英語で数と式

noteにこの記事を書いてあったんですが、こちらのブログにMathJaxを入れて\(\LaTeX\)記法を使って作り直しました。 算数や数学で出てくる言葉の英語を集めてみました。数学的厳密性にはあまりこだわってません…。 数 \(0\)と、 \(−1, −2, −3, \cdots\) と、\(1, 2, 3, \cdots\) を整数 (integer) 、正の整数を自然数 (natural number) といいます。 \(0\)と自然数のことを whole number といいます。正負の符号を取った数を絶対値 (absolute value) といいます。 整数には、\(2\)で割り切れる偶数 (even number) と、\(2\)で割り切れない奇数 (odd number) があります。 すべての自然数は、いくつかの素数 (prime number) の因数 (factor) の積 (product) であらわされます。たとえば、 \(12 = 2^2\times 3\) のようにあらわされます。このようにあらわすことを素因数分解 (prime factorization) といいます。 ある自然数について、\(1\)と、その数の素因数を一部または全部掛け合わせたものを、その数の約数 (divisors) といいます。たとえば、 \(12\) の約数は\(1, 2, 3, 4, 6, 12\)です。素数の約数は\(1\)とその数自身の2つだけです。\(1\)以外の自然数は必ず約数を複数もちます。約数が3つ以上ある自然数のことを合成数 (composite number) といいます。 複数の自然数について、それぞれ素因数分解したときに、共通の素因数があったとき、それらを公約数 (common factors / common divisors) といいます。公約数のうち最大のものを最大公約数 (greatest common divisor = GCD) といいます。たとえば\(12(=2^2\times 3)\)と\(18(=2\times 3^2)\)の公約数は\(1, 2, 3, 2\times 3(=6)\)の4つで、GCDは\(6\)になります。 複数の自然数について、それぞれの倍数 (multiples) のうち共通のものがあったとき、それらを公倍数 (common multiples) といいます。公倍数のうち最小のものを最小公倍数 (least common multiple = LCM) といいます。たとえば \(4(=2^2)\) と \(6(=2\times 3)\) の公倍数は \(2^2\times 3(=12), 24, 36, 48, \cdots\) で、LCMは\(12\)になります。 分数、小数 整数でない数の代表として、分数 (fraction) と小数 (decimal) があります。 … Continue reading 英語で数と式