回転木馬とロブスター(2)

前のエントリ

泊まったモーテルは、こういう場所。

La Quinta Inn & Suites

アメリカの地方都市によくありそうなモーテルですが、アメリカの文化を感じるのにはうってつけの環境かと。

朝食はこんな感じのビュッフェスタイル。これもモーテルにありがちなスタイル。

Breakfast at La Quinta Inn & Suites

ソーセージとかベーコンとか温かい食事は一切ついてなく、オートミールを温めるかワッフルを自分で焼くかしないと温かい食べ物にはありつけません。

さてミュージカル「回転木馬(Carousel)」は1956年にゴードン・マクレー、シャーリー・ジョーンズ主演で映画にもなっていて、その映画が撮影されたのがメイン州のブースベイハーバーという場所だそうです。ポートランドからブースベイハーバーまで約50キロ。車でないと行けない場所ですが、せっかくならレンタカーを借りてアメリカドライブもしてみようと思い、レンタカーを手配していたのでした。

レンタカーの窓口はポートランドの空港にあるので、モーテルから空港に向かいます。タクシーを呼んでもよかったのですが、空港まで1キロぐらいしか離れてないので、アメリカの田舎町の雰囲気を感じるのと健康も兼ねて(?)歩いてみることにしました。

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(2)”

二度目の英国訪問

2月に初めてイギリスに行ってみたのがすごくよかったので、9月にもう一度イギリスに行ってきました。今回は國學院栃木高校の文化祭で観たミュージカル「Half A Sixpence」の舞台になったケント州のフォークストンへ、ブライトン、タンブリッジウェルズ、ヘイスティングス、ライ、ニューロムニー経由で行ってきました。
Continue reading “二度目の英国訪問”

Half A Sixpence再演

三枝美江子先生がダンス指導されている國學院栃木高校の文化祭のミュージカル部公演「Half A Six Pence」を観に行ってきました。初めてここの文化祭公演を観たのがちょうど10年前、そのときも「Half A Six Pence」でした。

ここの舞台のイギリス・フォークストンに行ってみたい気分です。

ロンドン散歩

ハワース散策からの続きです)
3日目の朝、雨の降る中、B&Bをチェックアウトしました。
平日なので蒸気機関車はやっておらず、B&Bの奥さんがロードン・ロードにある最寄りのバス停まで連れて行ってくれ、そこでキースリー行きのバスを待つようにと言ってくれました。
バスを待っていると、年配のご婦人が話しかけてきて、どこまで行くのかと尋ねられたので、「ロンドンまでです」と答えると、もう1人のご婦人が話に加わり、バスがくるまでの間、3人でお話してました。
Continue reading “ロンドン散歩”

ハワース散策

English breakfast
本当のイギリスへの旅からの続きです)
ヒースフィールド・ベッド&ブレックファーストの朝食はまさにブリティッシュ・ブレックファーストで、目玉焼き、フライドポテト、マッシュルーム、トマトを半分にして焼いたやつ、ベーコン、ソーセージ2本、そしてシリアル、トースト、オレンジジュースに紅茶とすごいボリュームでした。イギリスの朝食時間帯はちょうど日本の夕食どきなので、一番食が進む時です。
朝食中にも宿のご夫婦はいろいろ話しかけてくれます。食事しながら英会話するのは少しハードですが、お話するのは楽しいものです。
Continue reading “ハワース散策”

祭りの秋

10月は食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋といろいろありますが、なんといっても祭りの時期だと思います。近所にある木場公園では毎週いろんなイベントがありましたが、なかでも一番大きいのが10月16日〜17日の江東区民まつりでした。
Parade
Performance by Vivace
江東区民まつりを見るのも3回目なので特に目新しいものはありませんでしたが、屋台でインド料理を食べ、ALSOKの女子儀仗隊「Vivace」の演奏を楽しんできました。
ところで同じ日に、広尾の聖心女子大学で「聖心祭」という学園祭がありました。ここの大学は旧久邇宮家の邸宅の跡地に建てられていて、香淳皇后が昭和天皇とのご成婚までの間、ここに住まわれていた場所にあります。女子大なので当然、普段は一般人はシャットアウトなんですが、聖心祭の期間中は一般人にも開放されています。ということで、久邇宮邸やクニハウスなどの歴史的建造物を見てみたかったので、聖心祭期間は絶好のチャンスというわけです。
ということで、江東区民まつりのあと、広尾に行ってきました。渋谷から日赤医療センター行きのバスに乗り、終点で降りると、すぐに大学の門が見えてきます。入口でIDチェックをすませ、中の小径を数分歩くと、「パレス」とよばれる久邇宮邸がありました。香淳皇后がご成婚までここに住まわれていた場所です。
The Palace
The Palace The Palace
パレス
The Kuni House
クニハウス。久邇宮邸の正面玄関跡です。ご成婚に際して、ここから宮城へご出立あらせられました。
The Marian Hall
マリアンホール、講堂です。上のラテン語がゴージャス感いっぱいです。
The Chapel
チャペル。ミサや礼拝など日常的に使われており、卒業生はここで結婚式をあげることもできます。
Interior of the Chapel
チャペル内部。学生の聖歌隊が練習してました。丸い天井で音が反響して神秘的に響くように工夫されてつくられているのに感心しました。
それ以外にも露天ステージやら模擬店やらその他もろもろお楽しみイベントがいっぱいでしたが、若くてまぶしい男女がいっぱいいて、オジサンとしてはいたたまれなくなったので早々に退散しました。。。

オクラホマ!

今年も國學院栃木高校の文化祭の時期がやってきました。恒例のミュージカル部公演を見るべく、今回はレンタカーを借りて朝から栃木まで行ってきました。今年の演目は「オクラホマ!」。

高校生の部活ですが、内容はプロ顔負けの高レベルです。主役2人を含めみなさん好演していましたが、特にJudを演じた人の演技は際立っていたと個人的に感じました。それから、Gertieの怪演も見事でした。
指導する三枝美江子先生に会いに行ってきました。今年もお元気でした。今年は少しお若く見えたような気がします。毎年見に行ってる常連だということで配慮してくれたのか、今年は入口に立っていると、特別に他のお客様に先んじて最前列の席をご案内いただきました。おかげさまで維持員席でかぶりつきで堪能することができました 🙂 ちょうど理事長先生もお見えだったようでその専用席も用意されていたんですが、理事長席は2列目だったので、理事長先生よりも前の席でちょっと恐縮だったんですけどね。
ちなみに他の展示はというと、英語部が3年ぶりに復活してました。部員が確保できたんですね。その代わりというわけではないですが、恒例だったアイオワホームステイの展示が今年はなかったようです。他にも電車の実験とか面白そうなものはいくつかあったんですが、レンタカーの時間もあったのでお昼過ぎには失礼しちゃいました。。。