【また】阪大生、母親を惨殺【工学部か】

大阪・豊中市の主婦殺害、三男の阪大生を逮捕
 大阪府豊中市の主婦辻森早苗さん(58)が5日、自宅で殺害された事件で、府警豊中署の捜査本部は7日、三男の大阪大学工学部4年、耕平容疑者(24)を殺人容疑で逮捕した。耕平容疑者は2度留年し、最近はほとんど大学へ行かずパチンコ店に入り浸っており、「母親にしかられ、かっとなって金づちで殴った」と容疑を認めている。
 調べでは、耕平容疑者は5日午前9時30分から同10時ごろにかけ、豊中市上野東の自宅1階応接間で、辻森さんから「24歳にもなって、仕事もしないで」などとしかられたことに腹を立て、辻森さんの頭を金づちで十数回殴って殺害した疑い。
 耕平容疑者は事件後、辻森さんの財布から約30万円を抜き取り、ミニバイクで家を出た。辻森さんの遺体が発見された同日午後1時すぎには、パチンコに興じていたという。室内のタンスなども荒らしており、府警は強盗の犯行に見せかけようとした疑いもあるとみている。
(読売新聞) – 7月7日21時33分更新

この間は阪大生ホストが恐喝をやって逮捕されたかと思ったら、今度は強盗殺人……。母校の後輩たちが次々に事件を起こしてくれるので非常に肩身が狭い。僕が出た工学部の学生ばっかりというのが、またなんとも……。

早稲田のスーパーフリー、京大生の集団強姦、同志社大生の塾生殺害、大阪府大生他の生き埋め殺人と、最近は一流大学といわれるところの学生がかかわる事件が相次いでいるようだ。しかも今回の事件の動機が「ママに叱られて、かっとなって殺した」というのがなんともはや……。これも「ゆとり教育」の弊害なのか。阪大の現役学生に向かって「仕事もしないで」と叱るほうも訳わからんが。→記事をよく読むと、こいつは2回留年して、ろくに研究室にも行かないでパチ屋に入り浸ってたんだった。

ろくに叱られたこともない連中が増えると、こういう突発的な犯行が増えるんだろうな。ま、あまり叱られ過ぎても、家が燃えちゃったりするので、そこは程度問題か。

Technoratiタグ: | | |


【2006/07/08追記】
さらに続報。

大学に籍を置きながら、パチンコ店に入り浸っていたという辻森耕平容疑者。母親を殺害した後も、パチンコ店に行っていた。大学では「冗談を言って友達を笑わせる明るい性格」との評判もあるが、授業にまじめに出席するタイプではなく2度、留年していたという。
 辻森容疑者は工学部応用理工学科で、学年は4年だが2度、留年。単位が足りず研究室には配属されていない。卒業に必要な単位の6割強しか取得しておらず、来春の卒業も絶望的とされる。教員が出席を促すために携帯電話などに連絡してもつながらない状態だったという。
 大学では「冗談を言って友達を笑わせる明るい性格」との評判もある。一方で、同級生らは「あまり学校に来なかった」と口をそろえた。大学院2年の男子学生は「1、2年のころは授業で姿を見たが、ここ2、3年は見かけなくなった」。学部4年の同級生は「『夜遅くまで酒を飲んで遊んでいて大学に来られない』といううわさを聞いたことがあった」と話す。
                            (毎日新聞 – 07月07日 21:50)

件のホストと同じ学科らしい。ホストの場合と違うのは留年を繰り返した上、単位不足のため研究室には入ってなかったようだ。そりゃ大学には出てこないわな。
まあ1万人近くも学生がいれば、中には変なのもいるだろうけど、全体的に僕らの時代と比べて学生自体の質が変わってきてるっていうのも事実なのかもしれない。

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る