お部屋探し開始

かねてから予告していたように、クルマを捨てた以上、QoL維持のためにもっと都心に引っ越そうと考えていて、引っ越し代が捻出できるのを待っていたんですが、やっとこのたびボーナスが出たので、いよいよ実際に行動に移すべく昨日から動き始めました。

場所は、ズバリ門前仲町、清澄白河、木場エリア。1Kで、今住んでいる19m2よりも広くて、床がフローリングで、家賃9万円以内という条件をつけ、門前仲町のエ●ブルで探してもらいました。

エ●ブルは2chなどでは酷い書かれ方してましたが、対応してくれた営業の人は人当たりよさそうな人でした。このへんのエリアだと、築5~6年以内か、築20年近くの物件に二極化しているとのこと。上の条件なら、築浅でけっこういろいろな物件があるとのことでした。

条件に合ったものをいくつか紹介してもらい、内見に連れて行ってもらいました。

候補A: 門前仲町駅前、ワンルーム。
候補B: 木場公園横、木場駅徒歩10分、清澄白河から徒歩12分。11階建8階部分。90,000円。
候補C: 木場~東陽町からそれぞれ南へ徒歩12~13分、インターネット代込87,000円。ウォシュレット付、入居者がまだいるので内見不可。
候補D: 東陽町駅前、SEIYU横、92,000円。
候補E: 門前仲町~越中島駅間の住宅街。築19年。83,000円。

実際に行ってみた結果としては……
候補A: 論外。
候補B: 収納が少ないのとキッチンが狭い以外は言うことなし!
候補C: 条件的にはいい感じだが、中身を見てみないことには、なんとも……。
候補D: 立地的にはよいが、ちょっとごみごみし過ぎてるのと、入口に虫がいっぱい飛び交ってたのが不快。
候補E: 閑静な住宅地で立地的にもよく、部屋も使いやすそうだが、やはり古さは否めないのと、震災前の物件なので防災面に少し不安が残る。

ということで、ワタシ的には候補Bかなあと思いました。

すると営業の方が「気に入った物件があれば、申込金1万円を入れていただければ1週間までお留めしておけますよ。その間に他のいい物件の空きがでたらご案内しますし。まあ、ウエディングドレスのようなものです」とのこと。

私が「???」と思っていると、その方は「ウエディングドレスは、結婚式当日に着るまで試着というものができないので、いいと思ったものがあればその場で押さえてもらうんです。そしてまた出直して、もっといいのがあればそれを押さえてもらって、うちの場合はそれを4回ぐらい繰り返してやっと決めたんです。……僕のは15分で終わりましたが。男は選択肢がないのでそんなもんです」と。さらに、「ウエディングドレス選びのときは、必ずモメて、ケンカになります。(結婚するときは)くれぐれもお気をつけくださいませ」 結婚未経験の私には良い話を聞かせていただきました(笑)。

ともあれ、その場は候補Bを仮押さえしてもらうこととし、1万円の申込金を入れてきました。このお金は契約成立・不成立を問わず返金してもらえるとのこと。重要事項の説明を受け、書類に記入して、その場は終わりとなりました。

店を出たあと、木場まで行き、候補Bの場所の周辺をいろいろと歩き回ってみました。交通(鉄道・道路)も練馬に較べれば格段に整ってるし、少し中に入ると深川の下町の雰囲気を残した、けっこう住みやすそうなところのように感じます。

もう、即契約しちゃってもいいかも。

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る