那覇探訪4~その他~

まあ沖縄というのは生まれて初めて行ったわけですが、なにしろ日本であって日本でないような、不思議な国だという印象を受けました。
まず街の作り方がまるっきり違います。本土の街は、鉄道の駅を中心にして、駅前に役所、銀行、デパートなどの主要施設ができていき、その周辺に住宅地が広がるという形態が一般的ですが、鉄道のなかった沖縄は、まず道路があって、ロードサイドに各種施設やショッピングモールを点在させる、というアメリカ式の街づくりになってるようです。なので当然、車がないとどこへも行けない、という状況で、私も何度となくタクシーのお世話になりました。まあタクシーはいっぱい流れてるし、初乗り運賃も本土に比べれば安いので利用しやすいのですが……。
アメリカみたいといえば、道の広さや建物一つ一つの大きさに圧倒されました。特に新都心あたりの道路は走りやすそうで、車で生活するならだいぶ快適に過ごせそうです。
人々の姓も沖縄独特でした。そこらのコンビニのお姉ちゃんや、ショッピングカウンターの店員さんの名札を見ると「与儀」とか「具志堅」とか「金城」とか「平良」とか「渡嘉敷」とか「宮里」とか、本土ではあまり見かけない姓が多かったです。
気温は東京とあまり変わらないですが、湿度が亜熱帯特有のじとっとした感じで、すぐに汗がにじんできます。香港なんかもこんな感じだったでしょうか。ただ気温が33度を超えることはめったにないそうで、東京や大阪のように35度超えなんてことはないらしいです。そういえば赤道直下のシンガポールも、気温は32~33度ぐらいが上限だとか。

Continue reading “那覇探訪4~その他~”

那覇探訪3~沖縄グルメ~

Goat flesh sashimi and goya champuru
沖縄定番料理のゴーヤちゃんぷるー、そして、ヤギの肉の刺身。このヤギ刺しは1皿1500円と結構な値段がするんですが、まず東京では食べられないだろうから、奮発していただいちゃいました。臭味も全然なく、生姜やにんにくと一緒に食べるとこたえられません。
ヤギといえば、ヤギの乳も飲んできました。牛乳よりも人乳に近くて、牛乳のような臭みも全然なく、アレルギーが出にくいと好評のようです。確かにこれなら毎朝飲めるかな~と思いました。

Continue reading “那覇探訪3~沖縄グルメ~”

那覇探訪2~国際通り・牧志公設市場~

那覇へは観光旅行ではなく出張という目的で来たということで、旅行のガイドブックも何も買わずに来たもんだから、ハッキリ行って那覇に何があるのか全くわかりませんでした。ただ、現地でタクシーなどに乗って車窓から外を見ていると何度となく「国際通り」への行き方の標識を目にし、モノレールに乗っていても、「国際通りへは牧志駅でお降り下さい」というアナウンスを耳にするにつけ、「国際通りって、結構有名な観光地なのかもしれないなー。『国際』っていうぐらいだから、アメリカものとかいっぱい売ってたりして」ということで、行ってみることにしました。

Continue reading “那覇探訪2~国際通り・牧志公設市場~”

那覇探訪1~はるかなる琉球~

探訪、といっても早い話が会社の出張なんですけど、27日から29日まで沖縄の那覇に行ってました。
仕事のことはあんまり書くと社外秘に触れたりしてまずいので、仕事以外のネタを中心に。
まあ、那覇といえばまっさきに思いつくのはなんといっても世界遺産になっている「首里城」。琉球王国の国王が代々おわしました場所です。
ということで、首里城に行ってきました。

Continue reading “那覇探訪1~はるかなる琉球~”

丹波哲郎さん死去

「砂の器」「Gメン75」丹波哲郎さん死去 (読売新聞 – 09月25日 19:21)
 映画「砂の器」やテレビドラマ「キイハンター」などで知られる俳優の丹波哲郎(たんば・てつろう、本名・正三郎=しょうざぶろう)さんが、24日午後11時27分、肺炎のため亡くなった。84歳だった。

とうとう霊界に旅立たれてしまったようで……。

Plaxo

海外では大はやりらしいですが、オンラインの住所録管理サービスです。
http://www.plaxo.com/
メーラーについてるアドレス帳にせよ、Outlookの連絡先リストにせよ、他人様のアドレス情報をメンテしていると、そのうち相手のメールアドレスが知らないうちに変わったりして連絡がとれなくなったりするものですが、相手がメールアドレスを変えるときに、それを自動的に知らせてくれたらどれだけいいでしょう?
ということで、Plaxoは、自分のアドレス帳を相手に見せちゃいましょう、という発想で生まれたようです。私はあなたのメールアドレス(果てはその他の個人情報も)を、こうこうしかじかの形で持ってるんだけど、間違いない?あったら訂正してね、という形で相手に示し、相手側で情報を修正してもらい、それが自分のアドレス帳に反映される、というものです。
相手もPlaxo会員だった場合は、その相手を自分のコンタクトグループに入れてしまえば、常に自分や相手の個人情報が同期され、変更があったときはお互いに反映しあうことができ、常に最新状態を保てるというわけです。
ただ、今のところ英語版しかないので、ほとんどの日本人にアドレス帳の確認メールを送っても英語が読めなくてスパムメールとしか思われないというのが辛いところです。中には”ご親切”に「あなたのコンピュータがウイルスに感染していますよ」なんてご忠告まで頂いたり(汗)。
ということで、日本語版Plaxoの出現が早く待たれるのでした……。

Welcome back

My own Toyota Soarer 3.0GT was hit on the bumper by another car and was sent for repair three weeks ago, so I couldn’t drive anywhere while it was under repair. The car dealer where I had my car’s bumper mended called me up to tell me that it was fixed, and today I went the dealer to meet the car gettng well. That I find that being able to do something usual is very important, was not until I failed to do it.

Write what you hear

Before watching the musical show Sunday afternoon at Kokugakuin Tochigi High School, I visited a classroom where the English Club had a demonstration in the cultural festival.
When I entered the classroom, a schoolgirl belonging to this club and a directing teacher welcomed me. They encouraged me to try to have the “dictation quiz,” where you listened to several short English sentences a native English speaker spoke over the audio cassette recorder and you wrote the actual words of the sentences. Its difficulty ranged from Level 1 to Level 6. Level 1 was the easiest and Level 6 the most advanced. Of course I chose Level 6 because I was proud of my 20 years of English experience.
I was guided to a desk, asked to be seated on the chair, and handed an answer sheet. Then the schoolgirl pressed the play button of the casette recorder. The cassette recorder spoke 13 short sentences like “This engine is powerful.” and “Wealthy people like to travel by ship.” These sentences was repeated twice, and I had to handwrite what I heard over the cassette recorder.
When the quiz was over, the answer sheet was collected by the teacher. He immediately checked my answers and summed up how many sentences were correctly dictated. He told me that I could write 11 out of 13 sentences accurately.
I found that to write accurately what to hear in English was not easier than that I thought. It is almost impossible to accurately hear very short words like prepositions, so it’s important for dictation that you “predict” those words with all of your knowledge on English. If you can predict missing words and write entire sentences with what you hear, it proves that you can comprehend the sentences.

Oliver!

Oliver!
I went to Tochigi last Sunday to watch a musical show performed by Kokugakuin Tochigi High School’s Musical Club in this high school’s cultural festival held that weekend. I watch this club’s musical every year for these several years. One of my keypals, Mito Saigusa, works for Kokugakuin Tochigi High School as a dance instructor for the Musical Club, so I’m very interested in what the students she is teaching play.
This year’s show was Oliver!, a well-known British musical by Lionel Bart. It’s a story of a little orphan whose name is Oliver Twist.
Spoiler warning: Plot and/or ending details follow.

Continue reading “Oliver!”

皇子さま誕生

秋篠宮妃紀子さまが今朝、男子をご出産とのことです。
皇子さまの誕生は父親の秋篠宮殿下以来、41年ぶりとのこと。皇位継承順位は皇太子殿下、秋篠宮殿下に続いて3番目だそうです。
さて、これで「女帝論」は下火になりそうな気配もしてきましたが、こういう皇位継承問題はだいたい臣下の人々の思惑や利害関係がからんで発生するものですから、近い将来、「愛子さま派」と「新皇子派」に分かれて紛争になったりするかもしれません。
それが2052年だったりした日には、まさしく「壬申の乱」の再来ですが(爆)。