BlackBerry日本語版発売

sa_br01.jpg
ドコモから、日本語対応のBlackberry 8707hが7月23日から発売されるそうです。
が、相変わらず法人向けオンリーで、システムとセットで販売という中途半端な売り方。個人ユースで日本で使うすべはないようです。
うちの会社で導入してくれないかなあ……まあうちぐらいの規模の会社だったら仮に導入するとなっても全社員にいきわたるのに検証2年ぐらいかかりそうだしなあ。
香港かどっかのキャリアに入って使う方法はないものか。

【2007年7月19日追記】

今、すごくいいことをひらめいたんですが……。
Blackberryを使うには、端末のほかにBlackberry Enterprise Server(BES)を一緒に買わなければならず、それが個人利用を妨げている一因ともいえるわけですが、このBESを個人に開放する業者なんてのは現れないものでしょうか。
ドコモとの契約はあくまでその業者で、端末もその業者が購入し、それを個人に貸し出しor再販する、で、その業者が持っているアカウントを個人に払い出す、っていうのはどうでしょうか。
利用料金にもよりますが、個人のBlackberry利用に拍車がかかるのでは、と期待されますね。
誰かそういうビジネスやってくれないかなあ。絶対そこの株買うのに。

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る

One Reply to “BlackBerry日本語版発売”

Comments are closed.