「メーテル」から「のらくろ」の街へ

今日、7年ちょっと住んだ思い出深い練馬区を転出しました。

転入のときにも行った区役所20階展望レストランで、今日も昼食をとり、窓から見える新宿副都心の高層ビル群を眺めながら名残をおしみました。

そして、転出証明書をもらったその足で東陽町の江東区役所へ行き、ちょっとフライングですが転入手続きをしてきました。

これで今日から晴れて江東区民となりました。

窓口で証明書の自動交付機カードを作りませんかとすすめられました。このカードを使って機械で住民票や印鑑証明を取れるとのことで、窓口で取るよりも安くすみ、また時間外にも取れるというメリットがあります。練馬区にも同じようなのがあったんですがついぞ作らずにけっこう不便な思いをしてきたので、今回はせっかくなので作ることにしました。

住民基本台帳カードも同時に作れるようでしたが、公的な身分証明として使えるようにするためには顔写真入りにする必要があり、区役所内に証明写真を撮れるところもあったのですが、あいにく今日は写真を撮れるような格好をしてきてなかったので、またの機会にすることにしました。

江東区役所のロビーには、クリーニングの出し方やトラブルについて解説したパネルがあり、こういう説明は他ではあまり見ないのでちょっと気になってたんですが、↓のアホのように、けっこうクリーニングがらみのトラブルってあるみたいですね。

クリーニング代恐喝で母子逮捕=3年で187万円-愛知県警

(時事通信社 – 07月24日 21:01)

 「仕上がりが悪い」などとクリーニング会社を脅し、約3年間で187万円に上るクリーニング代を支払わなかったとして、愛知県警瑞穂署などは24日、恐喝容疑で名古屋市瑞穂区松栄町、無職伊藤銀次郎(22)と母親の直美(48)両容疑者を逮捕した。銀次郎容疑者は容疑を認めているが、直美容疑者は否認しているという。
 調べでは、銀次郎容疑者らは2005年4月、名古屋市瑞穂区のクリーニング会社直営店に出したカッターシャツの仕上がりが悪いなどと因縁を付け、同社の男性社員(55)ら2人を自宅に呼び付けた上、「クリーニング代を一生ただにしろ」と脅迫。今年2月までの2年9カ月間に297回分のクリーニング代約187万円をただにさせた疑い。 

交付されたカードを使って、さっそくロビーにあった機械で住民票と印鑑証明書をゲット。その足で隣の木場にある深川警察署へ行き、免許証の記載事項変更。これでまた今後は免許証の表裏を見せなければならなくなりました。免許証も最近のは本籍(国籍)が出なくなったので、国籍と住所を同時に証明する手段としては、住民基本台帳カードしかなくなってしまったようです(住民基本台帳カードは日本人しか作れないので)。このカードはいろいろと物議をかもしていますが、まあこんなカードがあろうがなかろうが個人情報なんてどうせダダ漏れだし、カードを作っておくことのメリットのほうが多くなってきたようなので、そろそろ作ってもいいかなーなんて思ってます。

※表題の意味
「メーテル」は、練馬区在住の漫画家・松本零士先生の「銀河鉄道999」のキャラクター。そして「のらくろ」は、深川育ちの漫画家・故田河水泡先生の「のらくろ」。練馬区には「ゆめーてる通り」が、そして江東区には「のらくろーど」という商店街通りがあります。

お引越しスケジュール

契約では、8月1日から家賃が発生し、鍵の引渡しができるようになりました。

まるっと1日会社を休みたいところですが、午後からどうしても抜けられない用事があるので、午前中に鍵だけもらって新居に立ち寄り、その足で会社に出ることにします。

翌2日はガスの開栓とBフレッツのONU設置立会い。アナログ電話もこの日に開通予定。この日はキャンプ座間の盆踊りの日なんですが行けるかどうかは微妙。

家財道具などの本格的なお引越しは8月3日の予定です。業者は手配済。今荷造り真っ最中。。。

旧居は9日(土)にONUとCATVのSTB撤去の立会い。10日(日)朝に鍵返却、という流れになりました。。。

あと一息。がんばります!

入居審査通過

例の木場のマンションを契約することにしました。

会社を休んで住民票やら印鑑証明やらいろいろひっかき集め、連帯保証人(=兄)にも協力してもらいながら書類を不動産屋さんに送って、管理会社の入居審査を待ってました。今の家はもう解約通知を出しているので、もし審査に落ちたらいきなりホームレス生活になってしまうのですが、昨日やっと無事に審査通過の知らせが来ました。

いよいよ契約書取り交わしの運びとあいなったわけですが、またいろいろ書類が必要。必要書類は一度に教えてくれればいいのに。。。

傘失くしました

この前買ったFOXの傘ですが、飲みに行った時にさっそく失くしてしまいました。。。

飲み屋から出るときに傘を持ったところまでは覚えているのですが、次に気付いた時には家の中でぶっ倒れてました。あわてて玄関の傘立てを見てみましたが、ない! どこで無くなったか全く思い出せません。つーかどうやって帰ったかも全く記憶の範囲外です。

高い傘なので、しっかり持っているはずだから失くしようがないと思っていましたが、そんな意識のコントロールもアルコールの前では全く無力でした。

また、いつか手に入れたいな。

お部屋探し開始

かねてから予告していたように、クルマを捨てた以上、QoL維持のためにもっと都心に引っ越そうと考えていて、引っ越し代が捻出できるのを待っていたんですが、やっとこのたびボーナスが出たので、いよいよ実際に行動に移すべく昨日から動き始めました。

場所は、ズバリ門前仲町、清澄白河、木場エリア。1Kで、今住んでいる19m2よりも広くて、床がフローリングで、家賃9万円以内という条件をつけ、門前仲町のエ●ブルで探してもらいました。

エ●ブルは2chなどでは酷い書かれ方してましたが、対応してくれた営業の人は人当たりよさそうな人でした。このへんのエリアだと、築5~6年以内か、築20年近くの物件に二極化しているとのこと。上の条件なら、築浅でけっこういろいろな物件があるとのことでした。

条件に合ったものをいくつか紹介してもらい、内見に連れて行ってもらいました。

候補A: 門前仲町駅前、ワンルーム。
候補B: 木場公園横、木場駅徒歩10分、清澄白河から徒歩12分。11階建8階部分。90,000円。
候補C: 木場~東陽町からそれぞれ南へ徒歩12~13分、インターネット代込87,000円。ウォシュレット付、入居者がまだいるので内見不可。
候補D: 東陽町駅前、SEIYU横、92,000円。
候補E: 門前仲町~越中島駅間の住宅街。築19年。83,000円。

実際に行ってみた結果としては……
候補A: 論外。
候補B: 収納が少ないのとキッチンが狭い以外は言うことなし!
候補C: 条件的にはいい感じだが、中身を見てみないことには、なんとも……。
候補D: 立地的にはよいが、ちょっとごみごみし過ぎてるのと、入口に虫がいっぱい飛び交ってたのが不快。
候補E: 閑静な住宅地で立地的にもよく、部屋も使いやすそうだが、やはり古さは否めないのと、震災前の物件なので防災面に少し不安が残る。

ということで、ワタシ的には候補Bかなあと思いました。

すると営業の方が「気に入った物件があれば、申込金1万円を入れていただければ1週間までお留めしておけますよ。その間に他のいい物件の空きがでたらご案内しますし。まあ、ウエディングドレスのようなものです」とのこと。

私が「???」と思っていると、その方は「ウエディングドレスは、結婚式当日に着るまで試着というものができないので、いいと思ったものがあればその場で押さえてもらうんです。そしてまた出直して、もっといいのがあればそれを押さえてもらって、うちの場合はそれを4回ぐらい繰り返してやっと決めたんです。……僕のは15分で終わりましたが。男は選択肢がないのでそんなもんです」と。さらに、「ウエディングドレス選びのときは、必ずモメて、ケンカになります。(結婚するときは)くれぐれもお気をつけくださいませ」 結婚未経験の私には良い話を聞かせていただきました(笑)。

ともあれ、その場は候補Bを仮押さえしてもらうこととし、1万円の申込金を入れてきました。このお金は契約成立・不成立を問わず返金してもらえるとのこと。重要事項の説明を受け、書類に記入して、その場は終わりとなりました。

店を出たあと、木場まで行き、候補Bの場所の周辺をいろいろと歩き回ってみました。交通(鉄道・道路)も練馬に較べれば格段に整ってるし、少し中に入ると深川の下町の雰囲気を残した、けっこう住みやすそうなところのように感じます。

もう、即契約しちゃってもいいかも。