Diary: 茄子。

今朝の西武池袋駅。
50代ぐらいの男性が、若い女の子にとっつかまっていた。
「触ったでしょ! 警察行って下さい!」と息巻く女性。それに対して「俺はやってないよ!」と逃げようとする男性。
しばらくして、駅員さんが何人か集まってきて事情を訊き始めた。
どうやら女の子の勘違いだったらしく、男性は解放された。
最近じゃ冤罪事件も増えてきたのか、駅員さんも簡単に駅員室に連行したり警察沙汰にしたりせず、その場でゆっくり事情を聞くようになったみたいね。いい傾向だ。
それにしても、こういう「被害」に遭った時に勇気を出して声をあげて訴えるようになったのはいいことなんだけど、かりにも人一人とっ捕まえるワケなんだから、捕まえるほうも自分の首ぐらい賭ける覚悟でやってほしいな。
「間違えちゃったかも~」てなノリで訴えられちゃ、たまったもんじゃない。
訴えられたほうのダメージは、おそらく痴漢に遭った人に匹敵するだろうから。

さて今日は待ちに待った冬の棒茄子の日。
・・・もう何も言うまい。もらえるだけでもよしとすべきか。
とりあえず、支払うべきところに支払ってしまえば、あとはすっからかん、と;

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る