Words of the year 2015

It's time for me to look back this year and list up the most impressive words I experienced this year. Words of the past years are:
The words of the year for 2001: getting a flat within the Tokyo metropolitan area, a position change at the office, and Soarer.
The words of the year for 2002: America.
The words of the year for 2003: the airplane and the musical.
The words of the year for 2004: the blog, Asian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone.
The words of the year for 2005: darts, the GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again.
The words of the year for 2006: the US stock and the mutual fund.
The words of the year for 2007: changing my car and visiting Hawaii.
The words of the year for 2008: England and Fukagawa.
The words of the year for 2009: office position change, MacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket.
The words of the year for 2010: Taiwan, Singapore and Malaysia; iPhone; and the credit card.
The words of the year for 2011: the car, the British culture and China.
The words of the year for 2012: Oji, the mahjong, the flight attendant and Facebook.
The words of the year for 2013: Ayurveda, Korea, high school alumni and Tsuyoshi Takashiro.
The words of the year 2014: England and Android.

And this year's keywords for me is Maine, United States; Estonia and transfer of workplace.

Maine, United States is where I visited in September for pleasure. I drove the US roads, went shopping at supermarkets and pharmacies, rode America's domestic flights, and was excited in many ways. That experience encouraged me to look back at the United States from the United Kingdom, which I had been interested in for almost a decade. 

Estonia is the country where I applied for the e-Residency card. Before I did it, all I knew about Estonia was that it was what Baruto, a former sumo wrestler, was from, not being able to tell it from other Baltic countries like Lithania and Latvia. I found out that that country was one of east Europe's most IT-advanced countries. I think it's a good idea to visit Estonia next year.

Transfer of workplace is that I was transferred the office and position in December, leaving previous workplace where I had served for more than six years. 

Anyway, this year is coming to an end. I managed to live safe and sound, without being suffered from any diseases. That being said, I'm getting older and older, and my body is gradually worn out. That's why I'm going to check my body thoroughly and maintain it from scratch, which is going to be my next year's task.

2015年のキーワード

今年の振り返りのキーワードをあげる時期がやってきました。

2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
だったのですが、今年のキーワードは

アメリカ(メイン州)エストニア職場異動

にします。

アメリカ(メイン州)は、今年の9月に旅行で訪れた場所。憧れのアメリカの道路を初めてドライブしたり、スーパーで買い物したり、モーテルに泊まったり、コインランドリーで洗濯したり、国内線の飛行機に乗ったりと、短い旅行期間ながらもいろいろ体験させてもらいました。これまでイギリスに傾倒していたのですが、イギリスは去年2度も行ってちょっと飽きてきたというのもあり、やっぱり日本人にとって目標の国といえばアメリカなのかな〜と、再度アメリカに心が傾きつつある今日このごろなのです。

エストニアは、9月に大使館に行ってe−Residencyカードを申し込んだ縁です。それまでエストニアといえば元力士・把瑠都関の出身国というぐらいの知識しかなく、他のバルト三国のリトアニアやラトビアと区別つきませんでしたが、東欧きってのIT先進国というのを初めて知りました。折しも日本でもマイナンバーカードがこれからのトレンドということもあり、マイナンバーの先輩国としていろいろと体験してみる価値がありそうです。来年は実際にエストニアに旅行してみてもいいかもと思ったりしてます。

職場異動は、これまで6年以上もの長きにわたって担当していた業務から外れ、12月に新しい部署に異動したというもの。まあ異動自体は初めてじゃないですがだいぶ久しぶりなので。

ということで、今年も残すところあと1日で、3年間の厄年からもようやく明けることになります。幸いなことにたいした病気もせずに済みましたが、だいぶ体もガタがきているのも事実なので、来年は本腰入れてボディメンテナンスをはじめてみようかなとも思ってます。

Visiting Maine

I think it's too late to write this entry, but I visited Portland and Boothbay Harbor, Maine in this September. I watched a musical play Carousel at Kokugakuin Tochigi High School performed by its musical club a few weeks before. Carousel is a musical that features a love story of a young girl and a barker in Maine, filmed in 1956. That inspired me to visit this state and, if I could, eat some lobsters and clambakes.

There were no direct flights from Tokyo to Maine, so I chose flights from Tokyo (Narita) to New York (JFK), and from LaGuardia to Portland (Maine's largest city). All flights were Delta Airlines.

DL172 to JFK

Continue reading “Visiting Maine”

回転木馬とロブスター(4)

前のエントリ

いよいよ日本に戻る日になりました。もう少しいたかったんですが、チケット代の関係でこの日程で戻るのが一番安上がりだったので。

ポートランドから日本への直行便はないため、デトロイト、シアトルと2回乗り換え、シアトルから羽田まで直行便に乗ります。全行程、デルタ航空です。

Portland International Jetport

Continue reading “回転木馬とロブスター(4)”

回転木馬とロブスター(2)

前のエントリ

泊まったモーテルは、こういう場所。

La Quinta Inn & Suites

アメリカの地方都市によくありそうなモーテルですが、アメリカの文化を感じるのにはうってつけの環境かと。

朝食はこんな感じのビュッフェスタイル。これもモーテルにありがちなスタイル。

Breakfast at La Quinta Inn & Suites

ソーセージとかベーコンとか温かい食事は一切ついてなく、オートミールを温めるかワッフルを自分で焼くかしないと温かい食べ物にはありつけません。

さてミュージカル「回転木馬(Carousel)」は1956年にゴードン・マクレー、シャーリー・ジョーンズ主演で映画にもなっていて、その映画が撮影されたのがメイン州のブースベイハーバーという場所だそうです。ポートランドからブースベイハーバーまで約50キロ。車でないと行けない場所ですが、せっかくならレンタカーを借りてアメリカドライブもしてみようと思い、レンタカーを手配していたのでした。

レンタカーの窓口はポートランドの空港にあるので、モーテルから空港に向かいます。タクシーを呼んでもよかったのですが、空港まで1キロぐらいしか離れてないので、アメリカの田舎町の雰囲気を感じるのと健康も兼ねて(?)歩いてみることにしました。

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(2)”

回転木馬とロブスター(1)

今年の9月の國學院栃木高校の文化祭。いつも観に行くミュージカル部の今年の公演は「回転木馬」。じつに10年ぶりです。

Carousel

Cast list

「回転木馬」(Carousel)のあらすじは10年前のブログ記事の内容にも書いてありますが、この作品の舞台となっているのはアメリカのニューイングランド地方・メイン州。ロブスターが名産といわれている場所だそうで、一度行ってみたい気持ちが頭をもたげてきたので、実際にメイン州まで行ってみることにしました。

North Wing departures

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(1)”