大泉ブラジリアンタウン

群馬県大泉町。
大規模な工場が誘致され、そこに日系ブラジル人を中心に出稼ぎ労働者を受け入れたため、人口4万1千人のうち6千人弱が外国人という町で、そこには、大規模なブラジル人街ができています。

The Brazilian Plaza Street in Brazilian town Sign in Portuguese Portuguese on the pole Portuguese on the pole
通りや看板の、いたるところにポルトガル語が。

レストランやフードコートでは、ブラジル料理を出し、スーパーには、ブラジル人用の日用品が売られています。

ほかにも、八百屋さん、薬局、ファッションストア、コンピュータショップ、電器店、タトゥーショップ、旅行代理店、コミュニティーセンターから、教会に至るまで、そこで暮らすブラジル人たちがそこで用が足せるように、ポルトガル語ベースになっています。

さらに、フリーペーパーや雑誌なども、コミュニティーセンターなどに行けば、手に入るようになっていて、飛行機に乗らなくても、パスポートのいらない海外旅行をした気分になれます。

Pamphlets for Brazilians Food at the Brazilian Plaza

注目すべきなのは、これらの店でも、ブラジル人が働いているということ。工場だけでなく、工場で働くブラジル人にサービスをする職にもまた、ブラジル人が就けるようになっていて、ここでは、すべてがブラジル人で回っているようです。

今後、好むと好まざるにかかわらず、日本は近い将来、海外から移民を受け入れることが避けられなくなるでしょう。この町は、多文化が混じり合った一つの例であり、移民とどう共存していくかのヒントを、私たちに教えてくれているのかもしれません。

Supermarket for Brazilians Grocery store

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る