2014年のキーワード

今年も恒例の「今年のキーワード」を振り返る時期になりました。
2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワードは、
イギリスAndroid
でしょう。
Continue reading “2014年のキーワード”

Words of the year 2014

I list up the most impressive events I experienced each year as the “words of the year” in every year end, like this:
The words of the year for 2001: getting a flat within the Tokyo metropolitan area, a position change at the office, and Soarer.
The words of the year for 2002: America.
The words of the year for 2003: the airplane and the musical.
The words of the year for 2004: the blog, Asian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone.
The words of the year for 2005: darts, the GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again.
The words of the year for 2006: the US stock and the mutual fund.
The words of the year for 2007: changing my car and visiting Hawaii.
The words of the year for 2008: England and Fukagawa.
The words of the year for 2009: office position change, MacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket.
The words of the year for 2010: Taiwan, Singapore and Malaysia; iPhone; and the credit card.
The words of the year for 2011: the car, the British culture and China.
The words of the year for 2012: Oji, the mahjong, the flight attendant and Facebook.
The words of the year for 2013: Ayurveda, Korea, high school alumni and Tsuyoshi Takashiro.
Now I have the words of the year 2014: England and Android.
Continue reading “Words of the year 2014”