2013年明けましておめでとうございます

2013年(平成25年、皇紀2673年)明けましておめでとうございます。
皇室の弥栄、国運の隆昌を祈念するとともに、国民皆が健やかに平穏に暮らせるよう切に願っています。
本年もよろしく御願い申し上げます。

祭りの秋

10月は食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋といろいろありますが、なんといっても祭りの時期だと思います。近所にある木場公園では毎週いろんなイベントがありましたが、なかでも一番大きいのが10月16日〜17日の江東区民まつりでした。
Parade
Performance by Vivace
江東区民まつりを見るのも3回目なので特に目新しいものはありませんでしたが、屋台でインド料理を食べ、ALSOKの女子儀仗隊「Vivace」の演奏を楽しんできました。
ところで同じ日に、広尾の聖心女子大学で「聖心祭」という学園祭がありました。ここの大学は旧久邇宮家の邸宅の跡地に建てられていて、香淳皇后が昭和天皇とのご成婚までの間、ここに住まわれていた場所にあります。女子大なので当然、普段は一般人はシャットアウトなんですが、聖心祭の期間中は一般人にも開放されています。ということで、久邇宮邸やクニハウスなどの歴史的建造物を見てみたかったので、聖心祭期間は絶好のチャンスというわけです。
ということで、江東区民まつりのあと、広尾に行ってきました。渋谷から日赤医療センター行きのバスに乗り、終点で降りると、すぐに大学の門が見えてきます。入口でIDチェックをすませ、中の小径を数分歩くと、「パレス」とよばれる久邇宮邸がありました。香淳皇后がご成婚までここに住まわれていた場所です。
The Palace
The Palace The Palace
パレス
The Kuni House
クニハウス。久邇宮邸の正面玄関跡です。ご成婚に際して、ここから宮城へご出立あらせられました。
The Marian Hall
マリアンホール、講堂です。上のラテン語がゴージャス感いっぱいです。
The Chapel
チャペル。ミサや礼拝など日常的に使われており、卒業生はここで結婚式をあげることもできます。
Interior of the Chapel
チャペル内部。学生の聖歌隊が練習してました。丸い天井で音が反響して神秘的に響くように工夫されてつくられているのに感心しました。
それ以外にも露天ステージやら模擬店やらその他もろもろお楽しみイベントがいっぱいでしたが、若くてまぶしい男女がいっぱいいて、オジサンとしてはいたたまれなくなったので早々に退散しました。。。

皇子さま誕生

秋篠宮妃紀子さまが今朝、男子をご出産とのことです。
皇子さまの誕生は父親の秋篠宮殿下以来、41年ぶりとのこと。皇位継承順位は皇太子殿下、秋篠宮殿下に続いて3番目だそうです。
さて、これで「女帝論」は下火になりそうな気配もしてきましたが、こういう皇位継承問題はだいたい臣下の人々の思惑や利害関係がからんで発生するものですから、近い将来、「愛子さま派」と「新皇子派」に分かれて紛争になったりするかもしれません。
それが2052年だったりした日には、まさしく「壬申の乱」の再来ですが(爆)。