2013年のキーワード

毎年恒例の「今年のキーワード」を振り返る時期になりました。
2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
さて2013年のキーワードですが、
アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
をあげたいと思います。
アーユルヴェーダは、こちらのエントリでも書いたように、最近ボディメンテナンスのために毎月川越に通っています。
韓国は、10月に初訪問を果たしました。1月から振り返っても、韓国大使館の旧正月のお祭りに行ってきたり、ここ1〜2年ほど「善徳女王」「イ・サン」「階伯」「武神」などの韓国ドラマを観たり、韓国人が職場に入ってきたりで、韓国とのかかわりが増えてきました。
高校の同窓生。今年、21年ぶりに同窓会が開かれ、参加してきました。高校時代にほとんどしゃべらなかった人も含めていろんな同級生と再会でき、そのあともちょくちょく飲みに行ったり、Facebookを通じてつながりができました。
高城剛氏は、最近影響を受けている人物の一人で、今後の世界を予測し、私たちに不安定な将来をどう生きるべきか、どうすべきかを語ってくれています。アーユルヴェーダも氏の影響によるところ大です。
セレンディピティ、あたらしい物事との出会いは、生きる醍醐味だと思います。あたらしい人に出会い、あたらしいことを経験することで、何歳になっても成長し続けることができると思います。
来年は何に出会えるでしょうか。
皆様、良いお年をお過ごしください。

Words of the year 2013

I list up the “words of the year” in every yearend based on what I experienced in that year.
The words of the year for 2001: getting a flat within the Tokyo metropolitan area, a position change at the office, and Soarer.
The words of the year for 2002: America.
The words of the year for 2003: the airplane and the musical.
The words of the year for 2004: the blog, Asian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone.
The words of the year for 2005: darts, the GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again.
The words of the year for 2006: the US stock and the mutual fund.
The words of the year for 2007: changing my car and visiting Hawaii.
The words of the year for 2008: England and Fukagawa.
The words of the year for 2009: office position change, MacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket.
The words of the year for 2010: Taiwan, Singapore and Malaysia; iPhone; and the credit card.
The words of the year for 2011: the car, the British culture and China.
The words of the year for 2012: Oji, the mahjong, the flight attendant and Facebook.
Now the words of the year for 2013 are: Ayurveda, Korea, high school alumni and Tsuyoshi Takashiro.
Continue reading “Words of the year 2013”

健康へのもうひとつのアプローチ

スリランカ式のアーユルヴェーダのクリニックに通い始めて、もう半年になります。
アーユルヴェーダとは、ヒマラヤに源泉を持ち三千年の歴史を持つ古来からの医療で、インド、ネパール、スリランカなどで今日でも用いられているそうです。特にスリランカでは国をあげて産業として保護・育成にあたっており、世界唯一のアーユルヴェーダ省まであるそうです。
日本にも、川越に「スニル・アーユルヴェーダ院」というところがあり、そこの院長の西村スニル先生は、1994年に来日後、慣れない日本の生活で健康を損ね、そのときに家族から取り寄せてもらったアーユルヴェーダのハーブと、食生活のスリランカ式への改善で、すっかり健康を取り戻したことから、1996年にアーユルヴェーダ院を設立し、文明病に悩む日本人のために治療を続けているとのことです。
アーユルヴェーダの基本は、問診と脈診。それだけで、「あなたは心臓と肝臓に問題を抱えていますね」と言い当てられ、それが人間ドックで先生に言われ続けてきたことなので驚きます。特製のハーブティーを飲んだあとはベッドに案内され、うつぶせになり、熱いハーブをオイルに浸して布でボール状に覆ったもので背中をパッティング、そのあと頭から足まで全身をマッサージ。
そのあとは、木製のカプセルのようなものの中に入り、その下でハーブを煮詰めて、蒸気がカプセルに充満し、そのうち大量に汗をかいて汗とともに老廃物が出て行くしくみとなっています。
そのあとシャワーを浴びて汗を洗い流し、すべて終了。
1回1万3千円と高いですが、終わると気持ちがすっきりします。ハーブとスパイスの特製カレーも頼めば出してくれます。ハーブティーや元気酒、怪しい見た目の丸薬などもオプションで売ってたりします。効果のほどはどのくらいかわかりませんが、半年前に比べ周りの人に痩せた、と言われるようになったように思います。あと、周りが風邪ひいてても自分は風邪ひかなかったり、とか。
この手の代替医療はしばしば西洋医学と対立するように思われがちですが、別に西洋医学を否定するつもりはなく、西洋医学はそれはそれで急性の症状を即効的に治すには効果的ですし。一方でアーユルヴェーダとか東洋医学は、西洋医学が外的アプローチで病気を「治す」のに比べ、これらは内的アプローチで、身体のコンディションをノーマルに維持(あるいは、ノーマルに戻す)ことをねらっているのかな、と。こういった別の医療を併用することが、健康を維持するのに役立つんじゃないかな、と、私は思います。
Buddha and Indian deities
Curry
Herbs
Herbs

Another approach to health

Ayurvedic medicine, or Ayurveda, is a system of traditional medicine with 3,000 years of history native to the Himalayan area. Even today it is regarded as part of alternative medicine in such countries as India, Nepal, and Sri Lanka. Especially in Sri Lanka, it is protected and encouraged as one of national industries by Department of Ayurveda, world’s only administrative ministry related to it.
There is a Sri-Lankan-style Ayurvedic clinic in Japan, which I’ve visited on a monthly basis for almost half a year. Sunil Nishimura, a Sri Lankan Ayurvedic practitioner, has been running this clinic since 1996 in Kawagoe, Saitama. He first came to Japan in 1994, and soon after that he became ill because of his stressful life in Japan. He asked his family to send him Ayurvedic herbs. He took them imported from his home country and changed his eating habits into Sri Lankan ones. Then he recovered his health soon after he changed his life. That was why he opened a clinic based on Ayurveda for Japanese people suffered from diseases of civilisation.
Continue reading “Another approach to health”