帰路

Taipei International Airport
最終日は時間がないので観光はあきらめ、ホテルからそのまま空港へ直行しました。第2ターミナルは日本人向けのちょっとこぎれいなレストランばかりなので、最後の食事はやっぱり本場の安いところにしようと第1ターミナルに行き、
Mess hall
第1ターミナルにこういう怪しげな食堂を見つけたので入ろうとしたんですが、受付のおばちゃんに「Staff Only」と書かれた紙を指されて拒否られました。どうやら空港職員用の食堂だったようです。
しょうがないのであきらめて第2ターミナルに戻り、4階のレストランで
Luroufan lunch at airport
Xiaolongbao
魯肉飯と小龍包を心ゆくまで味わってきました。
それだけではまだ物足りないので、出国手続きを終えてから
Roasted duck slices
極めつけにローストダックをいただいてきました。
CI0106 to Tokyo CI0106 to Tokyo
慌ただしい中にも充実した台湾旅行も終わり、日本に戻ってきました。忙しい時期じゃなければもうちょっと日程を取って台中や台南にも足をのばしたかったんですけどね。
ところで台湾では薄手のシャツと下着だけでいても汗ばむぐらいだったんですが、そのままの格好で東京に戻ってきたら、まさかの大雪が降っていて死ぬかと思いました。。。

ホテル

今回泊まったホテルは、空港近くのノボテルというホテルでした。
Novotel Hotel Taoyuan International Airport
エクスペディアで手配したんですが、私には過ぎた超贅沢なホテルで、部屋も近代的で広く、身の置き所に困るぐらいでした。
Guestroom of Novotel Taipei Hotel
なんといっても海外のホテルなのにシャワーヘッドが取り外し可能というのがありがたい。まあバスタブがなくてシャワールームだけだったんですが、私はシャワーさえあれば風呂は要らない人間なので全然苦になりません。
View from Novotel Taipei Hotel
滑走路のそばなのでこのように近くで飛行機が飛び立っていくのが見えます。中華航空の飛行機はもうちょっと低空から飛んで行くので、中華航空ビルの横を中華航空機が飛び立って行く絵が撮れるんですが残念ながら撮影技術の問題により実現できず。。。
ただし、空港近くのホテルに泊まると夜中に飛行機が飛び立ったりするときに爆音で起こされたりするので、やっぱり次回は台北市内に宿を取ることにします。

士林夜市

Shilin Night Market
台湾といえば夜市ということで、士林にある夜市に繰り出してきました。
アメ横に渋谷センター街の若者がなだれこんできたようなすさまじい混雑で、身動きとれないほど。
表通りは服や財布などを安売りしているのですが、ちょっとわきに入ると、ウ○コに酸味をつけて焼いたような強烈な臭気を放つ屋台が。その中の一軒に入って、「火雞肉飯‎」とやらをいただいてきました。外の臭気とは違って、味のほうはなかなかのものです。
Chicken rice

TAIPEI101

せっかく旅行に来たからにはやっぱり観光もしなくちゃ、ということで、観光地にも行ってきました。
Taipei 101
ドバイに抜かれるまでは世界一の高さを誇っていた、台北101ビルです。
Taipei 101
下から見上げた図。やはり圧巻です。東京で言えば東京ミッドタウンのようなものでしょうが、そんなものとは比べ物にならないですね。
展望台に上がって上から見下ろそうと思いましたが、入り口はテナント企業しか入れなくなっていて、展望台は開放されていませんでした。
31012010361
テナント企業として、東京ミッドタウンもそうですが、欧米の外資系企業がこういう高いビルのいいところを占領しているようです。ちょっとむかつきますが…。
ビルのわきにショッピングモールがありました。東京ミッドタウンのガレリアのようなものでしょうが、ガレリアに比べれば誰もが知ってる有名ブランドが入店しているようです。

ということでやっぱり買っちゃいました

My new Nokia 6120
獅子林ビルの中の携帯ショップで型落ちのNokia 6120 classicをゲット。店員に値段を聞くと5000元だと言われたので、手持ちのキャッシュをまさぐるとちょうどある! ということで脊髄反射的に「買った!」と叫んでしまいました。
HSDPA対応。まあ海外でプリペイドSIM入れて使うにはこれで十分すぎるほどです。
ちなみにケータイですが、一昔前のようなNokia一辺倒ではないように見えました。現地で電話かけてる人のケータイをのぞきこんでみるとNokiaの人はあまり見かけなく、ソニーエリクソンやLG、サムソンなどがけっこういたように思いました。特にサムソンのAnycallというのをけっこういろんなショップで見かけました。どういうのかまだ調べてないのでよくわかりませんが。。。あと台湾だけにHTCやASUSなども一定数出てるかもしれません。

台湾観光〜古い街とモダンな街〜

2日目は台北市内観光をしました。
まずはホテルからシャトルバスで空港に出て、そこから高鉄桃園駅行きの705系統のバスに乗ります。お値段は30元(約90円)。安い。
Bus stop
2階建ての観光バスのような大きいバスに乗客は私一人。いやー無駄に贅沢な気分でした。

Continue reading “台湾観光〜古い街とモダンな街〜”

台湾着きました

台湾の匂いは「中華料理の点心」の匂いと、新築の木造建築の中の匂いですかね。アメリカ本土は「シナモンの香り」ハワイは「トロピカルフルーツの香り」シンガポールは「ペッパーの香り」香港は「油の匂い」と、外国に行くと日本と匂いが微妙に違っているものですが、ここではあんまり「外国に来た」というような匂いの違いを感じませんでした。空港の施設などの表示のレイアウトなども、日本語が繁体字中国語に置き換わった以外は日本とあんまり変わらないように思え、あまり異国に来たという感じがしないです。
やっぱりといっていいか、英語はあんまり通じませんね。香港とはかなり違う感じです。こちらの英語表示はアメリカ式です。それも香港と違うところ。同じ繁体字でも表記の仕方が香港とは微妙に違います。でも漢字を見てなんとなく意味を推定できるのはこちらのほうがやりやすいかも。
エレベーター…電梯/Elevator(台湾)、昇降機/Lift(香港)
タクシー…計程車(台湾)、的士(香港)
到着…入境(台湾)、抵港(香港)
出発…出境(台湾)、離港(香港)
立ち入り禁止…禁止進入/No Entry(台湾)、不准進入/No Admittance(香港)
バゲッジクレーム…提取行李/Baggage Claim(台湾)、行李認領/Baggage Reclaim(香港)
クルマの進行方向もこちらは右側通行。これも香港と違うところ。
【2010/2/1追記】台北市内をいろいろ回って気づいたこと。台湾の匂いは、ズバリ「台湾腸詰の香り」。中華料理屋で出てくるあの甘ったるいような、あんな感じです。

台湾に行ってきます

CI17 to Taipei
台湾に短期出張中の兄に会いに来週月曜日まで台北に行ってきます。この時期だと往復3万円なので中華航空にしました。大阪行くより安いですね。
あと1時間で離陸です。搭乗口の前に座ってこのブログを書いてます。現地のスッチーたちはけたたましくおしゃべりしながら近くに座ってゲートオープンを待ってます。。。ともあれ3年ぶりの海外なので楽しんできます。
CI17 to Taipei CI17 to Taipei

国慶節、快楽!

Guoqingjie

今日は、中国の建国記念日(国慶節)です。横浜の中華街では、いたるところで爆竹が打ち鳴らされ、獅子舞が商店の一軒々々に入り込んで、舞っていってました。

Guoqingjie Guoqingjie Guoqingjie

ちなみに、国慶節は中華人民共和国の祝日。神戸の南京町では祝わないそうです。台湾系の人が多いんでしょうか。

中国は今とかく何かと風当たりが強いようですが、中国の女の子は可愛いし大好きなので、日中友好がもっと進んでほしいと思っています。
とりあえず、一週遅れですが、月餅を買って帰りました。

【2007/10/11追記】

昨日、10月10日は中華民国の国慶節(台湾の建国記念日)でした。大陸の国慶節と同じように爆竹をバックに獅子舞が一軒々々入って舞ってました。

Taiwanese guoqingjie Taiwanese guoqingjie

こないだと違ってたのは、町々に台湾の国旗が立てられていたことと、門の垂れ幕が「中華民國祝國慶」に変わっていたことでした。あ、獅子舞の色も若干違ってますね。