英文での約物の使い方

英文を書くときの、約物(punctuation mark)の使い方のルールです。約物とは、句読点やセミコロン、コロン、括弧、エリプスなど、文における機能を示す記号のことです。英語の文を書くときに、ピリオドやコンマなどはどういう時に、どういうタイミングで使うのが適切なのか、なかなか日本人は学校で学ぶ機会もないので、ここで整理してみました。以前のエントリの書き直しです。

文の終わり

文の終わりに使う約物は終止符(period)、疑問符(question mark)、感嘆符(exclamation mark)があります。

終止符(.)

平叙文、ほとんどの命令文の終わりに使います。

Jane rode the elevator to the eighty-second floor.
ジェーンはエレベーターに乗って82階へ行った。
Get off the elevator, please.
エレベーターから降りて下さい。

疑問符(?)

疑問文の終わりに使います。

What is wrong with this elevator?
このエレベーターのどこがおかしいのですか?

他の文の中に疑問文を書くときは、疑問符はその疑問文の末尾につけます。

Did the help button work? was the question on Janes mind.
そのヘルプボタンは使えるのか?というのがジェーンの心の中の疑問だった。

感嘆符(!)

感嘆文、一部の命令文の終わりに使います。

Help! This elevator is stuck!
助けて!このエレベーター故障してる!
Push the help button now!
今すぐそのヘルプボタンを押して!

Continue reading “英文での約物の使い方”