【Vodafone】ネ申木幾はまだ出ないのか【702NKII】

9月20日にボーダフォンは、秋冬商戦に向けた新機種として、NOKIA6680ベースの702NKIIを10月下旬以降に発売すると発表した(9月20日のエントリ参照)。しかしながら、10月下旬はおろか、11月に入っても発売されずにいる。この日に一緒に発表された「703SHf」「703N」「V604SH」の3機種は、もう既に発売されたのだが、ノキアの702NKIIだけはいっこうに発売される気配はない。しばらくして、ボーダフォンは11月15日に2005年度中間期決算を発表し、その中で702NKIIについて「11月に発売する予定です」と明言している。にもかかわらず、11月が終わろうとしている今日になっても、その約束は果たされないままだ。
既にいろんなところでいろいろな噂が流されている。「12月23日発売予定だ」「いや発売は来年の1月だ」「発売中止になる」「価格面でノキアとボーダフォンが折り合わず発売できない」「勝手アプリの封印処置のためにリリースが遅れている」「コンテンツプロバイダからの圧力でMP3再生機能を使えなくしているための遅延だ」「Vodafone live!へ接続するソフトウェアのバグ修正に時間がかかっている」云々。どれを信じればよいか全くわからず、一般ユーザーは蚊帳の外で錯綜する情報に振り回されているのが現状だ。
問題なのは、約束を1ヶ月以上も反故にしながら、何の連絡もコメントもしないボーダフォンの姿勢だ。


ボーダフォンのサイトやカタログには、702NKIIについて「近日発売」「New」などと銘打って、いかにももうすぐ発売されそうな宣伝文句で期待させ、ボーダフォンショップの店頭においても、モックを並べ「近日発売」と謳っていた。ところが、それが何の予告もなく、12月号のカタログでは702NKIIの存在そのものが抹消されている。それと時を同じくして、全国のボーダフォンショップの店頭から、702NKIIのモックが一斉に姿を消してしまった。
ボーダフォンは、果たして702NKIIを売る気があるのだろうか。本当は売りたくなかったが、行きがかり上発表だけはしておいて、ノキアユーザーなど所詮ボーダフォンユーザー全体からみればごく微々たる比率だから、適当に放置しておけばそのうち忘れ去られるだろうなどと考えて、放置プレイをしているのではないのか。
これでは、客から注文を受けたまま、料理をまったく運ばずに延々と客を待たせているレストランと同じではないか。蕎麦屋の出前なら客から文句が出れば「今からちょうど作るところです」とか何とか言いつくろうところだろうが、ボーダフォンはそれすら言ってこない。我々に何の恨みがあって、こんな嫌がらせのように勿体つけているのだろうか。
ひょっとしたら、ボーダフォン側にも事情があってすぐに売り出せないのかもしれない。ノキア側に非があるのかもしれないし、他の要因があるのかもしれない。しかし原因がどうであれ、直接お客に対して売るのはボーダフォンなのである。お客は、今どういう状況で、何故発売ができないのか、まったく情報が入ってこないのだ。人身事故で止まった満員電車の乗客を引き合いに出すまでもなく、人間、一番いらつくことは、自分で判断をできるだけの十分な情報を(わざと)与えられずに置いておかれることだ。ボーダフォンが何かコメントを出すだけでも、ユーザーの反応はだいぶ違ってくるはずだ。
リリースが1ヶ月遅れるならそれでもいい。半年遅れるならそれでもかまわない。遅れていることへのお詫びのコメントと、何故遅れているか、いつごろを目途に発売できるのか、それをきちんとユーザーに対して説明すれば、それが理にかなっていればユーザーも納得して待ってくれるだろう。
702NKを既に持っているのに、ほとんど機能の変わらない702NKIIで何をそんなに騒いでいるのかと思うかもしれない。しかし、702NKII(NOKIA6680)は、ボタンの押し心地が極上なのだ。702NKのボタンは少し固くて、押すとカチカチ音がしてメールを打っていると指に負担がかかるのだが、NKIIのプラスチックのボタンはすごくなめらかな押しごたえで、非常に気持ちが良い。デザインもNKより癖が少なくなじみやすいし、キャリングケースも普通のものが使える。ちまたではN70に期待する向きもあるようだが、N70のボタンもNKと同じような感じで、6680には及ばない感がする。そういうわけで、僕は702NKIIに非常に期待しているのだ。
まずはお詫び、状況説明、今後のスケジュール。ボーダフォンに求められるのは、これらをユーザーに納得いくよう公にコメントすることだ。ただでさえ、ボーダフォンは先年の10の約束破りをはじめ、プリペイド加入者水増し、カスタマーサポートの横柄さなど、企業としてのイメージは最悪の評価を受けている。今回も同じように約束を反故にしたままで、あまりユーザーを舐めたような真似を続けていると、そのうち「社長殺害宣告」など2chに書き込む阿呆が現れるかもしれないぞ。まあ、それで祭りにでもなればそれはそれで面白いかもしれないが。

Technoratiタグ: | | | |
Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る