エストニアのマイナンバー

エストニアという国が今IT立国として注目を集めているようです。バルト三国としてソ連から独立したのが1990年代前半、それ以来日本人にはなじみの薄いこの国ですが、スカイプやその他のスタートアップ企業で知られているほか、政府ぐるみでヨーロッパのIT市場におけるオフショア開発拠点としてITエンジニアを多数呼び込んでいる「デジタル国家」を作ろうとしています。 

政府は国民にIDカードを発行しており、このIDカードはちょうどアメリカのソーシャルセキュリティカードや日本でこれから始まろうとしているマイナンバーカードのようなもので、これで納税、オンラインバンキング、処方箋の発行などなど、ワンストップのサービスを提供しているとのことです。さらに、エストニアの住民だけではなく、国外に住む外国人に対しても「電子居住(e−Residency)カード」というのを発行し、エストニアの電子住民としてコンピュータを通じてリアルな住民と同じようなサービスを「電子的に」提供しようとしているとのことです。

e-Residency card

電子居住カードの申し込みは簡単で、まずe−EstoniaのWebサイト(https://apply.e-estonia.com/)でオンラインで手続きをし、50.99ユーロをカードで払います。このときに受け取り場所に最寄りのエストニア大使館を指定すると、エストニアに行かなくても大使館で受け取ることができます。申し込んでからカードができあがるのに約一ヶ月ほどかかり、できあがるとメールで通知が来ます。ちなみに申し込みから通知まですべて英語でOKです。日本語はちょっと無理ですが…。

Continue reading “エストニアのマイナンバー”

Becoming an e-Estonian

Estonia, one of Baltic countries becoming independent of the Soviet Union along with Latvia and Lithania in early 1990s, is one of IT conscious countries with significant numbers of IT-related startups including Skype. Estonian government is making its best efforts to make a "digital country" by inviting IT engineers to a number of offshore development sites in Europe's IT market. 

The government issues Estonian citizens an ID card, just similar to a Social Security Card in the United States, which enables holders to offer one-stop services including taxation, online banking, issuing medical prescriptions, and more. In addition to offering an ID card for real residents, it started the e-Residency scheme, which is available for not only residents within Estonia but people who don't really live in Estonia. In this scheme, an "e-Residency Card" is issued to the "e-Residents" of Estonia and similar services to those for real residents are offered "electronically" with the card via their computers.

e-Residency card

Application for an e-Residency Card is easy. First you have to visit the application page of the e-Estonia website at https://apply.e-estonia.com/. And then you can apply for the card by filling in necessary information in the form of the web page and paying €50.99 online by credit card. You can make the card to be sent to any Estonian Embassy outside Estonia so that you can pick it up at the nearest Embassy without flying to Estonia. About one month from the online application the card will be ready, when you will receive notification by email.

Continue reading “Becoming an e-Estonian”

UK版Windowsで日本語IMEを正しく使う

言うまでもなく、日本と米国とではPCのキーボードのキー配列が異なっています。しかし同じ英語圏であっても、米国と英国でもキーボードの配列は若干異なります。Shift+「2」はUKキーボードでは日本語キーボードと同じ「"」になります。「@」を表示させるにはShift+「'」(アポストロフィ)を打つ必要があります。そしてその「'」(アポストロフィ)は上から3段目、Enterの左隣の左隣にあります(ちなみにEnterの左隣は「#」です)。英国内でPCを買うと、必然的にこのUK配列のキーボードがついてくることになります。

Continue reading “UK版Windowsで日本語IMEを正しく使う”

Apples I’ve ever used

  • PowerBook 1400cs (Oct 1997 – )
  • Power Macintosh 6100 (Mar 1999 – )
  • iPod nano (Dec 2005 – )
  • MacBook Pro (Oct 2009 – )
  • iPhone 3GS (Mar 2010 – )
  • iPhone 4 (Dec 2010 – )

….thanks to Steve.

またマッカーになりました

MacBook Proを買いました。
今までWindows XPの自作PCを8年近く使ってきたんですが、寄る年波に勝てず不安定になってきたようで、そろそろ新しいパソコンがほしいな〜と思っていたところです。
実は10年ぐらい前にMacOS9が動いていたPowerbookを使っていたことがあったんですが、だんだんビジネスの分野でWindowsが支配的になってくるにつれ、家で仕事をするのにWindows PCのほうが便利になってきたんですが、最近セキュリティがやかましくなって会社のデータを家に持ち帰れなくなっているので、わざわざ会社に合わせて家でもWindowsにする必要もなくなってきたわけです。
今月発売のWindows7を待つという手もあったんですが、今アップルストアでMacを買って、一緒にHPのプリンタを買うとプリンタが値引きになるということもあり、プリンタも壊れていた今はMacかな、と。
私はパソコンを使うときはUSキーボードのものが打ちやすいので、これまでずっとUSキーボードを使ってきました。前はIBMのThinkPadに英語OS、英語キーボードのモデルがあったんですが、レノボになってから英語版のPCが出なくなったので、日本にいながら英語版PCを入手しようとしたら、ネット通販か秋葉原に行って輸入PCを買うしかないわけなんですが、ここで問題があって、日本国内で無線LANやBluetoothを使おうとすると、国の技術基準適合証明を取らなければなりません。輸入PCが日本の技適など取っているとは思えませんから、輸入PCは日本で無線機能が使えないということになります(黙って使ってもいいんですが、一応違法行為になりますから。。。)。
ということで、MacBook Proを買いました。
10年前にPowerbookを使っていた頃は、Macといえばすぐ落ちるで有名だったんですが、今使ってる新しいMacBook Proは非常に安定しています。無線通信もGOOD。キータッチも悪くありません。1つだけ気にかけるのは、いわゆる「Macの流儀」に慣れること—-ウインドウを閉じるときは右上のバッテンではなく左上の赤丸ボタンをクリックするとか、日本語入力に切り替えるときはAlt+`ではなくCommand+スペースを押すとか、メニューは画面の上から選ぶとか。10年Macとごぶさただとまだごっちゃになったりしますが、まあすぐ慣れることでしょう。ともあれ、私のコンピュータライフは格段に楽しくなりました!

Being a Mac’er again

I ordered to purchase MacBook Pro at Apple Store Japan for my new computer. I’ve kept a desktop PC running Windows XP for my personal use on a daily basis for almost eight years, but it’s being unstable these days due to low memory and hardware troubles occuring from time to time, so I needed a new computer.
Actually, I used to have Powerbook running Mac OS 9 ten years ago. As Windows was being dominant for the business field, it was more convenient to use a Windows PC rather than a Macintosh for sharing data in the office with my house. However, security is now being so big concerns of office workers that most companies don’t let workers take data out of the office rooms. I no longer have an opportunity to see or edit at home any documents I use in the office, so I no longer have to use Windows to see them created by Windows PCs at office.
It was also an option to wait for a new PC with Windows 7 to be released this month. But, if you buy a Mac as well as an HP printer at the same time at Apple Store Japan, you have a great deal of discount. That’s why I chose Mac this time, because my printer in my room was out of order as well.
I want to use a computer, PC or Mac, with a US keyboard, because it’s easier for me to type texts with a keyboard of a US layout. In the past, IBM Japan released ThinkPad laptops with a US keyboard and English version Windows OS installed, but after Lenovo acquired IBM, there’s been no such PCs for sale any longer. If you live in Japan and want to have a US-keyboard PC, you’ll have to get an imported PC by accessing online or by going to a special PC store at Akihabara selling foreign PCs. However, one of the main problems with using an imported PC is that its wireless capabilities are not available within Japan because of a Japanese law issue. To activate wireless LAN or Bluetooth connections of a PC or a cell phone within Japan, the device must be certified by Japan’s national inspection facility. Because most PCs sold outside Japan are not certified, it’s forbidden to use the wireless functions of such PCs. (Of course it’s possible to use those functions in secret, but you must remember it’s ILLEGAL!)
Macintosh these days has an option to be customized so that it has a US keyboard, no matter where you buy it. Plus, Mac OS X has a multilingual option so you can choose any language to display menus or input texts. It’s much easier to display English menus and input Japanese text at the same time.
That’s why I bought a MacBook Pro.
Although it was said, when I used Powerbook ten years ago, that Macintosh stood for “Machine Always Crashes, If Not, The Operating System Hangs,” the new MacBook Pro I’m using now is very stable. Wireless connection is very good. Key strokes are not bad. The only thing I have to keep in mind is to get used to the “Macintosh rules” —- to click, when you close a window, on its top left red button instead of clicking on the X button on the top right corner; to hit a [command] key and a space bar at the same time to begin Japanese input instead of hitting [Alt]+[`] keys; to select a menu on the top side of the screen windows, not under the title bar of the active window; etc. I’m still embarrassed by those differences because I haven’t been in touch with Macintosh for almost ten years, but I’m sure I’ll get accustomed with it. Anyway, my computer life is now much more fun!

Joomla!

10年以上も続けているHIMEMIKO*WEBというサイトですが、昔はHTMLを手打ちで書いたりAdobe GoLiveなどのいわゆる「ホームページ作成ソフト」を使って作っていたんですが、ここ5年ほどはMovable Typeを使って構築しています。これを使うと家にいなくてもどこにいても気軽に更新できるので非常に便利なんですが、これはもともとはブログを作るツールなので、おもに固定的な情報を提供するのが目的で、最新情報を定期的に更新するわけではないHIMEMIKO*WEBのようなサイトの場合、ちょっと違和感があるんですね。
かといって昔のようにHTMLコード手打ちに戻ろうにも、AjaxやらDHTMLやらSEO対策やらで年々コーディングも難しくなってきて、技術的にトレースしきれない状態。それにHIMEMIKO*WEBのような古代の難しい漢字(鸕野讃良皇女とか)を使うサイトではUTF-8対応必須なのですが、GeeklogなどのCMSツールだとUTF-8にちゃんと対応してなかったりなどして、どうも微妙なツールしかなくてフラストレーションがたまっていたんですが、最近、Joomla!というCMSツールが有名になっているのを知りました。
バージョン1.5以降はUTF-8にも標準対応だし、QNAPのNASにもパッケージがインストールできるし、今使っているDreamHostのレンタルサーバでも使えるようなので、さっそく試してみようと思って、この週末はさっそく本を買い込んでJoomla!のお勉強に格闘しておりました。
ブログではない情報提供型のサイトには、少なくともMovable Typeよりは向いてそうです。それにテンプレートの構造などがMovable Typeよりわかりやすく、いじりやすそうです。一からテンプレートを作るのもそう難しくなさそうなので、近いうちにHIMEMIKO*WEBをアップグレードしようと思います。