Becoming an e-Estonian

Estonia, one of Baltic countries becoming independent of the Soviet Union along with Latvia and Lithania in early 1990s, is one of IT conscious countries with significant numbers of IT-related startups including Skype. Estonian government is making its best efforts to make a "digital country" by inviting IT engineers to a number of offshore development sites in Europe's IT market. 

The government issues Estonian citizens an ID card, just similar to a Social Security Card in the United States, which enables holders to offer one-stop services including taxation, online banking, issuing medical prescriptions, and more. In addition to offering an ID card for real residents, it started the e-Residency scheme, which is available for not only residents within Estonia but people who don't really live in Estonia. In this scheme, an "e-Residency Card" is issued to the "e-Residents" of Estonia and similar services to those for real residents are offered "electronically" with the card via their computers.

e-Residency card

Application for an e-Residency Card is easy. First you have to visit the application page of the e-Estonia website at https://apply.e-estonia.com/. And then you can apply for the card by filling in necessary information in the form of the web page and paying €50.99 online by credit card. You can make the card to be sent to any Estonian Embassy outside Estonia so that you can pick it up at the nearest Embassy without flying to Estonia. About one month from the online application the card will be ready, when you will receive notification by email.

Continue reading “Becoming an e-Estonian”

UK版Windowsで日本語IMEを正しく使う

言うまでもなく、日本と米国とではPCのキーボードのキー配列が異なっています。しかし同じ英語圏であっても、米国と英国でもキーボードの配列は若干異なります。Shift+「2」はUKキーボードでは日本語キーボードと同じ「"」になります。「@」を表示させるにはShift+「'」(アポストロフィ)を打つ必要があります。そしてその「'」(アポストロフィ)は上から3段目、Enterの左隣の左隣にあります(ちなみにEnterの左隣は「#」です)。英国内でPCを買うと、必然的にこのUK配列のキーボードがついてくることになります。

Continue reading “UK版Windowsで日本語IMEを正しく使う”

大泉ブラジリアンタウン

群馬県大泉町。
大規模な工場が誘致され、そこに日系ブラジル人を中心に出稼ぎ労働者を受け入れたため、人口4万1千人のうち6千人弱が外国人という町で、そこには、大規模なブラジル人街ができています。
The Brazilian Plaza Street in Brazilian town Sign in Portuguese Portuguese on the pole Portuguese on the pole
通りや看板の、いたるところにポルトガル語が。
レストランやフードコートでは、ブラジル料理を出し、スーパーには、ブラジル人用の日用品が売られています。
ほかにも、八百屋さん、薬局、ファッションストア、コンピュータショップ、電器店、タトゥーショップ、旅行代理店、コミュニティーセンターから、教会に至るまで、そこで暮らすブラジル人たちがそこで用が足せるように、ポルトガル語ベースになっています。
さらに、フリーペーパーや雑誌なども、コミュニティーセンターなどに行けば、手に入るようになっていて、飛行機に乗らなくても、パスポートのいらない海外旅行をした気分になれます。
Pamphlets for Brazilians Food at the Brazilian Plaza

注目すべきなのは、これらの店でも、ブラジル人が働いているということ。工場だけでなく、工場で働くブラジル人にサービスをする職にもまた、ブラジル人が就けるようになっていて、ここでは、すべてがブラジル人で回っているようです。
今後、好むと好まざるにかかわらず、日本は近い将来、海外から移民を受け入れることが避けられなくなるでしょう。この町は、多文化が混じり合った一つの例であり、移民とどう共存していくかのヒントを、私たちに教えてくれているのかもしれません。
Supermarket for Brazilians Grocery store

桜の季節のお祭りたち

今年の桜の季節はいろんな場所を歩いてきました。
Cherry blossoms Cherry blossoms Cherry blossoms at Asukayama Cherry blossoms at Asukayama Park Cherry blossoms at Asukayama Park Cherry blossoms at Asukayama Park
これは桜の名所・飛鳥山公園周辺の桜です。
Spring festival at Kamiseya
上瀬谷米軍基地の桜祭りです。
それから…
Men in female dresses and colourful hair around the Elizabeth Girls mounting on a wooden penile cannon A lady holding wooden penis in her arms The penisman
ここでも書いた、世界中から人が集まってくるグローバルなお祭り、かなまら祭りです。Flickrにもセットを作っています。

家の電話にAsterisk

うちの家のNASをつぶしてAsterisk1.8を入れてIP電話システムを導入してみました。
IP電話機とiPhone5に入れたソフトフォンクライアントとの間の内線通話、ボイスメールはすぐにうまくいったものの、ひかり電話経由の外線発着信の設定に苦戦。それでもなんとか無事につながり、やっとIP電話でどこにでもかけれるようになりました。。。

iPhone5買いました

iPhone5をゲットしました。XPERIAも悪くはなかったんですが、iPhoneのが使いやすいのと、世界中でアクセサリーが充実しているので。
近所のドコモショップに行ってnano SIMカードを発行してもらおうとしたものの、入荷待ちとのこと。他のドコモショップに言っても在庫なし。これがないとアクティベーションができないので、さしものiPhone5も単なる板。。。。
都内のドコモショップはほぼ全滅でしたが、栃木市のドコモショップがnano SIMカードの扱いがあるとのこと。栃木までクルマを駆って行くと、すごい待ち時間。1時間半かかると言われましたが、実際には30分ほどで自分の番が来ました。なんとか入手し、iPhone5に入れて、無事にアクティベーションできました。
2013-02-03 17.48.27.jpg

自炊

自炊セットをゲットしました。
本棚の大量の本たちをクラウドに送る作業中。
2013-01-12 10.16.24.jpg

香港行ってきます

Gate 14
今日から6日日曜日まで香港に行ってきます。香港は6年ぶりです。
やりたいこと:旺角でiPad2と、もしできればiPhone4Sをゲットすること。HSBCの口座の住所変更とパスポート番号の変更の届けを出してくること。あとは、赤柱とか香港仔とか南丫島あたりを観光ですかね。

Continue reading “香港行ってきます”

iPhone4ゲットしました!

iPhone4_bmobile.jpg
ちょっと遅い気もしないでもないですが……。
電話番号を人に教えているメインの音声回線としてNokia N82にソフトバンクのSIMを入れて使ってたんですが、ソフトバンクはなにぶんエリアが狭くて、地下やビルの奥などでは電波が届かないことがままありました。それに、(日本特有の事情として)異キャリアにSMSが送れないというのがあり、周りにドコモユーザーが多い中、ソフトバンクだと不便を感じることがあったので、ドコモに変えたいという思いがありました。ドコモは11月にサムソンのGalaxySをリリースしたのでぜひ欲しかったんですが、なにぶん品薄で手に入らず……あきらめることにしました。
ちょうどそのころ、日本通信がb−mobileのマイクロSIMカードと香港版SIMロックフリーiPhone4をセットで分割で売り出すプランを始めたというのを知り、これは渡りに船だとばかり、これでiPhone4をゲットしちゃおうと思った次第です。b−mobileならドコモのMVNOなのでドコモ携帯にSMSが送れますから。
てことで、「b−micro talkingSIM」というb−mobileのマイクロSIMカードとiPhone4を買っちゃいました。買う前にMNPでソフトバンクを解約し、こっちに電話番号を移し替えました。
bmobile.jpg
b−mobileのSIMカードは完全にドコモのそれでした。ただb−mobile独自のAPN、ユーザー名、パスワードを手動で入れることになっており、さらにドコモが提供していないテザリング用の設定項目までついてました。
マイクロSIMカードを切り取り、iPhone4のトレーに乗せて本体に挿入し、iTunesの動いているMacBookProとつないで電源を入れると……
iPhone4_activated.jpg
数分して無事にアクティベートされました。アプリもiTunesからダウンロードできましたし、連絡先やメールアカウントなどのデータもちゃんとシンクされています。もちろんドコモ携帯へのSMS送受信もバッチリです。
Q-SIM.jpg
おまけ:Q−SIM Dual SIM Card。マイクロSIMカードと普通のSIMカードを1本の薄いケーブルでつなぎ、2つのSIMカードを1台のiPhone4で使えるスグレモノです。ケーブルの一端をマイクロSIMカードとトレイではさみ、それを本体に差し込み、他方の端に別のSIMカードを入れて本体の背中側へ折り曲げ本体をケースに入れると、別々のキャリアの携帯番号が1台で使えるようになります。SIMカードの自動切り換えも可能です。