2018年のキーワード

今ごろになってこんな記事を書いているのは、昨年末はWordPressのトラブルのせいで新規記事投稿ができなくなっていたせいです。新規記事投稿のボタンを押すと500 Internal Server Errorが出てしまっていたんですが、どうやらプラグインが悪さをしていたらしいことがわかり、いくつかプラグインを停止すると表示できるようになりました。ここのサイトに感謝です。

で、2018年も例によってキーワードをまとめたいと思います。

2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
2015年のキーワード:アメリカ(メイン州)エストニア、職場異動
2016年のキーワード:国内移動地図作りジープ
2017年のキーワード:近江友里恵NHK帯状疱疹英語の試験
でした。

2018年のキーワードは、キャッシュレス日本語復帰にします。

昨年はキャッシュレスが本格化した時代でした。自分のiPhone8のウォレットにApple Payを入れ、クレジットカードやSuicaをそこに入れてコンビニや鉄道やその他のお店を利用しました。Apple Pay以外にも、LINEが提供するLINE Payはローソンや大手の薬局で利用できますし、Origami PayはKFCやLoftなどで使えます。今では自販機でジュースを買うのも、スーパーで買い物するのも、スタバやマクドナルドも電車の利用も、現金を使う機会が極端に減りました。iPhone8があればこれらのことがみなできてしまうようになったからです。

2018年は英語よりも日本語のほうに目を向けた年でした。日本語検定(日本語能力試験ではありません!)というのを受けてみて、7月に2級、12月に1級を取得しました。まあ1級とったからって仕事で有利になるかといえば謎ですが。

復帰といえば、11月に職場が異動になり、それまでの子会社出向から本社に戻ることになりました。仕事はきつくなりましたが。

今年も3ヶ月近くたち、はやいろんなことが私の身に起こっています。今年もどうなることやら。

The words of the year 2018

I’m writing such an entry right now because I couldn’t post any entries in the end of 2018. When I tried to open the “add a new post” page, I had a 500 Internal Server Error and couldn’t open the page. Now I fixed it. It was because some of the plugins I installed in this blog system conflicted, so I deactivated the troublesome plugins and now I can post new entries. Thank you this article.

I’m looking back what happened in the year 2018 as I usually do it in the end of every year, and picking out some short words representing the last year. The words of the year 2001 were getting a flat within the Tokyo metropolitan areaa position change at the office, and Soarer. The word of the year 2002 was America. The words of the year 2003 were the airplane and the musical. The words of the year 2004 were the blogAsian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone. The words of the year 2005 were dartsthe GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again. The words of the year 2006 were the US stock and the mutual fund. The words of the year 2007 were changing my car and visiting Hawaii. The words of the year 2008 were England and Fukagawa. The words of the year 2009 were office position changeMacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket. The words of the year 2010 were Taiwan, Singapore and MalaysiaiPhone and the credit card. The words of the year 2011 were the carthe British culture and China. The words of the year 2012 were Ojithe mahjongthe flight attendant and Facebook. The words of the year 2013 were AyurvedaKoreahigh school alumniand Tsuyoshi Takashiro. The words of the year 2014 were England and Android. The words of the year 2015 were Maine, United States; Estonia and transfer of workplace. The words of the year 2016 were traveling to places in Japanmapping and Jeep. The words of the year 2017 were Yurie OmiNHKshingles, and English exams.

Now I’m picking out as the words of the year 2018: cashless, Japanese language and comeback.

I’ve been in touch a lot with the cashless society since last year. I set up Apple Pay in the Wallet of my iPhone8, and stored my American Express Gold Card and Suica, a rechargeable contactless electric money card used as a fare card on train lines, convenience stores and other shops in Japan. Other than Apple Pay, I have used Line Pay, which allows payment using your Line account, mainly for the payments at Lawson and major drugstores. I use Origami Pay for dining at KFC and shopping at Loft department store. Today I rarely use cash for buying a can of soft drink at the vending machine, buying groceries at the supermarket, buying coffee at Starbucks, dining at McDonald’s, and passing through the wicket to take trains. All I need is my iPhone8 to do these things.

I paid attention more to brushing up skills of Japanese language than to mastering English this year. I took the first grade of Nihongokentei test (This is not the JLPT N1 test!) and passed it. I don’t know how it helps in my work or life, though. As for comeback, I was appointed to a new position of the company I work and my workplace was relocated in November.

Almost three months being passed since the beginning of the year 2019, I have already experienced a lot of things in this single year. I’m so excited.

2017年のキーワード

今年も恒例の「キーワード」のまとめの時期がやってきました。

2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
2015年のキーワード:アメリカ(メイン州)エストニア、職場異動
2016年のキーワード:国内移動地図作りジープ
でした。

そして今年のキーワードは

近江友里恵NHK帯状疱疹英語の試験

にしたいと思います。

近江友里恵さんは、この前のエントリにも書いたとおり、今年はこの人に始まりこの人に終わったといっても過言ではないほどで、年始のブラタモリを見て知って以来、ずっと近江さんのファンになってしまいました。毎朝ニュースを見て、名古屋の講演会にも行き、そして質疑のパートでじかにお話もできました。

近江アナウンサーつながりで、NHKのこともより深く知ることができました。これまでいわゆる“女子アナ”の類にはほとんど興味はなく、ましてやNHKのアナウンサーなど、知っててもせいぜい有働由美子さんや桑子真帆さん程度で、あとはほとんど知らなかったんですが、近江アナウンサーのほかにも和久田麻由子アナウンサーや中村慶子アナウンサー、小郷知子アナウンサー、田中泉アナウンサー、寺門亜衣子アナウンサーや鈴木奈穂子アナウンサー、橋本奈穂子アナウンサー、保里小百合アナウンサー、林田理沙アナウンサー、赤木野々花アナウンサーなど、いろんなアナウンサーがいて、ニュース番組でニュースを読んだり、番組の司会をしたり、ナレーションをしたりなどいろんなことをしていることを知りました。男性アナウンサーも、トップクラスの“たけたん”こと武田真一アナウンサーをはじめ、“眉”こと高瀬耕造アナウンサー、“麿”こと登坂淳一アナウンサー、そのほか阿部渉アナウンサー、 望月啓太アナウンサー、井上裕貴アナウンサー、野村正育アナウンサーなどが番組に出ていることを知りました。またNHKのアナウンサーは、入局後まず地方局に送られて修行を積み、そこからその地方の拠点局へ異動したのち優秀な人が東京の放送局にやってくるというシステムになっていること、またアナウンサー職のほかにも記者、ディレクター、放送技術などの職種があり、入局時に希望や配属などで決まること、記者やディレクター志望でもアナウンサー職で採用されたり、その逆があったりすること、などなどのNHKの営みについても触れることができました。

今年の夏は帯状疱疹に悩まされました。帯状疱疹という言葉はよく耳にするし、周りでかかったことのある人の話は聞くんですが、いざ自分がなってみるとこんなに辛いものとは思いませんでした。私の場合は右の顔から耳にかけて発疹ができたんですが、みるみるうちにグロメンと化してしまい、ふためとみられないほど醜く変形してしまいました。治療開始が早かったのでグロメンは一週間もすれば元に戻ってきましたが、そのあと顔の右半分の耐え難い痛みが何ヶ月も続きました。痛いところは冷やしてはだめで、暖めなければならないんですが、なにせ真夏のときのこと、カイロも温かい缶コーヒーも売っていなかったので、暖めるものを探すのに苦労しました。

英語の試験は、英語そのものの試験(TOEIC)と、英語で受ける試験(CCNA Collaboration)と両方受けました。今年はCCNAのほうは落ちちゃいましたが、TOEICのほうは目標の点をクリアしたのでまあよしとしましょう。来年はIELTSあたり受けてみたいものです。

来年も前途多難ですが、また新しい出会いに期待したいものです。それでは良いお年を。

The words of the year 2017

The last day of each year is a good chance to look back on what happened in the year. Each time I wrap up what I did experience for the first time and what impressed me most in the year, I sum them up as a few keywords, and then I post some “words of the year” in this blog.

The words of the year 2001 were getting a flat within the Tokyo metropolitan areaa position change at the office, and Soarer. The word of the year 2002 was America. The words of the year 2003 were the airplane and the musical. The words of the year 2004 were the blogAsian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone. The words of the year 2005 were dartsthe GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again. The words of the year 2006 were the US stock and the mutual fund. The words of the year 2007 were changing my car and visiting Hawaii. The words of the year 2008 were England and Fukagawa. The words of the year 2009 were office position changeMacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket. The words of the year 2010 were Taiwan, Singapore and MalaysiaiPhone and the credit card. The words of the year 2011 were the carthe British culture and China. The words of the year 2012 were Ojithe mahjongthe flight attendant and Facebook. The words of the year 2013 were AyurvedaKoreahigh school alumni and Tsuyoshi Takashiro. The words of the year 2014 were England and Android. The words of the year 2015 were Maine, United States; Estonia and transfer of workplace. The words of the year 2016 were traveling to places in Japanmapping and Jeep.

Considering what I saw this year, I have decided that the words of the year 2017 are: Yurie Omi, NHK, shingles, and English exams.

Yurie Omi is, as I wrote in this entry, an NHK broadcaster, and an idol of me. For me, this year began with her and ended with her. I got to know her for the first time on New Year’s Buratamori, I watched the TV shows where she appeared, I went to Nagoya to see her presentation, and there I talked to her face-to-face.

At the same time, I got to know a wide variety of broadcasters of NHK. I didn’t know NHK broadcasters’ names so far, since I wasn’t interested at all in anything about so-called joshi-ana, or female announcers. All I knew among NHK announcers were Yumiko Udo and Maho Kuwako. This year I got to know Mayuko Wakuda, Keiko Nakamura, Tomoko Kogo, Izumi Tanaka, Aiko Terakado, Naoko Suzuki, Naoko Hashimoto, Sayuri Hori, Risa Hayashida, Nonoka Akaki and more, who hosted or made narrations in various types of NHK programs, from news shows to variety ones. I got to know male broadcasters as well, from a top-notch player like Shin’ichi Taketa to Kozo Takase, Jun’ichi Tosaka, Keita Mochizuki, Yuki Inoue and Masaiku Nomura. I got to know NHK’s human resource development system where rookies start their careers at one of NHK’s local broadcasting stations spreading nationwide and return to the Broadcasting Center in Tokyo after several years’ experiences. Plus, I got to know that, besides broadcasters, NHK has various kinds of options for employees such as correspondents, directors, broadcasting technicians, and more. One of the positions is assigned to the employees upon recruitment, and even if they wish to be a broadcaster when they are hired, they may be appointed as a director, and vice versa.

The third keyword is based on the fact that I was suffered from shingles this summer. I knew some of my friends and acquaintances suffered from shingles, but before I was really suffered from it I didn’t think it would be such a painful disease. Rashes appeared from the right side of my face to the top of my right ear, and my face quickly turned into a grotesque look. Early cure contributed to the distorted face returning to normal in a week or two, but an unbearable pain on the right side of my face followed and lasted for months. The hardest thing was that, though doctor said that I should warm up the suffered part, not cool down, no stores were selling warm canned coffee, warm pads or anything that could warm something up since it was mid-summer.

The last, this year I took English exams, both exams of English itself like TOEIC, and exams written in English such as CCNA Collaboration. This time I failed CCNA Collaboration, but in TOEIC I marked more than my target score. I want to take IELTS or something like that next year.

Probably the next year will be harder, but I’m looking forward to the forthcoming serendipities. Have a happy New Year!

笑福亭里光師匠のこと

落語家の笑福亭里光師匠は中学時代の同級生です。同じクラスのときはけっこう仲良くしていて、同じ部活に入って、同じ日にその部活を一緒に辞めに行った間柄でした。中学時代から落語をやるのが趣味で、学校のイベントなどで高座を設けてもらって一席やったりすることがあって、それがただの趣味の域を超えてけっこう上手かったんですね。

高校以後は別々の進路に進んで、それ以来ほとんど会うこともなかったわけですが、2012年のある日、旅行先のホテルのTVでなんとなく「笑点」を見ていると、たまたま真打披露口上をやってたんです。そのときふと彼のことを思い出し、

(――そういえば落語が趣味やったあいつ、今頃どうしてんのかな。まだ落語続けてんのかな…。ひょっとしたらある日突然こういう場にひょこっと出てきたりして)

とか考えていると、なんと

その日の披露口上の席に彼が出てきたんです!

腰抜かしました。

そのあとネットでいろいろ調べてみたところ、1998年に笑福亭鶴光一門に入門。上方落語ではあるものの、おもに東京を基点に活動する噺家さんで、2002年7月に二ツ目に昇進、そして2012年5月に真打に昇進とのこと。中学時代からあだ名は「師匠」といわれてましたが、真打に上がることで名実ともに「師匠」になったわけです。

ツイッターのアカウントを持っていたようなのでダイレクトメッセージを送ってみたところ、向こうも私のことを覚えていてくれたみたいで、すぐ返信をくれ、それから再び交流がはじまりました。しばらくして、一緒に飲みにいくことになり、25年以上ぶりに会った彼は、中学時代とほとんど変わってなかったです。

それ以来、里光師匠の落語会があるとちょくちょく顔を出したり、二人で飲みに行ったりするようになりました。落語のことはあんまりよくわからないので彼の技倆がどんなものか評価のしようがないのですが、まあそんなことを気にせず近況報告しあえる関係というのがいいもんです。実は昨日の晩も一緒に飲みに行ってました。ちょっと飲みすぎて二日酔いきついですが…。

「同窓会に出ると、周りの同期が一流企業や保険会社で年収1000万やら1500万もらう中で、生活していくのがやっとの自分が情けなくなる」とこぼしていた里光師匠でしたが、自分の好きなことで、自分の力で一本立ちすることのほうがよっぽど素晴らしいと思います。売れれば「有名人」ですしね。有名人と友達になっておけば、それをきっかけにセレブの世界をのぞけたり、いろんな人とつながれたり、もしかしたら人生が変わるようなことがあるかもしれないので、こういうつながりはぜひ大事にしておきたいと思っています。

Shofukutei Riko

Shofukutei Riko (笑福亭里光) is a professional rakugo artist who speaks Kansai-dialect rakugo stories. Rakugo is, as written in Wikipedia, a form of Japanese verbal entertainment where the lone storyteller sits on stage and depicts a long and complicated comical (or sometimes sentimental) story using only a paper fan and a small cloth as props.

He was one of my classmates when we were junior high school students. Besides, he was one of my best friends. In junior high I talked him a lot, played with him a lot, belonged the same club as he did, and resigned from the club together with him on the same day. He sometimes played rakugo on stage in school events. His performance was rising above the level of amateur, so he was called shisho, a title which is used to a professional rakugo storytellers.

After we graduated from junior high, we went to different high school. We didn’t see each other for ages.

One day in 2012 I was staying in a hotel room watching an entertainment program on TV, where several rakugo artists who had just promoted to the shin’uchi rank were on stage and they were giving speeches in turn to show their thankful feelings for the promotion. The program reminded me of the wanted-to-be-a-rakugo-storyteller classmate. I wondered if he still kept up his hobby. Watching TV, I thought he might appear on such an entertainment program someday. To my surprise, he really did it in the very program that day.

According to the information online, after graduating from university he became one of the disciples of Shofukutei Tsuruko (笑福亭鶴光), one of well-known rakugo artists, to start his rakugo career in 1998. He promoted to the futatsume rank in July 2002 and became a shin’uchi in May 2012.

I tried to contact to him. Since he had a Twitter account, I sent a direct message to him. He replied to me soon. We talked a bit on Twitter for a while. Several months later we met face-to-face for the first time in more than 25 years. He had not changed at all since we saw in the junior high.

Now I sometimes go to his stage to listen to his story, and see him offstage. Last night I saw him in Shinjuku and went for a drink with him at an izakaya in the westgate area of Shinjuku. He was fine. We talked a lot. I drank too much and I have hangover this morning, though.

I think that being friends with public figures might help me have a chance to see the celebrity world, and maybe it would even change my life.

近江友里恵さんのこと

NHKのアナウンサーの近江友里恵さんのファンです。といっても今年のお正月に実家に帰省していたときにたまたま「ブラタモリ」をTVで見て初めて知ったんですが。「ブラタモリ」自体、桑子真帆アナウンサーがアシスタントをしていた時代に一度見たきりで、それまでほとんど見たことなかったのですが、このときは、昼に「伊勢」「横浜」の回の再放送をやっていて、さらに夜には「鶴瓶の家族に乾杯」とのコラボレーションスペシャルで成田山に行っていた回の放送があって、そこに出ていたアシスタントの近江アナウンサーがなんかいい味を出していて、注目するようになりました。

グーグル先生やウィキペディアによると、近江友里恵さんは2012年にNHKに入局して、朝のニュース番組「おはよう日本」の「まちかど情報室」のコーナーなどに出ているアナウンサーとのこと。私は、朝は十数年来、テレビ東京の「モーニングサテライト」を見ていたので、「まちかど情報室」はたまにしか見ることがなかったのですが、そこで衣装をうしろ前に着て出演する(※)というちょっとドジっ娘ぶりも披露してしまうキャラのようです。「ブラタモリ」でも、ときどき温度計を読み間違えたり、ハブ取り棒でつかまえたハブを入れた箱を素手で閉めようとしてしまうというポンコツっぷりを見せてくれる天然キャラとして人気を博している模様。「私、優柔不断なんで、すぐ迷っちゃう」と公言し、「優柔不断が治りますように」と成田山にお祈りするゆとりキャラで、なんか「守ってあげたい」感を強く感じさせるオーラがただよっているように感じたわけです。なんか、職場の後輩とかにいたらいろいろ教えてあげたくなるような。キラキラしたいわゆる“女子アナ”らしからぬ、おっとりとした雰囲気で、着ているものもけっして派手ではなく流行を追い過ぎず、むしろ中学生のようなちょっとあか抜けない感じさえして、それでいて育ちのよさを感じさせる、すれていないしゃべり方。ひとことでいうと“可愛すぎる”ということでしょうか。

スポーツはあまり得意ではなく、動物もどちらかというと苦手で、けっしてアドリブをきかせて要領よく立ちまわるタイプではないものの、地頭はよく真面目に、堅実に何ごともきっちり取り組む感じ。それでいてちょっと天然というキャラは、なんだか私自身をみているようで、それで親近感をおぼえたのかもしれません。

近江さんはその後、4月からは隔週で「おはよう日本」のキャスターを担当することになり、朝5時から出るようになったので、近江さんの出る週は朝5時起きで「おはよう日本」を見て(出ない週はこれまでどおり「モーサテ」を見てますが)、土曜の夜7時半からは「ブラタモリ」を見るという生活になったんですが、このたびNHK文化センターの企画で、9月30日に名古屋で近江さんのトークライブがあるということを聞きおよび、さっそく申し込んで名古屋まで聴きに行ってきました。

※2016年6月20日の「まちかど情報室」で、衣装の「Backリボンギンガムブラウス」をうしろ前に着て出演してしまい、視聴者から指摘を受けて、NHKの広報とニュースとアナウンス室の偉い人たちが会議の結果、「本人が間違って着てしまいました。これからは正しい方向に着るようにします」という公式文書を出すにいたった事件。

Continue reading “近江友里恵さんのこと”

Yurie Omi

Yurie Omi

According to Wikipedia, “Yurie Omi (born July 27, 1988) is a Japanese female announcer, television reporter, television personality, and news anchor for NHK. Omi is one of the hosts of NHK morning news show NHK News Ohayō Nippon. She is also the co-host of NHK television series Bura Tamori aired from April 2016.”

I’ve been a big fan of Yurie Omi since the beginning of this year when I sat in front of the TV by chance at my parents’ house and watched her for the first time in Bura Tamori (I had rarely seen it before, though). This program is a travel show where NHK’s broadcaster strolls Japan’s particular town or area with Tamori, one of Japan’s renowned TV personalities, and a geophysicist, a local historian or a curator, to investigate the place’s topics such as terrain features, history, culture and civil engineering.

Why do I think she is so attractive? I think the reason is three-fold. Firstly, she sometimes shows goofy behavior in her TV programs, although she is actually very smart and good-looking. She wore her dress back to front in the news show. In Bura Tamori, she read the thermometer incorrectly. (She said the temperature of hot spring water was 940 degrees Celcius while it really pointed 94.0 degrees.) Such slight weaknesses mean imperfection, which is what Japanese people value in tradition. This mentality makes the Japanese regard her weaknesses as charming. Secondly, she acts or speaks less highhandedly than average so-called “joshi-ana” and TV personalities. They often show off, but she doesn’t. They often speak aggressively, but she never does it. Her attitude like this gives a favorable impression to many Japanese viewers. Thirdly, most of her personality looks so similar to mine that I find something congenial in her. I don’t think she is such a personality that is good at thinking on her feet and speaking off the cuff with a ready wit. Rather, she looks genuine, and she can only do diligently what she has to do with simple honesty. Such characteristics of her is just like mine.

For those reasons, I got fascinated by her. I watch every TV program she appears in. I get up at five in the morning on weekdays to watch NHK’s morning news show she hosts. In Saturday evening I watch Bura Tamori to see her traveling with Tamori.

In addition to watching her on TV, I had a chance to see her with the naked eye. One day I got the information that she was going to hold a lecture presentation at Nagoya on September 30 and was requesting for audience. I applied for it because it might be my once-in-a-lifetime chance to meet her up.

Continue reading “Yurie Omi”