第132回 芥川賞

今年の芥川賞は、阿部和重さん(36)の「グランド・フィナーレ」に決定。去年は若い女の子2人受賞で世間を沸かせたが、今年は特に奇をてらうでもなく順当な選考だったようだ。
幼女への偏愛から家族も仕事も失った男が故郷で更生を目指す内容とのこと。奈良の女児誘拐殺人事件が身近で起こったなかだけに、同時代性を感じさせられそうだ。
阿部氏は94年以来、“4度目の正直”で受賞した模様。男性最年少候補の白岩玄氏(21)の「野ブタ。をプロデュース」との決選投票の末に競り勝ったという。
ちなみに直木賞のほうは角田光代さん(37)の「対岸の彼女」。

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る