区在住の漫画家・松本零士先生の「銀河鉄道999」のキャラクター。そして「のらくろ」は、深川育ちの漫画家・故田河水泡先生の「のらくろ」。練馬区には「ゆめーてる通り」が、そして江東区には「のらくろーど」という商店街通りがあります。

例の木場のマンションを契約することにしました。

会社を休んで住民票やら印鑑証明やらいろいろひっかき集め、連帯保証人(=兄)にも協力してもらいながら書類を不動産屋さんに送って、管理会社の入居審査を待ってました。今の家はもう解約通知を出しているので、もし審査に落ちたらいきなりホームレス生活になってしまうのですが、昨日やっと無事に審査通過の知らせが来ました。

いよいよ契約書取り交わしの運びとあいなったわけですが、またいろいろ書類が必要。必要書類は一度に教えてくれればいいのに。。。

かねてから予告していたように、クルマを捨てた以上、QoL維持のためにもっと都心に引っ越そうと考えていて、引っ越し代が捻出できるのを待っていたんですが、やっとこのたびボーナスが出たので、いよいよ実際に行動に移すべく昨日から動き始めました。

場所は、ズバリ門前仲町、清澄白河、木場エリア。1Kで、今住んでいる19m2よりも広くて、床がフローリングで、家賃9万円以内という条件をつけ、門前仲町のエ●ブルで探してもらいました。

エ●ブルは2chなどでは酷い書かれ方してましたが、対応してくれた営業の人は人当たりよさそうな人でした。このへんのエリアだと、築5~6年以内か、築20年近くの物件に二極化しているとのこと。上の条件なら、築浅でけっこういろいろな物件があるとのことでした。

条件に合ったものをいくつか紹介してもらい、内見に連れて行ってもらいました。

候補A: 門前仲町駅前、ワンルーム。
候補B: 木場公園横、木場駅徒歩10分、清澄白河から徒歩12分。11階建8階部分。90,000円。
候補C: 木場~東陽町からそれぞれ南へ徒歩12~13分、インターネット代込87,000円。ウォシュレット付、入居者がまだいるので内見不可。
候補D: 東陽町駅前、SEIYU横、92,000円。
候補E: 門前仲町~越中島駅間の住宅街。築19年。83,000円。

実際に行ってみた結果としては……
候補A: 論外。
候補B: 収納が少ないのとキッチンが狭い以外は言うことなし!
候補C: 条件的にはいい感じだが、中身を見てみないことには、なんとも……。
候補D: 立地的にはよいが、ちょっとごみごみし過ぎてるのと、入口に虫がいっぱい飛び交ってたのが不快。
候補E: 閑静な住宅地で立地的にもよく、部屋も使いやすそうだが、やはり古さは否めないのと、震災前の物件なので防災面に少し不安が残る。

ということで、ワタシ的には候補Bかなあと思いました。

すると営業の方が「気に入った物件があれば、申込金1万円を入れていただければ1週間までお留めしておけますよ。その間に他のいい物件の空きがでたらご案内しますし。まあ、ウエディングドレスのようなものです」とのこと。

私が「???」と思っていると、その方は「ウエディングドレスは、結婚式当日に着るまで試着というものができないので、いいと思ったものがあればその場で押さえてもらうんです。そしてまた出直して、もっといいのがあればそれを押さえてもらって、うちの場合はそれを4回ぐらい繰り返してやっと決めたんです。……僕のは15分で終わりましたが。男は選択肢がないのでそんなもんです」と。さらに、「ウエディングドレス選びのときは、必ずモメて、ケンカになります。(結婚するときは)くれぐれもお気をつけくださいませ」 結婚未経験の私には良い話を聞かせていただきました(笑)。

ともあれ、その場は候補Bを仮押さえしてもらうこととし、1万円の申込金を入れてきました。このお金は契約成立・不成立を問わず返金してもらえるとのこと。重要事項の説明を受け、書類に記入して、その場は終わりとなりました。

店を出たあと、木場まで行き、候補Bの場所の周辺をいろいろと歩き回ってみました。交通(鉄道・道路)も練馬に較べれば格段に整ってるし、少し中に入ると深川の下町の雰囲気を残した、けっこう住みやすそうなところのように感じます。

もう、即契約しちゃってもいいかも。