英語で文章を書く

英語の文章の書き方にはある決まった型、お作法があります。文章といっても小説や脚本から、新聞・雑誌記事、スピーチ原稿にいたるまでいろいろありますが、ここでは一番書く可能性の高そうな、エッセイについて紹介します。

エッセイといっても日本語の“随筆”ではなく、英語のエッセイとは“小論文”に近いものです。エッセイには説明型エッセイ(expository essay)、大学などの入試に申し込むためのアプリケーションエッセイ(application essay)、研究レポート(research report)などがありますが、一番一般的なのが説明型エッセイだと思います。

説明型エッセイには、記述型(descriptive)、説得型(persuasive)、語り型(narrative)、分析型(analytic)があります。記述型エッセイとは、人や、場所、物事、感じ、状態について、読者の視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚に訴えかけて説明するものです。旅行雑誌、科学雑誌、芸術、建築、音楽、ダンス、その他の題材の雑誌記事の形式をとるものがあります。記述型エッセイの例は、ピーター・マシーセンやルイス・トーマスの全集などに多くあるようです。

説得型エッセイは、自分の意見を読者と共有しようとするために書くものです。どの点を訴え、その点をいかに補強するかを考えて、強い議論が可能になるように、自分の意見は、事実、事例、引用で補強します。新聞や雑誌の社説は、説得型エッセイの一種になることがしばしばです。説得型エッセイの例としては、ウィリアム・F・バックリーやアンナ・クインドレンの全集などがあります。

語り型エッセイは、真実の物語を語るときに書きます。単に起こった出来事に関することを書いたり、出来事の解釈やその意味を語ったりします。歴史や自分史、略歴は、語り型エッセイの形式で書かれることが多いです。個人的な語りや独白も、語り型エッセイになることが多いです。エルマ・ボンベック、ジョアン・ディディオン、ノーマン・メイラーの語り型エッセイが有名なようです。

分析型エッセイは、ある主題を分析、つまり批判的に見つめ、それがどのように作用するかを見るもので、書くのが最も難しいタイプのエッセイかもしれません。

段落

英語の文章は、段落(paragraph)単位で構成されています。日本語の文章にも段落はありますが、英語の段落はそれそのものがしっかりとした役割をもっています。MS Wordのつくりをみても、段落というものを重要視しているのがわかります。

トピックセンテンス

トピックセンテンス(topic sentence)とは、段落の本旨(main idea)を表現した文のことで、その段落について説明するものです。トピックセンテンスは、段落のどこにでもあらわすことができますが、最初か最後に出てくることがもっとも多いです。段落の最初にトピックセンテンスを置くのは、読者にその期待するものを説明するときで、本旨をまとめるときには、トピックセンテンスを段落の最後に置きます。

With the problems in the ozone layer, consumers and manufacturers are more concerned than ever with developing sunscreens that work. One in six Americans will get skin cancer, so skin care companies are coming out with higher SPF products. They are also developing products that protect against both UVA and UVB radiation.

Since the development of effective sunscreens, Americans have been spending more time than ever in the sun. Unfortunately, until recently, most sunscreens protected only against UVB radiation. Some scientists contend that the growing incidence of melanoma is the result of increased exposure to UVA rays that these products do not screen.

オゾン層の問題で、効果のある日焼け止めを開発することについて、消費者と生産業者はこれまで以上に意識が高くなっている。アメリカ人6人に1人が皮膚がんになるので、スキンケア企業はSPFがより高い製品を提供している。 また、UVAとUVBの両方の放射線に対して保護する製品を開発している。

効果的な日焼け止めの開発以来、アメリカ人はこれまで以上に多くの時間を太陽の下で過ごしてきた。 残念ながら、最近まで、ほとんどの日焼け止めはUVB放射線に対してのみ保護していた。 一部の科学者は、黒色腫の発生率の増加は、これらの製品が保護しないUVA線への暴露の増加の結果であると主張している。

詳細情報の補足

英語では、段落の中では、すべての文は本旨を補強(support)しなければなりません。これを詳細情報の補足(supporting details)といいます。英語の段落は、たいていトピックセンテンス+詳細情報の補足という形で構成されます。

詳細情報の補足のやり方には、本旨を深掘りして解説する方法(descriptive details)、例をあげる方法、事実や統計情報を示す方法があります。

本旨を深掘りして解説する方法は、あるいは五感に訴える詳細を説明するやり方で、語り型エッセイや記述型エッセイで最も向いています。

The room had a sterile, antiseptic feel to it. The walls were bright white, the lighting was fluorescent, and the floor tiles were so clean they could be used as mirrors. The few pieces of furniture were metal. It smelled of cleaning fluid, and I got the feeling that if I spoke, my voice echo back to me.
その部屋は、無菌状態で生気のない感じがした。壁は明るい白、明かりは蛍光灯、床板は鏡としても使えるほどきれいだった。家具の一部は金属製だった。それは洗剤の香りがし、しゃべると自分の声が反響してくる感じがした。

例をあげる方法は、特定のできごとや証拠を提示して本旨をサポートするやり方で、情報提供型や説得型エッセイで向いています。

Daily life can be frustrating for toddlers. They often can’t speak clearly enough to make their wants and needs known. Their physical abilities, especially their fine motor skills, can get in the way of activities they long to perform. One toddler, desperate to fit an octagonal block into a hole, shrieked for half an hour when his fingers just couldn’t control their movements enough for success.
毎日の生活は、小さい子にとっては不満がたまるものだ。彼らは自分の欲することや必要なことを知ってもらえるようにうまく話すことができないことがしばしばである。彼らの身体能力、ことに微細な動作をする能力が足りないことで、彼らのやりたい行動を妨げることがある。八角形のブロックを穴にうまくはめられないある子は、自分の指をうまく動かせず、半時間も悲鳴を上げていた。

事実や統計情報を示す方法は、説得型エッセイや記述型エッセイに向いています。

The biggest animal that ever lived has recently been unearthed in Utah. It’s a dinosaur called Seismosaurus, and it was nearly 140 feet in length. That’s 40 feet longer than the largest blue whale. A Seismosaurus was so big that it may have had multiple hearts to move the blood through its enormous body.
これまで棲息していた中で最大の動物が最近ユタ州で発掘された。それはセイスモサウルスという恐竜で、長さ140フィートあった。それは最も大きいシロナガスクジラより40フィート長い。セイスモサウルスはとても大きかったので、その巨体に血液をめぐらせるために、心臓をいくつも持っていたのかもしれない。

段落の統一性とコヒーレンス

英語の段落は、統一性(unity)がある必要があります。統一性とは、段落中の詳細情報を補足する文すべてが本旨をサポートしていることをいいます。たとえば次のような段落は統一性がありません。

The prospect of retirement strikes terror into the hearts of some nearly senior citizens. What will they do with all their spare time? Will their savings allow them to live comfortably? Retirement can be a time of great freedom. Not everyone enjoys it, though.
定年退職後の見通しは、高齢者となりかかった市民の心に恐怖を抱かせる。余暇時間に何をしようか。快適に生活できるだけの蓄えはあるのか。定年退職は大きな自由の時となりうる。みんなが楽しんでいるわけではないが。

この段落では、最後の2つの文は、定年退職を恐れている人がいるという本旨をサポートしていません。これらの文を削除して、定年退職について人々が持っている心配ごとのさらなる例を含むことで、改善されます。

また英語の段落は、コヒーレンス(coherence)がある必要があります。コヒーレンスとは、詳細情報の補足の文が、読者が追いかけやすいように論理的な順序にならべられていることをいいます。

文をならべる方法には、時系列(chronological order)にならべる、空間的な順(spacial order)にならべる、比較と対照(comparing and contrasting)によってならべる、重要度の順(order of importance)にならべる、原因と結果(cause and effect)によってならべる、などがあります。

時系列にならべる方法は、出来事が起こった順にならべるやり方で、説明型エッセイや、ある種の語り型エッセイに向いています。

To get yourself a job interview, you should first find out if your target company is hiring. Call up and determine to whom you should send your résumé. Then send it, along with a well-written cover letter. Finally, a follow-up phone call will ensure that the résumé has been received and read.
就職面接を受けるためには、まずその対象の会社が募集しているかどうかを知る必要があります。電話をして、履歴書を誰に送るべきかをはっきりさせます。それから、良く書かれたカバーレターとともに履歴書を送ります。最後に、確認の電話をしておくと、その履歴書が受け取られ、読まれたことを確認できます。

空間的な順にならべる方法は、左から右へ、右から左へ、上から下へ、下から上へ、近いところから遠くへ、遠いところから近くへ、といった空間的な順にならべるやり方で、記述型エッセイや指示文書などに向いています。

He stared at the creature in amazement. It had enormous feet clad in huge black shoes, and legs that seemed to extend for yards. Its chest was twice the size of his, and its shoulders twice as broad. A jaw that beat out Schwarzenegger’s, red hair that sprang out in all directions—this was his new son-in-law?
彼は驚きをもってその生き物を見つめた。それは巨大な足が大きな黒い靴にはまっており、脚は何ヤードも伸びているようにみえた。その胸は彼の倍の大きさがあり、その肩は倍の広さがあった。顎はシュワルツネッガーをしのぐもので、赤い髪は全方向に広がっていた―これが彼の新しい義息なのか。

比較と対照によってならべる方法は、2つのものの共通点と相違点を述べるやり方で、記述型エッセイに向いています。以下の2つのやり方があります。

  1. 1つの主題の詳細情報をすべてはじめに出し、そのあと残りの主題の詳細情報を出すやり方。
    Gas grills are usually easy to light, and they cook evenly. It doesn’t matter if the weather is bad when you’re cooking with gas. A charcoal grill, on the other hand, gives food that true grilled taste, but charcoal can be cranky in damp weather, and if the coals aren’t arranged well, they can cook unevenly.
    ガスグリルはふつう点火しやすく、均一に焼ける。ガスで焼くときは、天気が悪くても問題がない。一方、チャコールグリルは、食べ物に本当に焼いた味を与えるが、チャコールは雨天では不安定になる上、炭をきちんと並べないと、均一に焼くことができない。
  2. 詳細情報ごとに、主題を比較・対照するやり方。
    King Charles and Prince Charles spaniels do possess some important differences. King Charles spaniels are black and tan, while the Prince Charles is tricolored—white, black, and tan. The Prince Charles has spots over its eyes and on its muzzle, chest, and legs, but the King Charles is not spotted.
    チャールズ国王とチャールズ王子の従者たちにはいくつかの重要な違いがある。チャールズ国王の従者たちは黒人と褐色の人なのに対し、チャールズ王子のは三色―白人、黒人、褐色―をしている。チャールズ王子の目と鼻と胸と脚にはほくろがあるが、チャールズ国王はほくろがない。

重要度の順にならべる方法は、最も重要な詳細情報や理由を最初にもってくるやり方で、説得型エッセイや社説などに適しています。

Students should be given control of the university newspaper. They must be allowed to practice freedom of speech and to come up against the problems and pitfalls of this First Amendment right. They should have the opportunity to exercise the sort of job responsibility they will face in daily life after graduation. They don’t need to answer to faculty—after all, they’re adults, aren’t they?
学生たちはその大学新聞を管理するべきである。彼らは、この憲法第一修正条項の権利についての問題と落とし穴に対して、言論の自由を実践して立ち上がることが許されなければならない。彼らには卒業後に日常生活で直面する職務遂行の機会をもつべきである。彼らは教員に回答する必要はない―結局のところ、彼らは大人なのだから。そうではないだろうか。

原因と結果によってならべる方法は、研究レポートなどに適しています。原因から書き始め、それがどのように結果に導かれるかを説明するやり方、あるいは結果から始め、その原因を説明するやり方があります。

原因から結果へと導く例:

原因 As stars shrink, their atoms crowd together, and move faster and faster. The interior, or core, begins to heat up. At a certain crucial temperature, a large star will explode, becoming a
星が縮小するにつれ、それらの原子が集まり、だんだん速く動く。その内部、すなわち核が熱せられはじめる。ある温度で、ある大きな星が爆発し、
結果 supernova.
超新星になる。

遷移語(transition)を使うと、1つの段落のなかで文から文へ動きを明確にすることができます。遷移語は、1つの文や考えが他とどうつながっているかを示します。遷移語がなければ、書いたものは途切れ途切れになったり混乱したりします。遷移語を用いることで、考えを流れやすく、明確にしてくれます。一般的な遷移語をここに示します。

時系列first, next, then, last, finally, meanwhile
空間順above, below, behind, in front, beneath
まとめtherefore, thus, in other words, consequently
資格usually, specifically, frequently, even if
説明because, for, since
制限however, although, if, unless, when

導入段落

いちばんはじめの段落を導入段落(introductory paragraph)といいます。導入段落の目的は、読者の関心をつかむことです。以下のような書き始め方があります。

  1. 疑問を投げかける。
    Is there such as thing as the “wolf child”? There are many incidences of children reported to have been raised by animals, but scientists doubt that a child could survive without any human contact.
    「オオカミ少年」のようなことはあるのだろうか? 動物によって育てられたと報じられた子供たちの出来事は多いが、科学者は、子供が人間と全く接触することなく生きられることについて、疑いを持っている。
  2. 引用で始める。
    “Man’s inhumanity to man,” wrote the poet Robert Burns, “makes countless thousands mourn.” This is nowhere more true than in what used to be Yugoslavia.
    「人が人に非人間的にすることは、無限の哀悼をもたらす」詩人ロバート・バーンズは書いた。これは、ユーゴスラビアについてほどよくあてはまるところはない。
  3. めずらしい事実で始める。
    An average-size adult human being has at least six pounds of bacteria inside his or her body. You’d think we would all be deathly ill—but many of these bacteria are useful rather than harmful.
    平均的な大きさのヒトの体内には少なくとも6ポンドの細菌がいる。私たちはみな死んでしまうと思うであろう―しかしこれらの細菌の多くは害より益をもたらすのである。
  4. 強烈な叙述で始める。
    The sky was boiling as if it had been heated on a giant stove. Gray clouds bubbled as the wind whipped them in circles and sent them scudding toward the horizon.
    空は、大きなストーブで熱せられたように茹で上がっていた。灰色の雲は、風がうずをまき水平線に向かってすうっと送られるように泡立っていた。

結論段落

結論段落(concluding paragraph)も、導入段落と同じくらい重要です。文章の終わらせ方のテクニックにもいくつかあります。

  1. 議論を再度繰り返す(restate)。これまで議論してきたことを明確にし、自分の理由をまとめる手法で、説得型エッセイに向いています。
    It is clear that we need more primary care doctors. The percentage of general practitioners and internists has shrunk by 25 percent in the past 30 years. This has led to increased costs and a lack of basic care for many. If health care reform is to succeed, it must address this pressing problem.
    プライマリケアの医師がもっと必要なのは明白である。かかりつけ医や内科医の割合は過去30年で25%縮小している。これによりコストが上昇し、多くの人にとって基礎医療の不足につながっている。ヘルスケア改革を成功させようとするならば、それはこの喫緊の問題を示さなければならない。
  2. 時系列で終わる。語り型エッセイに向いています。
    The wind finally stopped. From their burrow in the snowbank, Hank and Lenny heard the world return to normalcy. They dug their way up to air, through almost a foot of new snow. When they broke through the crust, Hank started to laugh, but Lenny just stared. There, not ten yards away, was their own house.
    風はついにやんだ。雪山の中の隠れ家から、ハンクとレニーは、世界が正常に戻っていくのを聞いた。彼らは新雪を1フィートほど掘り進んで地上に出た。雪面をぶちぬいたとき、ハンクは笑いだしたが、レニーはじっと見つめていた。10ヤードも離れていないところに、彼らの家があった。
  3. これまで言ったことを要約する。ノンフィクションやビジネス文書に適しています。
    In short, updating our office phone system would help to increase both orders and efficiency. A single receptionist would route calls, and 800 number would increase orders, and a special number for customer assistance would lead to customer satisfaction and, as a result, higher volume.
    要約すると、わが社のオフィス電話システムを更改することで、注文数が増え、かつ効率性を増すことに寄与するであろう。1人の受付係が電話を転送し、800番号によって注文が増え、お客様支援専用番号によって顧客満足度が増加し、その結果、注文数の増加につながるだろう。

参考文献:The Princeton Language Institute. 21st Century Guide To Improving Your Writing. New York: Dell Publishing, 1995.

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *