tags, tags, tags, …

お気づきのように、最近、このブログのエントリにもタグを付けるようにしてみた。今さら?という気もしないでもないが、Technoratiがやっているサービス、Technorati: Tagsのことだ。これを利用して、自分がタグ付けした語と同じ語でタグ付けした、他の人のブログや写真やリンクを見ることができるようにするのである。

Movable Typeの場合は、カテゴリーの言葉もタグとして認識されるそうだが、MTのカテゴリーに各エントリを入れていくやり方だと、まず事前にカテゴリーを作っておかなければいけないし、複数のテーマにわたる話題の場合、どのカテゴリーに入れるべきか迷ってしまうこともある。

それに対して、MTの「キーワード」部分を利用してタグ付けするやり方をしている人も多い。キーワードを利用すると、エントリベースで好きな言葉をキーにできるので、シンプルだという。僕もそのやり方にならって、キーワードにタグを書いていく方法をとることにした。

キーワードをTechnoratiのタグに変換するJavaScriptを作ってみた。といってもoddiophileにあったものをパクッてきただけだけど(汗)。タグ付けしたいキーワードを半角スペースで区切って書き、それをコピーしてこのTechnoratiタグ変換ツールで変換する。クリックするとダイアログが出てくるので、そこに「キーワード」部分に書いたタグをコピー&ペーストして「OK」ボタンをクリックすると、HTMLソースが出てくるようになる。そのソースをコピーして、body部分に貼り付ければいい。BookmarkletとしてFirefoxなどのツールバーにドラッグしておくと便利だ。

【関連サイト】
ブログの記事にタグを付ける利点と方法(亜細亜ノ蛾)
最近タグばやり(diary.yuco.net)
Technoratiが示したタグの使い方(Going My Way)
Technorati TAG(Masahiko Satoh)

Technoratiタグ: | |

ソーシャルネットワーキング

ひところ流行ったソーシャルエンジニアリング(相手の心理的な隙を突いて個人情報をハッキングすること)ではない。

ネットワークを通じて、友達の友達をつくっていこうというコンセプトから生まれた日本初のソーシャルネットワーキングサイト、mixiについて書かれたブログを見つけた。会員登録すると、会員同士の交流(メッセージ交換、日記の読み書き、コメント、コミュニティへの参加)ができるとのことだ。日記としてmixiが用意しているものを使うこともできるし、自分のブログと連携させることもできる。

これだけならパソ通が発展したものとあまり変わらないのだが、mixiの特徴は、自分で勝手に新規の会員登録することはできず、会員になるためには必ず既存会員からの紹介が必要なこと。つまり、信頼できる友達だけを紹介していくイメージになる。

なかなか面白そうな気がしてきたので、誰か会員になっている人が勧誘してくれないかなと思っているのだが。

【関連サイト】
ネット(KAT-2)