A party with high school classmates

One day a postcard arrived at my flat inviting me to a party by an old boys and girls’ association of the high school to be held on 27 April this year at Takarazuka. I had never seen such kind of party by high school classmates before since the commencement ceremony 21 years before. I wanted to see how the people changed their faces and figures from what they had been in the high school age, so I replied to the sender that I was going to attend and booked airline tickets.
As the plane from Narita Airport to Osaka was to depart at 6.25 in the morning and there were no trains to Narita from where I live early enough to catch the plane, I drove a car to the airport in the midnight and parked it in the car park to sleep until the terminal building opened.
Continue reading “A party with high school classmates”

Words of the year 2012

On the last day of every year, I make it a rule to list up such words that represent what I was absorbed in or experienced for the first time in that year. Those keywords remind me of what I did at that time.
The words of the year 2001 are getting a flat within the Tokyo metropolitan area, a position change at the office, and Soarer. The words of 2002 is America. That of 2003 are the airplane and the musical. Words of 2004 are the blog, Asian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone.
The words of the year 2005: darts, the GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again.
The words of the year 2006: the US stock and the mutual fund.
The words of the year 2007: changing my car and visiting Hawaii.
The words of the year 2008: England and Fukagawa.
The words of the year 2009: office position change, MacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket.
The words of the year 2010: Taiwan, Singapore and Malaysia; iPhone; and the credit card.
The words of the year 2011: the car, the British culture and China.
In the same manner, the words of the year 2012 would be Oji, the mahjong, the flight attendant and Facebook.
The first word, Oji, is derived from the place I moved my flat to in July this year. It is a beautiful place and sometimes called "Richmond in Japan." I enjoy it very much.
The mahjong is what I’m learning to play this year because my close colleagues do. In fact, I have ever played it in the video game for 25 years, but I didn’t play it with people around the table until this year. I can’t play it very well right now but I enjoy it.
Flight attendants, though I’ve got some online friends who are cabin crew for over ten years, are what I met as friends for the first time in real life this year. In some Asian countries including Japan, the flight attendant is considered as more attractive than the women working in the other workplaces. That’s why it was a very valuable experience to talk with such kind of ladies. (Remember I love flight attendants. Please read this entry as well!)
Facebook is the social networking service where I’ve kept in touch with my friends, offline or online, since my subscription in 2008. This year I was there in Facebook on a daily basis, posting a status, looking around my friend’s messages and giving a comment to them.
May next year be also a year when I’ll encounter many new things I’ve never experienced and many new people I’ve never met.

Continue reading “Words of the year 2012”

香港・マカオ旅行

今年も香港に行ったのを書くのを忘れてました。11月23日〜26日です。向こうでやったことは

  • HSBCの投資口座を開いてきました。これで投資信託や株が買えます。
  • マカオまで足を延ばしてきました。たいしたことできませんでしたが。
  • iPhone5を買えればと思ったんですが買えませんでした。

Flickrにsetをアップロードしました。

Hong Kong and Macau

I forgot to say that I had a trip to Hong Kong this year as well. I departed Japan on 23 November and returned back on 26. What I did there is:

  • I had an investment account opened at HSBC to buy a unit trust.
  • I extended my journey as far as Macau, where I couldn’t do so many things though.
  • I wanted to get iPhone5 if I had much money, but I didn’t.

I uploaded a set of photos on Flickr.

VW Polo GTi買いました

VW_Polo_GTi.jpg
クルマを買い替えました。2007年式VWポロGTiです。かねてからドイツ車に乗ってみたくて、2年前にプジョー307を買うときもホントのところはアウディA4やらゴルフやらポロやらに乗ってみたかったところだったんですが予算の都合上妥協してプジョーにしたんでした。まあプジョー307もいいクルマでしたが。
例によってマニュアル車です。たぶんこれが私が乗る最後のマニュアルでしょう。これからは電気自動車やらハイブリッドやらが主流になってきて、そういうクルマはCVTやDCTが乗るでしょうから、純粋なマニュアル車というのはだんだんなくなっていくと思われるので。ひょっとするとガソリン車もこれが最後かも。
とりあえず操作に慣れようと毎週引っ張り出して運転してます。プジョーと違う点がいくつかあって、まず半クラッチの位置がポロのほうがだいぶ低く、ちょっと足を上げただけですぐつながります。プジョーなら相当足を上げないとつながらないので坂道発進が怖かったですが。あとなかなかエンストせず、ローギアに入れていればサイドブレーキを引いたままクラッチを完全につないでもエンストしないという恐ろしい仕様です。道路を走ると、ちょっとアクセルを踏んだだけで加速が凄く、高速道路でちょっと踏むとすぐ1x0km/hになるし、アクセル全開になどしようものなら免許証の危機になりそうです(笑)。
ベダルの位置はプジョーみたいに左に寄ってないので、フットレストのスペースがあります。
バックギアの位置がプジョーや他と違っていて、ギアスティックを押し下げて、押したまま左に倒し、そのあと前に押す形になります。ローギアの操作とよく似てるんですが、最初にギアスティックを押し下げるので、間違えることはなさそうです。
ヘッドライトはウインカーレバーの先端をひねるのではなく、インパネ右側の通風口の下につまみがあってそれを右に回します。1段回すとスモール、もう1段回すとヘッドライトです。つまみを1段引っ張るとフロントフォグランプ、2段引っ張るとリアのフォグランプも点きます。
何年乗れるかわかりませんが、エンジョイしたいものです。

Owning VW Polo GTi

VW_Polo_GTi.jpg
I’ve bought a new car. I wanted to drive a German car before I died, so I sold my Peugeot 307 I had bought two years before and got a 2007 Volkswagen Polo GTi. In fact, when I got the Peugeot 307 I wanted to have Audi A4 or VW Golf or Polo to be honest, but my budget at that time forced me to have the French car by compromise. Peugeot 307 was a nice car though.
It has a manual gearbox. Probably it would be the last for me to own a manual-transmission car and even the last petrol car I can have, because car makers will sell more and more electric or hybrid cars in the future and such cars would have a continuously variable transmission or a dual-clutch transmission rather than a legacy manual gearbox.
I drive it on a weekly basis to get used to its manoeuvres. There are some differences from the Peugeot. At first, a clutch biting point is much lower. As soon as I gently lift my leg with the clutch, it starts to bite. Another difference is that its engine rarely stalls when you lift off the clutch pedal completely in the first gear even with the handbrake on. When you drive on the street, it dashes out very fast by gently stepping on the accelerator. If you give it full throttle, your licence would be at risk.
The clutch, brake and gas pedals of the Peugeot were too shifted to the left, but it doesn’t go with the Polo. I have enough foot restraint space beside the clutch pedal.
A reverse gear position is different from the Peugeot or other major cars. You press down the gear stick, move it to the left with it pressed down, and then push it forward to put it in the reverse gear. It’s the similar manoeuvre to the first gear, but you should press down the stick before moving it to left and forward for the reverse gear, so you won’t make a mistake.
I don’t know how many years I can drive it, but I’m gonna have fun with it.

久々のブログ更新

最近Facebookばかりでブログを今年の最初から全然更新してなくて申し訳ないです。
今年の出来事の1つとして、深川から引っ越しをしました。マンションの賃貸契約が7月に切れるので契約更新するか引っ越すか迫られるわけですが、深川はすごくいいところだったけどもう4年も住んだし、そろそろ環境を変えて自分を変えてみようかな〜ということで、引っ越すことにしたわけです。
新居は王子にしました。以前、ここに会社の検証設備があってよく通っていて少しは土地鑑があったのと、緑が多くて住みやすそうだったので。なんでも14世紀ぐらいから続く町だそうで、江戸時代には行楽客でにぎわい「日本のリッチモンド」と呼ばれていたんだとか。ロンドン郊外のリッチモンドというところによくロンドンっ子が遊びに行くようなものでしょうか。
引っ越しは7月中旬にしました。家賃・駐車場代は深川時代より少し安くなりました。3ヶ月になりますが住環境はとてもよいです。
Oji shrine Oji shrine Oji shrine
Nanushi-no-taki park Asukayama Park

I’m back!

Apologies for not updating my blog since I did on the first day of this year. I’m usually in Facebook these days.
One of what I did this year is that I moved out of my house at Fukagawa. The rental contract was expiring in the end of July and I had to choose whether I renewed it to keep living there or terminated it and found a new house. I decided to move into another place. I lived there for four years and was satisfied with the life there, but at the same time I thought I should change my life to change myself.
I found a new house at Oji, about 10km north from the Tokyo’s city centre. This neighbourhood is a beautiful area developed in the 14th century, with its fresh verdure and sometimes called "Richmond in Japan" because people in central Tokyo often have made a one-day trip to this area since the Edo Era, similar to holiday-makers in London who visit Richmond.
I removed to the new house with my car in the middle of July. Monthly fees for the house and the garage dropped comparing with the ones at Fukagawa which was closer to the city centre. It’s more than three months since the removal, and the new life here is very nice.
Oji shrine Oji shrine Oji shrine
Nanushi-no-taki park Asukayama Park

新生銀行から文句が来ました

新生銀行から封書が届いてました。開けてみると長文の手紙が。

お客さま各位
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
また平素より格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。
新生銀行はお客さまのニーズにあう最良の金融商品・サービスを提供することを常に目指しております。2001年6月にスタートして以来、新生総合口座パワーフレックスは、ご提供しております好金利商品や優れた資産運用サービスによりご好評をいただいており、おかげさまで今日までに220万人以上のお客様に開設をしていただいております。(中略)「パワーフレックス」の各種サービスは、いずれも個人のお客様のお取引ニーズにお応えする形で設計され提供されており、そこでは典型的なお取引頻度については一定限度の想定を行っております。
「パワーフレックス」の魅力あるサービスの一つとして、大変ご好評をいただいております提携金融機関のATM引出手数料無料サービスにつきましても、当行としては少なからぬ費用負担を要するものではありますが、お客さまのニーズにお応えするものとして、今後も引き続き可能な限り、制限を設けることなくすべてのお客さまにご提供していくことを希望しております。しかしながら、本サービスの継続においては、既に申し上げましたとおり一定限度のお取引頻度の想定を前提としております。
このお手紙は、2008年9月および2008年10月に提携金融機関(※1)のATMを利用して預金の引き出しをされた回数が、各月ともに1ヵ月あたり10回以上であったお客さまを対象にお送りしています。当行は、すべてのお客さまによりよいサービスを継続して提供させていただくために、お客さまのATMサービスのご利用状態につきましても継続的に調査を行い、当行がお応えすべきお客さまのニーズの範囲・内容(※2)と、サービスに対して当行が負担すべきコストとのバランス調整を適切に行うべく努力を続けております。お客さまにおかれましては、大変恐縮ではございますが、当行が提携金融機関のATM引出手数料無料サービスをはじめとした最良のサービスを、すべてのお客さまにご提供し続けることができますよう、提携金融機関ATMでのお引き出しの回数を現状よりもお控えいただきたくお願い申し上げます。お客さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。(後略)
※1 セブン銀行・全都市銀行・ゆうちょ銀行など
※2 例えば、現在のところ当行のほとんどのお客さまの1ヵ月あたりのATM引出回数が4回未満です(当行ATMおよび提携金融機関ATMでのお引き出し合計)。

ふーん。
じゃ、給料が入ってきたら全額一気に引き出したら文句ないわけだ。

くどくどと言い訳がましい文言が並び、最後まで読まないと何が言いたいのかわからん手紙だったんだけど、何回も他所のATMで金引き出すと文句言われるとか、他の客のATM引出回数が月4回未満だったなんて、初耳なんですけど。

ATM引出手数料無料のサービスで他所のATMを使うとその銀行が手数料を負担することになるから、あんまり何回も引き出されると銀行が損するからやめてほしいっていうのは、気持ちはわからないでもないけど、だったら最初から「提携金融機関ATMでのお引き出しは月10回以内でお願いします」とでも言えばいいのに。

それを、何も言わずに、後になってからさも迷惑かけられたかのように言われても、「そんなもん知るか!」って感じだよね。

他所のATMで引き出されるのが嫌だったら、もっと自行ATM増やせ。つーか、清澄白河駅の新生銀行ATMで新生銀行キャッシュカードで引き出そうとすると「お取り扱いできません」って出るの何とかしろ。

他の客に迷惑かかってると言わんばかりの書き方も厭らしい。もういっそのこと無料なんてやめたらいいのに。想定4回なんだったら、月5回以上は手数料取るとかすればいいんだよ。

あーあ、新生銀行との取引、考え直そうかな。。。

青島幸男さん、岸田今日子さん、中島忠幸さん死去

前都知事の青島幸男さんが死去
 放送作家、俳優、小説家、国会議員とテレビ時代を代表した「マルチ人間」で、前東京都知事の青島幸男(あおしま・ゆきお)氏が20日午前9時31分、骨髄異形成症候群のため東京都内の病院で死去した。74歳。東京都出身。自宅は東京都江東区。葬儀・告別式は27日正午から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は長男利幸(としゆき)氏。
 1955年(昭和30年)、早大商学部卒。同大学院中退。在学中に漫才の台本を書いたのがきっかけで芸能界とかかわり、日本テレビ系の「シャボン玉ホリデー」などでコント作家として活躍。「青島だあ」などの流行語を生み出した。
 植木等さんの「スーダラ節」などのヒット曲も作詞。俳優としてはフジテレビ系の「意地悪ばあさん」が代表作。81年には祖母をモデルにした「人間万事塞翁(さいおう)が丙午(ひのえうま)」で第85回直木賞を受賞。68年、参院全国区で初当選し5期24年間、参院議員を務めた。
 95年の東京都知事選に無所属で立候補し、既成政党の候補らを抑えて当選。都が開催予定だった世界都市博覧会を公約通り中止した。99年に退任後、タレント活動を再開していた。
(日刊スポーツ)

女優の岸田今日子さん死去
アニメ・ムーミンの声などで知られる個性派女優の岸田今日子さんが17日午後、脳腫瘍による呼吸不全のため死去した。76歳。
 1930年(昭和5年)4月29日、東京生まれ。父は劇作家の岸田国士、姉は詩人の岸田衿子。文学座を経て、映画「砂の女」(64年)で注目され、シェークスピア劇に多数出演する。私生活では54年に文学座の仲谷昇と結婚、長女まゆさん(25)をもうけるが、78年に離婚した。
(日刊スポーツ)

お笑い、カンニングの中島忠幸さん死去
 人気お笑いコンビ、カンニングの中島忠幸(なかしま・ただゆき)さんが20日午前、白血病ウイルス性肺炎のため都内の病院で死去した。35歳だった。中島さんは04年12月末に急性リンパ球性白血病で入院。入退院を繰り返しながら闘病生活を送っていた。
(日刊スポーツ)

今日は訃報大杉です。
意地悪ばあさんは小学生ぐらいの頃よく楽しんで見ていたので青島さんの訃報はショックです。
演劇集団円の研修生の女の子が行きつけのダーツバーにいるのでそこの所属の岸田さんの訃報はショックです。
35歳という僕とそんなに変わらない歳で亡くなった中島さんの訃報はもっとショックです。
皆様のご冥福をお祈りします。。。