The last day of 2008

I look back what I did this year on the last day of every year. The year 2001’s topics for me was moving my apartment within Tokyo metropolitan area and buying Toyota Soarer. In 2002, I made my first visit abroad (Washington, DC). In 2003 I started studying aviation (aircrafts and its operation), and encountered musicals and performing arts by small troupes. In 2004 I started blogging, visiting Asian countries (Singapore and Hong Kong), and had GSM cell phones distributed throughout those countries. In 2005, I began playing darts, studies GSM/W-CDMA mobile telephony , and visited Hong Kong again. In 2006, I opened a Firstrade account and began buying US stocks and mutual funds. Last year I got a new car (Accord) and went to Hawaii.
This year, days passed so fast that I can’t remember what I did something special, but all the topics I can remember this year are (1) England and (2) Fukagawa. Thanks to the manga Emma by Kaoru Mori, I got acquainted with UK and Victorian English cultures. And this August, I moved to the Fukagawa district, with plenty of Tokyo’s historic sites.
Hope 2009 would be more meaningful for me, my family, my friends and my partner (if I could have).

2008年も最後です

毎年恒例の、年末の振り返りです。こないだ2007年の総括をやったと思ったら、もう2008年の年末になってしまいました。
2001年 都内一人暮らし、職場の異動、ソアラ
2002年 アメリカ
2003年 飛行機、ミュージカル
2004年 ブログ(文芸業界)、アジア(香港・シンガポール)、GSM携帯電話
2005年 ダーツ、GSM/WCDMA携帯電話、香港再訪問
2006年 アメリカ株・ミューチャルファンド
2007年 クルマの買い替え、ハワイ旅行
そして、今年のトピックといえば、「イギリス」と「深川」でしょう。前者は、森薫先生の「エマ」と「シャーリー」というマンガに偶然出会ったおかげで、いままでの米国一辺倒趣味から英国にも興味が移ってきました。特に19世紀末のヴィクトリア朝のイングランドについて、関心を深め、マニアになってしまいました(個人的には「エマ」もいいですが「シャーリー」のほうが萌え所が多くて好きですが)。そして後者は、8月に自宅を江東区に移したのを機に、深川や江戸御府内についてもより深く調べたりなど、趣味の引き出しが増えました。
同時に、今年から30代もとうとう後半になってしまい、だんだん見かけもオッサンになってきたように思います。頭頂部も以前よりかなり薄くなり、腹も出てきました。そして、10年前なら若い女性とすぐに意気投合したものですが、このごろは、女性とあまりスムーズにお話することが、だんだんできなくなってきました。街や電車内などで見知らぬ女性とすれ違ったとき、以前なら目が合うとどちらからともなくにこやかに通り過ぎていったものでしたが、最近は女性に近づくとにらみつけられることが増えてきました。年齢とともに見た目もだんだん劣化していっていることが嫌でもわかります。そのうち女性と目が合うだけで痴漢扱いされかねなくなるかもしれません。年を取るということは実に残酷なものです。
2009年はどんな年になるのでしょうか。どんなにオッサンになっても、新しいものとの出会いだけは、大事にしていきたいものです。

最後のNOKIA

Nokiaが日本向けの端末販売から全面撤退すると発表して2週間。Nokia E71についてはドコモ・ソフトバンクともに発売中止を宣言しました。となると、既に販売開始しているソフトバンクのNokia N82が日本で買える最後のNokia端末ということになります。是が非でも入手したいところですが、705NKの割賦払いがあと3ヶ月ほど残っています。これを払い終わるまで待っていると、ただでさえ在庫僅少なN82のこと、永遠に入手するチャンスを失ってしまうかもしれません。
ところでメインにはドコモのBlackberryの回線を皆に電話番号を教えて使っているので、人から電話がかかってくるときにはBlackberry端末に着信してしまいます。Blackberry端末を持って電話している姿もいささか不恰好ですので、これをMNPによってソフトバンクに移してN82をゲットし、通話用回線として使うということにしました。ただBlackberry端末もメールチェックには非常に便利なので全く使えなくしてしまうのも惜しく、そのためドコモにもう1回線新規に引き、Blackberry用に使うことにしました。
ということで昨日、まずはドコモショップへ赴き、現用回線のMNP転出を申し出、予約番号を払い出してもらうとともに、新規回線の申し込みをしました(もちろん、回線契約だけで、新しい機種は何も買いません)。
newFOMAcard.jpg
新しいFOMAカードです。今後はこれをBlackberry用&ドコモユーザーへのSMS交換用とします。
自分でブラックベリー・ケアに電話し、新しい電話番号を告げBlackberry Internet Serviceとデータ通信パックを申し込みたい旨告げると、ものの10分ほどで開通し、前の回線同様にBlackberryサービスが受けられるようになりました。
そして今日、払い出してもらったMNP予約番号を手に秋葉原のヨドバシカメラに向かい、N82のブラックの在庫があるか聞いてみると、まだ残っているという返事だったので、そのまま契約をすることにしました。
ホワイトプラン+パケホーダイフルをつけ、24回の割賦払いで、その場での支払いはなし。他にこの電話機用にmicro SDHC 8GBのメモリカードを買ったので、今日の出費は約7千円ほど。今まで使っていたメインの携帯番号がソフトバンクの番号になりました。まあこの番号はもともとボーダフォンの携帯を買ったときに取った番号で、そのあとMNPでドコモに移していたものなので、また元の鞘におさまったというのが正確ですが。
myNokiaN82.jpg
これが現物です。今まで手にしたどのNokia端末よりもデザインも携帯らしく、完成度も高いような気がします。
HSDPA機能搭載。学生時代に研究していた「適応変調方式」がやっと実機に載る時代になりました。Webの読み込みスピードもこころもち速い気がします。パケホーダイフルなのでガンガンWebアクセスしまくっても青天井の課金がないというのが精神衛生上非常に良いです。
WiFi内蔵なので、秋葉原などにいるといたるところから無線LANの電波が飛んできます。無料のWiFi電波を拾ってWebアクセスなどしてみると、読み込みが激早! これで無料というんだから大したものです。
カールツァイスのレンズの500万画素カメラはまだ未使用ですが、とりあえずビデオを撮ってみました。
13122008.mp4
そして何よりも一番感心したのが、何も操作せずに放置しておくと自動的にキーロックがかかること。今まで、705NKなどたま~にキーロック操作を忘れてポケットの中に入れておくと、勝手によそに電話をかけてくれたり、カメラが起動してくれたりして悩ましかったのですが、N82は一定時間何も操作しないと自動的にキーロックされるので、安心です。
ドコモからBlackberry Boldが出るまでの間は、いじりがい、遊びがいのある端末だと思います。