近江友里恵さんのこと

NHKのアナウンサーの近江友里恵さんのファンです。といっても今年のお正月に実家に帰省していたときにたまたま「ブラタモリ」をTVで見て初めて知ったんですが。「ブラタモリ」自体、桑子真帆アナウンサーがアシスタントをしていた時代に一度見たきりで、それまでほとんど見たことなかったのですが、このときは、昼に「伊勢」「横浜」の回の再放送をやっていて、さらに夜には「鶴瓶の家族に乾杯」とのコラボレーションスペシャルで成田山に行っていた回の放送があって、そこに出ていたアシスタントの近江アナウンサーがなんかいい味を出していて、注目するようになりました。

グーグル先生やウィキペディアによると、近江友里恵さんは2012年にNHKに入局して、朝のニュース番組「おはよう日本」の「まちかど情報室」のコーナーなどに出ているアナウンサーとのこと。私は、朝は十数年来、テレビ東京の「モーニングサテライト」を見ていたので、「まちかど情報室」はたまにしか見ることがなかったのですが、そこで衣装をうしろ前に着て出演する(※)というちょっとドジっ娘ぶりも披露してしまうキャラのようです。「ブラタモリ」でも、ときどき温度計を読み間違えたり、ハブ取り棒でつかまえたハブを入れた箱を素手で閉めようとしてしまうというポンコツっぷりを見せてくれる天然キャラとして人気を博している模様。「私、優柔不断なんで、すぐ迷っちゃう」と公言し、「優柔不断が治りますように」と成田山にお祈りするゆとりキャラで、なんか「守ってあげたい」感を強く感じさせるオーラがただよっているように感じたわけです。なんか、職場の後輩とかにいたらいろいろ教えてあげたくなるような。キラキラしたいわゆる“女子アナ”らしからぬ、おっとりとした雰囲気で、着ているものもけっして派手ではなく流行を追い過ぎず、むしろ中学生のようなちょっとあか抜けない感じさえして、それでいて育ちのよさを感じさせる、すれていないしゃべり方。ひとことでいうと“可愛すぎる”ということでしょうか。

スポーツはあまり得意ではなく、動物もどちらかというと苦手で、けっしてアドリブをきかせて要領よく立ちまわるタイプではないものの、地頭はよく真面目に、堅実に何ごともきっちり取り組む感じ。それでいてちょっと天然というキャラは、なんだか私自身をみているようで、それで親近感をおぼえたのかもしれません。

近江さんはその後、4月からは隔週で「おはよう日本」のキャスターを担当することになり、朝5時から出るようになったので、近江さんの出る週は朝5時起きで「おはよう日本」を見て(出ない週はこれまでどおり「モーサテ」を見てますが)、土曜の夜7時半からは「ブラタモリ」を見るという生活になったんですが、このたびNHK文化センターの企画で、9月30日に名古屋で近江さんのトークライブがあるということを聞きおよび、さっそく申し込んで名古屋まで聴きに行ってきました。

※2016年6月20日の「まちかど情報室」で、衣装の「Backリボンギンガムブラウス」をうしろ前に着て出演してしまい、視聴者から指摘を受けて、NHKの広報とニュースとアナウンス室の偉い人たちが会議の結果、「本人が間違って着てしまいました。これからは正しい方向に着るようにします」という公式文書を出すにいたった事件。

Continue reading “近江友里恵さんのこと”

Yurie Omi

Yurie Omi

According to Wikipedia, “Yurie Omi (born July 27, 1988) is a Japanese female announcer, television reporter, television personality, and news anchor for NHK. Omi is one of the hosts of NHK morning news show NHK News Ohayō Nippon. She is also the co-host of NHK television series Bura Tamori aired from April 2016.”

I’ve been a big fan of Yurie Omi since the beginning of this year when I sat in front of the TV by chance at my parents’ house and watched her for the first time in Bura Tamori (I had rarely seen it before, though). This program is a travel show where NHK’s broadcaster strolls Japan’s particular town or area with Tamori, one of Japan’s renowned TV personalities, and a geophysicist, a local historian or a curator, to investigate the place’s topics such as terrain features, history, culture and civil engineering.

Why do I think she is so attractive? I think the reason is three-fold. Firstly, she sometimes shows goofy behavior in her TV programs, although she is actually very smart and good-looking. She wore her dress back to front in the news show. In Bura Tamori, she read the thermometer incorrectly. (She said the temperature of hot spring water was 940 degrees Celcius while it really pointed 94.0 degrees.) Such slight weaknesses mean imperfection, which is what Japanese people value in tradition. This mentality makes the Japanese regard her weaknesses as charming. Secondly, she acts or speaks less highhandedly than average so-called “joshi-ana” and TV personalities. They often show off, but she doesn’t. They often speak aggressively, but she never does it. Her attitude like this gives a favorable impression to many Japanese viewers. Thirdly, most of her personality looks so similar to mine that I find something congenial in her. I don’t think she is such a personality that is good at thinking on her feet and speaking off the cuff with a ready wit. Rather, she looks genuine, and she can only do diligently what she has to do with simple honesty. Such characteristics of her is just like mine.

For those reasons, I got fascinated by her. I watch every TV program she appears in. I get up at five in the morning on weekdays to watch NHK’s morning news show she hosts. In Saturday evening I watch Bura Tamori to see her traveling with Tamori.

In addition to watching her on TV, I had a chance to see her with the naked eye. One day I got the information that she was going to hold a lecture presentation at Nagoya on September 30 and was requesting for audience. I applied for it because it might be my once-in-a-lifetime chance to meet her up.

Continue reading “Yurie Omi”

香港へ

先日、香港へ行ってきました。郵便貯金の定額貯金が満期を迎えたので、一部をハンドキャリーして13年前に開設したHSBCの口座に入金するのと、現地で金製品を買うためです(日本で買うより安いのです)。この先日本がどうなるかわからない中、国際的に資産を分散しておくのが理にかなっているかと。

 

今回の香港訪問で特筆すべきこと2つ。1つは、鹿児島というところは実は日本の重要なゲートウェイだということ。東京視点では鹿児島なんて日本の南のはるか果てのように見えますが、外国人からみると実はそうではなく、金のネックレスを買うために訪れた周生生の中環店の女性店員が話していたんですが、彼女は日本に旅行したことがあり、そのとき鹿児島から入国して大阪→京都→東京とまわり東京から出国したとのこと。これは中国や香港からの旅行者のゴールデン・ルートなんだとか。これらの事実が示唆するのは、鹿児島や長崎、福岡といった都市は、東京を見てるのではなくアジアを見るのがこの先生きのこる道なのではないかと。

もう1つは、私の英会話力が格段に落ちたということ。さきの周生生の店員さんとの会話でも、それ以外の香港人との会話でも、私の受け答えは"Yeah," "No," "Thank you," "Oh really?"とかばかり。数年前に比べて英語のレスポンススピードが明らかに遅くなっているのがありありとわかりました。職場では全く英語とは無縁の仕事になってしまったので、せめて家の中は環境を英語化しておかないとどんどんさびついていきそうです。

Visiting Hong Kong

A few weeks ago I visited Hong Kong to deposit part of my fixed amount savings, deposited in Japan's post office and matured last month, in HSBC Hong Kong where I've had my bank account for 13 years, and to buy some gold which was a bit inexpensive than what you buy in Japan. Since nobody can predict what will happen to Japan and its economy in the future, I think it is reasonable to diversify assets both nationally and internationally to reduce risks of the loss due to possible economic confusion.

 

I found out two notable things through this trip. One is that Kagoshima is in fact one of important gateways of Japan for some foreign travelers. From Tokyoite's point of view Kagoshima looks the southernmost far end of Japan, but for some people it is not. I heard that a sales clerk of Chou Sang Sang's Central store who sold a gold necklace to me saying that she had ever been to Japan for leisure, entering Japan at Kagoshima Airport and then moved east to Osaka, Kyoto, and Tokyo, where she departed. She also said that it was a golden route for travelers from China and Hong Kong. Those facts suggest that cities like Kagoshima, Nagasaki and Fukuoka should look at Asian countries rather than Tokyo to survive in the future.

The other thing is my lacking ability of English conversation. When I talked to the sales clerk or any other people in Hong Kong, all I could say to those people were one-to-two-word sentences like "Yeah," "No," "Thank you," "Oh really?" or something like that. Response speed to English was apparently slower than that of a few years ago. It is clearly because I haven't used English so much for years as it is now irrelevant to me in the workplace. All I can do (and need to do) would be to have at least my home Englishized to get accustomed to English environment and help live in an English way.

日本のさいはてへ

Wakkanai dome

Wakkanai dome

もう半年近く前のことですが、稚内に行ってきました。

今年の1月のはじめのことなので、とても寒く、道はどこも雪に埋もれてすべりやすい状態でした。

Field of Hokkaido

Field of Hokkaido

Wakkanai Station

Wakkanai Station

The northern end of Japan's railway

稚内は地理的にロシアと関係が深く、いたるところにロシア語の看板がありました。今でこそ日本のさいはての地になってしまいましたが、戦前、樺太が日本の領土だったころは、樺太の各港を結ぶ交通の要衝として栄えたようです。

Wakkanai Station

Wakkanai Station

Street of Wakkanai

Sign at Wakkanai

Russian food at Wakkanai

Russian grocery store at Wakkanai

国境に近い街なので防衛も重要で、自衛隊の基地もあったり海保の船も万全の備えで泊まっています。

Coast Guard ship

稚内といえば「九人の乙女」で有名な場所でもあります。終戦直後、ソ連軍が樺太に侵攻してきたとき、樺太の電話局で働く9人の女性交換手が最後まで任務を全うしたあと、自らの命を絶った逸話が残っています。その記念碑が稚内公園の中にあるそうなのですが、残念ながら雪で稚内公園が閉鎖されていたため行けませんでした。

Wakkanai Park

あと1日あれば宗谷岬に行って宗谷海峡ごしに樺太を見てみたかったんですが……稚内公園とあわせて今年の夏にもういちど訪れる良い理由ができました。

Crab meal

Cape Noshappu

Wakkanai ramen

Wakkanai Airport

Japan’s northernmost end

Wakkanai dome

Wakkanai dome

Though it was almost half a year ago, I visited Wakkanai, the northernmost end of Hokkaido. Since it was the beginning of January this year, it was extremely cold outside with plenty of snow and the streets were very slippery.

Field of Hokkaido

Field of Hokkaido

Wakkanai Station

Wakkanai Station

The northern end of Japan's railway

Wakkanai is deeply related to Russia, since this city is just 40 kilometers away from the southern end of Sakhalin. When Sakhalin was part of Japan in the beginning of the 20th century, the city of Wakkanai played an important role in  connecting to ports of Sakhalin by ferry.

Wakkanai Station

Wakkanai Station

Street of Wakkanai

Sign at Wakkanai

Russian food at Wakkanai

Russian grocery store at Wakkanai

Defense is also important since it is very close to the border and there is such a risk to let illegal immigrants in and to let foreign ships invade this town.

Coast Guard ship

Wakkanai is one of Japan's cities symbolizing tragedy of the WWII. When the USSR began invasion to the southern half of the Sakhalin Island after Japan's surrender in August 1945, nine young women were working at a telephone exchange in the island. They were encouraged to escape from the island to flee to Hokkaido as it was going to be a dangerous place very soon. They refused to do it and chose to stay there because they wanted to do their job until the last time. At the time when Soviet Union's soldiers came to where they worked, they took their lives as they didn't want to be captured and molested by the soldiers. The memorial monument for them is build on the hill of Wakkanai city. I was eager to see this monument, but I couldn't do it since the hill was closed due to the heavy winter snow.

Wakkanai Park

With one more day I could've visited the Cape Soya and see the Sakhalin Island over the Soya Channel. This would be a good reason for me to visit Wakkanai again this summer.

Crab meal

Cape Noshappu

Wakkanai ramen

Wakkanai Airport

2016年のキーワード

今年は結局、このエントリを入れて各言語それぞれ2エントリしか投稿しませんでしたが、もう今年を振り返る時期がやってきたようです。

2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
2015年のキーワード:アメリカ(メイン州)エストニア、職場異動
だったのですが、今年のキーワードは

国内移動ジープ

にします。

国内移動は、広島、福岡、仙台、大阪、沖縄といった国内に今年は公私ともによく移動しました。海外にも行きましたが(台北、香港)、今年は国内に目を向けた年といえるかもしれません。

ジープにクルマを買い替えたことも国内移動に拍車をかけたかもしれません。今までのポロを高いお金をかけて車検を通す代わりに買い替えるという選択をしました。まあアメリカの車に一度乗ってみたかったというのもありましたが。夏に買い替えて、この5ヶ月ほどで5000kmほど乗っています。

上記にあげた以外にも、今年はいろんなことがありました。デヴィッド・ボウイやプリンス、ジョージ・マイケル、「スター・ウォーズ」のレイア姫のキャリー・フィッシャーと母のデビー・レイノルズ、「サウンド・オブ・ミュージック」の17歳の人から井上竜じいに至るまで、セレブや有名人がかなり多く亡くなりました。熊本でも地震があり、糸魚川で火災があり、災害やテロが世界中で起こりました。来年も何がおこるかわかりません。個人としてできることは、自分の資産をできるだけ世界中に分散して、必要なところにどこでも移動できるように準備しておくことぐらいではないでしょうか。

2017年4月11日更新

2016年のキーワードとして地図作りを追加したいと思います。この年はオンライン地図の作成にはまった年でした。はじめの頃はカーナビ用にWazeを使って近所の地図を作っていて、そのうちOpenstreetmapのマッパーになって主に日本国内のウェイや建物やポイントに英語のnameタグを追加する作業をやっています。なので2016年のキーワードは国内移動地図作りジープにします。

Words of the year 2016

Although I was posting only two entries including this one in each language this year, the time seems to come to look back the year 2016. In every year-end, I make it a rule to list up the most impressive things and events I experienced or encountered in each year in some keywords. Words of the past years are:
The words of the year for 2001: getting a flat within the Tokyo metropolitan area, a position change at the office, and Soarer.
The words of the year for 2002: America.
The words of the year for 2003: the airplane and the musical.
The words of the year for 2004: the blog, Asian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone.
The words of the year for 2005: darts, the GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again.
The words of the year for 2006: the US stock and the mutual fund.
The words of the year for 2007: changing my car and visiting Hawaii.
The words of the year for 2008: England and Fukagawa.
The words of the year for 2009: office position change, MacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket.
The words of the year for 2010: Taiwan, Singapore and Malaysia; iPhone; and the credit card.
The words of the year for 2011: the car, the British culture and China.
The words of the year for 2012: Oji, the mahjong, the flight attendant and Facebook.
The words of the year for 2013: Ayurveda, Korea, high school alumni and Tsuyoshi Takashiro.
The words of the year 2014: England and Android.
The words of the year 2015: Maine, United States; Estonia and transfer of workplace.

Now I think this year's keywords for me are traveling to places in Japan and Jeep.

Traveling to places in Japan is what I did this year most. I flew to Hiroshima, Fukuoka, Osaka, Okinawa and more for both business and private. I did visit abroad as well (Taipei and Hong Kong), but this year is the time for me to explore throughout this country.

Changing my car to Jeep also encouraged me to explore this country. I bought 2013 Jeep Compass this summer instead of letting my VW Polo pass the bi-yearly car inspection for pretty much money. This newer car is very nice, and I've driven more than 3,000 miles for five months since I got it.

This year I experienced much more things than before other than what I listed here. A number of cerebs and famous persons, such as David Bowie, Prince, Charmian Carr, Thai King Bhumiphol Adulyadej, George Michael, Carrie Fisher and her mother Debbie Reynolds, have died for a single year. Disasters and terrorist attacks hit all over the world. Politicians and people of many countries have been moving from globalization to nation-centric mindsets. Nobody knows what will happen next year. I think all each individual can do to protect him-or-herself would be to put all of his or her assets in many places in the world and prepare for moving wherever he or she needs.

Updated April 11, 2017

I'm adding one other word of the year 2016: mapping. At first I joined Waze to make a map for the sat nav app, and then I became a mapper of Openstreetmap. Mainly I have added English name tags to ways, buildings and points within Japan for the convenience of foreign people who may use Maps.me or Magic Earth and only read English. That's why the keywords of the year 2016 are traveling to places in Japan, mapping and Jeep.

グローバル化の終わり

私が就職したのは、90年代終わりごろの「失われた10年」と言われた不況の時代の日本で、会社からよく「グローバルマインドを持て」と言われたものでした。

2000年までには、「グローバル」や「グローバル化」という言葉が、次なる新たなミレニアムを生き抜くためのキーワード(ときにはバズワード)として、ドットコムバブルとともにやってきました。当時は、TOEICのスコアを上げさせられたり、MECEだのSWOT分析だのロジカルシンキングの手法をマスターさせられたり、とにかく日本的な古いワークスタイルを廃して、グローバルな(といってもほとんどアメリカのですが)考え方に慣れるようにハッパをかけられたものです。

ところが2006年にライブドアショックがあり、IT長者たちが凋落していくのを目のあたりにすると、人は、アメリカ式のやり方ではうまくいかないと気づき、また日本を見直し始め、日本の良いものを再評価するようになりました。会社でも「日本品質」とか言い始めて、グローバルサービスよりもドメスティックなほうに目を向け始めたころでした。

2010年代になると、今までの内向き志向がまたぞろグローバルに向かい始め、日本企業がまた海外進出するようになりました。今度はアメリカだけじゃなく、インドや中国、ロシア、ブラジル、東南アジアやアフリカなどの第三世界に出て行って、会社のサービスもそういう企業のニーズや要望に沿うようなグローバルサービスが増えていきました。

また2010年代は移動の時代でもあり、LCCの台頭によって低価格で海外に行けるようになりました。外国と行き来する人を見ることはどこでも日常的になりました。

こうして見ると、グローバルとローカル、人々の志向は5~6年ごとに行ったり来たりしているように見えます。その伝でいくと、そういうグローバルな世界というのはもうそろそろ終わりそうに思います。今週、英国の国民投票でEU離脱を決めたのは、その最も象徴的なものではないでしょうか。ほかにもフランスやイタリア、スペインなど、移民の流入やそれに伴うヨーロッパ内のテロに悩まされている国で同様の動きがあると聞きます。

同様に、アメリカでも、ドナルド・トランプ氏が、国境に壁を造り、メキシコ人やイスラム教徒をシャットアウトしろと言って、保守的で比較的貧困層のアメリカ民衆から熱狂的な支持を受けています。対抗馬のヒラリー・クリントン氏でさえ、TPPには反対するなど、保護主義的な主張をしています。日本でも、旗を持った過激な愛国主義者たちが通りに繰り出し、隣国人は出て行けと言ってヘイトスピーチをするようになりました。

思うに、今は時代のターニング・ポイントで、これから「グローバルな世界」はなくなっていくでしょう。民衆は自分の国のことだけを考えるようになり、そこここで紛争や、場合によっては武力衝突が起こるかもしれません。これから5~6年、少なくともトランプ氏かヒラリー氏の大統領の任期の間はそうなると思います。できることは、そういう世界を傍観しながら、将来状況がどう変わっても対処できるように、選択肢をできるだけ多く持っておくことではないでしょうか。

Words of the year 2015

It's time for me to look back this year and list up the most impressive words I experienced this year. Words of the past years are:
The words of the year for 2001: getting a flat within the Tokyo metropolitan area, a position change at the office, and Soarer.
The words of the year for 2002: America.
The words of the year for 2003: the airplane and the musical.
The words of the year for 2004: the blog, Asian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone.
The words of the year for 2005: darts, the GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again.
The words of the year for 2006: the US stock and the mutual fund.
The words of the year for 2007: changing my car and visiting Hawaii.
The words of the year for 2008: England and Fukagawa.
The words of the year for 2009: office position change, MacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket.
The words of the year for 2010: Taiwan, Singapore and Malaysia; iPhone; and the credit card.
The words of the year for 2011: the car, the British culture and China.
The words of the year for 2012: Oji, the mahjong, the flight attendant and Facebook.
The words of the year for 2013: Ayurveda, Korea, high school alumni and Tsuyoshi Takashiro.
The words of the year 2014: England and Android.

And this year's keywords for me is Maine, United States; Estonia and transfer of workplace.

Maine, United States is where I visited in September for pleasure. I drove the US roads, went shopping at supermarkets and pharmacies, rode America's domestic flights, and was excited in many ways. That experience encouraged me to look back at the United States from the United Kingdom, which I had been interested in for almost a decade. 

Estonia is the country where I applied for the e-Residency card. Before I did it, all I knew about Estonia was that it was what Baruto, a former sumo wrestler, was from, not being able to tell it from other Baltic countries like Lithania and Latvia. I found out that that country was one of east Europe's most IT-advanced countries. I think it's a good idea to visit Estonia next year.

Transfer of workplace is that I was transferred the office and position in December, leaving previous workplace where I had served for more than six years. 

Anyway, this year is coming to an end. I managed to live safe and sound, without being suffered from any diseases. That being said, I'm getting older and older, and my body is gradually worn out. That's why I'm going to check my body thoroughly and maintain it from scratch, which is going to be my next year's task.