Going back to Japan

The last night of the trip I stayed within Changi Airport because if I had stayed in a hotel room I would’ve miss the returning plane departing at 7:10 in the morning. Fortunately, Changi Airport opens 24 hours a day and it doesn’t close at midnight. Because UA check in counters were closed until 4:30 am, I had to stay in a bench in the departure floor.
However, sleeping on the bench wasn’t successful. When I lay on the bench, security guards came to wake up and said, “There’s no oversleeping here, sir.” I moved to another bench and slept hiding from them, but I couldn’t sleep very well, just slept only for an hour, because every time I heard the sound of somebody’s footsteps I was afraid that the security officers came to wake me up. Later I saw guests in the coffee shop on the same floor sleeping very well. I should’ve do it!
At 4 am, I saw UA check-in counter open and began check-in. Although there was automated check-in machines, it became error while processing. I finally was led to a human-operated counter by UA staff and managed to have a boarding pass.
Soon I entered into a departure gate. I was surprised to see that there was just a screening machine for luggage, no security gates nor screening officers. Its security check was very simple. After luggage screening there were immigration counters, where a piece of the disembarkation card I had got at Woodlands Checkpoint was taken away and a departing stamp was stamped on my passport.
While in a restricted area, I went in front of the boarding gate for UA804 to Tokyo and opened my laptop to surf the net, because duty free shops were closed until 6 am so I had nothing else to do. I was disappointed that there was no free WiFi spots even in the boarding gate areas in Changi Airport, unlike other international airports. Priced WiFi operated by StarHub was all in that airport. Even if I tried to pay for the WiFi by my credit card, the authentication of the credit card failed. I found that if I sent an SMS by a Singaporean mobile phone I had an SMS by StarHub with user id and password. I tried to do it and once successful, but ten minutes later the connection became unavailable. That’s why I rate Changi Airport very bad in international airports in the world.
At 6 am, the duty free shops began operation, but we had not so much time to shop because the boarding on UA804 was to begin at 6:30 am.
Departure gates
More than that, there were strict security checks at the entry of the boarding gates while there were simpler screening at the departure entrance, so I had no time to take a rest in front of the gate.
UA804 to Tokyo
Anyway the airplane arrived at Narita at 3:10 pm, just on time. I managed to return to Japan alive 🙂

Foods eaten in Singapore and Malaysia

As is often the case with me, I don’t usually go to luxury restaurant to eat foods abroad because I prefer foods local people usually eat on a daily basis. Here’s a list I’ve eaten in Singapore and Malaysia:
Chicken macaroni soup
Chicken macaroni soup: at a food court of Changi Airport.
Chicken rice plate
Chicken rice plate: at another food court of Changi Airport, where stewardesses of Singapore Airlines were having breakfast.
SQ stewardesses having breakfast
Today's lunch
Mutton biryani: for lunch at a hawker stall in Tekka Centre, Little India.
This wasn’t put on a banana leaf but just paper, while in another local restaurant Indians were eating foods on a banana leaf by hand.
Today's dinner
Chicken kebab, hummus and hibiscus juice: for dinner at Arab Quarters.
Lunch at Johor Bahru
Nasi ayam (chicken rice) and sate (grilled chicken) sticks with coconut sauce: for lunch at a cleaner restaurant in Larkin bus terminus in JB. Those two foods and nasi goreng are what I couldn’t help eating in Malaysia.
Pizza Margarita Sea bass and soba
Pizza margerita (left) and sea bass with soba (right): eaten at a poolside bar of Thistle Hotel for dinner.
Nasi lemak
Nasi lemak: rice boiled with coconut milk with vegetables and half a boiled egg covered with a leaf. Bought at a restaurant in a Gemas station building. It was very difficult to eat because the rice was fragile. That restaurant was dirty, with small flies flying around the table. I couldn’t eat even a half of it.
Meal set at KFC in Gemas
Meal set at KFC: at a KFC in Gemas. It was cleaner, but shop girls of it were blunt and it tasted not very good.
Nasi goreng
Nasi goreng: at last I found it. With this, my travel to Malaysia was complete.

How to get to MRT Tanjong Pagar from KTM Singapore station

I wanted to walk to MRT Tanjong Pagar station from KTM Singapore station, but I could not find anywhere any signs leading to Tanjong Pagar station. I followed the people walking, but all of them went into a car park because they parked their own car there. I, having no my own car, had completely lost my way. Even if I asked ticket counter staff of Singapore station how to get to the MRT station, all she answered embarassedly was “Over there, 15 minutes’ walk.”

I walked to the direction as she said “over there” but I lost my way walking for a while. The Lonely Planet I carried with me had no such maps. My iPhone didn't show the map because M1 prepaid sim card stored in the iPhone didn’t have enough balance. I walked on dark streets managed to get to Tanjong Pagar station 50 minutes later, sometimes losing my way.

The Lonely Planet and any other travel guidebooks I know have no clear maps or instructions between KTM Singapore station and MRT Tanjong Pagar. There are no signs to guide you to the MRT station anywhere in the Singapore station building. Then I’m the first person to guide you the correct way from KTM Singapore to MRT Tanjong Pagar. I’VE BEATEN THE LONELY PLANET!!

  1. First get out the station building on Cantonment Link and you’ll see a road sign indicating the direction of “Tanjong Pagar.” Follow the sign and go ahead on Cantonment Link.
  2. Walk forward on Cantonment Link and then you’ll see an interchange of Cantonment Rd. and a road sign indicating that Tanjong Pagar is on right. DON’T FOLLOW IT! Just walk ahead.
  3. You’ll get to an intersection of Anson Rd. Turn left on Anson Rd.
  4. You’ll see an entrance of MRT Tanjong Pagar station.

Or:

  1. Get out of Singapore station building, walk along on a wide road under an elevated highway, to the direction opposite to the station building.
  2. You’ll see a FUJI XEROX building, and turn left on Anson Rd.
  3. You’ll see an entrance of MRT Tanjong Pagar station.

Even so, the Singapore station should distribute guide maps at ticket counters or information booths and should build a taxi stand to let taxi cabs gather there to pick up passengers to the MRT station. It's one of Singapore’s disappointing points, even if Singapore is one of the cleanest and most sophisticated cities.

Rail travel in Malaysia

On the last day of my stay in Malaysia I wanted to try to visit a small town of Malaysia accessible by train. I thought that Gemas, Negeri Sembilan was the most appropriate town to visit for a one-day trip.
I checked out the hotel one hour before the train departure time (9:02 am) and asked the taxi cab parked in front of the hotel to send me to KTM JB station.
The waiting room of JB station was a bit dirty, and only a few people were waiting for the train. While sitting on a bench to wait for the train, a priest-looking man with ocher robe walked up to me and talked in Chinese or Malaysian language to me, trying to force a charm and a prayer beads upon me. I told him that I couldn't understand what he said because I didn't speak Malaysian. He then switched the language into English and said, "Doe-neh-sen, doe-neh-sen." I understood that he was saying "donation," so I refused it. He moved out of the waiting room and went somewhere else.
Half an hour later, quite a few passengers gathered in the waiting room. Then the priest came back, and asked a donation to each of them and was refused one after another. I guessed he should be a fake priest. It was only morning and my feelings were hurt by him.
About fifteen minutes before the departure time the boarding gate was open. We had my ticket punched and was allowed to get out to the platform. The rail had a 1000mm gauge, a little narrower than that of Japan Railway. As far as I could see, it had almost the same width as JR's rails, though. All the operation section is single-track, and non-electrified except certain sections in Kuala Lunpur.
KTM Johor Bahru station platform
No sooner had I get out to the platform than a train came in.
Ekspres Rakyat train
It was Express Rakyat, which had departed Singapore early in the morning and was to Butterworth late at night via Kuala Lumpur and Ipoh. A diesel locomotive was pulling coaches.
Ekspres Rakyat
Inside view of a coach. Seats were hard like a bench and windows were dirty, just like a Japanese old train. Oops! It's not a coach, it's a dining car.
Ekspres Rakyat
A coach was like this. It was much cleaner with soft seats and a LCD TV equipped on a wall, which displayed a movie while driving non-stop sections.

Continue reading “Rail travel in Malaysia”

帰国

帰りの便は朝7:10発なので、前夜に下手にホテルに泊まると寝過ごす危険性があるので、チャンギ空港内で夜明かしすることにしました。幸い24時間空港なので空港全体が閉まることはないので、どこかベンチにでも寝てればいいかな〜と思って。

UAのチェックインカウンターは朝4:30からしか開かないということなので、それまでは出国手続きもできず、免税店で買い物もできないので、出発ロビーのフロアのベンチにとりあえず寝てればいいかと思ってましたが、寝てると空港のセキュリティの人たちがやってきて「ここは寝る場所じゃありません」と言って起こされました。場所を変えて別のベンチで目を盗んで仮眠してましたが、足音がするとまたセキュリティが起こしに来たかと気になって1時間ぐらいしかろくに眠れませんでした。あとで見てみるとコーヒーショップでコーヒーを頼んでそのまま寝てる人が多かったみたい。そうすればよかった・・・。

朝4時になるとUAのチェックインカウンターが開き始めたので、さっそくチェックイン開始。自動チェックイン機がありましたが使っている途中でエラーになって搭乗券が発券されず、そのままカウンターに誘導されてなんとか発券してもらいました。

すぐに出発口から入ると、荷物用のセキュリティ探知機があるだけで、セキュリティゲートをくぐる機械も何もないという簡単なチェック。それがすめばすぐに出国処理で、入国カードの半券を回収されてスタンプを捺されたあと制限エリア内に入りましたが、免税店は6時からしか開かないので、それまでネットでもして時間つぶすか〜と思って搭乗ゲートに向かいましたが、チャンギ空港は搭乗口付近でも無料のWiFiはないんですね。ふつう海外の空港ならどこかしらに無料のWiFiスポットがあるもんですが、ここはすべてStarHubが管理する有料のものしかなく、しかも金を払おうとしてもクレジットカードの認証が下りないし、シンガポールの携帯を持っている人ならSMSを送ればIDとパスワードが払い出されて使えるようになるんですが、それも10分ほどで使えなくなるし・・・・・・。ということで私の中でのチャンギ空港の評価はきわめて悪いです。

6時になると免税店が開き始めましたが、搭乗開始が6時半からなので、正味30分ぐらいしかお土産など買う時間がなく、せわしない買い物となってしまいました。

Departure gates

しかも出発口でセキュリティチェックが簡素だった分、ゲートの入口でみっちり検査され、ほとんどゲート内でくつろぐ時間もないまま搭乗とあいなりました。

UA804 to Tokyo

行きの便では隣に神経質そうな多動症気味の日本人女が座って来てこっちを見るなり不快そうに睨みつけてこられちょっと苦痛な7時間でしたが、帰りの便は私の隣はちょっとでっぷりした気の良さそうなアメリカ人のおじさん。荷物の収納のときも気を使ってくれてとても優しい人でした。

離陸後すぐ機内食が出ました。「Chicken or omelette?」と訊かれたので、条件反射的に「Chicken!」と答えたところ、出て来たのは鶏肉のビーフンのようなもの。隣の人のオムレットの中身を見て、そっちにしとけばよかったとちょっと後悔。食後は、睡眠不足を補うべくただひたすら寝てました。

すぐ前の席に座ってたアメリカ人のファミリーに2歳ぐらいの女の子がいて、同じ列にいた日本人の同じぐらいの女の子のところに遊びに行ってすぐ仲良くなってたのが微笑ましかったです。

飛行機は悪天候の中、定刻通り15:10頃に成田空港に到着。なんとか生きて帰ってくることができました。

シンガポール・マレーシアB級グルメ

例によってあんまり高級な場所には行かず、地元の人が行くような店を選んで食事していた私ですが、現地で食べたものリストを。

Chicken macaroni soup

チャンギ空港に着いてすぐ、小腹が空いたのでフードコートで食べたチキン・マカロニ。

Chicken rice plate

そして翌朝、チャンギ空港の別のフードコートで食べたチキンライス。

ここのフードコートでは、シンガポール航空のスチュワーデスさんも食事中でした。

SQ stewardesses having breakfast

そしてランチは、リトルインディアのテッカセンターのホーカースでマトンビリヤーニをいただきました。

Today's lunch

下に敷いてあるのはバナナの皮ではなくただの紙ですが、別のレストランではバナナの皮に包んだカレーを地元のインド人が手づかみで食べてました。

Today's dinner

夕食。アラブクォーターでいただいたアラブ料理。チキンケバブ、フムス、ハイビスカスジュースです。

Lunch at Johor Bahru

翌日、ジョホールバルのラーキンバスターミナルのできるだけキレイそうなレストランを選んで食べたナシアヤムと、ココナッツソースをつけたサテ(焼き鳥)。マレーシアといえばこの2つとナシゴレンは外せないと思っていたので、これで目標の2つは達成です。ただお値段が18リンギほどしたので、ちょっと高級店の部類かもしれません。

Pizza Margarita Sea bass and soba

シスルホテルでの夕食はプールサイドのバーでちょっと贅沢&洋食ということでピザ(左)とシーバス+ソバつき(右)。

翌日のグマスではナシゴレンを探すべくレストランを探し回りました。まずは駅併設の食堂に入り、メニューを見るとナシゴレンと書いてあったので、レジの人にナシゴレンを注文すると、「ない」と言われ、仕方ないのでレジの前に置いてあった食べ物を買いました。

Nasi lemak

ナシ・ルマ。ご飯をココナッツミルクで炊き、野菜とゆで卵を乗せて葉っぱで包んだものですが、ご飯がぽろぽろこぼれて食べにくい上、小バエが飛び回る不衛生な環境にすっかり食欲をなくし、半分も食べられませんでした。

Meal set at KFC in Gemas

口直しに近所のKFCへ。中はキレイでしたが、カウンターのお姉ちゃんは無愛想な上、味も微妙でした。

Nasi goreng

やっとこさありついたナシゴレン。これでマレーシアの旅は完成しました。

KTMシンガポール駅からMRTタンジョン・パガー駅への行き方

マレー鉄道でシンガポールに降り立ち、そこから歩いてタンジョン・パガー駅でMRTに乗ろうとしたんですが、シンガポール駅のどこにもタンジョン・パガー駅への案内がありません。みんなの歩いていく方向に従って歩くと、駐車場に出ました。みんな車でこの駅に来ていたようです。では車のない私はどうすればいいのか。駅のカウンターの係員に聞いても、「あっちのほう。15 minutes' walk」とおおざっぱに言われるだけ。乗換駅なんだし、同じこと訊く人いっぱいいるんだろうから、道案内の地図でも用意してくれればいいのに。。。。

仕方なく「あっちのほう」に向かって歩いていても、そのうち方向感覚がわからなくなってすっかり道に迷ってしまいました。ロンリープラネットを見てもそれらしき地図はなく、iPhoneに入っているM1のプリペイドは残高切れでGPSの地図も見れず・・・。せめてシンガポール駅の売店でバウチャーカードでも売っててくれればよかったのに、と悔やんでも始まらず、適当にあっちこっち歩き回っているとようやくタンジョン・パガー駅にたどり着きましたが、15 minutes' walkならぬfifty minutes' walkで、50分ほど暗い道をさまよい歩いていました。

ロンリープラネットに限らず、私の知る限りどのガイドブックにもKTMのシンガポール駅とMRTとを連絡する経路が明確に書かれているものはありません。駅にも明確な案内はないので、なら自分で作ってしまおうと、ここに「KTMシンガポール駅からMRTタンジョン・パガー駅への行き方」を記しておきます。「地球の歩き方」にも「All About」にも載っていない、ここにしかない貴重な情報ですよ。

  1. まず、シンガポール駅舎を出て、すぐ目の前の通り(Cantonment Link)に出ると、「Tanjong Pagar」と書いた矢印の道案内があるので、それに従ってCantonment Linkを進む。
  2. しばらくすると、Cantonment Rd.との交差点に出る。そこにTanjong Pagar・右という標識があるが、無視してそのまままっすぐ進む(私はここで右折してえらいことになった)。
  3. しばらく歩くと、Anson Rd.との交差点に出るので、左折してAnson Rd.を進む。
  4. しばらくするとMRTの入口が見えてくる。

もしくは、

  1. シンガポール駅舎から、高速道路の高架下の広い道路を道なりに、駅と反対方向に歩く。
  2. FUJI XEROXのビルのところを左折し、Anson Rd.を進む。
  3. しばらくするとMRTの入口が見えてくる。

これでOKです。MRTのタンジョン・パガー駅からKTMのシンガポール駅に行く時は、上の反対のことをすればいいです。

それにしても、駅にタクシー乗り場でも作ってくれればいいのに。街はキレイで洗練されていても、不親切な一面を見て、シンガポールに少し失望。

Johor Bahru

On the third day of this trip I went to Malaysia.

I exchanged my own 100USD bill into Malaysian Ringgit at a money changer in Orchard. The 100USD became 299 Ringgits.

MRT Woodlands station

I went to Woodlands by MRT to catch an SMRT950 bus, which would cross Causeway and go to Johor Bahru. Crossing Causeway on foot was possible so far, but now it's forbidden.

Woodlands bus terminus

People waiting in line at the dusky bus stop were, in comparison with other places of Singapore, in a weird mood.

Bus to Johor Bahru

After waiting dozens of minutes a bus for Johor Bahru came. You can pay the fare by tapping your EZ-Link card. There were very crowded people in the bus. I'm afraid that, because I had so large luggage, it maybe disturbed other people.

The bus passed MRT Marsiling station and then it was about to cross Causeway, but I couldn't see outside very well because other people were packed in that bus.

Before crossing Causeway, the bus stopped and every passenger including me was forced to get out of it to pass the immigration. After going upstairs of the building, there were immigration counters in charge of departing Singapore. The disembarkation card I had kept since Changi Airport was taken away, and a departing stamp was stamped on a visas page of my passport.

After clearing the immigration, I was caught by a woman with a hood on her head and asked me to fill out a survey for me. I accepted her request because I had enough time and I saw she had a validly authorised ID card. I was asked some questions, like airline name coming to Singapore, nights of stay, amount spent per day, impression for Singapore. After the survey, a little strap was given to me.

I went downstairs and saw a bus stop. The SMRT950 bus was already gone, but the next bus came soon and I got into it. That bus had less people than the previous one. While onboard I tapped my EZ-Link card here as well.

Crossing Causeway

I took a picture of the view from the bus crossing Causeway. I couldn't find where the national border was. All I saw was the sign saying "Welcome to Malaysia" in the middle of the bridge. After crossing Causeway the bus stopped again and every passenger had to get off to have Malaysian immigration. Going upstairs as I did at Woodlands, I saw there were immigration counters of Malaysia. I filled out an immigration card behind the booths, handed it in to an immigration officer along with my passport, and had my passport stamped a Malaysian immigration stamp. At last my immigration process was complete.

Malaysia immigration Bus terminus at immigration

I made up my mind to keep going by bus, though taking a taxi to KTM Johor Bahru station was also available. SMRT950 bus would've taken me to Kotaraya bus terminus, but I decided to take another bus coming earliest because I had to wait for a long time to catch SMRT950. Most of them would go to Larkin bus terminus instead of Kotaraya, but buses going to Larking was more popular.

Bus terminus at immigration

The bus came first was Singapore-Johor Express from Bugis and was air-conditioned and enough vacant seats. However, EZ-Link card was no longer available, and I paid one Ringgit cash instead.

The bus ran on a wide road like an expressway for a while, and arrived at Larkin bus terminus.

Larkin bus terminus

When the bus arrived, dirty-looking pimps-like people came around the bus and they started asking us to take their taxis. I was frightened from the very beginning of the travel to Johor Bahru. Although they did nothing as long as I ignored, I felt I've come to the very place I least wanted to come, seeing many pimps around the bus stop and fierce-looking men walking boringly around there. Nevertheless, I got used to that mysterious situation after being there for an hour. The pimps didn't follow me any longer once I said no to them. There was a police station in the terminus so I could rush into it if I was attacked by them.

Larkin bus terminus

Once I got used to it I walked in the terminal building. Dirty-looking newsstands, markets and mobile phone shops were crammed into the building with a stinky smell. I wanted to buy some pictured postcards if there was a souvenir shop, but no such shop was in that building.

Market in Larkin bus terminus Market in Larkin bus terminus

Of course I first dropped in on a mobile phone shop. I got a DiGi Prepaid SIM card for 10 Ringgit and had it activated there.

The building was a two-storey high. Mobile phone shops and newsstands were on the ground floor and a Seven-Eleven convenience store and clothing shops were above.

I completely lost my way in Johor Bahru, so I was afraid that if I took a taxi to the hotel I was gonna stay the taxi driver would charge me an unreasonable price. But I had no other way. I went to a taxi stand where red taxi cabs were, because the red cabs seemed to be authorised. I asked a driver out of the taxis how much it costed to Thistle Hotel, where I was going to stay that night, and the driver answered he didn't know where the hotel was. Then I caught the next taxi driver as well. He understood it so I got into it. The cab arrived at Thistle Hotel for ten minutes or so, for about 6.1 Ringgit. I didn't know if it was reasonable because I didn't know how much it should be. Probably it was acceptable because the taximeter seemed to work well and 6.1 Ringgit was equivalent to just 200 JPY or so.

Thistle Hotel
Thistle Hotel guestroom Thistle Hotel guestroom
Pool area of Thistle Hotel Pool area of Thistle Hotel

Thistle Hotel is a British-capitalised hotel located in various places worldwide.

View from Thistle Hotel

It's the view from the hotel room. You'll see typical Malaysian houses.

Yasin Restaurant Jalan Abu Bakar

Continue reading “Johor Bahru”

マレー鉄道の旅

最後に、せっかくシンガポールやジョホールバルにいるので、どうせならマレー鉄道に乗ってどこかマレーシアの田舎町に行ってみたいと思ったので、ジョホール州のお隣の州、ヌゲリ・スンビラン州のグマスというところに行くことにしました。なぜグマス?というと別に理由があるわけではありませんが、ジョホールバルからできるだけ遠く、かつ日帰りでシンガポールまで戻ってこられるところということで一番妥当そうな場所だったからです。

行きの電車は朝9:02ジョホールバル発ということで、1時間前にはホテルをチェックアウトしてタクシーでジョホールバル駅まで送ってもらいました。

駅の待合室は小汚くがらんとしていて、他に待っている人が数人いる程度。ベンチに座って電車を待っていると、黄土色の僧衣のようなものを着た坊主が寄ってきて、中国風のお守りと数珠を押し付けようとしながら何やら語りかけてくるので、何言ってるかわからないと英語で答えると、「ドーネーセン、ドーネーセン」と言ってきます。なんだdonation(寄付)の要求か、と呆れ、Noと言ってぷいっと立ち去ると、その坊主はどこかに行ってしまいました。

30分ほどたつと、人がだいぶ集まってきました。そうすると、さっきの糞坊主がまた戻ってきて、次々に人に寄付を求めては断られていました。おおかたニセ坊主なんでしょう。

朝っぱらからちょっと嫌な気分でしたが、発車の15分ほど前になると改札口が開きました。駅員に切符を渡してハサミを入れてもらい、プラットホームに出ます。

レールの軌間は1000mm。JRの在来線(1067mm)より少し狭いんですが、見た感じあんまり変わりないように思いました。全線単線、一部を除き非電化です。

KTM Johor Bahru station platform

プラットホームに出ると、すぐに列車が入線してきました。

Ekspres Rakyat train

急行ラキヤ。朝シンガポールを出てクアラルンプール、イポーを通り、夜に終点バターワースへ行きます。ディーゼル機関車が客車を牽引しています。

Ekspres Rakyat

中の様子はこんな感じ。シートはベンチのように固く、窓も薄汚れた、一昔前の日本の特急列車みたいな感じ、と思いきや、これは食堂車でした。

Ekspres Rakyat

実際の客車はこちら。シートもふかふかで、車内もきれい。壁には液晶テレビがあり、途中2時間ほど止まらない区間を走っているときはDVDの映画を上映します。なんかバス遠足のような感じです。

Continue reading “マレー鉄道の旅”

ジョホールバルへ

3日目は、いよいよマレーシアへわたりました。

オーチャードのマネーチェンジャーで手持ちの100ドル札をマレーシア・リンギへ両替。100USドル=299リンギ也。

MRT Woodlands station

MRTでウッドランズへ行き、そこでSMRT950系統のバスに乗ります。シンガポールとマレーシアとはコーズウェイという橋のようなものでつながっているので、ちょっと前までは歩いて国境越えができたんですが、今は歩くのは禁止されているようです。

Woodlands bus terminus

薄暗いバス停には、これまでのような多国籍な華やかな顔ぶれとは違い、癖のありそうな独特な雰囲気の面々がずらーっと並んでいます。

Bus to Johor Bahru

待つこと数十分、やっとバスがやってきました。EZ−Linkカードをタップすれば乗れます。中は超満員。大荷物の自分はかなり迷惑かけちゃいました。。。

バスはマーシリング駅を経由し、いよいよコーズウェイを渡ります。といっても超満員なので外の景色を楽しむ余裕などなかったですが。

と思ったら、コーズウェイの手前で停止し、全員下ろされました。いよいよイミグレーションを通過です。階段を上がると、シンガポールの出国手続きの窓口があり、そこでシンガポールの出入国カードの半券を回収され、同時にパスポートにシンガポールの出国スタンプが押されました。

窓口を抜けると、フードをかぶったおばちゃんにつかまっちゃいました。アンケートをとりたいとか。まあ暇だったしちゃんとオーソライズされた身分証明書も示してくれたのでつきあうことにしました。

シンガポールへ来た飛行機、滞在日数、1日に買い物や食事に使った金額、シンガポールの街の印象などをいろいろ聴かれ、終わったあとは携帯ストラップのようなものをくれました。

階段を降りてバス停に行くと、アンケートに時間がかかっている間に、乗っていた950系統のバスはもう行ってしまっていました。すぐに後続のバスが来たのでそれに乗り込みました。こちらはさっきのよりは少しすいてました。ここでもEZ−Linkカードをタップして乗り込みます。

Crossing Causeway

ちょっと余裕があったので車窓からコーズウェイを渡っている写真です。あんまり国境がどこかはわかりませんでしたが、しばらく走っていると「Welcome to Malaysia」の表示が見えてきたので、そのあたりからマレーシアなんでしょう。

コーズウェイを渡り切ると、またバスが停まり全員下ろされました。今度はマレーシアの入国手続きのようです。

さっきと同じように階段を上がると、マレーシアの入国審査ブースがずらーっと並んでいます。ブースの手前で入国カードをもらって記入し、パスポートと一緒にブースの係員に提示すると、マレーシアの入国スタンプがパスポートに捺され、入国カードの半券と一緒に返されます。これで晴れてマレーシア入国が完了です。

Malaysia immigration Bus terminus at immigration

ここからタクシーでKTMのジョホールバル駅まで行くこともできるんですが、バス停に行ってバスに乗り続けることにしました。本当は950系統でコタラヤというバスターミナルへ行く予定だったんですが、950系統はしばらく来なそうだし、ラーキンバスターミナル行きのほうがメジャーそうなので、予定変更してラーキン行きのバスに乗ることにしました。

Bus terminus at immigration

今度来たバスはブギスから来た星柔快車で、エアコンが効いてて気持ちよく、座席もがらがらで座れました。ただしここからはEZ−Linkカードは使えず、1リンギを現金で渡して乗り込みます。

高速道路のような広い道路をしばらく走ったあと、ラーキンバスターミナルに到着しました。

Larkin bus terminus

バスが着くなり汚い身なりの客引きがわらわらっと寄ってきて、バスの降り口付近で大声でタクシーの客引きを始め、のっけから度肝を抜かれました。まあ無視して降りれば何ともないんですが、降りたあとも停留所付近に客引きがいっぱいいるし、それ以外にも目つきの悪そうな連中が所在なさげにうろうろしてたりで、シンガポールとはえらい違い、とんでもない世界に来ちゃったな〜という感じですが、それでも小一時間もいればこんな怪しさ爆発の世界にもすっかり慣れてしまいました。客引きも「No!」って言えばそれ以上しつこく付きまとってこないし、近くにポリスがいるので何かあったらそこに駆け込めるようなので。

Larkin bus terminus

余裕が出るとバスターミナルの中の世界にも立ち入れるようになりました。汚そうな売店、市場、携帯ショップなどが臭気を漂わせながらひしめきあっています。土産物屋のようなものを期待して絵葉書でも買って行こうかと思ってたんですがとてもそんな雰囲気ではなさそうです。

Market in Larkin bus terminus Market in Larkin bus terminus

当然、真っ先に立ち寄ったのは携帯ショップ。DiGi PrepaidのSIMカードを10リンギで買い、開通してもらいました。

バスターミナルは2階建てになっていて、1階に携帯ショップや売店などが、2階にセブンイレブンや衣類の店などがあります。

ラーキンといっても地理感覚がまったくつかめないので、ジョホールバルのどのあたりなのか皆目検討がつかず、これはタクシーに乗ったら延々連れ回されてぼられるかな〜と思ったんですが、他に方法がないので覚悟を決めて乗ることにしました。とりあえず赤いタクシーなら正規のタクシーのようなので、客引きを振り切って赤いタクシーの乗り場まで行き、そこで今夜の宿「シスルホテル」に行きたいと運転手さんに言ったんですが、1台目のタクシーには「シスルホテル? 知らない。いくらかかるかもわかんない」と言われる始末。すぐ後ろのタクシーの運転手に同じことを伝えると、今度はわかる人だったので、そのタクシーに乗ることにしました。

ほんの10分ほどでシスルホテルに到着。料金は6.1リンギほど。相場がわからないので妥当なのかぼられてるのかわかりませんが、まあメーターはちゃんと動いていたし、200円ぐらいなのでまあいいかと。

Thistle Hotel
Thistle Hotel guestroom Thistle Hotel guestroom
Pool area of Thistle Hotel Pool area of Thistle Hotel

シスルホテルは英国系で、世界各地にホテルがあるようです。

View from Thistle Hotel
ホテルの窓から見下ろす風景。典型的なマレーシアの家並みなのでしょうか。。。

Continue reading “ジョホールバルへ”