UK版Windowsで日本語IMEを正しく使う

言うまでもなく、日本と米国とではPCのキーボードのキー配列が異なっています。しかし同じ英語圏であっても、米国と英国でもキーボードの配列は若干異なります。Shift+「2」はUKキーボードでは日本語キーボードと同じ「"」になります。「@」を表示させるにはShift+「'」(アポストロフィ)を打つ必要があります。そしてその「'」(アポストロフィ)は上から3段目、Enterの左隣の左隣にあります(ちなみにEnterの左隣は「#」です)。英国内でPCを買うと、必然的にこのUK配列のキーボードがついてくることになります。

さて、最近のWindowsは多言語化が進んでおり、英語版のWindows PCであっても、日本語化することは非常に容易になっています。日本語の入力だけならば、Google日本語入力などの日本語IMEを後付けすればよいです。

ただ、日本語IMEはUSキーボードにはくくりつけることはできますが、UKキーボードにはこのままでは対応しておらず、IMEをインストールして起動させてキーボード入力すると、USキーボードでの配列で出力されることになります。ですので、IMEを起動させずにUKキーボードでShift+「2」と打つと「"」になりますが、Windowsキー+スペースを押してIMEを起動させた瞬間、Shift+「2」は「@」になってしまうのです。これを避け、UKキーボードの配列のまま日本語IMEを動作させる方法を見つけましたので備忘録としてここに記します。

(1) RegEditを開きます。
(2) HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters を開きます。そして
LayerDriverJPN: KBDUK.DLL
OverrideKeyboardIdentifier: PCAT_101KEY
OverrideKeyboardSubtype: 0
に書き換えます。他のパラメータはそのままにします。
(3) PCを再起動します。
これでIMEを起動してShift+「2」を押しても、ちゃんとUK配列の「"」が出てくるはずです。

ちなみにMacBookなどのApple製品の場合、英国で売られている製品のキーボード配列はWindows PCのUKキーボード配列と若干異なります。もちろんUSキーボードとも違います。英国のApple製品をBootCampなどでWindows化した場合は、RegEditのHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parametersの値を
LayerDriverJPN: britishA.dll
にします。そのほかのパラメータは上記と同じです。

英国留学などで英国のPCやMacを使うことになった方は、参考にされてはいかがでしょうか。もちろん、日本で買ったPCにUKキーボードをつないで使う場合にも役に立つかも(そんな人いるかどうかは別ですが)。

なお、IME起動後の英数字とかなの切り替えはAlt+「'」(アポストロフィ)です(Altは左側のものだけです。右のは「Alt Gr」といって別の機能です)。

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *