Medical checkups

Becoming over 33 years old, health is a bigger concern for me. Blood pressure is getting much higher and I’m getting more weight than ten years ago. I’m feeling more tired than in my twenties. It seems to be a good time for me to check up my overall body conditions.
I was in hospital to have a two-day comprehensive medical examination so-called "ningen dock" in Japanese. The company employing me paid for all costs.
View from NTT East Izu Hospital
When I arrived to the hospital in the morning, I had to change my clothes into special ones. Soon I had a few bottles of blood taken by a nurse for blood tests. It was very tough for me because I had not eaten anything more than twelve hours before (Doctor told me not to do). After the blood tests, I was taken to a room where a few dozens of people were waiting in a group. Having a short orientation, a bottle of carbonated water containing glucose was handed in each of us, and we were told to drink it. After drinking the water, we had our blood taken every one hour to check our blood glucose levels. Two hours later, when we finished drawing the second blood samples, we were allowed to have lunch. The lunch was very nice for us because we hadn’t eaten anything for over fourteen hours.
After the lunch, we had various kinds of examinations, ranging from ECG (electric cardiogram) to ultrasound sonography test and CT scans.
After this day’s tests were complete, we took a bath and had dinner in the mess hall. Very gorgeous.
08272007366.jpg
The second day’s examinations, EGD (esophagogastroduodenoscopy) and colonoscopy, were the first time for me and the toughest. But it was very important to find any polyps or cancer on my stomach, colon or rectum.
All test were finished and we had brunch.
Brunch
In the afternoon each of us were invited in turn in front of the doctor’s desk and had some advice for health. For me, my body was almost fine except for high blood pressure and high uric acid and neutral fat levels the exams revealed. I seem to need more exercise, more vegetables, more fruits, less weight, less alcohol, less salt, less fat and less animal products. Anyway, it was very important and meaningful for my future to find out how my current body conditions were. My first course of action would be to have Billy’s Boot Camp 😉

2日目

朝起きぬけに、いきなりこれです。
08282007367.jpg
塩化ナトリウム、塩化カリウム、炭酸水素ナトリウム、無水硫酸ナトリウムなどを配合した経口腸管洗浄剤です。こいつを2リットルの水に溶かして、2時間かけてちびりちびりと飲んでは出し飲んでは出しを繰り返すとのことです。
それが終わると、胃カメラ&大腸内視鏡です。どちらも初体験。どんなんかな~。

Continue reading “2日目”

入院中です

今度はクルマではなく、ワタシ自身です。といっても別に病気をしてるワケではなく、人間ドックの検診で、1泊2日で伊豆にある病院に入っています。もう33歳も過ぎてしまったし、オジサンの仲間入りをしてしまったから、そろそろ体のこともちゃーんと診てもらおうと思って。
集合時間が午前10時ということで、朝は5時起きで伊豆までクルマをとばし、受付を済ませたと思ったら、のっけから採血場に連れて行かれ、試験管3本ほど血を抜かれました。前日の夜10時から絶食を強いられている中で、いきなり血を抜かれ、かなりへろへろになりました。
午前中は、糖負荷試験というのをやりました。これは、ブドウ糖を炭酸で割った飲み物を飲まされ、1時間後と、2時間後の血糖値の変化をみることで糖の代謝機能をみるという試験で、しょっぱなの1回と、ブドウ糖を飲んだ1時間後、2時間後の計3回、採血ということで、かなり血の気が少なくなってしまいました。
飲んでから1時間後の採血までの1時間の間に、基本的な測定(身長、体重、血圧、視力、眼圧、眼底、腹囲)をやっちゃいました。体重は順調に増えていっているようです(汗)。
2時間後の採血を済ませ、採尿を終えると、やっと昼食にありつけました。幕の内弁当です。やっぱり病院向けに少し味付けは薄めにしてありました。というか今まで濃い味付けに慣れすぎなのかもしれませんが。
午後は、心電図、頚部エコー検査をやってから、体力測定ということで、延々エアロバイクを漕がされました。久しぶりに運動したのでいい汗かきました……。
最後に、胸部CT撮影と内臓脂肪測定をやって、15時半ぐらいになったところで、今日の検査は終わりです。疲れました……。でも明日は胃カメラ&大腸内視鏡検査という、もっとハードな検査が待っています。とりあえず腸管洗浄剤をもらい、飲み方のレクチャーを受けたあと、宿泊部屋に入りました。
08272007366.jpg
夜は湯河原の天然温泉につかり、伊豆の海の幸と地ビール(伊豆エール)を十分堪能いたしました。でもこれらのご馳走も翌朝全部出してしまうというのは少しもったいない気もしますが……。

Visiting US military bases

I love to visit the US military bases located within Japan, such as Yokota Air Base, Camp Zama, Atsugi Naval Air Facility, Yokosuka Naval Base, etc. They are usually closed to civilians and normal Japanese people, but they open the gates a few times a year so that everybody can get into the bases (within limited areas, though).
Actually I’m not so much interested in military affairs, but I just want to know how the people (employees and their families) are living as normal Americans. I just want to get what they get, I want to eat what they eat, I want to drink what they drink, and I want to feel what they feel. These bases are very convenient for me to "enjoy America" without flying many hours.
Yokota Air Base is within an easy driving distance from my house. Friendship Festival is held in an August weekend every year. Every time I go to Yokota, I get T-shirts, first aid kits and tens of cans of soda and beer within my backpack at temporary stores.
Japanese-American Friendship Festival, Yokota AB

Continue reading “Visiting US military bases”

面識ない女性拉致して殺害する社会

金目的に路上で女性拉致、殺害して山林に遺棄…男3人逮捕
(読売新聞 – 08月26日 00:52)
 名古屋市千種区で24日夜、帰宅途中だった同区に住む派遣契約社員磯谷(いそがい)利恵さん(31)が拉致され、岐阜県瑞浪市の山林で遺体で見つかる事件があり、愛知県警は26日、住所不定、無職川岸健治(40)、愛知県豊明市栄町、朝日新聞セールススタッフ神田司(36)、名古屋市東区泉、無職堀慶末(よしとも)(32)の3容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。
 3人は、犯罪を行う仲間を募集する携帯電話のサイトを通じて知り合い、「金を奪う目的で、通りがかりの女性を狙った。顔を見られたので殺した」と供述し、県警は強盗殺人・死体遺棄事件として特別捜査本部を設置、強盗殺人容疑でも追及する。
 3人は、25日午前4時ごろ、岐阜県瑞浪市稲津町の道路脇の山林に磯谷さんの遺体を遺棄した疑い。 

ただ歩いていたというだけで、強盗に拉致され、命を奪われる。日本もそんな国になっちゃったようです。
というか、日本も他の国も危険という意味では同じということです。私も海外にいろいろ行きましたが、日本だから安全とか、外国だから怖いとか、そういうことはなかったですね。どこも同じように感じました。かえって、海外のほうが、ホールドアップ強盗に遭ってもおとなしく金を渡せば解放してくれたりしますが、日本だと「顔を見られた」で殺されるんですからね……。
どこにいても、常に殺されるかもしれないという覚悟で対策する。夜、出歩かない。出歩くときは人通りの多い場所を歩く。一人歩きは極力しない。どうしても寂しい夜道を一人で帰る必要があるならタクシーを使う。それでも、殺されるときは殺されるんですから、最後は運なんでしょうかね。
ちなみに、犯人の一人が「川岸容疑者」って……orz

亜米利加さんに逝ってきました 2007 in 横田

毎年恒例の横田基地友好祭です。
Japanese-American Friendship Festival, Yokota AB
もう何度も行ってるのでおなじみの風景です。
例によって現地の戦利品(ジュース、ビール、お菓子類)をいっぱい買い込んできました。
ちなみに、今年は米空軍創設60周年の年にあたるそうで、
USAF 60th Anniversary display US Air Force 60th Anniversary
いつもは開けない建物を開放して特別展示をやってました。中では米空軍の活動などを紹介するパネル展示とショートムービーをやってましたが、ショートムービーは映像の作り方がうまいですね。掛け値なしで「米軍カッコイイ!」と思わせる内容でした。
American ambulance car
基地の奥のほうから急にけたたましいサイレン音と超短周期で激しくフラッシュする回転灯をつけた救急車が猛スピードでやってきて、会場の通路のところで止まりました。どうやら急病人のおじいちゃんがいたらしく、日本人の救命救急士とアメリカ人の男女のメディカルスタッフに囲まれて問診されてました。周りにいた(私も含めた)野次馬たちはアメリカの救急車が珍しいようで、みんな立ち止まって写真撮りまくりでした。
さてそのおじいちゃんは救急車に載せられていきましたが、アメリカのメディカルセンターにでも連れて行かれたんでしょうか……保険とかどうするんだろうなんてどうでもいい心配をしてしまうのでした;

Nokia battery problem

Recent TV news and newspapers are reporting that some of Nokia-branded BL-5C batteries, manufactured by Matsushita Battery Industrial Co. Ltd. of Japan, have the problems that they may experience over heating initiated by a short circuit while charging, causing the battery to dislodge. Nokia has the page that will check if your BL-5C batteries are problematic or not by entering the identification number printed on them.
I have six BL-5C batteries for my Nokia cellphones, such as Nokia6630, 7600, 6680, N71 and a GPS receiver. According to this web site, one battery out of the six was part of this product advisory. I ordered the replacement of it through the web site.

ノキアのバッテリー

ノキアの携帯で使われている松下電池製のバッテリー「BL-5C」の一部に充電中過熱する可能性のあるということがけっこう大きく報道されていますが、この型のバッテリーは私も結構いっぱい持っていて、全部取り出したら6個もありました。
NOKIAのサイトで、バッテリーの製造番号を入力すると対象製品かどうか判定してくれて、対象製品の場合は交換してくれるようです。
私もためしてみたところ、6個中1個がヒット。さっそく交換の手配をいたしました。

阿久悠さん死去

阿久悠さん死去 歌謡曲黄金期の作詞家
(共同通信) 2007年8月1日(水)16:41
 70-80年代の歌謡曲黄金期を代表する作詞家、阿久悠(本名深田公之)さんが1日午前5時29分、尿管がんのため死去した。70歳。兵庫県出身。67年、作詞家デビュー。山本リンダの「どうにもとまらない」、森昌子の「せんせい」、都はるみの「北の宿から」、沢田研二の「勝手にしやがれ」などアイドルポップスから演歌までジャンルを超えたヒットメーカーだった。小説も執筆。99年に紫綬褒章受賞。
gooニュース

阪神間では有名すぎるぐらいの方でしたが、ご冥福をお祈りします。