笑福亭里光師匠のこと

落語家の笑福亭里光師匠は中学時代の同級生です。同じクラスのときはけっこう仲良くしていて、同じ部活に入って、同じ日にその部活を一緒に辞めに行った間柄でした。中学時代から落語をやるのが趣味で、学校のイベントなどで高座を設けてもらって一席やったりすることがあって、それがただの趣味の域を超えてけっこう上手かったんですね。

高校以後は別々の進路に進んで、それ以来ほとんど会うこともなかったわけですが、2012年のある日、旅行先のホテルのTVでなんとなく「笑点」を見ていると、たまたま真打披露口上をやってたんです。そのときふと彼のことを思い出し、

(――そういえば落語が趣味やったあいつ、今頃どうしてんのかな。まだ落語続けてんのかな…。ひょっとしたらある日突然こういう場にひょこっと出てきたりして)

とか考えていると、なんと

その日の披露口上の席に彼が出てきたんです!

腰抜かしました。

そのあとネットでいろいろ調べてみたところ、1998年に笑福亭鶴光一門に入門。上方落語ではあるものの、おもに東京を基点に活動する噺家さんで、2002年7月に二ツ目に昇進、そして2012年5月に真打に昇進とのこと。中学時代からあだ名は「師匠」といわれてましたが、真打に上がることで名実ともに「師匠」になったわけです。

ツイッターのアカウントを持っていたようなのでダイレクトメッセージを送ってみたところ、向こうも私のことを覚えていてくれたみたいで、すぐ返信をくれ、それから再び交流がはじまりました。しばらくして、一緒に飲みにいくことになり、25年以上ぶりに会った彼は、中学時代とほとんど変わってなかったです。

それ以来、里光師匠の落語会があるとちょくちょく顔を出したり、二人で飲みに行ったりするようになりました。落語のことはあんまりよくわからないので彼の技倆がどんなものか評価のしようがないのですが、まあそんなことを気にせず近況報告しあえる関係というのがいいもんです。実は昨日の晩も一緒に飲みに行ってました。ちょっと飲みすぎて二日酔いきついですが…。

「同窓会に出ると、周りの同期が一流企業や保険会社で年収1000万やら1500万もらう中で、生活していくのがやっとの自分が情けなくなる」とこぼしていた里光師匠でしたが、自分の好きなことで、自分の力で一本立ちすることのほうがよっぽど素晴らしいと思います。売れれば「有名人」ですしね。有名人と友達になっておけば、それをきっかけにセレブの世界をのぞけたり、いろんな人とつながれたり、もしかしたら人生が変わるようなことがあるかもしれないので、こういうつながりはぜひ大事にしておきたいと思っています。

Shofukutei Riko

Shofukutei Riko (笑福亭里光) is a professional rakugo artist who speaks Kansai-dialect rakugo stories. Rakugo is, as written in Wikipedia, a form of Japanese verbal entertainment where the lone storyteller sits on stage and depicts a long and complicated comical (or sometimes sentimental) story using only a paper fan and a small cloth as props.

He was one of my classmates when we were junior high school students. Besides, he was one of my best friends. In junior high I talked him a lot, played with him a lot, belonged the same club as he did, and resigned from the club together with him on the same day. He sometimes played rakugo on stage in school events. His performance was rising above the level of amateur, so he was called shisho, a title which is used to a professional rakugo storytellers.

After we graduated from junior high, we went to different high school. We didn’t see each other for ages.

One day in 2012 I was staying in a hotel room watching an entertainment program on TV, where several rakugo artists who had just promoted to the shin’uchi rank were on stage and they were giving speeches in turn to show their thankful feelings for the promotion. The program reminded me of the wanted-to-be-a-rakugo-storyteller classmate. I wondered if he still kept up his hobby. Watching TV, I thought he might appear on such an entertainment program someday. To my surprise, he really did it in the very program that day.

According to the information online, after graduating from university he became one of the disciples of Shofukutei Tsuruko (笑福亭鶴光), one of well-known rakugo artists, to start his rakugo career in 1998. He promoted to the futatsume rank in July 2002 and became a shin’uchi in May 2012.

I tried to contact to him. Since he had a Twitter account, I sent a direct message to him. He replied to me soon. We talked a bit on Twitter for a while. Several months later we met face-to-face for the first time in more than 25 years. He had not changed at all since we saw in the junior high.

Now I sometimes go to his stage to listen to his story, and see him offstage. Last night I saw him in Shinjuku and went for a drink with him at an izakaya in the westgate area of Shinjuku. He was fine. We talked a lot. I drank too much and I have hangover this morning, though.

I think that being friends with public figures might help me have a chance to see the celebrity world, and maybe it would even change my life.

英語で文章を書く

英語の文章の書き方にはある決まった型、お作法があります。文章といっても小説や脚本から、新聞・雑誌記事、スピーチ原稿にいたるまでいろいろありますが、ここでは一番書く可能性の高そうな、エッセイについて紹介します。

エッセイといっても日本語の“随筆”ではなく、英語のエッセイとは“小論文”に近いものです。エッセイには説明型エッセイ(expository essay)、大学などの入試に申し込むためのアプリケーションエッセイ(application essay)、研究レポート(research report)などがありますが、一番一般的なのが説明型エッセイだと思います。

説明型エッセイには、記述型(descriptive)、説得型(persuasive)、語り型(narrative)、分析型(analytic)があります。記述型エッセイとは、人や、場所、物事、感じ、状態について、読者の視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚に訴えかけて説明するものです。旅行雑誌、科学雑誌、芸術、建築、音楽、ダンス、その他の題材の雑誌記事の形式をとるものがあります。記述型エッセイの例は、ピーター・マシーセンやルイス・トーマスの全集などに多くあるようです。

説得型エッセイは、自分の意見を読者と共有しようとするために書くものです。どの点を訴え、その点をいかに補強するかを考えて、強い議論が可能になるように、自分の意見は、事実、事例、引用で補強します。新聞や雑誌の社説は、説得型エッセイの一種になることがしばしばです。説得型エッセイの例としては、ウィリアム・F・バックリーやアンナ・クインドレンの全集などがあります。

語り型エッセイは、真実の物語を語るときに書きます。単に起こった出来事に関することを書いたり、出来事の解釈やその意味を語ったりします。歴史や自分史、略歴は、語り型エッセイの形式で書かれることが多いです。個人的な語りや独白も、語り型エッセイになることが多いです。エルマ・ボンベック、ジョアン・ディディオン、ノーマン・メイラーの語り型エッセイが有名なようです。

分析型エッセイは、ある主題を分析、つまり批判的に見つめ、それがどのように作用するかを見るもので、書くのが最も難しいタイプのエッセイかもしれません。

Continue reading “英語で文章を書く”

近江友里恵さんのこと

NHKのアナウンサーの近江友里恵さんのファンです。といっても今年のお正月に実家に帰省していたときにたまたま「ブラタモリ」をTVで見て初めて知ったんですが。「ブラタモリ」自体、桑子真帆アナウンサーがアシスタントをしていた時代に一度見たきりで、それまでほとんど見たことなかったのですが、このときは、昼に「伊勢」「横浜」の回の再放送をやっていて、さらに夜には「鶴瓶の家族に乾杯」とのコラボレーションスペシャルで成田山に行っていた回の放送があって、そこに出ていたアシスタントの近江アナウンサーがなんかいい味を出していて、注目するようになりました。

グーグル先生やウィキペディアによると、近江友里恵さんは2012年にNHKに入局して、朝のニュース番組「おはよう日本」の「まちかど情報室」のコーナーなどに出ているアナウンサーとのこと。私は、朝は十数年来、テレビ東京の「モーニングサテライト」を見ていたので、「まちかど情報室」はたまにしか見ることがなかったのですが、そこで衣装をうしろ前に着て出演する(※)というちょっとドジっ娘ぶりも披露してしまうキャラのようです。「ブラタモリ」でも、ときどき温度計を読み間違えたり、ハブ取り棒でつかまえたハブを入れた箱を素手で閉めようとしてしまうというポンコツっぷりを見せてくれる天然キャラとして人気を博している模様。「私、優柔不断なんで、すぐ迷っちゃう」と公言し、「優柔不断が治りますように」と成田山にお祈りするゆとりキャラで、なんか「守ってあげたい」感を強く感じさせるオーラがただよっているように感じたわけです。なんか、職場の後輩とかにいたらいろいろ教えてあげたくなるような。キラキラしたいわゆる“女子アナ”らしからぬ、おっとりとした雰囲気で、着ているものもけっして派手ではなく流行を追い過ぎず、むしろ中学生のようなちょっとあか抜けない感じさえして、それでいて育ちのよさを感じさせる、すれていないしゃべり方。ひとことでいうと“可愛すぎる”ということでしょうか。

スポーツはあまり得意ではなく、動物もどちらかというと苦手で、けっしてアドリブをきかせて要領よく立ちまわるタイプではないものの、地頭はよく真面目に、堅実に何ごともきっちり取り組む感じ。それでいてちょっと天然というキャラは、なんだか私自身をみているようで、それで親近感をおぼえたのかもしれません。

近江さんはその後、4月からは隔週で「おはよう日本」のキャスターを担当することになり、朝5時から出るようになったので、近江さんの出る週は朝5時起きで「おはよう日本」を見て(出ない週はこれまでどおり「モーサテ」を見てますが)、土曜の夜7時半からは「ブラタモリ」を見るという生活になったんですが、このたびNHK文化センターの企画で、9月30日に名古屋で近江さんのトークライブがあるということを聞きおよび、さっそく申し込んで名古屋まで聴きに行ってきました。

※2016年6月20日の「まちかど情報室」で、衣装の「Backリボンギンガムブラウス」をうしろ前に着て出演してしまい、視聴者から指摘を受けて、NHKの広報とニュースとアナウンス室の偉い人たちが会議の結果、「本人が間違って着てしまいました。これからは正しい方向に着るようにします」という公式文書を出すにいたった事件。

Continue reading “近江友里恵さんのこと”

オクラホマ!

今年も國學院栃木高校の文化祭の時期がやってきました。恒例のミュージカル部公演を見るべく、今回はレンタカーを借りて朝から栃木まで行ってきました。今年の演目は「オクラホマ!」。

高校生の部活ですが、内容はプロ顔負けの高レベルです。主役2人を含めみなさん好演していましたが、特にJudを演じた人の演技は際立っていたと個人的に感じました。それから、Gertieの怪演も見事でした。
指導する三枝美江子先生に会いに行ってきました。今年もお元気でした。今年は少しお若く見えたような気がします。毎年見に行ってる常連だということで配慮してくれたのか、今年は入口に立っていると、特別に他のお客様に先んじて最前列の席をご案内いただきました。おかげさまで維持員席でかぶりつきで堪能することができました 🙂 ちょうど理事長先生もお見えだったようでその専用席も用意されていたんですが、理事長席は2列目だったので、理事長先生よりも前の席でちょっと恐縮だったんですけどね。
ちなみに他の展示はというと、英語部が3年ぶりに復活してました。部員が確保できたんですね。その代わりというわけではないですが、恒例だったアイオワホームステイの展示が今年はなかったようです。他にも電車の実験とか面白そうなものはいくつかあったんですが、レンタカーの時間もあったのでお昼過ぎには失礼しちゃいました。。。

【2017年10月22日追記】

動画でウエディングドレスを着て歌っている女性は関谷ひかりさん。今の宝塚宙組 天瀬はつひさんです。

Oklahoma!

This year I saw Oklahoma! at Kokugakuin Tochigi University High School. Every year I go to the cultural festival of this high school to see a play performed by the Musical Club. This club consists of tenth and twelfth graders of this high school, playing musical on an after-school basis. They have regular performances several times a year, and the biggest one is a show in the cultural festival in early September. Mieko Saigusa, one of this club’s instructors in charge of choreography, is the lady I know well and look forward to seeing once a year. That’s why I go to this high school even though I didn’t graduate from it and, to be sure, I’m nothing to do with it.
The city of Tochigi is about 50 miles to the north from central Tokyo. Car is the most convenient option to go there, but I went there by train for the last two years as I didn’t have my own car since I sold it two years ago. Nevertheless, this time I rented a car to get there faster and more comfortably.
Ms. Saigusa was fine, worked energetically, and looked a bit younger than last year. To my happiness, when I came this morning in front of the entrance door of the musical venue, she led only me to the front row of the spectator’s seats inside the theater where the show was performed, while other guests were still waiting in front of the door 🙂

Oklahoma! Finale from Masayuki (Yuki) Kawagishi on Vimeo.

The musical was perfect. All the cast members played almost as skillfully as professional musical players. I enjoyed it very much.
The synopsis of Oklahoma! is shown here.

ねりたんアニメプロジェクト

Neritan_Anime_Project.jpg私の住んでいる練馬区はアニメの発祥の地とのことで、日本初のアニメ映画が1958年に出て以来ずっと、有名な東映アニメーションをはじめ、90社以上のアニメ関連会社が集積した場所だそうです。ドラゴンボール、ワンピース、ニンジャタートルズ、セーラームーンなどはここで制作されています。

練馬区主催で、「ねりたんアニメプロジェクト in 大泉」というのが今日、大泉在住の漫画家・松本零士氏を招いて西武線の大泉学園の駅近くで行われています。松本零士氏は「銀河鉄道999」で有名な漫画家で、「銀河鉄道999」は80年代の子供ならこの漫画を知らない人はいないというぐらい有名な作品です。若い人たちのために説明すると、「銀河鉄道999」は高度技術文明が栄え、「機械の身体」を持った人々が人間性を失っていっている未来の宇宙を舞台にした作品で、星野鉄郎という少年が不滅の機械の身体を手に入れることで永遠の命を求めていますが、機械の身体は高価で、ただ惑星アンドロメダに行けばそれをタダで手に入れられるといわれています。惑星アンドロメダは銀河鉄道999の終着駅であり、そのため鉄郎は銀河鉄道に乗りたいと思っています。鉄郎は、亡き母の面影を残した美しい女性メーテルと出会います。メーテルは、鉄郎にもし自分と一緒に来てくれるなら999のパスをあげると言い、鉄郎は同意して、999での旅が始まります。999では、鉄郎とメーテルの旅にかかわる厳格で不思議な車掌さんを交え、物語が展開していきます。

「銀河鉄道999」の初出は1978年で、今年がちょうど30周年にあたります。

式典では松本氏が西武鉄道から大泉学園の一日駅長に任命され、「銀河鉄道999」の「車掌さん」が名誉駅長に任命されました。

Leiji Matsumoto making a speech

任命式のあと松本氏がスピーチをし、自分が大泉に住む事になったのは運命だと語りました。福岡から上京時、ほんとに「たまたま」この地に住み始めたそうですが、ある日近くを散歩していると、牧野庭園(植物学者・牧野富太郎の邸宅跡)を見つけ、ちょうどそのとき処女作である昆虫をテーマにした漫画を描いていたところで、同じ生物を取り扱うということで、牧野富太郎が自分をここに呼んでくれたんじゃないかと感じたということです。

運命ということなら、私も「たまたま」銀河鉄道999の原作をほんの2週間ほど前から「エマ」といっしょに読み始めていたところなのでした。読み始めた頃はこんなイベントをやることなどつゆ知らず。きっと銀河鉄道999を読んだのも、このイベントに出たのも、運命といえるかもしれません。

アニメは今やヲタのマニアックな趣味にとどまらず、今日の日本の重要な産業の一つとなっています。日本経済が長らく停滞し、日本のテクノロジーも稼げなくなってきている今、アニメが将来の日本人にとっての大きな救世主となるのかもしれません。

関連する写真をFlickrにアップロードしました。

Anime festival

Neritan_Anime_Project.jpgThe town of Nerima, Tokyo, where I live for seven years, is home to Japanese animation, or anime. Nerima has had one of the biggest anime studios, Toei Animation Company, as well as more than 90 intensive anime-related companies since Japan’s first anime film was aired in 1958. World’s famous animes such as Dragon Ball series, One Piece, Teenage Mutant Ninja Turtles, and Sailor Moon series, has been created in this place.

The Nerima Ward government hosted today an anime festival, Neritan Anime Project in Oizumi, around Oizumi Gakuen station of Seibu Railway, to which Toei Animation Company is close. Leiji Matsumoto, one of Japan’s famous manga-anime artists and a resident of the Oizumi neighborhood, was invited to the festival. One of his works, the Galaxy Express 999, was a great anime series popular among many Japanese kids in 1980s. For those of you who don’t know this manga, the story of it is set in a space-faring, high-tech future, where mechanized people with “machine bodies” are pushing humanity towards irrelevance and extinction. A street urchin, Tetsuro, wants an indestructible machine body, giving him the ability to live forever. While machine bodies are expensive, they are supposedly given away for free on the planet Andromeda, the end of the line for the space train Galaxy Express 999. He meets up with a beautiful woman, Maetel, who is the spitting image of his dead mother. Maetel offers him passage on 999 if he will be her traveling companion. Tetsuro agrees. Another notable character is the strict, mysterious alien conductor, that sometimes gets involved in Tetsuro and Maetel’s adventures. (See Wikipedia) The Galaxy Express 999 was first published in 1978, so this year is the 30th anniversary.

Today Matsumoto was appointed a “one-day station master” of Oizumi Gakuen station. He settled near the station when he was 25 years old, and created the wonderful manga and anime works in Oizumi. The ward government and the Seibu Railway company granted such a honorary position on him for his long-year contribution to this neighborhood.

Leiji Matsumoto making a speech

He said through his speech, that his habitation in the Oizumi neighborhood was destiny. When he came to Tokyo from his birthplace, Fukuoka, he just “happened to” start living there. One day when he walked around his house he found a former resident of Tomitaro Makino, a Japan’s well-known botanist. At that time he began his manga artist career through his first work focusing on entomology. Matsumoto felt as if he had been lead to live near Makino, as a person working with wildlife.

When it comes to destiny, I happened to begin reading his Galaxy Express 999 comic books just two weeks ago as well as Emma, when I did not know about this festival. I think that perhaps it is also destiny that I read this comic these days and come to the festival today.

Anime is now not only a maniac hobby by otakus, geeks or nerds, but is one of Japan’s important industries today. As Japan’s economy has been in recession for many decades and its technology is becoming less cost-effective, anime industry may be a great messiah for the future Japanese people.

Some of the pictures are uploaded on Flickr.

メイドにはまる

浅見光彦の家のメイドさんは須美ちゃんという人なんですが、ドラマではいまいちパッとしません。須美ちゃんに「名探偵ポワロとマープル」に出てくるメイベルのようなメイド服を着せて、いっそのこと浅見家全員イギリス風にしてみたらどうなるかな~なんて妄想し、コインランドリーの待ち時間に近くの本屋さんに立ち寄ってぶらついていると、たまたま見つけました。

Emma.jpg
森薫「エマ」

表紙を見ると、なんとなくイギリスのメイドのお話のように見えたので、ためしに1巻を1冊買って読んでみました。

はまってしまいました……。エマみたいな女性、現実にいたら世の男性はほっとかないだろうな~という感じ。二次元に萌える人の気持ちが少しはわかってきたような気がします。一週間で4巻まで一気に買って読んでしまいました(3巻以降はブッ○オフですが)。

いわゆる「アキバ系」の萌え系メイドではなく、ちゃんとしたヴィクトリア朝時代にいたメイドのお話で、森薫や村上リコのマニアック綿密な時代・風俗考証のおかげで、きちんとした中身に仕上がっています。私は先週たまたま見かけて知ったのですが、初出は2002年とのことで、けっこう前から出ているようで、少なくとも昨今の「メイドブーム」よりは前からのようです。かなり評価は高いようで、何ヶ国語にも翻訳され、アニメにもなって、youtubeにも断片がいろいろ投稿されています。

私はアメリカ好きなんですが、イギリスもいいかも、と思ってきました。ロンドンとか、ヨークシャーあたりに「エマ」をたどって旅行してみるのもいいかな~なんて思っていたら、もう既に行った人がいるようです。まあイギリスは物価も高そうだし行く金もないのでブリティッシュヒルズで我慢しようと思います(汗)。

Emma

Emma.jpgThese days I’m stuck with reading Emma, which isn’t Jane Austin’s novel but a comic by Japanese manga artist, Kaoru Mori. It’s a love story of a gentleman of the gentry class and a maid servant of a lower birth in England in the Victorian era.

Emma, born in a poor seaside Yorkshire village and working at a house of a retired governess in London as a maid, is a girl who is a little bit shy and reserved but clever and hard-working. One day she met William Jones, the eldest son of the “House of Jones”, a very wealthy merchant middle class family that is attempting to rise into the gentry, and then they fall in love with each other. The two meet many obstacles in their love because the marriage of persons of different classes was not allowed in England of that era, but they try to overcome it.

This manga is not just a story for “maid-moé” readers in Akihabara. It’s a love story of the people of the Victorian age, under detailed historical investigation by Kaoru Mori and Rico Murakami, who is a historical consultant of 19th century’s England. Emma’s calm and peaceful personality attracts many Japan and other countries’ men and women, not only manga-otakus. Since this comic was first released in Japan in 2002, it has been translated into English, Spanish, Chinese, Korean, German and many more languages. It was adapted into a TV anime series as well, and aired worldwide.

Though I’m United States fetish, after reading this comic I changed my mind to adore UK and British culture as well. I want to go to London and Yorkshire some day but I unlikely can do it because I have no money to fly there :-<