英語で参考文献を書く

本でも論文でもブログでも、なにかを書くときに、他人のアイデアや言葉を使うときは、その出典を文献管理(documentation)しなければなりません。それをしないで、他人の考えを盗んで自分のもののようにみせかけることは、盗作(plagiarism)とよばれ、ばれると非常に重い社会的制裁を受けてしまう重大な反則事項です。

ここでは英語で文章を書いたときの参考文献の参照のしかたを紹介します。

Continue reading “英語で参考文献を書く”

英語で題名を表記する

英語を書くときに、題名を表記するときのルールです。

次のようなものの題名は、イタリックにします。手書きの場合は、アンダーライン(下線)を引きます。

  • 本(例:A Tale of Two Cities「二都物語」)
  • パンフレット
  • コレクション
  • 定期刊行物(例:The PostNewsweek
  • 新聞(例:The New York TimesThe Yomiuri ShimbunThe Wall Street Journal
  • 長編詩(例:Odyssey「オデュッセイア」)
  • 演劇(例:La Traviata「椿姫」)
  • 映画(例:Bonnie and Clyde「俺たちに明日はない」、Seven Samurai「七人の侍」)
  • ミュージカル作品(例:Mamma MiaHalf A Sixpence
  • 絵画や彫刻(例:The Jewish Bride「ユダヤの花嫁」、The Thinker「考える人」)
  • テレビ番組(例:Miami Vice「マイアミ・バイス」、Bura Tamori「ブラタモリ」)

題名が冠詞(a、an、the)ではじまるようなとき、それをつけると文の構文に合わなくなるような場合には、その冠詞を取ることができます。たとえば

Dickens' A Tale of Two Cities was his favorite novel.
→ Dickens' Tale of Two Cities was his favorite novel.
(ディケンズの「二都物語」は彼の好きな小説だ。)

のような場合、上のほうの文はDickens' A Taleとなってしまい、文法的におかしくなってしまうので、そんなときにはAを取り除いて下のほうの文のようにあらわします。

文中に、冠詞ではじまる定期刊行物の題名がくる場合には、その冠詞はイタリックにしたり下線を引いたりはしません(ただしその冠詞が文頭にくる場合は除きます)。たとえば

The headlines of the Post are legendary.
(「The Post」のヘッドラインは伝説になるほど有名だ。)

の「the Post」の前の「the」はイタリックになりません。

次のようなものの題名は、ダブルクォーテーション(引用符)でくくります。

  • (新聞や雑誌の)記事
  • エッセイ
  • 短編小説
  • 短い詩
  • ミュージカルの一場
  • テレビ番組の一話

例:

I saw a movie made from the short story "Ballad of the Sad Cafe".
私は短編小説「Ballad of the Sad Cafe」をもとにした映画を見た。

I love "the Trouble with Tribbles" episode of Star Trek.
私は「スタートレック」の「the Trouble with Tribbles」の回が好きだ。

参考文献:The Princeton Language Institute. 21st Century Guide To Improving Your Writing. New York: Dell Publishing, 1995.

香港へ

先日、香港へ行ってきました。郵便貯金の定額貯金が満期を迎えたので、一部をハンドキャリーして13年前に開設したHSBCの口座に入金するのと、現地で金製品を買うためです(日本で買うより安いのです)。この先日本がどうなるかわからない中、国際的に資産を分散しておくのが理にかなっているかと。

 

今回の香港訪問で特筆すべきこと2つ。1つは、鹿児島というところは実は日本の重要なゲートウェイだということ。東京視点では鹿児島なんて日本の南のはるか果てのように見えますが、外国人からみると実はそうではなく、金のネックレスを買うために訪れた周生生の中環店の女性店員が話していたんですが、彼女は日本に旅行したことがあり、そのとき鹿児島から入国して大阪→京都→東京とまわり東京から出国したとのこと。これは中国や香港からの旅行者のゴールデン・ルートなんだとか。これらの事実が示唆するのは、鹿児島や長崎、福岡といった都市は、東京を見てるのではなくアジアを見るのがこの先生きのこる道なのではないかと。

もう1つは、私の英会話力が格段に落ちたということ。さきの周生生の店員さんとの会話でも、それ以外の香港人との会話でも、私の受け答えは"Yeah," "No," "Thank you," "Oh really?"とかばかり。数年前に比べて英語のレスポンススピードが明らかに遅くなっているのがありありとわかりました。職場では全く英語とは無縁の仕事になってしまったので、せめて家の中は環境を英語化しておかないとどんどんさびついていきそうです。

グローバル化の終わり

私が就職したのは、90年代終わりごろの「失われた10年」と言われた不況の時代の日本で、会社からよく「グローバルマインドを持て」と言われたものでした。

2000年までには、「グローバル」や「グローバル化」という言葉が、次なる新たなミレニアムを生き抜くためのキーワード(ときにはバズワード)として、ドットコムバブルとともにやってきました。当時は、TOEICのスコアを上げさせられたり、MECEだのSWOT分析だのロジカルシンキングの手法をマスターさせられたり、とにかく日本的な古いワークスタイルを廃して、グローバルな(といってもほとんどアメリカのですが)考え方に慣れるようにハッパをかけられたものです。

ところが2006年にライブドアショックがあり、IT長者たちが凋落していくのを目のあたりにすると、人は、アメリカ式のやり方ではうまくいかないと気づき、また日本を見直し始め、日本の良いものを再評価するようになりました。会社でも「日本品質」とか言い始めて、グローバルサービスよりもドメスティックなほうに目を向け始めたころでした。

2010年代になると、今までの内向き志向がまたぞろグローバルに向かい始め、日本企業がまた海外進出するようになりました。今度はアメリカだけじゃなく、インドや中国、ロシア、ブラジル、東南アジアやアフリカなどの第三世界に出て行って、会社のサービスもそういう企業のニーズや要望に沿うようなグローバルサービスが増えていきました。

また2010年代は移動の時代でもあり、LCCの台頭によって低価格で海外に行けるようになりました。外国と行き来する人を見ることはどこでも日常的になりました。

こうして見ると、グローバルとローカル、人々の志向は5~6年ごとに行ったり来たりしているように見えます。その伝でいくと、そういうグローバルな世界というのはもうそろそろ終わりそうに思います。今週、英国の国民投票でEU離脱を決めたのは、その最も象徴的なものではないでしょうか。ほかにもフランスやイタリア、スペインなど、移民の流入やそれに伴うヨーロッパ内のテロに悩まされている国で同様の動きがあると聞きます。

同様に、アメリカでも、ドナルド・トランプ氏が、国境に壁を造り、メキシコ人やイスラム教徒をシャットアウトしろと言って、保守的で比較的貧困層のアメリカ民衆から熱狂的な支持を受けています。対抗馬のヒラリー・クリントン氏でさえ、TPPには反対するなど、保護主義的な主張をしています。日本でも、旗を持った過激な愛国主義者たちが通りに繰り出し、隣国人は出て行けと言ってヘイトスピーチをするようになりました。

思うに、今は時代のターニング・ポイントで、これから「グローバルな世界」はなくなっていくでしょう。民衆は自分の国のことだけを考えるようになり、そこここで紛争や、場合によっては武力衝突が起こるかもしれません。これから5~6年、少なくともトランプ氏かヒラリー氏の大統領の任期の間はそうなると思います。できることは、そういう世界を傍観しながら、将来状況がどう変わっても対処できるように、選択肢をできるだけ多く持っておくことではないでしょうか。

回転木馬とロブスター(4)

前のエントリ

いよいよ日本に戻る日になりました。もう少しいたかったんですが、チケット代の関係でこの日程で戻るのが一番安上がりだったので。

ポートランドから日本への直行便はないため、デトロイト、シアトルと2回乗り換え、シアトルから羽田まで直行便に乗ります。全行程、デルタ航空です。

Portland International Jetport

Continue reading “回転木馬とロブスター(4)”

回転木馬とロブスター(2)

前のエントリ

泊まったモーテルは、こういう場所。

La Quinta Inn & Suites

アメリカの地方都市によくありそうなモーテルですが、アメリカの文化を感じるのにはうってつけの環境かと。

朝食はこんな感じのビュッフェスタイル。これもモーテルにありがちなスタイル。

Breakfast at La Quinta Inn & Suites

ソーセージとかベーコンとか温かい食事は一切ついてなく、オートミールを温めるかワッフルを自分で焼くかしないと温かい食べ物にはありつけません。

さてミュージカル「回転木馬(Carousel)」は1956年にゴードン・マクレー、シャーリー・ジョーンズ主演で映画にもなっていて、その映画が撮影されたのがメイン州のブースベイハーバーという場所だそうです。ポートランドからブースベイハーバーまで約50キロ。車でないと行けない場所ですが、せっかくならレンタカーを借りてアメリカドライブもしてみようと思い、レンタカーを手配していたのでした。

レンタカーの窓口はポートランドの空港にあるので、モーテルから空港に向かいます。タクシーを呼んでもよかったのですが、空港まで1キロぐらいしか離れてないので、アメリカの田舎町の雰囲気を感じるのと健康も兼ねて(?)歩いてみることにしました。

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(2)”

回転木馬とロブスター(1)

今年の9月の國學院栃木高校の文化祭。いつも観に行くミュージカル部の今年の公演は「回転木馬」。じつに10年ぶりです。

Carousel

Cast list

「回転木馬」(Carousel)のあらすじは10年前のブログ記事の内容にも書いてありますが、この作品の舞台となっているのはアメリカのニューイングランド地方・メイン州。ロブスターが名産といわれている場所だそうで、一度行ってみたい気持ちが頭をもたげてきたので、実際にメイン州まで行ってみることにしました。

North Wing departures

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(1)”

イギリスの貴族

日立の中西CEOが大英帝国勲章を受章したというニュースがありました。この勲章を受けた人はいわゆる騎士(ナイト)と呼ばれるのですが、そもそもナイトとか貴族とかってなんだろうということで、イギリスの貴族といわれる人たちの定義や、貴族の呼び方のルールなどについてまとめてみました。

Continue reading “イギリスの貴族”