40歳を迎えて

明日、とうとう40歳になります。10年前、30歳になるときに書いたダイアリーでは、それまでの人生で何を学んだかを振り返ったあと、最後にこう書きました。

30代の夢としては、一番大きいのはなんといっても「結婚」だろうね。別に結婚しなきゃいけないワケでもないし、あせって結婚するものでもないんだろうけど、やっぱり自分の家庭を持つというのは、一個の人間として大事なことなのかな、と思うようになってきた。

あとは、仕事でも早く一人前になりたいし、経済的にももう少しゆとりが欲しい。マイホームだって持てるものなら持ってみたい。要は、
経済面・仕事面・プライベートの基盤を固める
という一言で言い表せるのかな。

正直言って、どれも叶ってません。まあ自分一人なんとか養うだけの収入は得られるようになりましたが。
30代は、20代以前に比べるととてつもなく面白かったし、いろんなものとの出会いや幅広い経験ができた実り多い時代だったと思います。30歳になる前の数週間は悲壮感満々で鬱状態でしたが、40歳になろうとする今、まったくそんな気持ちはありません。ただ、30歳の時から見て、貴重なものを失ったのがいくつかあるのも事実で、それは「人生の残り時間」と「体力」です。あたりまえですが「働いて稼いで生きられる残り時間」が10年減りました。肌もつやがなくなったし、顔もしわが増えたし、酒も弱くなったし、疲れやすくなりました。
40代は、「老い」との妥協と戦いの10年になると思っています。「老い」には2種類あって、打ち克つことのできないものとできるものがあると思います。前者は体力的なもの、これはどうしようもないことなので、あえて戦う必要はないと思ってます。また、どうやってもできないことに固執するのもやめにします。人間の能力には限りがあるし、それらを捨てたとしても、他にできることはいっぱいあるからです。失ったものを嘆くよりも、まだ残っているものに感謝することだと思います。
一方、打ち克つことのできる「老い」は、精神的な老い、つまり変化への恐れ、過去に身につけた考えや常識への固執、新しいことへの好奇心を失うことです。このような「老い」は、何歳になっても自分の意志で克服することができるもので、これからも大いに戦っていきたいと思っています。
これまでは自分の人生経験への投資ということで、稼いだ金はあえて貯蓄するよりも使うようにしてきましたが、もう40代になると、稼げなくなるまでに残された時間もあまり残っていないので、そろそろ方針転換をして、これからは老後に備えて貯蓄も考えていきます。
グローバルマインドも今や未来への鍵と思います。日本人としては、人生の最後まで日本で暮らせるのが望ましいとは思っていますが、未来は不安定で、2011年3月11日の津波や放射能汚染で示されたように、日本で安全で快適な生活ができなくなるかもしれませんし、周辺の敵対国がいつか日本本土を攻撃してくるかもしれず、何らかの理由で日本に住めなくなっても、世界のどこでも生活ができて仕事ができるようにしておきたいと思っており、そのためのスキルと人的なつながりを持っておきたいと思っています。もちろん資産も世界の何ヶ所かに分けて置いておき、1つがだめになっても生きられるようにしたいと思います。
将来のことは誰にもわかりませんが、だからこそ人生、面白いと思います。平清盛の言葉を借りると「面白う生きてやる」という気持ちで、次の10年を生きていきたいと思ってます。

Turning 40

Tomorrow I’ll turn 40 years old. Ten years ago, when I was being 30, in my (Japanese-only) diary I wrote, I looked back what I had learnt in my life before and mentioned that my dreams in my thirties were (1) good marriage, (2) success in business, (3) spare financial resources, and (4) possession of my own house. To be honest, nothing out of those dreams come true right now, except that I’ve got enough income to manage to support myself only.
Indeed, I’ve experienced a wider variety of things in my thirties than I did in my twenties. Years in my thirties were much better, much brighter, and much more exciting than those in my life before. I don’t feel as depressed as I did for a few weeks before I was turning 30. But yet I think I’ve lost some precious things —- time left in my life and a little physical strength. There is ten years less time left for working, earning and living. My skin gets duller. There are more wrinkles in my face. I can drink less alcohol. And I get tired more easily.
I think that my forties would be the decade for compromise with and a battle against, ageing. I will face two types of ageing: one can’t be overcome and the other I can do. I won’t try to fight too much against physical ageing, which can’t be helped. I won’t stick to what I won’t be able to do, for there is a limit to my ability. Even if I give them up, I’ll have a lot of other things I can do. I won’t grieve over what I’ve lost. Instead, I’ll be thankful for what I still have.
On the other hand, I can fight against mental ageing, which means fear for changes, adherence to ideas and sense I acquired in the past, and lack of curiosity about new things. This kind of ageing can be overcome of my own accord, no matter how old I turn.
Money will be more important for me. Until now I’ve intentionally spent all the money I earned to make an investment in my life experience rather than saving it. Now that I’m in my forties, I have to change my mind, because there will be not so much time left before I can no longer earn any money. I’ll try to save as much money as I can, so as to spend my last days comfortably.
Global mind is now crucial for my future life as well. As a Japanese, it would be desirable to keep living in Japan until the end of my life. Yet future is unstable. This country may no longer be safe and comfortable to live, as shown in the events of tsunami and radioactive contamination that occurred in 11 March 2011. Some countries around Japan are hostile towards it, so they may attack our homeland some day. Even if I can’t live in Japan any longer for some reason, I want to be capable of living and getting a job anywhere else in the world. I’ll build such skills and human links that I can do it. Of course I’ll save my assets in several countries of the world so that I can live even if I lose one.
Nobody knows the future, but life is fun for this. I will live the next ten years with fun.

宿場めぐり

GWの帰省を兼ねて、木曾の宿場を回ってきました。帰省する道中、内田康夫「皇女の霊柩」を携えて、かねてから行ってみたかった中山道の馬籠宿に1泊してみました。
中央道で東京から中津川まで約4時間のドライブは、GW谷間の平日ということもあり渋滞もなく快適そのもの。中津川で高速を降り、馬籠に行く前に中津川市内の中津川宿方面に寄ってみました。主要な宿場には必ずある「本陣」(大名や位の高い人たちが泊まる場所。それに次ぐ格式の場所が「脇本陣」、庶民の泊まるのが「旅籠」ですね)の跡を探してみます。
ガイドブックは持ってきていなかったので適当に標識を見ながら市街に出ると、「中山道歴史資料館」なる施設に出くわしました。駐車場も十分ありそうですし、ここに一旦クルマを置いてあたりを散策することにしました。

Continue reading “宿場めぐり”