Categories
Business and the Economy ビジネスと経済 Computer Science コンピュータサイエンス Eating and Cooking 食・料理 Health and Medicine 健康と医療 Japanese Culture 日本の文化 Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 Manufacturing 製造業 Marketing マーケティング Traveling 旅行

アフターコロナでどう変わる?

コロナが世界中に広まっていますね。ジョンズ・ホプキンス大学によると4月29日時点で3百10万人以上が感染して、20万人以上が亡くなっているそうです。ここ東京も例外ではありません。

そのせいで、世界中の人々が行動変容を迫られ、何ヶ月も外出禁止になったり、医療関係者、消防士、警察官、スーパーの店員、清掃作業員、配達人、公共交通機関に従事する人などのエッセンシャルワーカーは感染の恐怖に直面しながら外で働いているわけです。

かくいう私も、東京で約2ヶ月近くのステイホーム生活を送っています。日本の感染者数や死者数はアメリカなどに比べると低いですが、それでも毎日何百人もの新規感染者が確認され、何十人もの患者が亡くなっているわけで、感染爆発をひきおこすのを避けるため、アメリカや他の国と同様、不要不急の外出自粛と適切なソーシャル・ディスタンシングを維持することが求められています。最近では在宅勤務をしたり、テレビを見たり、電子書籍を読んだり、食事はドアまでデリバリーしてもらったり、それで食事したり、寝たりで一日過ごしている状況です。

このような不便がいつ終わるか誰にもわかりません。通常に戻るのに18ヶ月かかるという人もいれば、もうアウトブレイク前のようには戻らないという人もいます。東京はニューヨークの3週間遅れといわれていますから、このデファクト・ロックダウンを都が解除するのは早くてもニューヨークの3週間後なのかもしれません。ちなみにビジネスを再開している国はまだどこもありません。

私は食べ物を買いに行くかコインランドリーで洗濯する以外には一日ずっと家にいますので、この先世界がどう変わっていくかを考える時間が十分あって、少し考えてみました。

Categories
Business and the Economy ビジネスと経済 Computer Science コンピュータサイエンス Eating and Cooking 食・料理 Health and Medicine 健康と医療 Japanese Culture 日本の文化 Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 Manufacturing 製造業 Marketing マーケティング Traveling 旅行

Changes of the world from COVID-19

COVID-19 is dreadfully spreading throughout the world, hospitalizing more than 3,100,000 people and taking the lives of more than 200,000 patients as of April 29, according to Johns Hopkins University. It is no exceptions here in Tokyo.

The virus is forcing all people in the world to change their lifestyles. Many have been grounded for months. Essential workers, such as doctors, healthcare workers, firefighters, law enforcement officers, supermarket clerks, garbage collectors, delivery servicepersons, and staff involved in public transportation, work outside facing the fear of infection.

I’ve been staying at my house in Tokyo for almost two months. Although the confirmed cases and the death toll in Japan are lower than those in the United States, there are hundreds of cases tested positive and dozens of casualties every day. People are requested to refrain from non-essential journeys and maintain proper social distancing like the US and other countries to avoid causing overshooting of patients. These days I work from home, watch TV, surf the internet, read e-books, have meals delivered at the door, eat them, and sleep in the bed.

Nobody knows when this inconvenience ends. Some say that it will take 18 months for everything to get back to normal. Others say that it will never return to what it was before the outbreak. Since public health specialists say that the situation in Tokyo is three weeks behind that in New York City, the Metropolitan Government will probably lift the de facto lockdown no sooner than three weeks after NYC. As of today, no countries reopened business yet.

I’m at home all day long, unless I buy foods at the grocery store or wash my laundry at the laundromat. I have much more time to think about what the world will become in forthcoming years. Here’s what I think the world will change:

Categories
American Lifestyle 米国ライフスタイル Blogging about Blogging ブログ British Lifestyle 英国ライフスタイル Business and the Economy ビジネスと経済 China 中国情勢 Emergent Democracy 新興国の民主主義 Global Politics 国際政治 Global Voices 世界の声 Health and Medicine 健康と医療 Human Rights 人権 Japanese Culture 日本の文化 Japanese Politics 日本の政治 Manufacturing 製造業 People 人 Privacy プライバシー Reforming Japanese Democracy 日本の民主主義の改革 Traveling 旅行 US Policy and Politics 米国の制度と政治 Warblogging 戦争 Yuki's Diary 日記

第三次世界大戦の序章

令和二年は悪夢で始まったようです。正確に言うと年のはじめには、2ヶ月後にこうなってるなどと誰も予測し得なかったのです。言うまでもなく、いま世界全体が戦っているもの、つまりコロナウイルスの話です。

2月の時点では、特定の国の限られた地域だけの話、あるいはとどめ置かれた豪華客船の中の、気の毒な富裕層の旅行者に限られた話だったのですが、数週間すると、世界のほとんどの場所で関係する話になってしまいました。今や事態は日に日に変わっていきます。ここ数日で、世界中で何千人もの人がこの病気であらたに入院しています。そして中国、日本、イラン、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、アメリカ、その他で、一万人以上の患者が亡くなりました。

WHOはパンデミックを宣言しました。ロックダウンが多くの都市で、ある国では国全体で進行中です。不要不急の外出は禁止されたり、推奨されなくなったりしています。人々は死なないために、家にとどまって、他人と2メートル離れることを強いられています。

このロックダウンで世界経済に大きな打撃を与えています。ダウ平均株価は今月だけで何度もサーキットブレーカーが発動し、1000ポイント以上下落しました。ボーイングの株価はここ数週間で3分の1になりました。この経済危機は1929年の世界恐慌より悪くなっています。

この状況は日本にもあてはまっています。ここ東京では、陽性患者が毎日、前日より多く発生している中、ロックダウンの可能性もあると都知事が発言しました。今週末は不要不急の外出を控えるようによびかけています。

日本人は、緊急事態宣言やロックダウンの発令を恐れているようにみえますが、言いたくないですが私は、ロックダウンの命令はここ数週間以内、あるいは数日以内に発令されるとみています。他の文明国がすでにそうなっているからです。

ロックダウンが避けられないとすれば、どうすればいいのか。ほとんどの人が職場に行けなくなる、ということは、田畑、漁場、搾乳場、工場などに行けなくなるということなので、食糧生産や日用品生産が厳しく制限されるということになります。

ひとたび供給がやめば、パニック買いが起こりやすくなります。すべての家庭が必要なものを得るだけの資金や手段があるわけではないので、この買いあさりの行動は反社会的なものとして非難しなければなりません。パニック買いが起これば、流通機構に平常以上の負担がかかるので、国内の在庫品の流通が不公平になります。このようなパニック買いに加わることは、社会連帯意識の欠如、つまり自分勝手なことをしたのでは社会が成り立たないという意識が欠けていることを暴露するだけでなく、自分が有事の際の備え、貯えを怠っていたことを証明するにほかなりません。

われわれとしては、さしあたり必要な物資を、ロックダウンが発令されるまでに確保するほかありません。すでにロックダウンが実施中の国の人が何をしているのかを知ることが助けになるでしょう。

この経験は、次の重要な示唆と教訓を与えています。つまり、最も権利意識に敏感な自由主義諸国でさえ、さしせまった危機の前では、個人の権利や自由をいとも簡単に、そして迅速にコントロールすることができる、という事実です。それはとりもなおさず、ひとたび緊急事態が発生すれば、個人の権利などとるにたりない脆弱なものということです。

今わたしたちの目の前で起こっていることは、第三次世界大戦の予行演習のようにも思えます。第三次世界大戦は今後数十年のうちに起こるのではないかと思います。1923年の大震災、1929年の世界恐慌、そして12年後に起きた第二次世界大戦のときと状況が似ているからです。同じように、2011に東日本大震災が起こり、今回のコロナウイルスに起因する世界恐慌が8年後に起こりました。今や世界は分断されています。それぞれの国は孤立し、国境を閉ざしています。これらの国が衝突するまであと何年残されているでしょうか。

将来に向けて準備をすべき時だと思います。資産を分割し、別々の国に置いておきましょう。できるなら、複数の生活場所を確保し複数の国で仕事を持つのがよいでしょう。人生の選択肢をできるだけ多く持つことが、今後の不安定で不確定要素の多い将来においては救われるのではないかと思います。

Categories
American Lifestyle 米国ライフスタイル British Lifestyle 英国ライフスタイル Business and the Economy ビジネスと経済 China 中国情勢 Emergent Democracy 新興国の民主主義 Global Politics 国際政治 Global Voices 世界の声 Human Rights 人権 Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 People 人 Privacy プライバシー Reforming Japanese Democracy 日本の民主主義の改革 Traveling 旅行 US Policy and Politics 米国の制度と政治 Warblogging 戦争 Yuki's Diary 日記

Prelude to WWIII

The second year of the Reiwa period began with a nightmare. More precisely, at the beginning of the year, nobody could predict what would be going on just two months later. I am talking about what the entire world is fighting against—COVID-19.

The coronavirus outbreak has been an urgent global issue. It was just the case of people in a limited area of a particular country, or poor, rich travelers within a trapped gorgeous cruise ship in February. Only a few weeks later, however, it became the case relevant in most parts of the world. Now the situation is changing day by day. For days, thousands of people around the world have been newly hospitalized due to this disease. More than 10,000 patients have died from it in China, Japan, Iran, Italy, Spain, Germany, France, the United States, and more.

The World Health Organization declared a pandemic. Lockdown is underway in many cities and even nationwide in some countries. Going out for non-essential reasons is banned or discouraged. People are forced to stay home and keep six feet away from others so as not to be six feet under.

The lockdown has had a massive impact on the world economy. The Dow Jones Industrial Average fell by around 1,000 points this month with circuit breakers taking effect many times. The share price of Boeing has become less than a third for weeks. This financial crisis is even worse than those in the great depression in 1929.

That is true with Japan. Here in Tokyo, the governor stated that lockdown in Tokyo is likely because patients tested positive are increasing every day by more than the number of cases a day before. She requested Tokyoites for being home this weekend except for essential business.

People in Japan look afraid of a state of emergency being declared and lockdown being issued. I hate to say that, but I’m sure that these will be near. I think lockdown orders will be released in weeks or even in days because we see other civilized countries being already like this.

Lockdown being inevitable, how should we do? Most people will be forced to stay away from their workplaces, such as offices, farms, fishing grounds, milk plants, and factories. Then it is likely to run short of various things needed for daily life. As a result, the production of foods and groceries will be severely restricted.

Once supply cease, panic buying is likely to take place. This action must be blamed as antisocial behavior since not all households have enough money or means to get what they need. It will be difficult to supply daily necessities if panic buying occurs, because the distribution system will be burdened more than usual, and the distribution of domestic inventory will be unfair. Participating in such panic buying is nothing but not only exposing your low awareness of social solidarity, that is, lack of knowledge that society will not be established if we do our own things, but also proving that you have neglected to be prepared and save in case of an emergency.

We have no choice but to secure the needed supplies for the time being before lockdown takes effect. It would help us a lot to find out what people in countries where lockdown is already in place are doing.

This experience gives us the following important suggestions and lessons: the fact that even the most rights-sensitive liberal nations can easily and quickly control individual’s rights and freedom before the impending crisis. It means that, once an emergency happens, the rights of individuals are insignificant and vulnerable.

What is happening in front of us now seems like a dry run exercise for the third world war. I think it is likely to occur in the coming decades because it is a very similar situation where a big earthquake occurred in 1923, the world financial crisis in 1929, and WWII 12 years later. Likewise, the big earthquake and tsunami happened in 2011, and the economic crisis derived from the coronavirus epidemic eight years later. Now the world is divided. Each country is isolated and closing its borders. How many years is left for us to see those countries to collide?

The time is right to be prepared for in the future. Divide your assets into some pieces and save them in different countries. If possible, have multiple places to live and jobs in two or more countries. Having as many life options as possible will save you in this volatile future with many uncertainties.

Categories
Japanese Politics 日本の政治 Wireless and Mobile 携帯・モバイル

総務省のSIMロック解除要請に寄せて

最近、総務省が携帯キャリア各社に対しSIMロック解除を要請しているようで、ガラパゴス返上のためにいろいろ政策を打っているようでさすが内藤正光副大臣GJ!と言いたいところですが、ここはさらにもう一歩踏み込んで携帯キャリア各社に要望したいところとして

  1. SMSゲートウェイの開放。異キャリアへもSMSが送れるようにしてほしい。
  2. APNの公開。3Gに準拠している端末はキャリア端末か否かを問わず平等な条件でサービスが受けられるようにしてほしい。特にパケット料金の差別的な取り扱いはやめてほしい(例:ドコモ)。
  3. これは国への要望ですが、海外端末について技術基準適合証明を取らずともFCCかCE認証があればこれに代わるものとして日本での使用を認めてほしい。携帯は国をまたいで運べるものなので、技適がないと日本で使えないなんて時代錯誤も甚だしい。

これらが実現されれば、実はSIMロック解除なんて必要ないんです。海外からノキアでもサムソンでもソニエリでも買って持ってきて自由に使えるようになるんですから。むしろSIMロックつきの安い携帯とSIMロックフリーの高いけど自由度も高い携帯を選べる選択肢を増やしてほしいところです。
世界であたりまえにやってることを、日本でもできるようにしてほしいだけなんですが・・・。コンテンツサービスは日本独自の進んだ機能があってもいいし、むしろそのほうが大歓迎なんですが、インフラ部分はせっかく世界共通の3Gなんだから中身も世界と合わせてほしいところです。

Categories
Japanese Politics 日本の政治 Wireless and Mobile 携帯・モバイル

Some requests on Japanese mobile phones

I heard the news that the Ministry of Internal Affairs and Communications of Japan started discussing a policy to require mobile phone carriers to release SIM-lock-free handsets from the next generation. As is often written in some other entries of this blog, I have been dissatisfied with the current cellular phones in Japan because they are far from the global standards.
Today mobile phones are widely spread worldwide, ranging from smartphones like iPhone or Nokia N900 communicator to cheap simple cell phones only for calling and text messaging. They are handy, convenient and easy to use even in developing countries where electric supply is not sufficient. Thanks to their size, you can carry them everywhere in the world. In spite of their mobility, there are two major countries where you can’t use them as conveniently as in the rest of the world — Japan and Korea. Especially in Japan, the mobile systems and services have been so unique that they are often compared to the ecosystem of the Galapagos Islands, where endemic species are seen.

Categories
Gadgets ガジェット Hardware ハードウェア Japanese Policy 日本の制度 Japanese Politics 日本の政治 Network Technology ネットワーク技術 Yuki's Diary 日記

定額給付金

16032009092.jpg今日、郵便受けに届いてました。

人口多いのに、江東区、仕事早いな(笑)。

独り暮らしなので給付額は12000円だけど、ないよりはマシ。

さっそく給付申請することにします。

ま、ギガビットルータでも買って、うちのLAN環境を見直しますか。

#こないだうちのラップトップがHDDが起動しなくなって使えなくなったし、デスクトップPCのほうも動作が怪しいので、そのうちPCまわりの環境も整え直さないとな……。

で、江東区内の10%プレミアム付のクーポンが同封されていて、区内の取扱店で買い物をすると11000円の商品券が10000円で買えるというもの。

どうせなら区内でギガビットルータ買えば得できますね、ってそんな取扱店あるんだろか……。

Categories
Japanese Politics 日本の政治 Religion 宗教 Traveling 旅行 Yuki's Diary 日記

紀元節に靖國神社を参拝

Patriot group members worshipping Yasukuni deities

東京に住んで10年以上になるにもかかわらず未だ一度も靖國神社に参ったことがなかったので、紀元節の今日、思い切って行ってきました。

九段下駅から地上に出ると、神社の前の歩道でいかにも右翼と思しき人たちが「国籍法改正反対」の署名活動をやってました。趣旨は理解できなくもないですが素性が怪しい上になんとなく怖いのでスルーしました。他にも門前には右翼団体の車がいーっぱい。なるべく目を合わせないように入口の鳥居をくぐります。

Omura Masujiro statue Omura Masujiro statue Omura Masujiro statue

明治の陸軍の祖、大村益次郎の銅像です。靖国神社の創建にも功績があったとか。

参道をしばらく歩くと、鳥居が見え、その先に拝殿がありました。

Yasukuni Shrine

いつも神社でお願いすることといえば「金運」しかないんですが、祖国を守るために散っていった数多の英霊を前にそんな下世話なお願いをするのも気が引けるので、皇室の弥栄と国運の隆昌を祈念して参りました。

参拝の後は、「遊就館」に立ち寄ってきました。

Yushukan Museum Yushukan Museum

入口を入ると、零戦や泰緬鉄道の機関車などが展示されています。

Mitsubishi A6M5 Zero aircraft C5631 locomotive C5631 locomotive for Thailand-Burma Railroad

入館料は800円。中は写真撮影禁止なのでこれ以降の写真はないですが、幕末から終戦までの日本軍の歴史が日本の立場から説明されています。ちょっと過去の戦争を美化しすぎな感じもないでもないですが、祖国を思い、家族を案じて散っていった英霊の遺品や遺書などを目にするとやはりうるうるっときてしまいます。立場は全く違いますが、一昨年訪れたハワイのパールハーバーの博物館と同じく、国のために勇敢に戦って散った兵士を讃え、顕彰しています。アメリカも日本もどこの国も、人の気持ちには変わりはないと感じました。

館内には英語表記も充実しており、日本の立場を世界に訴えようという意欲を感じました。

じいさんが孫を連れて来て展示物を解説している図式はハワイのときと同じでしたが、若い男女のグループや、デートで来ているカップルも多かったです。最近増えてきた愛国派の若者たちにとってデートコースにちょうどいいかもしれません。一通り回ると半日はゆうにかかります。

付設のレストランで「海軍カレー」をいただきました。

Imperial Navy curry and rice

明治41年当時と同じレシピで作ったカレーライスだそうです。素朴な味でおいしかったです。

Categories
Japanese Politics 日本の政治 Yuki's Diary 日記

病んだ国ニッポン

秋葉原で25歳の男がトラックで通行人に突っ込み、飛び降りて無差別にサバイバルナイフで襲い、7人を死亡させたという事件が起こったそうです。犯人はその場で逮捕され、「生活に疲れた」とかのたまっているそうです。

ここ数年、似たような事件が起こってます。7年前のちょうど同じ日は、宅間守元死刑囚が大阪の小学校に押し入り、クラスにいた児童8人を刺し殺しました。2週間前には荒川沖駅前で、若い男が突然通行人を襲い、1人死亡多数負傷という事件が起こっています。こういう「人生に疲れた」系の若者がいっぱいいるので、これからどこにいてもこういう事件は起こりうるでしょう。

このまま日本に住み続けていいものかと思案しているところ。もうちょっと英語と仕事のスキルがあって、お金があれば、アメリカかどっかましな場所に移住したいものです。

Categories
Japanese Politics 日本の政治 Yuki's Diary 日記

A really sick country

Japan is turning into a really sick country. According to media, a 25-year-old man this afternoon hit the people walking on the streets at Akihabara with his truck, jumped out of it and stabbed the people there at random with his survival knife, causing death to as many as seven people until now. The killer was arrested on the spot, saying he was "sick of life" and wanted to kill whomever he saw.
CNN.com: At least 7 dead in Tokyo stabbing spree
Japan Probe: Stabbing rampage in Akihabara: 7 people killed

Similar attacks have happened increasingly for years. On the same day of 2001, Mamoru Takuma broke into elementary school classrooms and stabbed eight students to death in Osaka. Two months ago a young man suddenly attacked the people walking around the railroad station, killing one and injuring many. Wherever you are, you can be a victim of such kind of crimes here, because this country has plenty of such kind of "sick-of-life" young people with no hope for the future, and such people may cause such kind of stabbing sprees to strangers or kill themselves with hydrogen sulfide.

I wonder if it is the best choice or not for me to keep living in this sick country. If I were more skilled in English and business skills and I had more money, I could move to the U.S. or another better country and settle there, rather than being scared of crimes happening every day.