全日空 スッチー&グラホのユニホーム変更

毎日新聞8月25日付記事。

全日本空輸(ANA)は24日、05年春から採用する客室乗務員と地上職員の新ユニホームのデザインを発表した。三つの候補作の中から、国内線の搭乗客と客室乗務員が投票した結果を反映させて決めた。田山淳朗氏のデザインで、搭乗客と客室乗務員とも4割を超える支持があった。ANAのユニホームが変わるのは14年半ぶりで、エアーニッポンなどグループ会社を含めて、客室乗務員約5200人、地上職員5000人が着用する。

ちなみに新ユニホームはこんなの
うーん、前のほうがカッコ良かったと思うんだけど……。でもこれでも悪くないか。

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る