亀ゼリーを食す

「亀ゼリー」というデザートがあるそうだ。朝、「おはスタ」というテレビ番組を見ていると、そこに出てくる子供たちにこの亀ゼリーを食べさせる企画があった。ヌマガメ科のミスジハコガメ(金銭亀)の腹の甲の部分を干し、それをすりつぶして薬草と混ぜて煮込み、ゼリーにするのだという。コラーゲンたっぷりで美容にも良く、体内の毒素を排出してくれる健康食品としても知られており、香港などでは子供たちを中心に日常的に食べられているのだそうだ。ただ、ちょっと癖のある味がするようで、「おはスタ」の子供たちは変な顔をして食べていたのを見て、どんな怪しい味なのだろうと思い少し興味を引かれたので、先日香港に旅行した際に地元のコンビニやスーパーを探し回って買ってきた。
亀ゼリーのことを現地では「龜苓膏(Guilinggao)」と言うらしい。買ってきたのは黄大仙駅前のスーパー。近くでは肉などがむき出しで売っていてこの世のものとは思えない強烈な臭気を放つ中、端のほうに陳列されていたのを見つけてきた。現地価格で3HKD(45円)。
「立即可食」と書かれており、そのまま缶を開けて食べることができる。プラスチック製のキャップにはスプーンがついている。
しかし、プラスチックキャップを取り外すので一苦労。思い切り力任せに引き剥がさなければならない。こういうところは日本の開けやすい蓋に慣れた身にはこたえる。ようやく開けると、中からぷるんとした黒いゼリーが顔を出した。
匂いをかいでみると、黒蜜の香りがかすかにする。スプーンを入れると、普通のゼリーよりもかなり弾力がある。口に運んでみると、やはり黒蜜がメインの甘い味だった。中華料理で出てくる仙草ゼリーによく似ているようだが、仙草ゼリーのような薬草の香りや苦味はあまりなく、ホントに子供のおやつ用の単純な甘さである。心配していた後味も全然悪くなく、これなら十分いける。あっという間に一缶食べ切ってしまった。ごちそうさま……。
ちなみに国内では、横浜の中華街に行くと缶入りの亀ゼリーを手に入れることができるほか、お客にメニューとして提供している食堂もある。また恵比寿のル・シノワクラブというレストランでも亀ゼリーを出している。ネットの通信販売だと、日本橋古樹軒エイコムカラフルコレクションYahoo!ショッピングコクサイマートなどで買うことが可能。

Technoratiタグ: | |
Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る

6 Replies to “亀ゼリーを食す”

  1. こんにちは!
    TBありがとうございます~
    おおー 完食されましたか!
    体に良いですからきっと効いてますねえ♪
    私はどうも亀亀と考えるせいか断念してしまいます笑
    ものによって食べやすい味に仕上げてあったりするんでしょうねえ
    こういう発見は楽しいものですよね♪

  2. 亀ゼリー

    大事に食べ続けてきた1ダースの亀ゼリー缶にも、とうとう終わりがやって来てしまいました。(;;)
    中華料理の先生に都合して頂いた、この亀ゼリー、なにやら、底知れな…

  3. >そらりん様
    ども☆もともと仙草ゼリーとか大好きなので
    亀ゼリーも特に違和感なく食べちゃいました。
    ものによって味とか微妙に違うんでしょうね。
    次はタイのパクチーに挑戦してみますO(≧▽≦)
    >mi様
    亀ゼリー1ダースまとめ買いなのですねえ
    すばらしいです。
    私も飽きるまでまとめ買いしてみてもいいかもと
    ふと思っております(o^_^o)ヾ

  4. 4月30日(金)晴れ 「ぷるるん♪亀ゼリー♪」

    先日、名古屋に帰省する前に、まんぼーさんのところで名古屋で 買い物 (茶)「JR中央線金山駅から鶴舞駅の間のガード下の スペースに個性派の店たちがオープンしたと…

Comments are closed.