イギリスの席次

イングランド・ウェールズにおける席次(precedence)表は以下のとおりです。

  1. 女王(The Queen)
  2. エディンバラ公(The Duke of Edinburgh)
  3. プリンス・オブ・ウェールズ(The Prince of Wales)
  4. 君主の次男以下の息子
  5. 君主の孫(親の年齢の順)
  6. 君主の従兄弟(親の年齢の順)
  7. カンタベリー大司教(Archbishop of Canterbury)
  8. 大法官(Lord High Chancellor)
  9. ヨーク大司教(Archbishop of York)
  10. 首相(The Prime Minister)
  11. 大蔵卿(Lord High Treasurer)(いれば)
  12. 枢密院議長(Lord President of the Council)
  13. 下院議長(Speaker of the House of Commons)
  14. 貴族院議長(Lord Speaker)
  15. 最高裁判所長官(President of the Supreme Court)
  16. 主席裁判官(Lord Chief Justice of England and Wales)
  17. 王璽尚書(Lord Privy Seal)
  18. 大使(Ambassador)および高等弁務官(High Commissioner)
  19. 式部長官(Lord Great Chamberlain)
  20. 大司馬(Lord High Constable)(いれば)

Continue reading “イギリスの席次”

香港へ

先日、香港へ行ってきました。郵便貯金の定額貯金が満期を迎えたので、一部をハンドキャリーして13年前に開設したHSBCの口座に入金するのと、現地で金製品を買うためです(日本で買うより安いのです)。この先日本がどうなるかわからない中、国際的に資産を分散しておくのが理にかなっているかと。

 

今回の香港訪問で特筆すべきこと2つ。1つは、鹿児島というところは実は日本の重要なゲートウェイだということ。東京視点では鹿児島なんて日本の南のはるか果てのように見えますが、外国人からみると実はそうではなく、金のネックレスを買うために訪れた周生生の中環店の女性店員が話していたんですが、彼女は日本に旅行したことがあり、そのとき鹿児島から入国して大阪→京都→東京とまわり東京から出国したとのこと。これは中国や香港からの旅行者のゴールデン・ルートなんだとか。これらの事実が示唆するのは、鹿児島や長崎、福岡といった都市は、東京を見てるのではなくアジアを見るのがこの先生きのこる道なのではないかと。

もう1つは、私の英会話力が格段に落ちたということ。さきの周生生の店員さんとの会話でも、それ以外の香港人との会話でも、私の受け答えは"Yeah," "No," "Thank you," "Oh really?"とかばかり。数年前に比べて英語のレスポンススピードが明らかに遅くなっているのがありありとわかりました。職場では全く英語とは無縁の仕事になってしまったので、せめて家の中は環境を英語化しておかないとどんどんさびついていきそうです。

Visiting Hong Kong

A few weeks ago I visited Hong Kong to deposit part of my fixed amount savings, deposited in Japan's post office and matured last month, in HSBC Hong Kong where I've had my bank account for 13 years, and to buy some gold which was a bit inexpensive than what you buy in Japan. Since nobody can predict what will happen to Japan and its economy in the future, I think it is reasonable to diversify assets both nationally and internationally to reduce risks of the loss due to possible economic confusion.

 

I found out two notable things through this trip. One is that Kagoshima is in fact one of important gateways of Japan for some foreign travelers. From Tokyoite's point of view Kagoshima looks the southernmost far end of Japan, but for some people it is not. I heard that a sales clerk of Chou Sang Sang's Central store who sold a gold necklace to me saying that she had ever been to Japan for leisure, entering Japan at Kagoshima Airport and then moved east to Osaka, Kyoto, and Tokyo, where she departed. She also said that it was a golden route for travelers from China and Hong Kong. Those facts suggest that cities like Kagoshima, Nagasaki and Fukuoka should look at Asian countries rather than Tokyo to survive in the future.

The other thing is my lacking ability of English conversation. When I talked to the sales clerk or any other people in Hong Kong, all I could say to those people were one-to-two-word sentences like "Yeah," "No," "Thank you," "Oh really?" or something like that. Response speed to English was apparently slower than that of a few years ago. It is clearly because I haven't used English so much for years as it is now irrelevant to me in the workplace. All I can do (and need to do) would be to have at least my home Englishized to get accustomed to English environment and help live in an English way.

日本のさいはてへ

Wakkanai dome

Wakkanai dome

もう半年近く前のことですが、稚内に行ってきました。

今年の1月のはじめのことなので、とても寒く、道はどこも雪に埋もれてすべりやすい状態でした。

Field of Hokkaido

Field of Hokkaido

Wakkanai Station

Wakkanai Station

The northern end of Japan's railway

稚内は地理的にロシアと関係が深く、いたるところにロシア語の看板がありました。今でこそ日本のさいはての地になってしまいましたが、戦前、樺太が日本の領土だったころは、樺太の各港を結ぶ交通の要衝として栄えたようです。

Wakkanai Station

Wakkanai Station

Street of Wakkanai

Sign at Wakkanai

Russian food at Wakkanai

Russian grocery store at Wakkanai

国境に近い街なので防衛も重要で、自衛隊の基地もあったり海保の船も万全の備えで泊まっています。

Coast Guard ship

稚内といえば「九人の乙女」で有名な場所でもあります。終戦直後、ソ連軍が樺太に侵攻してきたとき、樺太の電話局で働く9人の女性交換手が最後まで任務を全うしたあと、自らの命を絶った逸話が残っています。その記念碑が稚内公園の中にあるそうなのですが、残念ながら雪で稚内公園が閉鎖されていたため行けませんでした。

Wakkanai Park

あと1日あれば宗谷岬に行って宗谷海峡ごしに樺太を見てみたかったんですが……稚内公園とあわせて今年の夏にもういちど訪れる良い理由ができました。

Crab meal

Cape Noshappu

Wakkanai ramen

Wakkanai Airport

Japan’s northernmost end

Wakkanai dome

Wakkanai dome

Though it was almost half a year ago, I visited Wakkanai, the northernmost end of Hokkaido. Since it was the beginning of January this year, it was extremely cold outside with plenty of snow and the streets were very slippery.

Field of Hokkaido

Field of Hokkaido

Wakkanai Station

Wakkanai Station

The northern end of Japan's railway

Wakkanai is deeply related to Russia, since this city is just 40 kilometers away from the southern end of Sakhalin. When Sakhalin was part of Japan in the beginning of the 20th century, the city of Wakkanai played an important role in  connecting to ports of Sakhalin by ferry.

Wakkanai Station

Wakkanai Station

Street of Wakkanai

Sign at Wakkanai

Russian food at Wakkanai

Russian grocery store at Wakkanai

Defense is also important since it is very close to the border and there is such a risk to let illegal immigrants in and to let foreign ships invade this town.

Coast Guard ship

Wakkanai is one of Japan's cities symbolizing tragedy of the WWII. When the USSR began invasion to the southern half of the Sakhalin Island after Japan's surrender in August 1945, nine young women were working at a telephone exchange in the island. They were encouraged to escape from the island to flee to Hokkaido as it was going to be a dangerous place very soon. They refused to do it and chose to stay there because they wanted to do their job until the last time. At the time when Soviet Union's soldiers came to where they worked, they took their lives as they didn't want to be captured and molested by the soldiers. The memorial monument for them is build on the hill of Wakkanai city. I was eager to see this monument, but I couldn't do it since the hill was closed due to the heavy winter snow.

Wakkanai Park

With one more day I could've visited the Cape Soya and see the Sakhalin Island over the Soya Channel. This would be a good reason for me to visit Wakkanai again this summer.

Crab meal

Cape Noshappu

Wakkanai ramen

Wakkanai Airport

Visiting Maine

I think it's too late to write this entry, but I visited Portland and Boothbay Harbor, Maine in this September. I watched a musical play Carousel at Kokugakuin Tochigi High School performed by its musical club a few weeks before. Carousel is a musical that features a love story of a young girl and a barker in Maine, filmed in 1956. That inspired me to visit this state and, if I could, eat some lobsters and clambakes.

There were no direct flights from Tokyo to Maine, so I chose flights from Tokyo (Narita) to New York (JFK), and from LaGuardia to Portland (Maine's largest city). All flights were Delta Airlines.

DL172 to JFK

Continue reading “Visiting Maine”

回転木馬とロブスター(4)

前のエントリ

いよいよ日本に戻る日になりました。もう少しいたかったんですが、チケット代の関係でこの日程で戻るのが一番安上がりだったので。

ポートランドから日本への直行便はないため、デトロイト、シアトルと2回乗り換え、シアトルから羽田まで直行便に乗ります。全行程、デルタ航空です。

Portland International Jetport

Continue reading “回転木馬とロブスター(4)”

回転木馬とロブスター(2)

前のエントリ

泊まったモーテルは、こういう場所。

La Quinta Inn & Suites

アメリカの地方都市によくありそうなモーテルですが、アメリカの文化を感じるのにはうってつけの環境かと。

朝食はこんな感じのビュッフェスタイル。これもモーテルにありがちなスタイル。

Breakfast at La Quinta Inn & Suites

ソーセージとかベーコンとか温かい食事は一切ついてなく、オートミールを温めるかワッフルを自分で焼くかしないと温かい食べ物にはありつけません。

さてミュージカル「回転木馬(Carousel)」は1956年にゴードン・マクレー、シャーリー・ジョーンズ主演で映画にもなっていて、その映画が撮影されたのがメイン州のブースベイハーバーという場所だそうです。ポートランドからブースベイハーバーまで約50キロ。車でないと行けない場所ですが、せっかくならレンタカーを借りてアメリカドライブもしてみようと思い、レンタカーを手配していたのでした。

レンタカーの窓口はポートランドの空港にあるので、モーテルから空港に向かいます。タクシーを呼んでもよかったのですが、空港まで1キロぐらいしか離れてないので、アメリカの田舎町の雰囲気を感じるのと健康も兼ねて(?)歩いてみることにしました。

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(2)”

回転木馬とロブスター(1)

今年の9月の國學院栃木高校の文化祭。いつも観に行くミュージカル部の今年の公演は「回転木馬」。じつに10年ぶりです。

Carousel

Cast list

「回転木馬」(Carousel)のあらすじは10年前のブログ記事の内容にも書いてありますが、この作品の舞台となっているのはアメリカのニューイングランド地方・メイン州。ロブスターが名産といわれている場所だそうで、一度行ってみたい気持ちが頭をもたげてきたので、実際にメイン州まで行ってみることにしました。

North Wing departures

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(1)”