初詣

クリスマスの喧騒も良いが、そこから一転して迎える新年の静謐もまた格別だ。特に近所の神社に初詣をし、お神酒をいただくとき、日本に生まれた幸せを感じる。
初詣で毎年恒例としていることがある。それは、その神社が売り出している「神社暦」を買うことである。そこには「一白水星」から「九紫火星」まで生まれ年ごとに9種類に分けられた星があり、それぞれについて運勢が書かれている。僕の生まれ年は九紫火星なので、九紫火星の欄を見て一喜一憂して楽しむのである。
さて今年の九紫火星の運勢は、「黒星」。あまり良いことが書かれていなかった。数え年33歳、42歳という女性、男性のそれぞれの本厄の人が含まれている星だからだろうか。

今年はどんな些細な問題でも軽視しない様にして下さい。小事と思う事が意外な方向に発展する傾向があるので十分に気をつけて。万事に守りを固めるのが最良で、甘い誘惑に惑わされたりすると痛い目にあうので、自己過信や見栄を張ることは慎しんで下さい。地道な行動が、吉運を招きます。本業以外に手を出さず、新規計画、拡張は止め、現状維持が得策です。

今年はあまり新しいことをせずに現状維持に努めるのが良いらしい。つまんないなー……。

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る