英語で文章を書く

英語の文章の書き方にはある決まった型、お作法があります。文章といっても小説や脚本から、新聞・雑誌記事、スピーチ原稿にいたるまでいろいろありますが、ここでは一番書く可能性の高そうな、エッセイについて紹介します。

エッセイといっても日本語の“随筆”ではなく、英語のエッセイとは“小論文”に近いものです。エッセイには説明型エッセイ(expository essay)、大学などの入試に申し込むためのアプリケーションエッセイ(application essay)、研究レポート(research report)などがありますが、一番一般的なのが説明型エッセイだと思います。

説明型エッセイには、記述型(descriptive)、説得型(persuasive)、語り型(narrative)、分析型(analytic)があります。記述型エッセイとは、人や、場所、物事、感じ、状態について、読者の視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚に訴えかけて説明するものです。旅行雑誌、科学雑誌、芸術、建築、音楽、ダンス、その他の題材の雑誌記事の形式をとるものがあります。記述型エッセイの例は、ピーター・マシーセンやルイス・トーマスの全集などに多くあるようです。

説得型エッセイは、自分の意見を読者と共有しようとするために書くものです。どの点を訴え、その点をいかに補強するかを考えて、強い議論が可能になるように、自分の意見は、事実、事例、引用で補強します。新聞や雑誌の社説は、説得型エッセイの一種になることがしばしばです。説得型エッセイの例としては、ウィリアム・F・バックリーやアンナ・クインドレンの全集などがあります。

語り型エッセイは、真実の物語を語るときに書きます。単に起こった出来事に関することを書いたり、出来事の解釈やその意味を語ったりします。歴史や自分史、略歴は、語り型エッセイの形式で書かれることが多いです。個人的な語りや独白も、語り型エッセイになることが多いです。エルマ・ボンベック、ジョアン・ディディオン、ノーマン・メイラーの語り型エッセイが有名なようです。

分析型エッセイは、ある主題を分析、つまり批判的に見つめ、それがどのように作用するかを見るもので、書くのが最も難しいタイプのエッセイかもしれません。

Continue reading “英語で文章を書く”

英語で参考文献を書く

本でも論文でもブログでも、なにかを書くときに、他人のアイデアや言葉を使うときは、その出典を文献管理(documentation)しなければなりません。それをしないで、他人の考えを盗んで自分のもののようにみせかけることは、盗作(plagiarism)とよばれ、ばれると非常に重い社会的制裁を受けてしまう重大な反則事項です。

ここでは英語で文章を書いたときの参考文献の参照のしかたを紹介します。

Continue reading “英語で参考文献を書く”

英語で題名を表記する

英語を書くときに、題名を表記するときのルールです。

次のようなものの題名は、イタリックにします。手書きの場合は、アンダーライン(下線)を引きます。

  • 本(例:A Tale of Two Cities「二都物語」)
  • パンフレット
  • コレクション
  • 定期刊行物(例:The PostNewsweek
  • 新聞(例:The New York TimesThe Yomiuri ShimbunThe Wall Street Journal
  • 長編詩(例:Odyssey「オデュッセイア」)
  • 演劇(例:La Traviata「椿姫」)
  • 映画(例:Bonnie and Clyde「俺たちに明日はない」、Seven Samurai「七人の侍」)
  • ミュージカル作品(例:Mamma MiaHalf A Sixpence
  • 絵画や彫刻(例:The Jewish Bride「ユダヤの花嫁」、The Thinker「考える人」)
  • テレビ番組(例:Miami Vice「マイアミ・バイス」、Bura Tamori「ブラタモリ」)

題名が冠詞(a、an、the)ではじまるようなとき、それをつけると文の構文に合わなくなるような場合には、その冠詞を取ることができます。たとえば

Dickens' A Tale of Two Cities was his favorite novel.
→ Dickens' Tale of Two Cities was his favorite novel.

ディケンズの「二都物語」は彼の好きな小説だ。

のような場合、上のほうの文はDickens' A Taleとなってしまい、文法的におかしくなってしまうので、そんなときにはAを取り除いて下のほうの文のようにあらわします。

文中に、冠詞ではじまる定期刊行物の題名がくる場合には、その冠詞はイタリックにしたり下線を引いたりはしません(ただしその冠詞が文頭にくる場合は除きます)。たとえば

The headlines of the Post are legendary.
「The Post」のヘッドラインは伝説になるほど有名だ。

の「the Post」の前の「the」はイタリックになりません。

次のようなものの題名は、ダブルクォーテーション(引用符)でくくります。

  • (新聞や雑誌の)記事
  • エッセイ
  • 短編小説
  • 短い詩
  • ミュージカルの一場
  • テレビ番組の一話

例:

I saw a movie made from the short story “Ballad of the Sad Cafe”.
私は短編小説「Ballad of the Sad Cafe」をもとにした映画を見た。

I love “the Trouble with Tribbles” episode of Star Trek.
私は「スタートレック」の「the Trouble with Tribbles」の回が好きだ。

参考文献:The Princeton Language Institute. 21st Century Guide To Improving Your Writing. New York: Dell Publishing, 1995.

香港へ

先日、香港へ行ってきました。郵便貯金の定額貯金が満期を迎えたので、一部をハンドキャリーして13年前に開設したHSBCの口座に入金するのと、現地で金製品を買うためです(日本で買うより安いのです)。この先日本がどうなるかわからない中、国際的に資産を分散しておくのが理にかなっているかと。

 

今回の香港訪問で特筆すべきこと2つ。1つは、鹿児島というところは実は日本の重要なゲートウェイだということ。東京視点では鹿児島なんて日本の南のはるか果てのように見えますが、外国人からみると実はそうではなく、金のネックレスを買うために訪れた周生生の中環店の女性店員が話していたんですが、彼女は日本に旅行したことがあり、そのとき鹿児島から入国して大阪→京都→東京とまわり東京から出国したとのこと。これは中国や香港からの旅行者のゴールデン・ルートなんだとか。これらの事実が示唆するのは、鹿児島や長崎、福岡といった都市は、東京を見てるのではなくアジアを見るのがこの先生きのこる道なのではないかと。

もう1つは、私の英会話力が格段に落ちたということ。さきの周生生の店員さんとの会話でも、それ以外の香港人との会話でも、私の受け答えは"Yeah," "No," "Thank you," "Oh really?"とかばかり。数年前に比べて英語のレスポンススピードが明らかに遅くなっているのがありありとわかりました。職場では全く英語とは無縁の仕事になってしまったので、せめて家の中は環境を英語化しておかないとどんどんさびついていきそうです。

英語でアルファベット順にソートするルール

アメリカでは、ハイスクールでファイリングという授業があるそうで、そこで習ったファイリングのスキルを全米どこの企業や事務所に行っても使えるように標準化したルールがあるとのことです。

そこで習う基本、名前などをアルファベット順に並べ替え(ソート)するルールについて紹介します。

参考文献:Gilbert Kahn, Theodore Yerian, Jeffrey R. Stewart, Jr., Progressive Filing, Seventh Edition, McGraw-Hill Book Company

Continue reading “英語でアルファベット順にソートするルール”

パジュ英語村

Market Street

イギリスに行きたいとずっと思っていて、9月にイギリスに行こうと思い立って航空券まで買ってホテルまで予約してたのですが、ここ2年近く続く激務のせいで時間がとれず結局キャンセルを余儀なくされる始末。ブリティッシュヒルズで我慢しようにも、何度も行ってると飽きが来てしまう。ある日、韓国に似たようなイギリスを模した通りがあると聞き、今月、韓国語が全くわからないのに韓国まで行ってきました。

JW893 to Seoul Gate 88

京畿英語村というところで、ソウル中心部からバスで50分の京畿道坡州(パジュ)市にあります。

Entrance of the English Village Immigration at the entrance of the English Village

入口は入国審査を模していて、外国に入国する気分にさせてくれます。入国審査の手前にあるチケットブースで300ウォンはらうと、入場券のほかにパスポートの形をした冊子がもらえます。この冊子を入国審査のカウンターに差し出すと、審査官が2、3質問したあと、スタンプを押してくれます。

Main gate of the English Village

入国審査を終えると、ヨーロッパのお城のような入口が見えます。その門をくぐると、ロマンチックな通りに出ます。両脇のショップの店員さんは皆英語が話せます。

Stores on Market Street Streetcars

この英語村はいろんなアトラクションがある英語テーマパークで、ロードバイクレンタル、ミュージカルがあったり、別にプログラムに参加するとモックアップのクリニック、旅行代理店、銀行、郵便局、警察なんかがあり、そこで英語で何て言うかを習うことができるようです。全体的に子供向けなので、大人の人は、Double Deckerというイングリッシュパブでビールやフィッシュアンドチップスを楽しめます。このお店をやってるジャッキーさんという気さくな韓国人女性と少しお話しちゃいました。

Double Decker pub Fish and chips

英語村は敷地約28ヘクタールにおよび、グローバルな韓国人をつくるために京畿道が設立した公立施設とのこと。韓国にはこんな公立の英語教育施設が何ヶ所かあるそうで、国家プロジェクトとして英語人材をつくり世界で活躍できる人材を育てているように感じました。

興味深いのは、この英語村は北朝鮮の国境から3キロも離れていない場所で、ちょっと高い場所に上がるとイムジン河の向こうに北朝鮮のさびれた集落を目にすることができます。

軍事的に緊張した場所でグローバル人材を育てている。世界とは何か、国とは何か、違う国の人とやっていくこととは何か、そんなことを考えさせられる場所でした。

The Imjin River and North Korea
Creating global Koreans

英語について

昨今のグローバル社会、世界のデファクトスタンダード言語である英語をやらなきゃというのはわかっていても、日本で生まれて日本で日本人の親のもとで育った日本人にとって、中学・高校果ては大学まで最大8年勉強しても、マスターするのは至難の業です。
なぜ日本人は英語が弱いのか、数えきれないほどの専門家が意見を述べています。やれ英語の構造が日本語と全然違うからだとか、英語教育が英文和訳に偏り過ぎていて会話を教えないだとか、そもそも英語は日常生活に必要なくて、入試になんとか合格してしまえば忘れちゃって、日本にいる限り英語なしでも生きていけるからとか。むしろ英語をひけらかすほうが(特に英語を学ぶ機会の少なかった年配者に対しては)無礼で、キザで、ムカツクなどと受け取られちゃったりします。
英語ができる人に対して鼻持ちならない感情を抱く人がいます。「絵がうまい人」とか「プロのミュージシャン」とか「空手の達人」とか、「何かが得意」という点では同じはずなのに、彼らに対しては嫌悪感を抱かずに、英語ができる人に対してだけ不快感を抱くのも変な話だと思うんですが、戦後ずっと日本はアメリカのコントロールを受け、ビジネス面、経済面、軍事面、文化面すべてにおいてアメリカの影響を受けており、アメリカからいろんな事物が入ってくると日本人はそれに魅了され、特にここ15年ほどはアメリカの事例がすべて「グローバル・スタンダード」で、日本人も身につけるべきと喧伝されているのもあって、アメリカのものをなんとかして手に入れたいと頑張ってきました。とはいっても、頑張っても身につけられないものもいくつかあり、その一つが「英語」で、いくら頑張っても手に入れられないものへの愛情は、しだいに憎しみへと変わっていき、それが、それを簡単に身につけられた者に向けられるんじゃないか、と。そういう日本人の国民性があるので、予期しないところで人から恨みを買うのを避けるために、ほとんどの日本人は英語を話せないか、話せないふりをするようになったんじゃないでしょうか。人前で英語を使うのがキザと取られるのでは、英語を使うモチベーションは下がっていくでしょう。
私の個人的な考えとしては、英語をマスターするにあたってとるべき態度は「アメリカに過度に憧れるのをやめる」ことじゃないかと思っています。英語はアメリカ人だけの言葉ではなく、世界中の人が、ネイティブであってもそうでなくても、学んでいる「リングア・フランカ」だからです。海外に行くと、日本で主に教えられているアメリカ英語は実は世界的にはそんなに優位ではなく、特にヨーロッパや中東や東南アジアなど、むしろ会話や公共の表示などはイギリス英語のほうが使われていることがわかります。イギリス、インド、香港、シンガポール、マレーシア、オーストラリア……そこの人たちはそれぞれ地元の英語を使ってます。アメリカの中でも、ビジネスマンからホテルのフロント係員、タクシーの運転手、ニューススタンドの店員、いろんな人がいていろんなアクセントで話してるのがわかります。そこには正しいとか間違っているとかはなく、カッコいいとかダサいとかはないんです。みな英語なのです。
私達は英語の主人であるべきで、英語の奴隷であるべきではありません。英語を学ぶのは、アメリカの文化としてではなく、自分の拠って立つ国を代表して、自分の考えを世界のどの母語の人にも伝えられるようにするためのインタフェースとして学ぶべきと思います。そういう日本人が増えれば、日本人がもっと世界で影響力を発揮することができ、それが日本の国益にもつながるんじゃないでしょうか。

イギリス漬け

先週は、イギリスにどっぷり浸かってきました。

もともとはアメリカ一辺倒だったんですが、森薫の「エマ」と出会って以来ここ数年はむしろイギリスのほうに興味がシフトしていってまして、まずは初日は毎年恒例の國學院栃木高校の文化祭「國學院祭」のミュージカル部公演「Oliver!」を見に行きました。

Gate of Cultural Festival

「Oliver!」は、以前にも書いたとおり、イギリスのチャールズ・ディケンズの小説「オリバー・ツイスト」をもとにしたミュージカルで、孤児となって救貧院に入れられていたオリバー・ツイストがスリの一味に引き入れられながらも、財布をすろうとした相手の金持ちに拾われて幸せになるというお話です。

今年も講師の三枝幹音センセイはお元気でいらっしゃいました。

ということでまずイギリス気分に浸ったあとは、クルマを走らせて福島県のブリティッシュ・ヒルズに向かいました。ここは神田外語学院の研修施設で、20ヘクタールほどの敷地内にはイギリス風の建物が建ち並ぶ場所です。もとは神田外語学院の学生用の施設だったんですが、数年前から一般にも公開されています。スタッフの半分以上は外国人で、公用語は英語。日本人従業員も英語で話しかけてきます。

栃木から2時間ほどでブリティッシュ・ヒルズに着きました。最寄りのインターから30km以上離れた山の上にあります。門をくぐると、周りの標識がいきなり英語に変わります。まるで国境を越えたような感じになります。

British Hills Directory British Hills Bump

Continue reading “イギリス漬け”