The end of globalisation

When I started my career in the late 1990s, my employer encouraged us to have a global mind to cope with Japan’s recession so-called “the lost decade”. By 2000, the words “global” and “globalisation” were used as the keywords — and sometimes buzzwords — for surviving the upcoming new millennium, followed by the dot-com bubble. My coworkers and I were pressured to raise TOEIC scores, to learn SWOT analysis, MECE, and other terms of logical thinking, to abandon obsolete Japanese work style and get accustomed to global — in many cases American — way of thinking. 

In 2006, those ideas were changed. Seeing the Livedoor scandals and accompanying downfall of dot-com millionaires, Japanese people found out that the American way did not work. Instead, they began taking a second look at their own country and reviewing the good things of it. The company I worked for focused on the products for domestic customers rather than overseas ones, with “the Japan quality” as its corporate philosophy.

Starting 2010s, people’s inward-oriented views were changing into global again. Japanese enterprises were going out overseas, not only to the United States at that time but to the Third World such as India, China, Russia, Brazil and Southeast Asian and African countries. I had more and more opportunities to get involved in the services offered to such customers going to those countries in order to meet their needs and demands.

The first half of 2010s was the years of transportation. Low cost carriers helped people fly abroad at low air fares. Everywhere you can see people travelling to and from all over the world on a regular basis.

Yet you see that people’s favour of the global-oriented mind or the local-oriented one swings from side to side every five or six years. That being the case, such a globalised world will come to an end shortly. The event that happened this week in the United Kingdom showed that the most symbolically. The referendum determined the UK to leave the European Union it had joined in 1973. Other European countries like France, Italy and Spain begin the preparation of such referendum whether they should leave or remain the EU by some people tired of enormous numbers of immigrants from the Middle East and accompanying terrorist attacks occurring inside Europe. 

Likewise, in the United States, Donald Trump, saying that a wall should be built on the border to shut out Mexicans and Muslims, has the enthusiastic support by the conservative and relatively poor American population. Even Hillary Clinton, one of the rival candidates of Trump, says that she is against the US to join the Trans-Pacific Partnership. In Japan, some nationalistic extremists carrying patriotic flags with them are making a hate speech on the street, saying that the people from neighbouring countries should get out of Japan and go back to their own country.

I think that now is the turning point of the era and there will be no more “globalised World” from now on. People of each country will pay attention only inside their own country. A dispute or, in some cases, an armed clash may begin between some countries. Such an era will last five or six years, at least Trump or Clinton’s presidential term. What we can do right now might be to look on such the World and to have as many options as possible to be able to cope with the future fluctuation of circumstances.

エストニアのマイナンバー

エストニアという国が今IT立国として注目を集めているようです。バルト三国としてソ連から独立したのが1990年代前半、それ以来日本人にはなじみの薄いこの国ですが、スカイプやその他のスタートアップ企業で知られているほか、政府ぐるみでヨーロッパのIT市場におけるオフショア開発拠点としてITエンジニアを多数呼び込んでいる「デジタル国家」を作ろうとしています。 

政府は国民にIDカードを発行しており、このIDカードはちょうどアメリカのソーシャルセキュリティカードや日本でこれから始まろうとしているマイナンバーカードのようなもので、これで納税、オンラインバンキング、処方箋の発行などなど、ワンストップのサービスを提供しているとのことです。さらに、エストニアの住民だけではなく、国外に住む外国人に対しても「電子居住(e−Residency)カード」というのを発行し、エストニアの電子住民としてコンピュータを通じてリアルな住民と同じようなサービスを「電子的に」提供しようとしているとのことです。

e-Residency card

電子居住カードの申し込みは簡単で、まずe−EstoniaのWebサイト(https://apply.e-estonia.com/)でオンラインで手続きをし、50.99ユーロをカードで払います。このときに受け取り場所に最寄りのエストニア大使館を指定すると、エストニアに行かなくても大使館で受け取ることができます。申し込んでからカードができあがるのに約一ヶ月ほどかかり、できあがるとメールで通知が来ます。ちなみに申し込みから通知まですべて英語でOKです。日本語はちょっと無理ですが…。

Continue reading “エストニアのマイナンバー”

Becoming an e-Estonian

Estonia, one of Baltic countries becoming independent of the Soviet Union along with Latvia and Lithania in early 1990s, is one of IT conscious countries with significant numbers of IT-related startups including Skype. Estonian government is making its best efforts to make a "digital country" by inviting IT engineers to a number of offshore development sites in Europe's IT market. 

The government issues Estonian citizens an ID card, just similar to a Social Security Card in the United States, which enables holders to offer one-stop services including taxation, online banking, issuing medical prescriptions, and more. In addition to offering an ID card for real residents, it started the e-Residency scheme, which is available for not only residents within Estonia but people who don't really live in Estonia. In this scheme, an "e-Residency Card" is issued to the "e-Residents" of Estonia and similar services to those for real residents are offered "electronically" with the card via their computers.

e-Residency card

Application for an e-Residency Card is easy. First you have to visit the application page of the e-Estonia website at https://apply.e-estonia.com/. And then you can apply for the card by filling in necessary information in the form of the web page and paying €50.99 online by credit card. You can make the card to be sent to any Estonian Embassy outside Estonia so that you can pick it up at the nearest Embassy without flying to Estonia. About one month from the online application the card will be ready, when you will receive notification by email.

Continue reading “Becoming an e-Estonian”

UK版Windowsで日本語IMEを正しく使う

言うまでもなく、日本と米国とではPCのキーボードのキー配列が異なっています。しかし同じ英語圏であっても、米国と英国でもキーボードの配列は若干異なります。Shift+「2」はUKキーボードでは日本語キーボードと同じ「"」になります。「@」を表示させるにはShift+「'」(アポストロフィ)を打つ必要があります。そしてその「'」(アポストロフィ)は上から3段目、Enterの左隣の左隣にあります(ちなみにEnterの左隣は「#」です)。英国内でPCを買うと、必然的にこのUK配列のキーボードがついてくることになります。

Continue reading “UK版Windowsで日本語IMEを正しく使う”

ロンドン散歩

ハワース散策からの続きです)
3日目の朝、雨の降る中、B&Bをチェックアウトしました。
平日なので蒸気機関車はやっておらず、B&Bの奥さんがロードン・ロードにある最寄りのバス停まで連れて行ってくれ、そこでキースリー行きのバスを待つようにと言ってくれました。
バスを待っていると、年配のご婦人が話しかけてきて、どこまで行くのかと尋ねられたので、「ロンドンまでです」と答えると、もう1人のご婦人が話に加わり、バスがくるまでの間、3人でお話してました。
Continue reading “ロンドン散歩”

本当のイギリスへの旅

Town in Haworth
ちょっと前の話ですが、イギリスに行ってきました。ブリティッシュ・ヒルズでも英語村でも栃木あたりにある英国風のコテージでも日本にある他の「ニセ英国」でもなく、死ぬまでに一度は訪れてみたかった本当のイングランドです。行き先は、森薫「エマ」の舞台のロンドンと、ハワースです。
Continue reading “本当のイギリスへの旅”

大泉ブラジリアンタウン

群馬県大泉町。
大規模な工場が誘致され、そこに日系ブラジル人を中心に出稼ぎ労働者を受け入れたため、人口4万1千人のうち6千人弱が外国人という町で、そこには、大規模なブラジル人街ができています。
The Brazilian Plaza Street in Brazilian town Sign in Portuguese Portuguese on the pole Portuguese on the pole
通りや看板の、いたるところにポルトガル語が。
レストランやフードコートでは、ブラジル料理を出し、スーパーには、ブラジル人用の日用品が売られています。
ほかにも、八百屋さん、薬局、ファッションストア、コンピュータショップ、電器店、タトゥーショップ、旅行代理店、コミュニティーセンターから、教会に至るまで、そこで暮らすブラジル人たちがそこで用が足せるように、ポルトガル語ベースになっています。
さらに、フリーペーパーや雑誌なども、コミュニティーセンターなどに行けば、手に入るようになっていて、飛行機に乗らなくても、パスポートのいらない海外旅行をした気分になれます。
Pamphlets for Brazilians Food at the Brazilian Plaza

注目すべきなのは、これらの店でも、ブラジル人が働いているということ。工場だけでなく、工場で働くブラジル人にサービスをする職にもまた、ブラジル人が就けるようになっていて、ここでは、すべてがブラジル人で回っているようです。
今後、好むと好まざるにかかわらず、日本は近い将来、海外から移民を受け入れることが避けられなくなるでしょう。この町は、多文化が混じり合った一つの例であり、移民とどう共存していくかのヒントを、私たちに教えてくれているのかもしれません。
Supermarket for Brazilians Grocery store

家の電話にAsterisk

うちの家のNASをつぶしてAsterisk1.8を入れてIP電話システムを導入してみました。
IP電話機とiPhone5に入れたソフトフォンクライアントとの間の内線通話、ボイスメールはすぐにうまくいったものの、ひかり電話経由の外線発着信の設定に苦戦。それでもなんとか無事につながり、やっとIP電話でどこにでもかけれるようになりました。。。

iPhone5買いました

iPhone5をゲットしました。XPERIAも悪くはなかったんですが、iPhoneのが使いやすいのと、世界中でアクセサリーが充実しているので。
近所のドコモショップに行ってnano SIMカードを発行してもらおうとしたものの、入荷待ちとのこと。他のドコモショップに言っても在庫なし。これがないとアクティベーションができないので、さしものiPhone5も単なる板。。。。
都内のドコモショップはほぼ全滅でしたが、栃木市のドコモショップがnano SIMカードの扱いがあるとのこと。栃木までクルマを駆って行くと、すごい待ち時間。1時間半かかると言われましたが、実際には30分ほどで自分の番が来ました。なんとか入手し、iPhone5に入れて、無事にアクティベーションできました。
2013-02-03 17.48.27.jpg